輝く髪を手にいれる方法

共同執筆者 Laura Martin

この記事には:ヘアマスクを使用する髪をスタイリングする髪を健康に保つ髪のタイプ別の扱い方10 出典

輝くツヤツヤの髪を手に入れたいですか?髪の質感がどうであろうと、髪の輝きを増強する方法はあります。髪に輝きを与えるヘアマスクを使用し、適切な方法でスタイリングを行い、髪をツヤツヤにしましょう。また、最高に輝く髪のために、髪を強く健康に保つヘアケア習慣を実践しましょう。

1
ヘアマスクを使用する

  1. 1
    卵を使用しましょう。奇妙に思うかもしれませんが、卵は髪に素晴らしい恩恵をもたらします。卵の黄身は髪を潤し栄養を与えるため、髪を艶やかに見せます。白身は髪の残留物を取り除くのに役立ちます。また、卵は髪を強くするタンパク質を含んでいます。たった一回卵でトリートメントをするだけで、輝きに満ちた髪を手に入れることができるのです。以下にその方法を記します。
    • 小さいボウルに卵を一個割り入れます。
    • 髪を濡らします。
    • 卵を髪に塗ります。目の大きな櫛を使用して、毛先まで卵をつけた髪を梳かし、馴染ませます。
    • 15分以上置きます。
    • 通常通りシャンプーします。最大限輝いた髪を手に入れたい場合は、冷水で髪を濯ぎましょう。
    専門家情報
    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師

    認定美容師のローラ・マーティンさんも推奨しています。「ヘアサロンで髪を輝かせてほしい時は、美容師にグロストリートメントの施術を頼みましょう。セミパーマネントの毛染め剤と同じ薬品が使われていますが、染料は入っていません。施術するとキューティクルが閉じて、髪がより輝き、滑らかになります」

  2. 2
    リンゴ酢を試してみましょう。リンゴ酢は100%天然のコンディショナーであり、髪の輝きを増強させるものとして、現在流行しています。リンゴ酢は髪のpH値を整え、髪から余分なものを取り去り、髪を柔らかくします。酢の匂いは、髪が乾けば消えます。リンゴ酢トリートメントの方法は以下の通りです。[1]
    • 髪を通常通り洗い、コンディショナーはしません。
    • リンゴ酢大さじ1杯と水大さじ1杯を混ぜたものを髪にかけます。毛先まで櫛で梳かして馴染ませます。髪が非常に長い場合は、大さじ2、3杯が必要かもしれません。
    • 5分間置いて、シャワータイムの最後に冷水で髪を濯ぎます。
  3. 3
    アボカドでヘアマスクを作りましょう。アボカドは髪に栄養と輝きを与える、天然の脂質です。熟れたアボカドを使うと、マスクを髪に広げやすいでしょう。[2]髪が乾燥し潤いを補強したいときは、アボカドマスクを試してみましょう。
    • 滑らかになるまでアボカドを潰します。この工程にミキサーを使っても良いでしょう。
    • 髪を濡らします。
    • 根元から毛先までアボカドを塗ります。
    • 最低でも15分間髪につけたまま置いて置きます。
    • 通常通りシャンプーし、冷水で濯ぎます。
  4. 4
    蜂蜜を使いましょう。蜂蜜には保湿成分と浄化の作用があります。この特性の組み合わせは、くすんで見える髪に輝きを与えるのに完璧です。生の蜂蜜が最も栄養価が高いのですが、どんな種類の蜂蜜でも構いません。以下の方法で蜂蜜マスクを作りましょう。[3]
    • 蜂蜜1/4カップと温水1/4カップを混ぜます。
    • 髪を濡らします。
    • 混ぜたものを髪に付け、梳かして馴染ませます。
    • 15分以上置きます。
    • 通常通りシャンプーし、冷水で濯ぎます。
  5. 5
    髪の深部までケアしましょう。髪が乾燥してくすみ、縮れているため、輝きを失ってしまったのなら、髪の深部までケアするトリートメントを使用しましょう。店で購入したトリートメントを使用するか、ココナッツオイルかオリーブオイルでトリートメントを自作することもできます。週に1回、以下の方法で髪を深部までケアしましょう。
    • 髪を濡らします。
    • 大さじ1杯から3杯のココナッツオイルかオリーブオイルを髪に付け、櫛で根元から毛先まで梳かし、馴染ませます。その後、シャワーキャップかラップで髪を覆います。
    • 最長30分間置きます。
    • 髪をシャンプーします。余分なオイルを洗い流すのに、2、3回髪を洗う必要があるかもしれません。冷水で濯ぎましょう。

