米国車や欧州車には、車の生産国や製造メーカー等の情報を識別するための車両識別番号(VIN)があり、VINの最後の6桁は車台番号(生産番号)を意味します。つまり、VINを見つければ車台番号が分かるということです。車やバイクは、車種によってVINが異なる場所にあります。エンジン番号は車のエンジンに印字された番号です。VINやエンジン番号が車体には見つからない場合、確認できる方法がいくつかあります。なお、日本のメーカーが日本国内向けに生産する車には、VINではなく車両の型式に5~7桁の製造番号を組み合わせた車台番号が用いられることが通常であり、形式が異なるので注意しましょう。以下では米国車や欧州車の場合について説明します。

方法 1 の 3:
VINを見つける

  1. 1
    書類を確認します。車本体を確認できない場合や、車をあちこち調べるのが嫌な場合、VINが記載されている書類がいくつかあります。以下がその例です。
    • 所有権利書(通称:ピンクスリップ)
    • 登録証
    • 取扱説明書
    • 保険証券
    • 車体修理記録簿
    • 捜査報告書
    • 走行距離履歴レポート
  2. 2
    ダッシュボードを見ます。最も簡単にVINが見つけられる場所は、ダッシュボードの左下の角です。これは左ハンドルの運転席側のフロントガラス越しに見つけることができます。
  3. 3
    運転手席のドアを調べます。VINは、左ハンドルの運転手席のドアのドアヒンジにある場合もあります。運転手席のドアを開けて、ドアヒンジの端の辺りに小さな白いステッカーが無いか探します。
    • VINがドアヒンジにある場合、バックミラーと同じくらいの高さにあるはずです。
    • VINは運転手席のドアの逆側、運転手席用のシートベルトの掛け金の辺りにあることもあります。
  4. 4
    ボンネットを開けます。既述の方法で見つからない場合、ボンネットを開けてエンジンブロックの正面を見てみましょう。VINがそこに書かれているかもしれません。
  5. 5
    車枠を調べます。車枠の前方、フロントガラスのウォッシャー液入れ付近にVINが書かれていることもあります。車の前方に行き、ボンネットを開け、ウォッシャー液入れの場所を確認します。そしてボンネットを閉じ、その付近の車枠にVINが無いか探しましょう。
  6. 6
    スペアタイヤを持ち上げます。トランクの後部にスペアタイヤがあり、その他の場所でVINが見つからない場合は、そこにあるかもしれません。トランクを開け、スぺアタイヤをどかし、タイヤがあった部分を見ます。そこにVINが書かれているかもしれません。
  7. 7
    ホイール・ウェルの下を覗きます。後ろのホイール・ウェルの下も見てみましょう。車の後ろに回り、地面に寝転がり、ホイール・ウェルを見上げます。VINが記されていないか、両側とも確認しましょう。
    • この箇所に書かれたVINを見るには、恐らく懐中電灯が必要になるでしょう。
  8. 8
    どこかに書き留めます。VINを見つけたら、必ず書き留めて次回必要になった際に簡単に分かるよう、保存しておきます。VINをファイルに入れて保管するか、データをパソコンに保存しておくか、あるいは自分宛てにメールしておきましょう。
  9. 9
    車台番号を調べます。車台番号はVINの最後の6桁の数字です。書き留めたVINを見て、最後の6桁を丸で囲めば車台番号が分かります。
    広告

方法 2 の 3:
バイク、スクーター、ATVのVINを見つける

  1. 1
    ハンドル軸の部分にVINが無いか探します。バイクでは大概ハンドル軸にVINがあります。ハンドルを片側に曲げて、ハンドル軸、つまりハンドルの下につながった金属の円筒部分を見ればVINが見つかります。VINは金属部分に印字されているはずです。[1]
    • ハンドル軸の両側を確認して、VINが無いか調べる必要があるかもしれません。
  2. 2
    モーターを調べます。バイクでは、モーターにVINが書かれていることもあります。ハンドル軸にVINが無かった場合、モーターを調べましょう。VINはモーターのシリンダーの下近くにあるはずです。[2]
  3. 3
    車体の前方を調べます。ATVやバイクの一部の種類では、VINが車体に書かれているのですが、見つけるのが難しい場合もあります。懐中電灯を使いながら少し見て回り、車体の内側に書かれたVINを探す必要があるかもしれません。
    • まずは車体の外側を調べましょう。VINはバイクの左側のシフターのすぐ下にある場合もあります。バイクの外側を探しても見つからない場合は、車体の内側も確認しましょう。[3]
    • VINを車体の特定の部分に入れているメーカーもあります。例えば、ホンダはステアリングヘッドの右側と、バイク左側のモーター上部辺りの車体にVINを印字しています。自分のバイクのメーカーにも、まず確認するべき特定の箇所があるかどうか確認しましょう。
  4. 4
    最後の6桁を丸で囲むのを忘れないようにしましょう。バイクのVINの最後の6桁が車台番号です。最後の6桁を丸で囲んで車台番号を確認しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
エンジン番号を見つける

  1. 1
    エンジンを確認します。車のエンジン番号はエンジン自体に書かれているはずです。車ならボンネットを開け、バイクなら横からエンジンを見ましょう。エンジン番号が明記されたステッカーがあるはずです。
  2. 2
    取扱説明書を見ます。エンジン番号が書かれたステッカーがエンジンに貼られていない場合、取扱説明書で確認してみましょう。最初の数ページ中に書かれているはずです。
    • 取扱説明書には、エンジンブロックのどこにエンジン番号があるかを示した絵もあるかもしれません。[4]
  3. 3
    エンジン番号を確認します。エンジン番号は6桁の数字で、頭に3桁のエンジンの型式が付いています。エンジン番号は3桁と6桁の組み合わせに見えます。最初の3桁はエンジンの型式で、後ろの6桁がエンジン番号です。
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 65 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告