酸素(O2)センサーは自動車のエンジンにおいて、排気制御システムの一部として重要な部分です。おおよそスパークプラグ程度の大きさで、排気流の酸素レベルをチェックします。酸素センサーが汚れていると、「チェックエンジン」ライトが点灯し、余分なガソリンで車が燃える可能性があります。[1] 酸素センサーが汚れている可能性がある場合、まずセンサーを車体から取り外し、ガソリンに一晩浸すことで酸素センサーを清掃できます。

パート 1 の 3:
酸素センサーの位置

  1. 1
    手と目を保護しましょう。ガソリンやさまざまな自動車部品を扱うので、潜在的な危害から身を守ることが重要です。車を持ち上げて酸素センサーを探す前に、丈夫な作業用手袋を着用して手を保護します。また、WD-40やガソリンが目にはいらないように、保護メガネまたはゴーグルを着用しましょう。[2]
    • 作業用手袋と保護メガネは、どちらもホームセンターや大型小売店で購入できます。
  2. 2
    ジャッキで車を持ち上げます。酸素センサーを取り外すには、車の下で作業をする必要があります。持ち上げる前に、車が平らな地面にあり、セレクトレバーが「P」レンジに入っていること、およびパーキングブレーキがかかっていることを確認しましょう。ジャッキを車のシャーシの一部(軸または車のフレームの側面を含む)の下に置き、車を持ち上げます。[3]
    • ジャッキは自動車部品店で購入できます。適切なジャッキを購入できるように、販売スタッフに自分の車のタイプとサイズを伝えましょう。
  3. 3
    酸素センサーを特定しましょう。車のメーカーとモデルによっては、複数の酸素センサーが搭載されている場合があります。センサーの正確な位置については、車両の取扱説明書を確認しましょう。すべての車には少なくとも2つの酸素センサーがあります。1つは車の触媒コンバーターの前に、もう1つは車のエキゾーストマニホールドにあります。[4]車両に複数のエキゾーストマニホールドがある場合、各エキゾーストマニホールド内に酸素センサーがある可能性があります。
    • 酸素センサーは、長さ約5 cmでスパークプラグのような形状です。片方の端は六角形になっており、レンチにはまるようになっています。もう一方の端はワイヤーで車に接続されています。
    広告

パート 2 の 3:
酸素センサーの取り外し

  1. 1
    WD-40をセンサーにスプレーします。車の酸素センサーはめったに取り外されることはないため、おそらく固着してしまっているでしょう。センサーを緩めるには、WD-40などの潤滑剤をスプレーし、10〜15分間放置します。WD-40の働きで固まったセンサーが緩み、取り外しやすくなります。
    • 家にWD-40がない場合は、ホームセンターまたは自動車パーツ店で購入できます。
  2. 2
    バケツまたは工業用容器にガソリンを入れます。WD-40が酸素センサーのネジを緩めるのを待つ間に、次のプロセスを開始しましょう。大きなバケツまたは工業用プラスチック容器にガソリンを入れ、車の近くに置きます。酸素センサーを車から取り外したら、ガソリンに浸して清掃します。[5]
    • 用意したバケツや容器が、安全にガソリンを入れることができるものであることを確認しましょう。すべての種類の容器が耐ガソリン性とは限りません。
    • バケツや容器をホームセンターで購入する場合は、密封可能で、ガソリンを入れられるプラスチック製のものを探していることを店員に伝えましょう。
  3. 3
    ハウジングから酸素センサーを外します。これには頑丈なレンチを使用する必要があります。この時点で、各酸素センサーがWD-40の作用で十分に緩んでいることを確認しましょう。レンチを使ってセンサーをしっかりと緩めます。[6]車体からセンサーを取り外すときは、センサーを地面に置くことや汚すことは避け、プラスチック製のボウルや車のきれいで平らな場所など、清潔な場所に置きましょう。
    • レンチのサイズがわからない場合は、酸素センサーの頭に中型のレンチをはめ込むことで簡単に判断できます。最初に試したレンチが合わなければ、必要に応じてレンチのサイズを調整します。
    • またはサイズ調整可能なレンチを使用します。
    広告

