酢を使って窓掃除をする方法

共同執筆者 Ashley Matuska

蒸留酢はホワイトビネガーとも呼ばれ、どの家庭でも使われている定番の掃除用品です。また、天然素材なので安心して使うことができます。料理以外で、酢の最も一般的な用途は、窓などのガラスの掃除でしょう。小さな窓も大きな窓も、窓の内側も外側も、酢を使って掃除することができ、窓に筋が残ることもありません。また、酢を使って窓枠のレールを掃除すると、汚れやほこりがこびり付きにくくなります。

方法 1 の 4:
酢水を作る

  1. 1
    濃度の高い酢水を作る 酢水で窓を掃除した経験のないみなさんは、最初は若干濃い目の酢水を作りましょう。水480ml、酢60ml、食器用洗剤小さじ1/2を混ぜ合わせます。蒸留酢の代わりにリンゴ酢を使うこともできます。[1]
    • しばらく掃除をしていなかった窓にも、この割合で作った酢水を試してみましょう。
  2. 2
    酢水の簡単な作り方 窓をこまめに掃除する場合は、もっと大ざっぱな割合で酢水を作っても構いません。水1カップと酢1カップを混ぜ合わせます。[2]
    • この酢水を前もって作り置きしておけば、思いついた時にいつでも掃除ができます。
  3. 3
    酢を薄めずに使う 窓の汚れがひどい時は、さらに濃い酢水が必要です。蒸留酢240mlを温め、直接、窓に塗布します(この場合、霧吹きで吹き付けるのが最適です)。[3]
    • 窓の汚れが特にひどい場合は、窓に酢水を塗布した後、1~2分そのままにします。
    広告

方法 2 の 4:
小窓の掃除

  1. 1
    掃除を始める前に 酢水を塗布する前に、布やペーパータオルを使って窓のほこりを取り除きます。溜まったほこりを取り除いておかないと、酢水を塗布した時に、ほこりが窓全体に広がってしまいます。
    • 酢がつかないように、窓の近くにある小物は遠ざけておきましょう。[4]
    • 酢水が滴り落ちる場合に備えて、窓の下枠や床にバスタオルを敷いておきましょう。[5]
  2. 2
    酢と水を混ぜあわせ、小さい霧吹きに詰める 汚れ具合によって酢水の濃度を調節し、霧吹きに詰めます。面積の小さい窓は乾きやすく、すぐに次の窓に取り掛かかることができるため、小窓の掃除には霧吹きを使うのが効果的です。
  3. 3
    窓にスプレーする まず、窓全体に酢水をスプレーします。スプレーする時は何枚かまとめてではなく、1枚ずつスプレーします。
  4. 4
    酢水と汚れをなじませるように、雑巾で窓全体を拭く 毛羽立たないタオルが理想的ですが、ペーパータオルで代用することもできます。目に見える汚れやシミは、特に丁寧にこすりましょう。筋が残らないように、作業は素早く行いましょう。[6]
  5. 5
    窓の水気を拭き取る 窓の水気を拭き取るには、マイクロファイバーが最適です。毛羽立たない布巾で大方の水分を拭き取った後に、マイクロファイバーの布巾で拭きましょう。筋が残らないように、力を入れながら素早く水気を拭き取ります。
    • マイクロファイバーの布巾がない場合は、ペーパータオルで代用できます。一般的なタオルや食器用布巾など、糸くずが残りやすいタイプのものは筋が残ってしまうため、窓拭きには向きません。
    広告

方法 3 の 4:
大きな窓や屋外の窓の掃除

  1. 1
    バケツに水と酢を入れる 大きな窓を掃除する時は、霧吹きの酢水では足りません。窓の大きさに合わせて、上記の割合で酢水を用意します。
  2. 2
    ホースで窓をすすぐ 窓の外側を掃除する時は、最初にホースで大きな汚れを洗い流します。汚れがこびりついている箇所は、ホースの水圧を強めて念入りに洗い流します。[7]
  3. 3
    石鹸水で洗う 窓の外側の汚れが特にひどい時は、酢水を塗布する前に、ざっと汚れを洗い落としましょう。[8]
    • 汚れが目立つ箇所はスポンジやモップでこすりましょう。ただし、スチールウールなどの研磨材でこすってはいけません。窓に傷がついてしまいます。
    • 石鹸水で窓を洗ったら、もう一度ホースですすぎます。
    専門家情報
    Ashley Matuska

