つれない相手の機嫌を取ろうとして、いつも「都合のいい男」になっていませんか?都合のいい男とは、 相手の好意を得るためにまるで従者のようになる人のことです。好きな人の歓心を買おうとするのはほどほどなら構いませんが、度が過ぎると必死な姿に映る可能性があります。これ以上、都合のいい男でいる必要はありません。この記事では、二度と都合のいい男にならないために、行動を変えて自分を第一にする方法を教えます。

1
尽くすのをやめる

  1. 次々に小さなプレゼント贈ったり親切にしたりするのは、やり過ぎになります。いつもわざわざ相手を手伝いに行く、自分は何かを持って行くけれど相手は何もくれないなどであれば、回数を減らしましょう。健全な関係なら同等のギブアンドテイクを期待しましょう。つまり、あなたが誰かに親切にしたら、相手も進んであなたに親切にするのが当然です。時々は他人に尽くしてもまったく問題ありませんが、お返しがない場合は減らす時期かもしれません。[1]
    • 通勤途中で相手の分のコーヒーを買いますか?これは、相手に頼まれた場合は特に、許容範囲内です。
    • 吹雪の中を相手の家まで行って通路の雪かきをしますか?それはやり過ぎで、相手も少し気づまりに感じるかもしれません。
    広告

2
自分の境界線を定める

  1. どのような関係においても、健全な境界線があれば一線を越えるのを防げます。 自分がずいぶん「都合のいい男」だとわかったなら、相手にプレゼントする回数やオンラインで相手を褒めるのに限度を設けるとよいかもしれません。境界線を定めて守ることで、次の相手との関係では利用されないでいられます。[2] 以下のような境界線を引いてみましょう。
    • デートでは割り勘にします。
    • その人と出かけるために他の事すべてを断念しません。
    • 返信がない場合に、メッセージを重ねて送りません。

3
毎回は相手にならない

  1. その人のためにすべてを投げ出すのは、入れ込み過ぎに思われる可能性があります。相手が出かけたいと言うたびいつもあなたが予定を変更すると、相手はあなたに崇拝されていると受け取るでしょう。一緒に計画を立てるのは構いませんが、あなたが忙しい場合は、その日は出かけられないと伝えましょう。[3]
    • 例えば、相手が思いつきでその日遊びに行こうと誘ってきたけれど、あなたはすでに友達と約束していた場合は、「今日の午後はけっこう忙しいんだ。明日はどう?」と言いましょう。
    • こう答えることで、あなたは彼女のために時間を割く気はあるものの、彼女から呼び出しメールが来たからといってすべてを断念するつもりはないことを示します。
    広告

4
承認を求めるのをやめる

  1. その人に承認されたがっていると、自分に自信がないように見えてしまいます。自信のある人は他人の承認を必要としません。自分の価値を知っているので、相手から好かれるかどうかは心配しないのです。他人からの承認ではなく自分で自分を認めるための最善策は、自尊心を養って自信を高めることです。[4]
    • 自尊心を高める手っ取り早い方法は、自分の強みをリストに書き出すことです。落ち込むたびにそのリストを見返すと、自信を高めることができます。

5
やり過ぎない程度に親切にする

  1. 好きな相手を壊れ物ではなく普通の人間として扱いましょう。その人と出かけた際、相手のためにドアを押さえたり椅子を引いたりするのは構いません。 しかし、ディナーの席でその人の代わりに注文するような尊大な行為は控えましょう。[5] このような古めかしい行為は映画の中でだけ効果的であり、実生活ではほとんどの人がきまり悪く感じるでしょう。
    • ディナーの席でグラスにワインを注ぐのはまったく問題なく、しかも気が利いています。
    • 自分のコートを脱いで水たまりの上に敷き、相手がその上を歩けるようにするのは度を越しています。むしろ薄気味悪く思われるかもしれません。
    広告

6
相手から距離を取る

  1. 一歩下がって習慣を打ち破りましょう。つれない人(または人々)に執着している場合、今こそ前へ進みましょう。ソーシャルメディアのフォローを解除したり直に会って遊ぶのをやめたりして、あなたと一緒にいることを楽しんでくれる人達に時間を使いましょう。他の活動に多く時間を費やすほど、かつての自分に戻りたい誘惑を感じることが減るでしょう。T[6]
    • その気があれば、しばらくソーシャルメディア断ちをしてもよいでしょう。あなたを都合のいい男として扱う人々から距離を取れるだけでなく、メンタルヘルスにも大変良いことです。

