透明なスマホケースは、汚れていなければ素敵です。しかし、スマホケースにはポケットの中の様々なごみや指の皮脂が付着するため、すぐに汚れたり黄ばんだりしてしまうかもしれません。幸いにも、家にあるクリーナーを使って汚れを落とすことができます。定期的な洗浄には食器用洗剤が適していますが、汚れがひどい場合は消毒用エタノールや重曹を使いましょう。ケースの素材がプラスチックでもゴムでもシリコンでも、汚れを落として変色を防ぐことができます。定期的にお手入れをすれば、通常より長持ちするでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
食器用洗剤と温水で洗う

  1. 1
    小さいボウルに温水と食器用洗剤を入れて混ぜる ボウルに温水240mlを入れ、食器用洗剤を2、3滴加えましょう。どんな食器用洗剤でもかまいませんが、中性洗剤が最適です。泡立つまでよくかき混ぜましょう。[1]
    • 強力な洗剤を使うとケースが傷む可能性がありますが、中性洗剤は、頑固な油汚れを分解するほど強力ではなく、人工的な香りも強くありません。
    • 食器用洗剤は、軽度の汚れを落として汚れの原因となるごみを取り除くのに最適です。
  2. 2
    清潔な歯ブラシに水で薄めた食器用洗剤をつけてケースをこする スマートフォンをケースから取り出し、水がかからない場所に置きましょう。汚れた部分を中心に、ケース全体をこすります。汚れた部分に歯ブラシをあて、円を描くようにこすりましょう。カメラ穴や充電器差し込み口の穴などの細かい部分も忘れずにこすります。[2]
    • 布やスポンジを使ってもかまいませんが、歯ブラシでないと隅や隙間に届かないでしょう。
  3. 3
    きれいな水でケースをすすぐ 流水でケースをすすぎましょう。細かい部分もよくすすぎ、洗剤をきちんと落とします。汚れが残っていたら、必要に応じて水で薄めた食器用洗剤をつけながら歯ブラシでこすりましょう。[3]
  4. 4
    清潔なタオルで拭く ケースを振って水を切り、タオルでケースの表と裏を拭きましょう。水分をできるだけ取り除きます。水分をきれいに拭き取っておくと、早く乾きます。[4]
    • ケースを早く乾かすために、できるだけ多くの水分を拭き取っておきましょう。
  5. 5
    キッチンカウンターなどにケースを置き、1時間自然乾燥させる タオルで拭いてもケースには水分が残っているので、すぐにスマートフォンに取りつけないようにしましょう。風が良く通る広い場所にケースを置いて乾かします。清潔なタオルを敷いてケースを置きましょう。スマートフォンに取りつける前に、ケースをきちんと乾かしておきます。[5]
    • ケースを完全に乾かしましょう。充電器差し込み口の穴などの細かい部分に水分が残っていると、スマートフォンに水が浸み込む可能性があります。
  6. 6
    週に1度ケースを洗って汚れを防ぐ ケースには様々な汚れが付着するので、こまめに洗うと良いでしょう。時間があれば、少なくとも週に1度はケースを外して、食器用洗剤と水で洗いましょう。 こうすると、黄ばみも防げます。[6]
    • スマホケースには、ポケットやカバンの中の汚れが付着します。また、手の皮脂も付着するため、使っているうちに黄ばんでしまいます。
    • こまめにお手入れすれば、ケースは長持ちするでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
消毒用エタノールを使う

  1. 1
    清潔なマイクロファイバークロスに少量の消毒用エタノールをつける 初めに、スマートフォンからケースを外しましょう。小さいマイクロファイバークロスに消毒用エタノールを浸み込ませます。消毒用エタノールは、少量で十分です。ケースを拭く前に、マイクロファイバークロスを振ったり絞ったりして余分な水分を落としましょう。[7]
    • 消毒用エタノールやイソプロピルアルコールは、食器用洗剤と水では落ちない中程度の汚れに適しています。仮に汚れが落ちなかったとしても、殺菌できます。
    • 透明なスマホケースの種類によっては、消毒用エタノールを使うと変色するかもしれません。事前にケースの取り扱い説明書を確認しましょう。まずは目立たない部分につけて、反応を確認しましょう。消毒用エタノールを使うのは必要な時に限り、消毒用エタノールにケースを浸さないようにします。
  2. 2
    湿らせたマイクロファイバークロスで円を描くようにこする ケースをシンクに持って行き、そこで作業しましょう。円を描くようにこすり、落ちにくい汚れがあれば力を入れてこすります。ケースの隅や穴などの手が届きにくい部分も忘れずにこすりましょう。[8]
    • 別の方法として、消毒用エタノールをスプレーボトルに入れ、ケースに直接スプレーしても良いでしょう。ただし、汚れを落とすために使う消毒用エタノールは少量で十分なので、ケースをびしょびしょに濡らさないようにしましょう。
    • 消毒用エタノールを浸み込ませたウェットティッシュがあれば、それを使っても良いでしょう。
  3. 3
    清潔なマイクロファイバークロスでケースを拭く 別のマイクロファイバークロスでケース全体を拭きましょう。消毒用エタノールをきちんと拭き取ります。こうすると、残っている汚れもきれいに落ちるでしょう。ケースの内側などの手が届きにくい部分も忘れずに拭きましょう。[9]
  4. 4
    ケースをスマートフォンに取りつける前に1時間乾かす キッチンカウンターやテーブルなどの広い場所にケースを置きましょう。部屋に風を通す必要があれば、近くの窓を開けるか扇風機を使います。ケースがきちんと乾いたら、安心してスマートフォンに取りつけることができます。[10]
    • 消毒用エタノールは水より早く乾きますが、湿気によるダメージからスマートフォンを守るためにケースをしばらく放置して乾かす必要があります。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
重曹を使う