2
髪をスタイリングする

  1. 1
    髪が濡れているうちに、洗い流さないトリートメントを付けましょう。髪が乾燥しているなら、髪が乾いた後は少しくすんで見えるでしょう。高品質の洗い流さないトリートメントを使用すると、髪が乾燥しきってくすむのを防止することができます。まだ髪が濡れているうちに、1円玉~10円玉大のトリートメントを髪に付けます。毛先まで櫛で梳かして馴染ませましょう。
  2. 2
    髪を空気乾燥させます。ブラジリアン・ブローアウトをすると、最初は確かに髪が輝いてツヤツヤに見えますが、髪をブローアウトしてストレートにすることを繰り返すうちに、次第に髪が傷み、くすんでバサバサに見えるようになります。髪を空気乾燥させれば、髪を傷めるリスクはありません。数週間か数ヶ月経った後、髪の質感に変化が出てきたことがわかるはずです。髪が柔らかくなり、輝きが増すことでしょう。
    • 可能な限り、熱を使うスタイリング道具を使用するのを控えます。ストレートアイロンや、コテを使えば一時的に可愛い髪型にすることができますが、長い目で見れば髪の艶を奪います。
    • 最高の成果を手に入れるために、髪を乾かす際は、髪をひねってゆるいお団子にするか三つ編みにして、髪が縮れるのを防止しましょう。巻き毛の場合は、優しく髪を絞り、髪を乾かす前に希望する髪型にしましょう。
  3. 3
    仕上げにオイルを使いましょう。髪を空気乾燥したら、髪を滑らかにする仕上げオイルを付けましょう。高品質の仕上げオイルは、即座に髪に輝きを与え、髪をダメージから守ります。最高の成果を手に入れるためには、髪が完全に乾くのを待ちましょう。オイルは少量でも非常に効果があるため、髪の長さにもよりますが、1円玉大程度の量を使用しましょう。専用のヘアオイルを買うか、次に挙げるオイルのうちのどれかを仕上げオイルとして使用します。[4]
    • オリーブオイル
    • アルガンオイル
    • アーモンドオイル
    • ホホバオイル
    • ヒマシ油
    • ココナッツオイル
  4. 4
    髪に輝きを与える美容液を試してみましょう。これは髪に輝きを与えるために特別に製造された製品です。髪に輝きを与える美容液には、即座に髪を輝かせるために、シリコンなどの成分が含まれています。ほぼ全ての美容液は濡れた髪、乾いた髪のどちらにも使用することができます。
    • 輝きを与える美容液を毎日使用すると、意図しない結果を招くことがあります。つまり、時間をかけてシリコンが髪に溜まっていき、髪がくすんで見えるようになるのです。美容液は特別なときにだけ使用するようにしましょう。
    • アルコールを含まない美容液を探しましょう。アルコールは髪を乾燥させます。
  5. 5
    縮毛を最小限に抑えましょう。縮れは輝きのある髪の敵です。縮毛に光が当たってできる光の輪は、髪を輝いて見せるのではなく、くすんでバサバサに見せます。直毛でも巻き毛でも、以下の方法に従って縮毛を抑えましょう。
    • 冷水で髪を洗います。低い温度で洗うと毛幹が直立ではなく、横倒しになります。この簡単な方法で、驚くほどの違いが生まれるのです。
    • 髪を荒っぽくタオルドライしてはいけません。髪を優しくタオルで叩き水分を取ったら、空気乾燥させます。タオルで荒々しく髪を叩くと、縮毛の原因になります。
    • ブラシではなく、目の大きな櫛を使いましょう。特に巻き毛やウェーブがかかった髪の場合、ブラシは切れ毛の原因となります。切れ毛は立ち上がってしまい、縮毛の原因になります。目の大きな櫛を使いましょう。髪が濡れているときはまず毛先のもつれを解いてから、根元の方へ動かしていきます。
    • シルクかサテンの枕カバーを使用します。巻き毛の場合、シルクかサテンの枕カバーを使用することは縮毛防止に大変効果的です。綿の布は潤いを吸収し、髪を乾燥させ縮れさせます。サテンかシルクならば、髪本来の縮毛のない状態を保つことができます。[5]
  6. 6
    定期的に髪を切り整えましょう。毛先の枝毛を除去することは、髪を輝かせるのに大きな役割を果たします。美容師には、化学薬品と、熱を使うスタイリング道具を使用しないよう頼みましょう。
  7. 7
    スタイリングします。髪に熱を与えないようにするなら、髪を全くスタイリングできないと思うかもしれません。しかし、空気乾燥でも少しの努力で上手にスタイリングすることができます。まず、軽く髪を固める製品を髪に付け、指で髪を好きなように分けます。それから髪を梳かして好みの形にします。髪を乾かしている間は、ひねったり、クリップを付けたり、好みに合わせてくしゃくしゃにしたりして、分けた部分の髪型を保っておきます。水分が蒸発したら、指先と少量のヘアオイルで、その作った髪型を整えましょう。

