遠距離恋愛を成功させる方法

3 パート:通常の恋愛関係と同じことをできる限り維持する一緒に何かに取り組んで絆を深める相手に期待することと境界線を明確にする

遠距離恋愛が簡単だと言う人は誰もいませんが、だからと言って諦める必要はありません。誠実さや適切な意思疎通によって、遠距離恋愛を身近にいる人との恋愛関係よりもはるかに安定したものにすることも実は可能なのです。[1]自分の態度とライフスタイルを少し変えるだけで、愛する人との結びつきを保ちやすくなります。

パート 1
通常の恋愛関係と同じことをできる限り維持する

  1. 1
    連絡を取り合いましょう。直接相手と会うことができないので、できる限り頻繁に気持ちを通わせ、その状態を維持することが大切です。深い内容の長い会話でなくても構いません。[2]どんなにつまらない話題でも頻繁に連絡をすれば、あなたが時間と手間を費やすことを厭わないほど相手のことを気にかけていることが伝わります。[3]また、お互いの近況を把握しやすくなります。[4]長い間隔(一度に数日)を空けると、日々何が起きていたのかを忘れてしまい、話をする度にゼロから伝えなくてはならなくなります。
    • 相手が好む連絡方法を把握しましょう。様々な連絡手段を試して、どれが2人にとって最適かを探ってみましょう。[5] SMSやEメール、ビデオ通話などを使って、日々の些細な出来事をお互いに報告してみると良いでしょう。
    • お互いの予定を調整しましょう。連絡をする時間が取れなくなりそうな時は、あらかじめ相手にそのことを伝え、できる範囲で連絡を取り合います。自分が相手ほど忙しくない場合は、柔軟な姿勢を保ち、自分が興味を持っていることに集中しましょう。
  2. 2
    日々の些細なことについて話をしましょう。すべての会話が2人の関係や希望、夢などに関する深い話である必要はありません。むしろ、近くに住んでいる恋人同士がそうするように、スーパーでの買い物や家事、部屋の模様替えなどの些細なことを話題にしましょう。[6]そうすれば、2人の家を一緒に築いているような気分になり、共通の楽しみが出来るでしょう。
    • 日々の暮らしの中で起きる退屈なことやありふれたことについて話をすると、2人の繋がりや相互依存関係を深めるために役立つ場合があります。[7]
  3. 3
    お互いの元を頻繁に訪れましょう。予算の許す範囲で、可能な限り頻繁にお互いの元を訪れる機会を設けましょう。直接会える機会があれば、逃すべきではありません。[8][9]定期的にお互いを訪れる予定を立てましょう。それが不可能なら、少なくとも会って別れたすぐ後に次回の予定を立てましょう。恋愛関係において、直接会って話をすることは、満足感や献身、信頼と同じくらい大切です。[10]
    • 2人で会う時のための特別な決まりごとを設けましょう。お気に入りのレストランで食事をする、家で静かに夜の時間を楽しむ、2人が好きな活動を一緒に楽しむなどです。
    • 2人で会える貴重な時間を無駄にしないように、旅行の工程は効率的に組みましょう。空港や駅での待ち合わせ場所を決めておきましょう。1つの鞄で身軽に旅行をする、あるいは必需品を相手の家に置いておくなどして、空港での荷物受け取りにかかる時間を節約しましょう。
    • 時には、自分たちが住んでいる場所以外でも会いましょう。2人ともまだ行ったことがない場所を訪れたり、お互いが住む場所の中間地点を選んだりしましょう。
  4. 4
    お互いのことをよく知りましょう。どんな関係でもそうですが、相手のことを本当によく知り、理解するためには時間をかける必要があります。話をしながら、相手が特に好きなこと(趣味や日常的な活動)を書き留めて、それについて少し調べてみましょう。そうすれば、さらに話が深まります。