  1. 1
    ケース全体に重曹を振りかける ケースからスマートフォンを取り出して、脇に置きましょう。シンクの中や清潔なタオルの上にケースを置きます。汚れた部分を上に向け、重曹を振りかけましょう。汚れた部分が重曹で覆われるようにします。[11]
    • 重曹をたくさん使っても問題ないので、汚れた部分が完全に隠れるまで重曹を足しましょう。
    • 重曹は、他の方法では落とせない頑固な汚れに効果的です。
  2. 2
    湿らせた歯ブラシでケースをこする 清潔な歯ブラシに少量の水をかけて湿らせ、円を描くようにケースをこすりましょう。ケースの隅や穴などの手が届きにくい部分も忘れずにこすります。[12]
    • 歯ブラシが乾き始めたら、水をかけて湿らせましょう。歯ブラシに流水をかけるか、ボウルに溜めた水に歯ブラシを浸します。
  3. 3
    きれいな温水でケースをすすぐ ケースをシンクに持って行き、温水ですすぎましょう。残った汚れを歯ブラシでこすりながら、ケース全体をすすぎます。歯ブラシでこすりながら、重曹がなくなるまですすぎましょう。
  4. 4
    清潔な布で拭く 初めに、ケースを振って余分な水分を落とします。次に、残っている水分と汚れを拭き取りましょう。特に、ケースの隅や穴などの細かい部分を念入りに拭きます。[13]
    • ケースが早く乾くように、水分をできるだけ多く取り除いておきましょう。
  5. 5
    汚れが残っていたら、食器用洗剤と温水で洗う 温水240mlと食器用洗剤2、3滴をボウルに入れ、泡立つまでかき混ぜましょう。スポンジや布、歯ブラシにつけてケース全体をこすり、残った汚れを落とします。[14]
    • 重曹を使うと頑固な汚れも落ちますが、汚れが薄く残ることもあります。また、重曹が残っている場合も食器用洗剤と水で洗えばきれいに落ちるでしょう。
  6. 6
    ケースを使う前に1時間乾かす キッチンカウンターやテーブルなどの広い場所を選びましょう。初めに、ケースを拭いてできるだけ乾かします。その後、清潔なタオルを敷いてケースを置き、完全に乾くまで待ちましょう。[15]
    • 風通しが良い場所で乾かしましょう。近くの窓を開けたり扇風機を使ったりすると部屋の風通しが良くなります。
    • 涼しい場所や暗い場所にケースを置くと、乾くのに時間がかかります。
    広告

ポイント

  • スマホケースのひどい黄ばみを落とすために様々な方法を試す人が多くいますが、それらの方法は、あまり効果的ではありません。たとえば、漂白剤を使うと、黄ばみが落ちないどころかケースに取り返しのつかないダメージを与える可能性があります。
  • 通常は、ケースが黄ばんだり見た目が汚くなったりしたら、新しいケースに替えたほうが良いでしょう。スマホケースは比較的安く、傷み始めたケースをきれいに保つのは簡単ではありません。
  • 透明なケースが黄ばみ始めたら、元に戻すことはできません。黄ばみを防ぐ唯一の方法は、定期的に汚れを落とすことです。
広告

注意事項

  • 注意しないと、ケースに付着している水分がスマートフォンに浸み込んでしまいます。これを防ぐには、ケースの掃除をする前にスマートフォンから外し、ケースをしっかりと乾かしてから取りつけましょう。
広告

必要なもの

食器用洗剤と温水で洗う

  • 中性食器用洗剤
  • ボウル
  • 計量カップ
  • 歯ブラシ
  • 布、またはタオル
  • シンク

消毒用エタノールを使う

  • 消毒用エタノール
  • マイクロファイバークロス
  • シンク
  • スプレーボトル(任意)

重曹を使う

  • 重曹
  • 歯ブラシ
  • シンク
  • タオル
  • 食器用洗剤(任意)
  • ボウル(任意)

関連記事

携帯電話の歩数計をごまかす携帯電話の歩数計をごまかす
スマートフォンとHisense(ハイセンス)のテレビを接続するスマートフォンとHisense(ハイセンス)のテレビを接続する
Androidの画面解像度を変更するAndroidの画面解像度を変更する
SamsungのGalaxyで動画をトリミングするSamsungのGalaxyで動画をトリミングする
スマートフォンをマイクとして使うスマートフォンをマイクとして使う
iPhoneにGIF画像を保存するiPhoneにGIF画像を保存する
SIMカードを別の端末に入れ替えて使うSIMカードを別の端末に入れ替えて使う
運転モードをオフにする運転モードをオフにする
iPhoneでアプリを信頼するiPhoneでアプリを信頼する
WhatsAppでグループを作成するWhatsAppでグループを作成する
非通知着信の番号に電話をかけ直す非通知着信の番号に電話をかけ直す
Apple WatchをiPhoneと同期するApple WatchをiPhoneと同期する
モバイル版のWordで画像を挿入するモバイル版のWordで画像を挿入する
Facebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認するFacebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は7,019回アクセスされました。
カテゴリ: スマートフォン
このページは 7,019 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告