7
友達や家族を最優先する

  1. あなたを愛し、気にかけてくれる人たちと過ごしましょう。人間関係に出会いと別れはつきものですが、あなたの最愛の人たちは、おそらくいつもそばにいます。恋愛に自分の生活を支配されないようにしましょう。恋愛に時間を捧げるのはまったく問題ありませんが、他の友達と過ごす時間も持つべきです。[7]
    • 趣味の時間も忘れないようにしましょう!
    広告

8
1人でも完全な人になる

  1. 幸せを感じるためには恋人は必要ではないと覚えておきましょう。今は、知り合い全員にパートナーがいるように思うかもしれませんが、パートナーがいることが最重要事項ではありません!恋人がいなくても、友達と仲良くして楽しく過ごせます。[8]
    • 直感に反するようですが、愛を求めることを止めたときに愛を見つけることは多々あります。
    • 趣味に集中し、やりたいことを見つけましょう!そのようにして過ごせば、もっと多才な人になり、おそらくもっと幸せになれるでしょう。

9
ナンパ師のアドバイスは聞かない

  1. これらの人々のアドバイスが役立つことはめったにありません。今日では、インターネット上に多くのナンパ師や「親切な人」がいて、恋人を獲得する方法を細かく教えてくれます。しかし、彼らの戦略は相手を物か「囚われの姫君」のように扱いがちです。恋人を作る方法を探しているならば、友達や同僚のアドバイスを聞きましょう。大切な人になる可能性のある人相手に一芝居打つことを勧めるようなアドバイスは避けましょう。[9]
    • 誰かと本物の絆を結ぶには、自分らしくあることが一番だと覚えておきましょう。
    広告

10
恋人候補のことを深く知る

  1. 素敵な人に出会ったら、その人に関する質問をしましょう。すべての人が同じではないのです。恋人候補の人は、他の人々とは違う趣味や目的や大志があるかもしれません。好きな人に自分を印象付けようとするのではなく、その人を知ることに集中しましょう。そうすることで恋が成就する可能性が高まります。[10]
    • 以下のような質問をするとよいでしょう。「子供の頃、何になりたかった?」「5年後の自分はどうなっていると思う?」「週末は何をするのが好き?」
    • 自分自身についても打ち明けましょう! デート相手は、あなたのことをもっとよく知って、2人がお似合いかを見極めたいと思っています。

11
あなたを本当に好きな人を見つける

  1. 健全な関係においては、双方が相手と一緒にいて楽しさを感じます。絶えずあなたにそっけない人や、あなたを利用する人に恋をするのはやめましょう。その代わりに、あなたを本当に好きで、あなたを変えようとしない人に自分の時間を捧げましょう。[11]
    • 恋愛においては自分が与えるのと同じくらい相手からもらいましょう。あなたばかりがプレゼントを買い、相手に親切にし、いつもメッセージを先に送っているのに気づいたら、次へ進むべき潮時かもしれません。
    広告

関連記事

げっぷするげっぷする
壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
キスが上手になるキスが上手になる
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
他者に依存しない他者に依存しない
復讐する復讐する
性格タイプがINTJの女性の特徴を知る性格タイプがINTJの女性の特徴とは?
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
女性がメッセージに返信してくれないときの対処女性からメッセージの返信が来ない?相手を再び振り向かせる方法
キスマークを見分けるキスマークを見分ける方法8選
別れた恋人が戻って来るサインを知る別れた恋人は戻って来る?復縁の可能性がある15のサイン
苦手な人と距離を置く苦手な人と距離を置く
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
広告

このwikiHow記事について

Erika Kaplan
共著者 ::
マッチメーカー
この記事の共著者 : Erika Kaplan. エリカ・カプランは国内9都市にてエグセクティブを対象とした出会い仲介サービス業を展開している会社「Three Day Rule」のデートコーチ及びマッチメーカーです。6年以上の経験を有し、独身クライアントが好条件のパートナーと出会えるよう、デートコーチングや上級仲介サービスを提供。ペンシルバニア州立大学にて広報学の学士号を取得。Rolling Stone、Us Weekly、Men’s Journalの出版部勤務を経て、元来情熱を抱いていた「人々を結び付ける」マッチメーキング業界に転職。これまでにLifetime、Philadelphia Inquirer、CBS、Thrillist、Elite Daily、Men’s Health、Fast Company、Refinery 29など数多くのメディアで取り上げられました。
カテゴリ: 自己啓発 | 人間関係
このページは 174 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告