    • お互いの好みを把握すると、贈り物を交換する際にも役に立ちます。贈り物の交換も、遠距離恋愛中にお互いへの想いを伝えるための1つの方法です。[11]
  5. 5
    相手も人間であるという事実を忘れないようにしましょう。距離が離れていると想いが高まり、相手を理想化してしまうことがあります。理想化することで恋愛関係が安定化する場合もありますが、極端な理想化(相手が完璧だという思い込み)をしてしまうと実際に会った時に相手のことを受け入れるのが難しくなります。[12]
    • 日常生活に関して毎日会話をするようにすると、相手の人間らしい面が見えて、相手が何かしらの変化を経験している時にもそれが分かるようになります。[13]
  6. 6
    離れていてもお互いを支え合いましょう。相手が困っていたり傷ついていたりしたら、相手の心の支えになりましょう。あなたが相手を気にかけていることを分かってもらうためには、相手を助けるための時間を設ける必要があります。相手が自分だけで重要な問題に取り組むことになれば、次第にあなたを必要としなくなってしまうでしょう。[14]相互依存とは自分の利益にならなくても相手のためや2人の関係のために行動しようという意欲のことを指します。[15]お互いを支え合えば、遠距離恋愛には欠かせない相互依存関係を構築することができます。
    • 相互依存は、物事を決める際に妥協をするなどの日常的な活動や、禁煙などの長期的な行動に見られます。
  7. 7
    信頼関係を築きましょう。2人の距離に関わらず、恋愛に信頼関係は必要不可欠です。[16]できる限り忠誠を守り、誘惑に負けないようにしましょう。万が一うっかりと誘惑に負けてしまった場合は、嘘をついた方が自分にとって好都合であっても、正直に相手に打ち明けることがとても大切です。[17]例えば、自分が誘惑に負けてしまったとします(バーに行くなど)。どこに行ったのかを偽れば自分にとっては好都合でしょうが、正直に伝えた方が2人の関係のためになります。
    • Eメールやオンラインツールを頻繁に使うと恋愛関係における信頼関係が築きやすくなる場合もあります。[18][19]
  8. 8
    お互いに誠実でありましょう。私的な情報を自発的に共有し、心を開いて正直になりましょう。[20]社会的なプレッシャーではなく個人的な価値観に従い、双方が相手に対して道徳的に誠実であり続けるべきです。[21]個人的な価値観には、「誠実であることは自分の人格の一部なのだ」という考え方が含まれます。社会的なプレッシャーには、社会的に認められるかどうかが関連しています。例えば、「彼女を裏切ったら私の母はとてもがっかりして私と縁を切るだろう」と考える場合などです。
    • あなたを操り、自分に都合の良いことをさせようとする相手の行動に注意しましょう。例えば、重要な会議に出席しているあなたを電話に出させようとして緊急事態だと嘘をつくなどの行動です。相手が度々不正直だったり、あなたを操るための行動をとったりするようなら、そもそもなぜ相手に信用されていないのかを考えてみましょう。
  9. 9
    相手の言葉や行動に対して腹が立ったり動揺したりしても、分別のない行動をとらないようにしましょう。話し合いがカギです。問題があるなら躊躇せずに話し合いましょう。信頼関係が生まれ、結びつきが強まります。腹立ちに任せて行動してしまったために相手が仕返しをすることを恐れているようでは、関係を維持することができません。