    Ashley Matuska

    ハウスクリーニング業者
    アシュリー・マツカは環境と経済、そして地域社会に焦点を置いたハウスクリーニングサービス会社「Dashing Maids」の設立者兼社長です。清掃サービス業界で5年以上の経験があります。
    Ashley Matuska
    Ashley Matuska
    ハウスクリーニング業者

    ハウスクリーニングサービス会社「Dashing Maids」社長、アシュリー・マツカさんより専門家からのアドバイス:「外ガラスを磨く際、石鹸水で洗ってから酢水を使うことを強くお勧めします」

  4. 4
    窓全体に酢水を塗布する スポンジを使って1枚ずつ窓に酢水を塗布します。必要に応じて、頑固な汚れを慎重に擦りましょう。
    • 酢水に浸したスポンジで窓全体をこすります。小窓の場合と同様に、筋が残らないうちに、素早くこすります。[9]
    • 伸縮棒付きのヘッド交換式ブラシがあると、とても便利です。この手のブラシを使えば、高い所の汚れも落とすことができます。[10]
  5. 5
    きれいな水ですすぐ 窓の内側の清掃には霧吹きを使い、外側の清掃にはホースを使います。[11]
  6. 6
    スクイジー(窓掃除用ワイパー)で窓の水気を切る 窓に筋を残さずに掃除するコツは、水気を素早く拭きとることですが、スクイジーを使えば、タオルをたくさん使わずに済みます。できるだけ早くスクイジーで水気を拭きとります。[12]
  7. 7
    マイクロファイバーの布巾で仕上げる マイクロファイバーの布巾で窓の端に溜まった水分を拭きとります。水滴が垂れてきた部分をマイクロファイバーで拭き取ってから次の窓に取りかかりましょう。
    広告

方法 4 の 4:
酢水を使ったサッシの掃除

  1. 1
    重曹を窓枠のレール部分に振りかける 振りかける重曹は少量でかまいません。レール1本につき、大さじ1杯程度の重曹を振りかけます。その後酢をかけると、こすらなくても汚れが浮き上がってきます。[13]
  2. 2
    酢をかける ここでは、少量の酢を薄めずにそのまま使います。重曹に酢がかかると、シューと音を立てて泡立ちます。泡がレールから溢れないように注意します。[14]
    • 必要に応じて網戸を外し、余分な酢を外に流します。
  3. 3
    汚れを剥がす 綿棒を使ってレールの汚れをこすり、重曹と酢になじませます。こうすると、汚れが重曹と酢に混ざり、力を入れずに拭き取ることができます。[15]
  4. 4
    酢と重曹を拭き取る ペーパータオルをレールに置き、酢と重曹を吸収します。数回繰り返します。窓の汚れ具合を見ながら、レールもペーパータオルで拭きましょう。[16]
    広告

ポイント

  • 窓の汚れが余りにしつこい場合は、酢水を塗布する前に石鹸を使って洗いましょう。
  • 網戸も掃除しましょう。酢水を塗布した後、水で洗い流します。
  • 酢の臭いが気になる場合は、酢水に好みのエッセンシャルオイルを加えて臭いを和らげましょう。

広告

注意事項

  • 清掃直後の窓に直射日光を当ててはいけません。窓が早く乾きすぎてしまい、高い確率で筋が残ります。
広告

必要なもの

  • 雑巾とペーパータオル
  • 霧吹き
  • 蒸留酢
  • 毛羽立たない布巾
  • マイクロファイバーの布巾
  • バケツ
  • スポンジ
  • スクイジー(窓掃除用ワイパー)

このwikiHow記事について

ハウスクリーニング業者
この記事はAshley Matuskaが共著しています。 アシュリー・マツカは環境と経済、そして地域社会に焦点を置いたハウスクリーニングサービス会社「Dashing Maids」の設立者兼社長です。清掃サービス業界で5年以上の経験があります。
このページは 2,961 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告