PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ヘッドライナーとしても知られている車内の天井は、車内の掃除の際に見落とされがちですが、汚れる可能性のある場所です。幸いなことに、ディテールブラシと内装用洗剤を使ってしみや汚れを簡単に落とすことができます。頑固な汚れがある場合は、スチームクリーナーや湿式掃除機を使って、車内を徹底的に掃除しましょう。どのような方法で掃除するにしても、車内の天井を新車同然にきれいにすることができます。

方法 1
方法 1 の 3:
天井の汚れを落とす

  1. 1
    毛先の柔らかいブラシに内装用洗剤をスプレーする 車の内装を傷めることのないように、カー用品店で販売している内装用洗剤を使用しましょう。小さなディテールブラシを洗剤で濡らします。こうすることで、車内の洗剤を付ける箇所を細かくコントロールできるようになります。[1]
    • 洗剤をスプレーする際には、車のドアを開けて換気をよくして作業しましょう。
    • 洗剤を使用する際には、ニトリルやラテックス手袋をして、肌を洗剤の刺激から守りましょう。

    洗浄液を自作する場合

    ホワイトビネガー(カップ1/4強 = 60ml)と液状せっけん(大さじ1/2 = 7.5ml)、お湯(カップ1と1/4弱 = 240ml)をスプレーボトルに入れます。スプレーボトルを振って溶液をよく混ぜましょう。[2]

  2. 2
    汚れの上で洗剤を泡立てる 小さな円を描くようにブラシを動かし、洗剤を泡立てます。汚れのある箇所にブラシを軽く押し当てて、洗剤の泡を汚れに浸透させます。[3]
    • ブラシを押し当てる力の加減に注意しましょう。あまり強く押し当てると、内装の生地の下にある粘着剤を傷めてしまう恐れがあります。[4]
    • この方法によって、どのような生地でも、付着している汚れ(泥やほこりによる汚れ、通常使用による摩耗による汚れなど)を簡単に落とせるはずです。
  3. 3
    乾いたマイクロファイバータオルで洗剤を拭き取るまたは吸い取る 掃除した箇所にタオルを当て、洗剤を吸収します。表面から汚れを吸い取りやすくするために、小さな円を描くようにタオルで汚れの部分を擦りましょう。汚れが目立たなくなったかを確認します。汚れがまだ目立つようであれば、上の清掃手順を繰り返します。[5]
    • マイクロファイバータオルは、どこの家庭用品店やカー用品店でも購入できます。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
頑固な汚れを落とす

  1. 1
    内装用洗剤と毛先の硬いブラシでできるだけ汚れを浮かす ブラシに洗剤をスプレーして濡らします。小さな円を描くようにブラシを動かして洗剤の泡を汚れに擦り込み、汚れを緩めます。マイクロファイバークロスで洗剤を拭き取り、できる限り汚れを取り除きます。[6]
    • ディテールブラシは地元のカー用品店で購入できます。
    • 薄手のニトリル手袋をして、洗剤による刺激から肌を保護しましょう。
  2. 2
    スチームクリーナーを購入またはレンタルする スチームクリーナーから出る圧縮蒸気は、土埃の汚れを緩めて内部に浸透します。地元の大型小売店やホームセンターでスチームクリーナーをレンタルしているかを確認しましょう。あるいは、小型のスチームクリーナーを購入しましょう。[7]
    • 最も安いスチームクリーナーであれば、4000円程度で購入できます。
  3. 3
    汚れから5cm離れたところでノズルを保持して、蒸気を噴射する 幅の狭いノズルかブラシのアタッチメントをスチームクリーナーに取り付けて使用しましょう。汚れから離したところでノズルを保持し、蒸気を噴射します。汚れ全体に蒸気を噴射し、熱と水分で汚れを天井から浮かせます。[8]
    • 蒸気を汚れにかけすぎないようにしましょう。さもなければ、蒸気の水分によって内装の生地の下にある粘着剤が傷んでしまう恐れがあります。
  4. 4
    マイクロファイバークロスで汚れの箇所から水気を吸い取る 蒸気の水分で汚れが湿っているうちに、マイクロファイバークロスでその部分を叩くようにして水分を吸収しましょう。まだ汚れが残っていることに気づいた場合は、再度そこに蒸気を噴射し、マイクロファイバークロスで円を描くようにして拭き取りましょう。[9]
    • この方法は、食べ物によるしみやその他の頑固な汚れを取り除くのに最適です。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
天井全体を徹底的に掃除する