パート 2
一緒に何かに取り組んで絆を深める

  1. 1
    相手と何かを共有しましょう。オンラインのブログやスクラップ帳など、お互いがアクセスできて2人で共有できるものを作成しましょう。これは、連絡を取り合うための新しい方法であると同時に、一緒に何かを作り出しているという感覚を生み出してくれます。[22]挑戦した料理を紹介する食についてのブログを作成したり、インスタグラムにエクササイズに関する写真を載せたり、2人のためだけの特別なハッシュタグをツイッター上で作成したりしてみましょう。
    • オンラインカレンダーも共有してみましょう。相手と連絡が取れなかった時に、カレンダーを見れば理由が分かります。「昨晩のコンサートはどうだった?」などと、会話の話題作りにも役立ちます。
  2. 2
    同時に同じことをしましょう。2人の距離が縮まったような気持ちになり、相手をより身近に感じられます。[23]相手の近くにいるような感覚が得られると同時に、絆を深めることもできます。何をすれば良いかが分からなければ、以下のいずれかを試してみましょう。
    • 同じ日に同じ料理を作る予定を立てましょう。2人とも料理に興味がない場合は、同じ料理かおやつを食べるだけでも良いでしょう。
    • 同じ本や記事を読みましょう。交代で相手のために音読するのも良いかもしれません。
    • 同時に同じテレビ番組か映画を観ましょう。連絡を取り合える状態にしておいて、感想を共有しましょう。
    • 一緒に食事をしたり映画を観たりする際に、ビデオ通話機能を使いましょう。
    • 一緒に眠りましょう。電話やビデオ通話機能をオンにしたまま一緒に眠りましょう。時々この方法を試すと相手をより身近に感じることができます。
  3. 3
    一緒に学びましょう。オンラインで語学教室に参加したり、編み物を習ったりするなど、2人がやってみたいと思うプロジェクトを選んでみましょう。両方が興味を持っているものならなんでも構いません。経験を共有することができて、2人の間に真の結びつきが生まれます。これは、一緒に楽しく時間を過ごすための素晴らしい方法であり、話題作りにもなります。
    • インターネットを活用しましょう。オンラインで複数の参加者がいるゲームやチェスのように伝統的なゲームをすることができます。どちらにしても、ゲームをしながら相手とおしゃべりができて、一緒にいるような気持ちになれます。
  4. 4
    相手に特別感を与えましょう。相手の気に入りそうな些細なことを試してみましょう。ラブレターを書いてメールで送っても良いでしょう。あるいは、特に理由がなくてもちょっとした贈り物やカード、花などを送ってみましょう。[24]最近では、ほとんど何でも郵送することができます。
    • 贈り物を送ることを大げさな意思表示だと思わないようにしましょう。ちょっとした贈り物を頻繁に送ることは、特別な機会に相手に特別感を感じてもらうことと同じくらい重要です。
  5. 5
    共通の関心を追求しましょう。同じ場所で取り組むことはできなくても、一緒に新しいことに挑戦してみましょう。そうすれば、ただ電話で話しをするだけで他には何もしないという遠距離恋愛の落とし穴にはまることもありません。星空を眺めながら電話で話をするなど、何かロマンチックなことをしてみましょう。毎日同じ時間にアラームが鳴るように2人の時計をセットして、その時間は相手のことに想いを馳せてみましょう。
    • 共通の趣味に取り組んでいる間は、離れていても相手が自分のことを考えているのだと意識しましょう。そうすれば、結びつきが強まります。
  6. 6
    2人の周りに人間関係を構築しましょう。自分が相手の人生の一部であるという感覚は大切です。オンラインでも対面でも、お互いの友人に会ってみましょう。[25]そうすれば、相手の人生に対する理解がさらに深まり、意思疎通を図りやすくなります。
    • 2人で一緒に住むためにどちらかが相手の住む場所に引っ越す場合、引越し前の友達とは離れなくてはなりません。引っ越しをする側が新しい社会的な繋がりや仕事上の繋がりを構築できるように、迅速にサポートしましょう。