3
髪を健康に保つ

  1. 1
    シャンプーの頻度を減らしましょう。髪を洗いすぎると、髪を保護し健康に保っている自然の皮脂を、髪から奪ってしまいます。この皮脂が奪われてしまった髪は、簡単に切れ、くすんで乾燥して見えます。髪の艶を保ちたいなら、一週間に1、2回以上髪を洗ってはいけません。
    • 洗髪の頻度を落とすことに髪が慣れ、バランスが取れてくるようになるまで、2週間以上かかる場合があります。この期間は、髪をアップスタイルにしておきましょう。
    • 洗髪と洗髪の間には、ドライシャンプーを使用して髪の根元を立たせましょう。ドライシャンプーは髪の皮脂を奪うことなく、根元周りの脂分だけを吸収します。
  2. 2
    天然材料の製品を使用しましょう。化学薬品を大量に含んだ製品で髪を洗ってスタイリングをすると、そのうちに髪を傷めます。シャンプーやコンディショナー、スタイリング剤の多くは、こうした問題を引き起こす成分を含んでいます。以下の成分を含まない、天然材料のみでできている製品を探しましょう。
    • 硫酸塩:シャンプーによく含まれています。これは刺激の強い洗浄成分で、髪の自然な皮脂を奪います。
    • シリコン:コンディショナーや洗い流さないタイプの艶出しトリートメントに多く含まれています。髪に蓄積され、髪がくすんで見えるようになります。[6]
    • アルコール:ジェル、ヘアスプレーやその他のスタイリング剤に含まれています。繰り返し使用しているうちに髪を乾燥させます。
  3. 3
    刺激の強い処置をやめましょう。染髪、ブリーチ、ストレートパーマ、パーマは、長期的に髪を傷めます。髪本来の状態を変えることで、最終的には髪が乾燥し、脆くなるのです。可能な限り、こうした刺激の強い処理はやめましょう。
    • ヘナ染めは、金属塩などのような他の天然の染髪材料と同じように、非常に髪を乾燥させます。代わりに、デミ・パーマネント・ヘアカラーや、セミ・パーマネント・ヘアカラーのような、数日から数週間色が持つヘアカラーで染める方が良いでしょう。
    • 蜂蜜やカモミールティーといった天然の材料でも髪色を明るくできます。
  4. 4
    健康的な食生活と生活習慣を実践しましょう。髪に何をしたところで、体の内側から健康にならなければ、自然な輝きは生まれません。健康的に食べ、体の水分量を適切に保つことで、髪は見違えるように美しくなります。髪を可能な限り健康にするために、以下の食品を積極的に取りましょう。
    • 魚、牛肉、鶏肉、卵、豆類、その他のタンパク質を多く含む食品:髪はタンパク質から作れており、タンパク質が不足するとすぐに悪影響を受けます。エネルギー豊富な炭水化物とタンパク質を合わせて食べると、特に効果的です。
    • アボカドとナッツ:これらの食品は、髪を豊かに輝いて見せる、健康的な脂質を含んでいます。
    • 栄養分が豊富な植物:ほうれん草やケールのような葉物野菜は、特に髪の健康に良いでしょう。
  5. 5
    水をたくさん飲みましょう。水分が足りないと、髪は輝きを失いしなびたように見えます。髪を健康に保つためには、十分な水分を取りましょう。一日にグラス8杯は水を飲むようにします。
    • 水分を多く含む果物や野菜を取ることでも、水分補給できます。スイカ、ベリー類、りんご、キュウリ、レタス、キャベツが良いでしょう。
    • ハーブティーやその他のカフェインを含まないお茶を飲んで、水分補給するのも良いでしょう。
  6. 6
    外部要因から髪を守りましょう。日光、極端な気温、環境汚染は髪に悪影響を与えます。以下の対策をとって、髪のダメージを防ぎましょう。
    • 日差しが強いときは、帽子をかぶりましょう。日光は髪を傷める力強い要因です。必ず日光から髪を保護するようにしましょう。
    • プールでは水泳帽をかぶりましょう。塩素は髪を乾燥させ、髪に残存します。水泳帽を使用せずにプールで泳いでしまった場合は、プールを出たあとすぐに髪を洗いましょう。
    • 濡れた髪のまま、寒い気温の室外へ出てはいけません。髪が凍ってしまうかもしれず、縮毛の原因となります。

