避妊用ピルを飲む方法

避妊用ピルは、ホルモンを利用して排卵を止め、子宮頸管への精子の進入を阻害し、子宮内膜を着床しにくくすることで避妊します。以前に避妊ピルを飲んだことがなく、正しい服用法(最大限の効果を得るために重要です)を確認したい方のために、wikiHowがお手伝いします。下記のステップ1からご確認ください。

ステップ

  1. 1
    説明書を読む まず初めに、お使いになるピルの説明書を必ず読みましょう。ピルによって服用方法も異なります。特定のタイミングで始めなければならないピルもあれば、特定の回数服用しなければならないピルもあります。まず説明書を読んで、以下のステップに従ってください。
  2. 2
    タバコを吸わない ピルを服用中の喫煙は、深刻な健康被害を引き起こします。ピルを服用中に喫煙すると、すぐに致命的となり得る血栓ができるリスクが非常に高くなります。喫煙者は今すぐに喫煙をやめましょう。時々するつきあい程度の喫煙でさえも危険となります。タバコを吸わない人であれば、手を出さないでください。
  3. 3
    ピルの服用を開始する ピルはいつでも好きなときに始められますが、ほとんどの女性は通常の生理周期への影響を最小限にするために、生理が始まったときに開始します。ピルの服用を開始したときは、次の生理がきちんとくるまで他の避妊方法を併用してください。ただし服用を開始して7日後から避妊効果があります。[1] 開始日の例として以下のようなものがあります。
    • 生理の初日。
    • 生理がきたあとの日曜日。(この方法は、今後の生理が必ず週末ではなく平日にくるようにします)
    • 生理の5日目。
  4. 4
    毎日同じ時間にピルを飲む ピルは朝でも夜でも飲むことができますが、大半の女性は、朝と違って毎日やることが変わらない夜のほうが、寝る前の習慣として飲むのを忘れずにすむようです。毎日同じ時間にピルを飲まないと、出血することがあるだけでなく、十分な避妊効果が得られなくなります。
    • 忘れやすい人は、ピルを服用する時間にアラームを設定したり、歯ブラシの横におきましょう。
  5. 5
    体をホルモンに順応させる 最初の月は、体がホルモンに適応するため、妊娠の症状(胸のふくらみ、敏感な乳首、出血、吐き気)がでることがあります。[2] ピルの種類によっては、生理を止めてしまうものもあります。医師とよく話し合い、希望のピルを処方してもらいましょう。
    • 不安をなくしたいのであれば、自宅でできる妊娠検査を行うこともできます。
  6. 6
    不正出血に注意する 毎月生理がこないようにするタイプのピルを服用している場合は、下着に付着した出血や不正出血に注意を払うようにしましょう。生理がくるタイプのピルでも時々出血がみられることもありますが、これは正常です。体が新しいスケジュールに適応するまで時間がかかりますが、こうした出血がなくなるまでには6ヶ月もかかりません。
  7. 7
    最初に試したピルがあわなかった場合、他の避妊方法を試す 思い切ってピルの種類や避妊方法を変えてみるのも手です。現在服用中のピルによるPMSの症状や副作用に悩まされている場合、他の種類のピルについて医師に相談してください。ピル以外にもたくさんの避妊方法があり、その多くはより信頼性が高く、扱いも簡単です。[3]
  8. 8
    ピルを飲み忘れないようにする 万が一忘れた場合はその分を飲んで補いましょう。ピルを飲むのを忘れたら、思い出したときにすぐに飲み、次のピルは通常の時間に飲みます。[4] 3錠以上忘れた場合、周期のどの時点で忘れたかによりますが、1週間から1ヶ月は他の避妊方法をとったほうがよいでしょう。ピルの周期の最初に1錠忘れた場合、最低1週間は他の避妊方法を併用する必要があります。
    • 飲み忘れた数とは関係なく、次の生理まで他の避妊方法をとったほうがよいでしょう。
    • 一般的な複合ピルではなく、プロゲスチンのみが含まれるピルを服用している場合、毎日同じ時間に服用することが非常に重要です。ほんの数時間ずれただけでも、妊娠する可能性があります。 [5]
  9. 9
    病気の場合、他の方法を検討する 病気にかかっていて吐き気や下痢がある場合、消化器にピルが十分な時間とどまることができず効果が弱くなることがありますので、他の避妊法をとってください。 抗生物質はピルの効果に影響を与えませんが、結核の薬はピルの効果を弱めます。
  10. 10
    薬による副作用に注意する 黄疸、腹痛、胸痛、脚の痛み、激しい頭痛、目の疾患があらわれた場合はピルの服用を中止してください。喫煙者は特に症状に気を配るようにしてください。避妊用ピルの服用中はタバコをやめるのが一番でしょう。ピルの服用中に喫煙すると、血栓症といった合併症の可能性が著しく高くなります。

ポイント

  • 避妊用ピルのブランドの中には、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)として使うことができるものもあります。処方されたピルに付属の説明書や製造元のホームページをご確認ください。
  • かかりつけの医師には、避妊用ピルを服用中であることや、緊急避妊薬を服用したことがあることなどを必ず伝えてください。かかりつけの医師とは、ご自分では言う必要がないと思われるかもしれない、歯科医も含まれます。

注意事項

  • 安心してピルを服用しましょう。ピルの服用は、妊娠に比べはるかに健康リスクが低くなっています。


記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Use Birth Control Pills, Español: usar píldoras anticonceptivas, Русский: принимать противозачаточные и таблетки экстренной контрацепции, Deutsch: Die Verwendung der Antibabypille und der Pille danach, Français: utiliser les pilules contraceptives et les pilules du lendemain, Português: Usar Anticoncepcionais e a Pílula do Dia Seguinte, 中文: 使用避孕药, Bahasa Indonesia: Menggunakan Pil KB, Italiano: Assumere le Pillole Contraccettive, Nederlands: De anticonceptiepil gebruiken, Čeština: Jak užívat hormonální antikoncepci, العربية: استخدام أقراص منع الحمل, हिन्दी: गर्भनिरोधक दवाओं का इस्तेमाल करें, ไทย: ทานยาเม็ดคุมกำเนิด, Tiếng Việt: Sử dụng Thuốc Ngừa Thai

このページは 6,969 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?