オーブンの掃除には様々な方法がありますが、刺激の強い化学薬品を使わなくても、自然製品の重曹で掃除をすることができます。重曹ペーストを作ってオーブン内に塗り、一晩置いてホワイトビネガーをスプレーすれば掃除は完了です。

パート 1 の 3:
オーブンを重曹でコーティングする

  1. 1
    オーブンラックを取り出す ピザストーンやオーブン用温度計など、オーブン内にあるものは全て取り出します。掃除を始める前に、オーブン内には何も残っていないか確認しましょう。[1]
  2. 2
    蓄積された汚れを掻き出す オーブン内には、焦げた食べ物や油汚れがたくさん蓄積されて残っているでしょう。重曹を使用する前に、プラスチックかシリコン製のヘラを使って、簡単に剥がれ落ちる焦げや汚れを削り取っておきます。[2]
  3. 3
    重曹と水でペーストを作る 小さなボウルに重曹170gと水大さじ3杯を入れて混ぜます。水の量を調節しながら、オーブンに塗って広げやすくなるペースト状になるまでよく混ぜましょう。[3]
  4. 4
    重曹ペーストをオーブン内に塗る ゴム手袋を着けているなら、ペーストを手で塗りましょう。上手くできなければ、ヘラを使ってペーストを広げていきます。ペーストはオーブンの内部全体に塗りますが、発熱体には塗らないように注意しましょう。[4]
    • 塗った場所によってペーストが茶色になったり、塊になっても問題ありません。
    専門家情報
    Chris Willatt

    Chris Willatt

    ハウスクリーニング業者
    クリス・ウィラットはコロラド州デンバー市において最も高い評価を得ているハウスクリーニングサービス会社「Alpine Maids」の設立者兼社長です。2012年にコロラド大学にて学士号を取得しています。
    Chris Willatt
    Chris Willatt
    ハウスクリーニング業者

    重曹は効果的で人にも環境にもやさしいクリーナーです。 ハウスクリーニングサービス会社「Alpine Maids」のクリス・ウィラットさんは、 「重曹と水でペーストを作り、オーブン内全体に塗ります。重曹を油汚れによくなじませるために、約1時間置いてから拭き取り、残った焦げた油汚れは、軽石や研磨パッドで擦って落とします」と言っています。

    広告

パート 2 の 3:
オーブンをしっかり拭き取る

  1. 1
    重曹ペーストを一晩置く 重曹ペーストは一晩、または12時間置くことで効果を発揮します。あまり時間がない時は、40分置いてみましょう。ただし、 念入りにきれいにしたい場合は、この手順を何回か繰り返す必要があるでしょう。[5]
  2. 2
    重曹をきれいに拭き取る 一晩置いたペーストを温水で濡らした布巾で拭き取ります。ペーストをしっかり拭き取るには、強く擦り落としましょう。[6]
  3. 3
    残りのペーストを擦り取る 濡れた布巾でペーストを全て拭き取るのに苦労するかもしれませんが、その場合は、ヘラを使って残りを削り落とします。それでもカスが残る場合は、お酢を使って除去していきましょう。[7]
    広告

パート 3 の 3:
掃除の仕上げに酢を使う

  1. 1
    酢をスプレーする ホワイトビネガー(無色透明のアルコール酢)をスプレーボトルに入れ、残っているこびりついた汚れに吹きかけます。酢が重曹と混ざると泡が立ちます。[8]
  2. 2
    再度しっかり拭き取る 濡らした布巾で泡立っている部分を拭き取ります。それでもまだ取れない場合は、再度酢をスプレーして拭き取ります。オーブンがきれいになるまで繰り返しましょう。[9]
  3. 3
    オーブンラックを掃除する 重曹をオーブンラックの上から振りかけ、さらにホワイトビネガーをかけるか、スプレーします。重曹が泡立ったら、オーブンラックを熱いお湯をはった浴槽に浸し、そのまま一晩置きましょう。[10]
  4. 4
    オーブンラックを元に戻す きれいになったら、オーブンラックを戻し、掃除の前にオーブンから取り出したものを全て戻しましょう。これでオーブンを使う準備完了です![11]
    広告

ポイント

  • 最初の掃除でオーブンが思っていたようにきれいにならない場合は、この手順を繰り返しましょう。[12]
  • 重曹と水で作るペーストでは上手くいかない場合は、食器洗い用洗剤30mlをペーストに加えてみましょう。[13]

広告

注意事項

  • 皮膚を刺激から守るため、掃除中は必ずゴム手袋を着けましょう。
広告

必要なもの

  • 重曹
  • スポンジ
  • ホワイトビネガー
  • ゴム手袋
  • ヘラ

関連記事

How to

キロワット時(kWh)の計算

How to

食器洗い機の水を抜く

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

冷凍庫の霜取り

How to

電子レンジでお湯を沸騰させる

How to

ワッフルメーカーを手入れする

How to

エアコンを自作する

How to

アイロンを掃除する

How to

スキレットをシーズニングする

How to

冷蔵庫を移動する

How to

冷蔵庫を掃除する

How to

薄型テレビを掃除する

How to

食器が電子レンジ対応かどうかを確認する

How to

冷蔵庫の臭いを取る
広告

このwikiHow記事について

Chris Willatt
共著者
ハウスクリーニング業者
この記事の共著者 Chris Willatt. クリス・ウィラットはコロラド州デンバー市において最も高い評価を得ているハウスクリーニングサービス会社「Alpine Maids」の設立者兼社長です。2012年にコロラド大学にて学士号を取得しています。
カテゴリ: 家電製品
このページは 133 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告