パート 3 の 3:
酸素センサーの清掃

  1. 1
    酸素センサーをガソリンの容器に浸します。車から酸素センサーを取り外したら、ガソリンで満たしたバケツまたは工業用容器に沈めます。時間が経つとガソリンの作用で酸素センサーがきれいになります。センサーがガソリンに完全に浸っていること、ガソリンが容器から飛び散ったり、手についたりしていないことを確認しましょう。[7]
    • ガソリンの近くで、タバコやろうそくに火をつけるなどの火を扱う行動をしては絶対にいけません。
  2. 2
    バケツに蓋をします。ガソリンは可燃性であるため、ガソリンを入れたバケツまたは容器に蓋をすることが重要です。これにより発火を防ぎ、また野生動物がガソリンに触れることも防げます。容器に蓋が付いている場合はそれを使用し、蓋をしっかりと閉めましょう。[8]
    • 蓋がついていないバケツや容器にガソリンを入れた場合、容器の口を覆うものを見つける必要があります。キッチンにある鍋やフライパンの蓋の中から適切なサイズのものを探すか、バケツの口にベニヤ板や大きな本を乗せるだけでもよいでしょう。
  3. 3
    酸素センサーを一晩浸します。ガソリンが酸素センサーをきれいにするのには時間がかかり、少なくとも8時間は浸す必要があります。センサーがガソリンの容器に浸っている際に、容器を持ち上げて、数回旋回させましょう。こうするとセンサーをまんべんなく洗浄できます。[9]
  4. 4
    酸素センサーを取り外して乾燥させます。一晩浸した後、ガソリンの入ったバケツまたは容器に手を入れてセンサーを取り出す必要があります。取り出したら外観に注目してみましょう。清掃前よりもずっときれいになっていることがわかるはずです。その後、きれいな綿の布を使用して酸素センサーに付いたガソリンを拭き取り、完全に乾かします。[10]
    • ガソリンから酸素センサーを取り出す際にガソリンが手に付かないようにするには、厚いゴム手袋を着用するとよいでしょう。
    • 食器洗い用の手袋なども使用可能です。
  5. 5
    再び車に酸素センサーを取り付けます。センサーを拭いて乾かしたら、レンチを使用してエキゾーストマニホールドや元々装着されていた場所に酸素センサーを挿入します。所定の位置に戻したら、酸素センサーのネジを完全に締めます。[11]
    • 車のジャッキを使用して慎重にゆっくりと車を下ろせば、作業終了です。
    • エンジンをかけ、「チェックエンジン」ライトがまだ点灯しているかどうかを確認します。おそらくオフになっているでしょう。また酸素センサーがきれいになったことで、ガソリンの使用量が大幅に少なくなっていることに気付くでしょう。
    広告

必要なもの

  • ジャッキ(任意ですが推奨)
  • 安全ゴーグル
  • 作業用手袋
  • レンチ
  • WD-40とガソリン
  • ふた付きバケツ

ポイント

  • 酸素センサーに欠陥、損壊部分、永久的な損傷などがある場合は、新しいものに交換する必要があります。メカニックまたは自動車部品店のスタッフに相談して、どのタイプのセンサーが車に適合するかを判断しましょう。

広告

関連記事

How to

オルタネーターを点検する

How to

エンジン警告灯をリセットする

How to

ギア比を計算する

How to

ブレーキローターを交換する

How to

ラジエーターをフラッシングする

How to

キャブレターの調整

How to

オーバーヒートしたエンジンを冷やす

How to

車のボンネットを開ける

How to

車をジャンプスタートする

How to

ワイパーのビビリ音を解消する

How to

ボールジョイントの点検

How to

車のヘッドライトの調整

How to

ドライヤーで車のへこみを直す

How to

車の傷を取る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は4,601回アクセスされました。
カテゴリ: 自動車修理
このページは 4,601 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告