PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

軟骨に新しくあけたピアスホールにしこりができるとがっかりするかもしれませんが、心配はいりません。軟骨ピアスのしこりは、傷が治る過程に生じる「肉芽」という組織で、よく見られる症状です。通常は自然になくなりますが、早く治す方法もあります。ここでは、軟骨ピアスのしこりを改善する方法について、よくある質問とその答えを紹介します。

Question 1
Question 1 の 5:
しこりはいつ治る?

  1. 1
    ほとんどの場合、数か月以内に自然になくなります。軟骨にしこりができても、通常は病院での診察や治療は必要ありません。ピアスホールを清潔に保ち、指示されたとおりにケアすれば自然に治るでしょう。[1]
    • 軟骨ピアスのしこりは、ほとんどの場合自然に治ります。早ければ数か月、遅ければ2年かかることもありますが、最終的にはなくなるでしょう。
    • 軟骨にピアスホールをあけると、ケロイドという傷痕ができることもあります。肉芽と違って、ケロイドは自然に治りません。通常は、病院で治療を受ける必要があり、切除手術が必要になることもあります。[2]
    広告

Question 2
Question 2 の 5:
しこりを潰しても良いか?

  1. 1
    潰したくなるかもしれませんが、そっとしておきましょう。しこりを潰すとかなり出血する可能性があり、感染するかもしれません。肉芽の周りには多くの血管があるので、潰したりつついたりすると出血が長時間続く可能性があります。[3] また、感染症を引き起こすバクテリアが傷口から侵入する恐れもあり、[4] 傷痕が残るかもしれません。しこりに対処する最善の方法は、自然に治るまでそっとしておくか、病院で診察を受けることです。
    • ボディピアスの専門家は、ピアスホールを安定させてしこりを治すには、ピアスホールを洗浄するとき以外は触らずに、できるだけそっとしておくことが最善の方法だと強調しています。

Question 3
Question 3 の 5:
しこり(肉芽)を自分で治す方法は?

  1. 1
    1日1回、お湯で濡らしたコットンをしこりにあてましょう。皮膚の下に体液が溜まって肉芽ができることがあります。滞った体液の流れを促して症状を改善するために、清潔なコットン、ガーゼ、布などをお湯に浸し、しこりに数分間あてましょう。[5]
  2. 2
    ピアスを換えてみましょう。ニッケルを含む合金で作られたピアスをつけると、接触性皮膚炎というアレルギー反応が起こることもあり、それがしこりのように見えているのかもしれません。[6] 別の素材で作られたピアスに換えて、症状が改善するか確認しましょう。
    • ピアスを見るだけでは、ニッケルが含まれているかどうかわからない場合もあります。
    • 金属アレルギーがある人は、ピアスホールの周りにかゆみや発疹が生じるかもしれません。
    広告

Question 4
Question 4 の 5:
軟骨ピアスのしこりを防ぐには?

  1. 1
    適切にフィットするピアスを選びましょう。サイズが合わないピアスや緩いピアスをつけるとピアスホールの中で動き回り、軟骨が刺激されてしこりができるかもしれません。ピアスホールにぴったりフィットしてぐらつかないピアスを選ぶと、軟骨へのダメージを防げるでしょう。[7]
    • ピアスの選び方がわからなければピアス販売店の専門家に相談し、新しいピアスホールにぴったりフィットするピアスを選んでもらいましょう。
    • 留め具で固定するキャッチ式ピアスは、しこりができやすいので避けましょう。
  2. 2
    ピアスをぶつけたり引っかけたりしないように注意しましょう。ぶつけたり引っかけたりするとピアスが動いて肉芽ができやすくなります。日頃からピアスに注意を払い、衝撃から守りましょう。また、ピアスが気になるかもしれませんが、頻繁にいじったり触ったりすると肉芽ができやすくなるのでやめましょう。[8]
    • 髪が長い場合は、ピアスに引っかからないようにできるだけ後ろで結びましょう(特に就寝中)。
    広告

Question 5
Question 5 の 5:
病院に行くべきタイミングは?

  1. 1
    肉芽に感染の兆候が見られたら病院で診察を受けましょう。しこりに激しい痛みを感じたり、ピアスホールから血や膿が出たりする場合は、感染しているかもしれません。感染症は別の深刻な病気を引き起こす恐れがあるので、すぐに病院で診察を受けましょう。[9]
    • 病院では、感染症を治療するために抗生物質の飲み薬や塗り薬を処方されるかもしれません。
  2. 2
    症状が深刻な場合は、合併症を防ぐために病院で治療を受けましょう。軟骨の広い範囲に多くのしこりができた場合は、病院で診察を受けましょう。病院で診察を受け、何らかの病気にかかっていないか確認します。必要に応じて、抗生物質や抗マラリア薬などの薬が処方されるかもしれません。[10]
    広告

ポイント

広告

関連記事

タトゥーを入れる位置を選ぶタトゥーを入れる位置を選ぶ
タトゥーシールをはがす
タトゥーのアフターケアタトゥーのアフターケア
タトゥーが感染症を起こしていないか確認するタトゥーが感染症を起こしていないか確認する
タトゥーの痛みを和らげるタトゥーの痛みを和らげる
メイクでタトゥーを隠す
舌ピアスをあけた後の食事舌ピアスをあけた後の食事
ピアスホールが感染しているか見分けるピアスホールが感染しているか見分ける
乳首にピアスを開ける乳首にピアスを開ける
鼻ピアスを外す鼻ピアスを外す
鼻ピアスホールの安定を促し感染症を防ぐ鼻ピアスホールの安定を促し感染症を防ぐ
化膿したピアスホール(鼻)を治療する化膿したピアスホール(鼻)を治療する
タトゥーを入れる準備をするタトゥーを入れる準備をする
塩を使ってタトゥーを除去する塩を使ってタトゥーを除去する
広告

このwikiHow記事について

Stephanie Anders
共著者 ::
Royal Heritage Tattoo and Piercing経営者
この記事の共著者 : Stephanie Anders. ステファニー・アンダースはカリフォルニア州ロサンゼルスにあるタトゥー&ピアススタジオ、「Royal Heritage Tattoo and Piercing」の経営者、そして代表ピアッサーです。ピアッサーとして10年以上の経験があり、ジェニファー・アニストン、ジェシカ・アルバ、キャメロン・ディアス、ニコール・リッチー、グウィネス・パルトロー、そしてシャロン・オズボーンなど、数々の有名人クライアントに施術を行ってきました。 この記事は6,962回アクセスされました。
カテゴリ: タトゥーとピアス
このページは 6,962 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告