パート 3
相手に期待することと境界線を明確にする

  1. 1
    2人の関係について話し合いましょう。両方が2人の関係について明確に理解できるように、重要な質問は最初にしておきます。どのような関係を望んでいるのかを明確にしましょう。例えば、2人は付き合う前の段階なのか、カジュアルに付き合っているのか、彼氏彼女の関係なのか、婚約しているのか。相手に他に付き合っている人がいるかどうかもはっきりさせておくべきです。その他、「関係が深まったら、将来的に引っ越しをして一緒に住むことを検討してくれますか?」「このお付き合いに何を求めますか?」などの質問をしても良いでしょう。
    • こうした質問は聞きづらかったり、質問のせいで話が深刻になったりすることもありますが、関係を明らかにしておけば後になって傷ついたり誤解が生じたりすることがありません。双方が望む関係を築くための大切なステップです。
  2. 2
    疑念や不安、恐れについて一緒に話し合いましょう。ポジティブなことだけではなく、話をするのが怖いことや、話しづらいことについてもしっかり話し合いましょう。これは、お互いの正直な気持ちを理解するためのチャンスなのだと考えましょう。離れていても相手の調子が良い時や悪い時を知ることができれば、相手を受け入れやすくなり、実際に会った時に相手が不調でも動揺しないで済みます。
    • ポジティブなことだけに目を向けたいという気持ちは間違いではありません。しかし、調子が悪い時の自分を相手に見せておくことは必要です。[26]自分も相手も人間である以上、常に幸せとは限りません。
  3. 3
    前向きな考え方を保ちましょう。自分の関心や趣味、キャリア目標を追求できるなど、遠距離恋愛の良い面に目を向けましょう。お互いの距離が離れていると、相手との連絡や自分の感情表現について創造的になることが求められます。これは自分のコミュニケーションスキルと心の強さを試すチャンスなのだと考えましょう。
    • 遠距離恋愛の状態がいつまでも続くわけではないと考えれば前向きな気持ちでいられます。また、相手にも安心感と幸せを与えることができます。
  4. 4
    現実的な恋愛観を持ちましょう。どんな恋愛関係にも努力と相手への献身が求められることを覚えておきましょう。遠距離恋愛でも近くにいる人との恋愛でもこの点は同じです。あなたも相手も努力して献身的になる覚悟ができているならば、関係が上手く行かない時もあるのだということを念頭に置いておきましょう。こうした困難を乗り越えることができれば、長期的にはさらに素晴らしい関係を築くことができます。
    • 例えば、大切な日や休暇を別々に過ごさなくてはならないという問題があるとしましょう。記念日を一緒に過ごすことができないと分かっているならば、2人を結びつける他の方法を考えておきましょう。

ポイント

  • 相手の元を訪れる際に飛行機などの交通機関を使う必要があるならば、すぐに特典サービス(マイレージサービスなど)に登録しましょう。こうしたサービスは相手の元を訪ねる上でいずれ役に立ちます。マイルが溜まれば、予想外の訪問をして相手を驚かせることも1度か2度はできるかもしれません。
  • 次に会う機会を楽しみに待てるように、クリエイティブなカウントダウンカレンダーを作成して相手に送ってみましょう。例えば、写真付きのカレンダーを作り、相手のどんなところが好きかを毎日書き込んでいきます。
  • 誰かに自分の気持ちを打ち明けましょう。近くにルームメイトや家族がいれば寂しさを感じづらくなります。
  • 機会があればいつでも自分の写真を相手に送りましょう。スナップ写真を交換しましょう。お互いに幸せな気持ちになれます。
  • 文面からは実際の口調が読み取れない時もあるため、遠距離恋愛では口論になりやすい傾向があります。また、顔が見えないのでついひどいことを言ってしまいがちですが、相手が傷つくことに変わりはありません。相手の文章を読む時は誤解しないように注意し、自分が腹を立てている時には言葉に気をつけましょう。
  • 学校に通っていて遠距離恋愛をしている人は、FaceTimeを大いに活用しましょう。特に、ロマンチックなムードの夜に使いましょう。
  • 相手の住む場所を車で訪れる場合は、一緒に行きたい人を誘いましょう。ガソリン代を分担すると低予算で済みます。毎回誰かを誘えば、節約した分だけ多く相手を訪ねることができます。
  • 一番重要なのは一緒に過ごせる時間を楽しむことです。時差のために話をできる時間は限られているかもしれませんが、その分充実した時間を過ごしましょう。
  • 文面について争わないようにしましょう。書かれたメッセージは誤解しやすいからです。