4
髪のタイプ別の扱い方

  1. 1
    自然な髪に輝きを出しましょう。何の処理もしていない、巻き毛・手触りの悪い毛・縮毛は、髪のうねりやねじれが、光を反射させるのではなく、屈折させています。こうしたタイプの髪に輝きを出すには、洗い流すトリートメント、洗い流さないトリートメント、仕上げ用美容液を使用してみましょう。こうした製品は、髪を保湿し、キューティクルを滑らかにすることで、髪が光を反射するようになります。[7]
    • リンゴ酢を使用してみましょう。リンゴ酢はキューティクルを滑らかにし、髪に輝きを与えます。大さじ2杯のリンゴ酢と水1カップを混ぜ、シャンプーの後髪に付け、流しましょう。
    • 洗い流さないトリートメントを使用しましょう。アロエ、ココナッツオイル、オリーブオイル、ホホバオイルは全て洗い流さないトリートメントとして使用できます。シャワーの後、髪がまだ濡れているうちに、大さじ1、2杯のオイルを髪に馴染ませます。そのまま髪を空気乾燥させましょう。
    • 艶出し美容液で仕上げましょう。鉱物油で作られた美容液を購入し、髪を最高に輝かせましょう。髪をケアしながら輝かせたい場合は、モロッカンオイルやココナッツオイルを使用しても良いでしょう。
  2. 2
    染めた髪に輝きを出しましょう。染めたりブリーチをした髪は、そのうち乾燥し縮れてきます。単に輝きを与えるだけでなく、同時に修復を目指しましょう。髪をしっかりとケアすることで、色持ちも良くなります。
    • 髪を染めるのではなく、艶を出すトリートメントをしましょう。艶出しトリートメントは単純に髪の色を変えるだけではなく、それ以上の効果があります。このトリートメントでは、髪の表面を透明にコーティングし、髪の調子を整え、髪を乾燥から守ります。そして、名前が示す通り髪に艶を出します。[8]
    • 冷水で髪を洗います。この単純な技を使用すると、染髪した髪の色持ちが良くなります(冷水で衣服を洗うと色褪せを防ぐことができるのと同じです)。また、キューティクルが滑らかになることで、髪に輝きが出ます。
    • 刺激の強い製品を髪に使用してはいけません。刺激の強い洗浄剤や、強力なヘアスプレー、その他の硫酸塩やアルコールを含む製品は、髪から潤いと輝きを奪い、退色を促進します。髪の潤いを保つための、天然材料でできた製品を使用しましょう。
  3. 3
    熱で傷んだ髪に輝きを出しましょう。輝きのある髪を求めて、毎日髪をブローし、ストレートアイロンで伸ばす人も多いようですが、これを繰り返し行うことで髪は脆く、ボロボロになってしまいます。髪の輝きと健康を取り戻したいのであれば、髪に熱を与えるのをやめましょう。
    • 数ヶ月間、髪を空気乾燥させます。熱を使うスタイリング道具を使わずに、髪に自己修復する機会を与えることを固く決意しましょう。
    • 髪の調子を整えることに注力しましょう。髪の深部までケアするトリートメント、保湿マスク、猪毛のブラシを使用して髪の健康を取り戻しましょう。こうすることで、縮毛を減らし、髪に輝きを取り戻す効果があります。
    • 髪が乾燥しているときは、仕上げ用オイルか美容液を使いましょう。オイルや美容液は、洗い流さないトリートメントよりも髪を保護する効果があり、結果として髪に輝きを与えることができます。ココナッツオイル、モロッカンオイル、ホホバオイルを試してみましょう。髪の他の部分よりも乾燥しやすい毛先の部分に集中的に付けましょう。[9]
  4. 4
    薄くなりつつある髪に輝きを出しましょう。薄くなりつつある髪を輝かしく健康に見せたいならば、髪をとても慎重に扱うことが重要です。髪にさらに傷めることなく、輝きを与えボリュームを出すことを目標にしましょう。
    • 熱を使うスタイリング道具を使用することで髪を傷め、髪をさらに薄くさせないように、ほぼ毎日髪を空気乾燥させましょう。髪を乾燥させている間は、クリップを使用し頭皮から髪の根元を持ち上げましょう。こうすると、ドライヤーを使わずとも髪にボリュームを出すことができます。
    • 熱を使わずに髪をカールしましょう。コテやホットカーラーの代わりに、布やボロ切れを使った方法で髪をカールしましょう。この方法を用いれば、抜け毛や髪のダメージを引き起こすことなく、髪に優しくボリュームを出すことができます。
    • 軽い美容液で仕上げましょう。重みのある洗い流さないトリートメント、ジェル、ムースなどを使用すると、その重みで薄い髪が垂れ下がってしまいます。輝きを出し、ボリュームを維持するためには、非常に軽いオイルか美容液を使用しましょう。アロエベラのジェルはこの点を満たす素晴らしい製品です。アロエを基材としたヘアスプレーを自作するのも良いでしょう。[10]
    • 薄くなりつつある髪の場合、艶出し製品は毛先にだけ付けるようにしましょう。頭皮付近に付けると髪の薄さを目立たせてしまいます。