  1. 1
    毛先の硬いブラシに内装用洗剤をスプレーする 天井の掃除には、内装用洗剤または汎用洗剤のいずれかを使用できます。掃除をする際には、車内の換気をよくして作業しましょう。大きなディテールブラシを洗剤で濡らします。[10]
    • 内装の生地の下にある粘着剤を緩めてしまう恐れがあるため、洗剤を直接天井にスプレーしないようにしましょう。
    • 化学洗剤によって肌が刺激を受けやすい場合は、ラテックス手袋で手を保護しましょう。
  2. 2
    ブラシで天井を擦って洗剤を泡立てる 洗剤が泡立つように、ブラシを前後に長いストロークで動かします。車内の天井を擦る際には、ブラシを軽く押し当てながら擦りましょう。掃除中に洗剤が泡立たなくなったことに気づいたら、再びブラシに洗剤をスプレーします。[11]
    • 目立つしみや汚れには、ブラシに追加の洗剤をスプレーして、小さな円を描くように擦りながら洗剤を作用させましょう。
  3. 3
    湿式掃除機またはしみ取り機を使って洗剤を除去する 機械のノズルにブラシアタッチメントを取り付けます。ノズルを車内の天井に向けて、スイッチを入れます。車内の前方から開始して、後方に向かって作業しましょう。60cmのストロークでブラシを動かしながら、天井に付着した洗剤を吸い取りましょう。[12]
    • この方法は、車の内装に付着したニコチンや煙による汚れを除去するのに最適です。
  4. 4
    天井をしっかりと乾かす 掃除機やしみ取り機は天井からほとんどの水分を吸い取りますが、作業後に24時間自然乾燥させましょう。内装の生地に手を当て、完全に乾いていることを確認し、掃除機をかけた際に付いた線状の跡が残っていれば取り除きましょう。[13]
    • 車が安全で温度が管理されている場所にある場合は、窓を開けっ放しにして車内を換気しましょう。
  5. 5
    まだ汚れが目立つ場合は、上記手順を繰り返す 天井がしっかりと乾いたら、しみや変色した部分が残っていないかを確認します。汚れが残っている場合は、まずは、部分的に処置をしてみます。それでも汚れが落ちない場合は、より強力な方法で掃除してみましょう。[14]
    • 汚れの中には完全に落ちないものもあります。そうした汚れがあれば、できるだけ目立たなくすることを心がけましょう。
    広告

注意事項

  • 洗剤の蒸気や臭気が車内に充満しないように、換気をよくして作業しましょう。
  • 肌が化学洗剤によって刺激を受けやすい場合は、ニトリルやラテックス手袋をしましょう。
広告

必要なもの

天井の汚れを落とす

  • 内装用洗剤
  • 毛先の柔らかいブラシ
  • マイクロファイバータオル

頑固な汚れを落とす

  • 内装用洗剤
  • 毛先の硬いブラシ
  • スチームクリーナー
  • マイクロファイバークロス

天井全体を徹底的に掃除する

  • 内装用洗剤
  • 毛先の硬いブラシ
  • 湿式掃除機またはしみ取り機

関連記事

車内にインロックした鍵を取り出す
オートマチック車の運転オートマチック車の運転
車の天井内張りを補修する車の天井内張りを補修する
プリウスのハイブリッドシステムのチェックとリセットを行うプリウスのハイブリッドシステムのチェックとリセットを行う - wikiHow専門家からのアドバイス
インロックした車の鍵を開けるインロックした車の鍵を開ける
クロムめっきを剥がすクロムめっきを剥がす - wikiHow専門家からのアドバイス
カーシートの破れを補修するカーシートの破れを補修する
バッテリー液の量を確認する
プラグコードの点検
カーフィルムを剥がすカーフィルムを剥がす
タイミングベルトの交換タイミングベルトの交換
燃料ポンプの点検燃料ポンプの点検
バッテリーの腐食汚れを落とすバッテリーの腐食汚れを落とす
車の直結車の直結
広告

このwikiHow記事について

Chad Zani
共著者 ::
カーディテーリング専門家
この記事の共著者 : Chad Zani. カリフォルニア州のロサンゼルスに住むチャド・ザ二は、アメリカとスウェーデンの各地に店舗を展開するカーディテーリング会社、「Detail Garage」のフランチャイズディレクターを務めています。カーディテーリングに対する情熱をもとに、全国に増え続けるフランチャイズオーナーの教育に当たっています。 この記事は2,059回アクセスされました。
カテゴリ: 自動車
このページは 2,059 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告