熱や湿気のこもった部屋は息苦しく不快なものです。クーラーがあればスイッチを入れて涼しくなるのを待つだけですが、クーラーのない部屋もありますし、また、夏の間ずっとクーラーを使っていると電気代が高くなります。クーラーを使わずに部屋を涼しくする方法を紹介します。

方法 1 の 3:
熱の発生源を減らす

  1. 1
    カーテンやブラインドを閉めましょう。約30%の熱は窓から入ります。カーテンを閉めて日光が直接部屋に入るのを防ぎます。部屋にカーテンやブラインドがなければ購入しましょう。特に南や西向きの窓には必要です。カーテンなどで窓を覆うと部屋の温度は最大で10℃位下がります。[1]
    • 日差しの強い午前中から午後遅くまで、カーテンを閉めます。
    • 部屋の暑さがいつも気になるようなら、遮熱や遮光効果のあるカーテンを選びましょう。
  2. 2
    電気製品や電灯などは熱を発するので、使用していない時はスイッチを切りましょう。電源の入っている電気製品は部屋を暑くします。使用していないものはコンセントを抜くか、スイッチを切りましょう。パソコンとテレビは特に多くの熱を放出します。また、白熱灯も多くの熱を発します。できるだけ部屋の電気を消しましょう。
    • 常に全ての電気を消した状態でいるのは不可能ですから部分的に使用して薄暗くしたり、最小限の使用に抑えます。[2]
    • 白熱灯を電球型蛍光灯や、熱の放出が非常に少ないLED照明(こちらの方がはるかに効果的です)に変えてみましょう。[3] 電球型蛍光灯やLED照明は環境にも優しい電灯です。
  3. 3
    散らかった部屋を片付けましょう。床に積み重ねた衣類や部屋中に散らばっている物は熱を吸収し部屋の中に熱を閉じ込めます。置いてある物が少ないと、熱が分散する空間ができて早く涼しくなります。[4] 部屋が散かっていると空気の流れが悪くなり余計に暑さを感じます。床に置いてある衣類などをクローゼットにしまい、クローゼットのドアを閉めましょう。
    • 部屋をざっと見回して置いてある物を確認しできるだけ片付けましょう。
  4. 4
    窓を開け、ほかの部屋のドアを閉めます。1日中日光にさらされた壁は熱を多く吸収しているため、外より部屋の中の方が暑く感じることがあります。窓を開けて部屋にこもった熱気を外に出しましょう。[5] 使っていない部屋のドアを閉めましょう。自分の部屋が早く涼しくなります。[6]
    • 少し涼しくなったら忘れずに窓を閉めましょう。
    広告

方法 2 の 3:
空気を循環させる

  1. 1
    シーリングファンを回し設定を調節します。シーリングファンは部屋の空気をかき混ぜ循環させるので、部屋が涼しくなります。[7] シーリングファンが空気を循環させ上下の空気を入れ替えます。熱い空気は部屋の上部に滞るので、こうすると早く涼しくなります。[8] シーリングファンを使っていないなら、今すぐにスイッチを入れましょう。速度を設定できる場合は最大にします。
    • シーリングファンを下から見て、羽根が左回りに回っているか確認しましょう。そうでなければ設定を変更します。
    • 羽根が左回りに回るように、そして速度を最大に設定すると空気がよく循環するでしょう。[9]
  2. 2
    他の扇風機があればそれも回します。卓上型, サーキュレーター, 首振りや 壁掛けなど様々なタイプの扇風機は部屋の空気を循環させ、風の冷却効果で体感温度を減少させます。[10] 中型の首振り扇風機を卓上に置くと、よどんだ熱気が早く分散します。夏の間は部屋に扇風機をいくつか用意しておきましょう。部屋に入ったらすぐにスイッチを入れられます。[11]
    • 浴室の換気扇も回しましょう。普段シャワーを浴びた時は、換気扇が浴室から湯気を吸い取ります。同じように、部屋の熱気も取り去るでしょう。[12]
  3. 3
    扇風機の前に氷を盛ったトレーを置きます。浅いなべやトレーまたはボウルに氷を盛って扇風機の前に置き、あり合わせのクーラーを作りましょう。霧混じりの冷たい空気が部屋を循環するのですぐに涼しくなります。[13] 代わりに氷嚢を使ったり、氷をきらせていたら氷に代わる物、例えば冷凍野菜のパックなどを利用します。
    • ボウルを少し斜めに傾けて置くなど工夫して、扇風機の風が氷の上を通り抜けるようにします。[14]
  4. 4
    窓を開け、サーキュラーを外に向けて置きます。サーキュラーが部屋の熱気を外に吸い出し、代わりに外気を部屋に運び込みます。日陰にある窓にサーキュラーを置くと、涼しい空気を部屋に取り込むでしょう。他の窓はきっちりと閉めておきます。反対側の窓を数か所だけ開けると、家の中を風が通り抜け涼しくなるでしょう。[15]
    広告

方法 3 の 3:
熱に対処する

  1. 1
    窓用エアコンやポータブルクーラーの購入を検討します。[16] 素早く部屋を涼しくする一番の方法は窓用エアコンを取り付けることです。その部屋だけを効率良く冷やします。[17] セントラル空調は家全体を冷やすので、部屋が涼しくなるまで時間がかかります。窓用エアコンは窓がサッシだと簡単に取り付けることができます。
    • 取り付けを面倒だと感じたり窓用エアコンに適した窓がなければ、ポータブルクーラーを購入します。取り付ける手間もなく、ただコンセントを入れるだけですぐに使用できます。[18]
  2. 2
    夜は窓を開けましょう。[19] 夏でも夜には気温が下がります。寝る前に窓を開けて涼しい外気を部屋に入れます。扇風機を1~2台窓の向かい側に置くと部屋の中に風が通ります。涼しい夜風を利用しましょう。朝にはまた熱気が侵入するので、忘れずにしっかり窓を閉めます。カーテンやブラインドも閉めましょう。[20]
    • 夜も部屋の電気製品のコードを抜きます。部屋の中を一層涼しくするためです。[21]
  3. 3
    湿度の高い地域に住んでいるなら除湿器の購入を検討しましょう。湿度が高いと暑さをより不快に感じます。湿気の多い地域では除湿器が役に立つでしょう。除湿機は湿気を含んだ空気吸い込み内部で水分を除去、その後乾いた空気を部屋に戻します。除湿器はホームセンターなどで取り扱っています。
    • 除湿器は安価ではありませんが、ポータブルタイプが多いので部屋から移動させることができます。必要に応じて家の中の様々な場所で活躍するでしょう。
    • 涼しくしたい部屋の中央に除湿器を置くと最大の効果を発揮します。[22]
  4. 4
    カーテンを工夫します。窓にカーテンを取り付けるなら、中間色で裏側に遮熱効果のある白いビニールが付いている物を選びましょう。窓ガラスのすぐ近くにカーテンをかけます。日除けも遮熱効果があります。日差しの暑さをうまく遮断するように窓ガラスに近づけて設置します。片面が白で反対の面が暗い色のリバーシブルタイプの日除けを選ぶと便利です。
    広告

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

カタツムリを駆除する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

バラを種から育てる

How to

コンクリートを仕上げる

How to

プラスチックについた傷を消す

How to

切り株を除去する

How to

木の高さを測る

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

毛羽立ちや毛玉を除去する

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

ヒューズをチェックする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 850 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告