ポイント

  • 髪を育て、輝きを出すためにはオイルを使用しましょう。オイルで頭皮をマッサージして1時間浸透させ、それからシャワーで洗い流しましょう。
  • 旅行用の小さな櫛をバッグに入れ、学校や職場等へ持参し、仕事や授業の合間にこっそりとトイレへ行って髪を素早く梳かしましょう。
  • シャワータイムの最後に髪にコンディショナーを付け、素早く洗い流すと、髪に少しコンディショナーが残り、滑らかで手触りの良い髪になります。
  • 髪にコンディショナーを付けた後は、5分ほど置き、常温の水か冷水で洗い流しましょう。

注意事項

  • 髪をブラッシングしすぎてはいけません。枝毛や頭痛の原因になります。(また、髪が長い場合は腕を痛めます。)
  • シャンプーとコンディショナーを使いすぎてはいけません。使いすぎは髪の乾燥を助長します。
  • 洗髪の最後にコンディショナーを付けるときは、素早く付け、十分に流し、残存物が残らないようにしましょう。さもなければ、髪にコンディショナーが蓄積して乾いた塊ができたり、髪が固くなったりします。


記事の情報

この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。

カテゴリ: 髪とネイル

他言語版:

English: Get Shiny Hair, Italiano: Avere Capelli Belli Lucidi, Español: conseguir un cabello brillante, Português: Ter um Cabelo Brilhante, Deutsch: Haaren Glanz verleihen, Français: avoir des cheveux brillants, Nederlands: Glanzend haar krijgen, Русский: сделать волосы блестящими, 中文: 拥有光泽亮丽的秀发, Bahasa Indonesia: Memiliki Rambut Berkilau, العربية: الحصول على شعر لامع, Tiếng Việt: Có mái tóc bóng mượt, ไทย: บำรุงเส้นผมให้สวยเงางาม, हिन्दी: चमकदार बाल पाएँ (Get Shiny Hair)

このページは 704 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?