出典と引用

  1. Stafford, L., & Merolla, A. J. (2007). Idealization, reunions, and stability in long-distance dating relationships. Journal of Social and Personal Relationships,24(1), 37-54.
  2. Aylor, B. A. (2003). Maintaining long-distance relationships. Maintaining relationships through communication: Relational, contextual, and cultural variations, 127-140.
  3. Aylor, B. A. (2003). Maintaining long-distance relationships. Maintaining relationships through communication: Relational, contextual, and cultural variations, 127-140.
  4. Johnson, A. J., Haigh, M. M., Becker, J. A., Craig, E. A., & Wigley, S. (2008).College Students’ Use of Relational Management Strategies in Email in Long‐Distance and Geographically Close Relationships. Journal of Computer-Mediated Communication, 13(2), 381-404.
  5. Aylor, B. A. (2003). Maintaining long-distance relationships. Maintaining relationships through communication: Relational, contextual, and cultural variations, 127-140.
  6. Johnson, A. J., Haigh, M. M., Becker, J. A., Craig, E. A., & Wigley, S. (2008).College Students’ Use of Relational Management Strategies in Email in Long‐Distance and Geographically Close Relationships. Journal of Computer-Mediated Communication, 13(2), 381-404.
  7. Sahlstein, E. M. (2006). Making plans: Praxis strategies for negotiating uncertainty–certainty in long-distance relationships. Western Journal of Communication, 70(2), 147-165.
  8. Stafford, L., & Merolla, A. J. (2007). Idealization, reunions, and stability in long-distance dating relationships. Journal of Social and Personal Relationships,24(1), 37-54.
  9. Dainton, M., & Aylor, B. (2002). Patterns of communication channel use in the maintenance of long‐distance relationships. Communication Research Reports,19(2), 118-129.
  10. Aylor, B. A. (2003). Maintaining long-distance relationships. Maintaining relationships through communication: Relational, contextual, and cultural variations, 127-140.
  11. Aylor, B. A. (2003). Maintaining long-distance relationships. Maintaining relationships through communication: Relational, contextual, and cultural variations, 127-140.
  12. Stafford, L., & Merolla, A. J. (2007). Idealization, reunions, and stability in long-distance dating relationships. Journal of Social and Personal Relationships,24(1), 37-54.
  13. Aylor, B. A. (2003). Maintaining long-distance relationships. Maintaining relationships through communication: Relational, contextual, and cultural variations, 127-140.
  14. Stafford, L., & Merolla, A. J. (2007). Idealization, reunions, and stability in long-distance dating relationships. Journal of Social and Personal Relationships,24(1), 37-54.
  15. Finkel, E. J., & Campbell, W. K. (2001). Self-control and accommodation in close relationships: an interdependence analysis. Journal of personality and social psychology, 81(2), 263.
続きを 表示する… (11)

記事の情報

カテゴリ: 恋愛関係維持 | 人間関係

他言語版:

English: Make a Long Distance Relationship Work, Français: faire marcher une relation à distance, Español: mantener una relación a distancia, Deutsch: Eine funktionierende Fernbeziehung führen, Português: Manter um Relacionamento à Distância, Русский: сохранить отношения на расстоянии, Nederlands: Een langeafstandsrelatie laten slagen, 中文: 让异地恋稳定长久, Italiano: Far Funzionare un Rapporto a Distanza, Čeština: Jak mít funkční vztah na dálku, Bahasa Indonesia: Membuat Hubungan Jarak Jauh Berhasil, العربية: النجاح في العلاقات العاطفية بعيدة المسافة, Tiếng Việt: Duy trì một Mối quan hệ Xa, ไทย: รักษาความสัมพันธ์ทางไกล, हिन्दी: दूर रहकर रिश्ता (long distance relationship) निभायें, 한국어: 장거리 연애에 성공하는 방법

このページは 2,628 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?