重曹と絆創膏で破片やトゲを取り除ける場合があります。まず傷口をきれいに洗い、乾かしてから重曹を塗りましょう。塗った個所を絆創膏で覆い、数時間待ってから剥がすと破片やトゲも一緒に取れるでしょう。感染症を防ぐために必ず抗生物質配合の軟膏を塗り、傷口が感染を起こしたら医師の診察を受けましょう。トゲや破片が刺さると、破傷風を発症する恐れがあります。破傷風の抗体が切れていないか確認しておきましょう。[1]

パート 1 の 3:
傷口を洗浄して状態を確認する

  1. 1
    傷口をつまんではいけません。破片が刺さった傷口を洗ったり調べたりする際に、指でつまんで破片を抜くのはやめましょう。破片が細かく砕けたり皮膚の奥深くに入り込んだりする危険があります。破片を取り除く際は、傷口やその周りの皮膚を圧迫しないように注意しましょう。[2]
  2. 2
    傷口を確認します。必要に応じて拡大鏡を使い、破片の大きさや皮膚に刺さっている角度を確認しましょう。こうすると重曹ペーストを塗り絆創膏を貼る際に、誤って破片を奥に押し込まないように注意することができます。刺さっている方向へ破片を押し込まないように気を付けましょう。[3]
  3. 3
    傷口を洗浄して乾かします。傷口が感染症を起こさないように注意する必要があります。破片を取り除く前に、まず傷口をきれいに洗いましょう。石けんと水で傷口を洗い、ペーパータオルでそっと押さえて乾かします。[4]
    • 傷口を洗う前に、必ず手を洗っておきましょう。
    広告

パート 2 の 3:
破片を取り除く

  1. 1
    重曹と水でペーストを作ります。小さな容器に重曹をたっぷり入れ、水を少しずつ加えながら固めのペーストを作ります。重曹と水の割合は特に決まっていませんが、塗り広げられるくらいの固さに整えましょう。[5]
  2. 2
    重曹ペーストを傷口に塗ります。指やペーパータオルを使って、ペーストを傷口にそっと塗りましょう。傷口とその周りに薄く塗ります。[6]
    • ペーストを塗る際に、破片を傷口の奥へ押し込まないように気を付けましょう。破片が刺さっている角度を思い浮かべ、その角度でペーストを塗る場合は力を入れないように注意します。
  3. 3
    傷口に絆創膏を貼ります。ペーストの上から絆創膏を貼りましょう。絆創膏のパッド部分で破片を完全に覆うように貼ります。破片全体を覆うことができれば、どんな絆創膏を使ってもかまいません。[7]
  4. 4
    数時間経ってから絆創膏を外します。1時間~1日待ってから絆創膏を外しましょう。一般的に、破片が深く刺さっている場合は待つ時間を長めにします。絆創膏を外すと破片も一緒に取れるでしょう。[8]
    • 絆創膏を外しても破片が自然に取れない場合は、アルコール消毒したピンセットでそっとつまんで取り除きます。
    • 絆創膏を外しても破片が出てこない場合や皮膚の奥に入り込んでいる場合は、再度ペーストを塗り絆創膏を貼って、今度は長めに待ちましょう。最長24時間まで絆創膏を貼っておくことができます。[9]
    • 破片が取れたら傷口を石けんと水で洗い、抗生物質配合の軟膏を塗りましょう。
    • 破片が取れた後、傷口が治るまで絆創膏で覆っておくこともできます。
    広告

パート 3 の 3:
安全上の注意事項

  1. 1
    傷口とその周りに抗生物質配合の軟膏を塗ります。破片を取り除いた後、傷口に抗生物質配合の軟膏を塗ると、感染症を予防する効果があります。抗生物質配合の軟膏は薬局で購入できます。使用法に従って傷口に塗りましょう。[10]
    • ドルマイシン軟膏などを薬局で購入して傷口に塗りましょう。[11]
    • 服用している薬がある場合は、薬剤師に相談したうえで軟膏を選びましょう。服用中の薬と相互作用を起こさない軟膏を選ぶ必要があります。
  2. 2
    必要に応じて出血を抑えます。破片を取り除いた後、傷口から出血することもあります。傷口の周りをしっかり押しましょう。こうすると傷口が塞がって止血できます。必要に応じて絆創膏で覆いましょう。[12]
  3. 3
    症状によっては医師の診察を受けましょう。破片が取れずに大量出血すると、医療機関での治療が必要になることもあります。また、手足の爪の間に破片が刺さった場合も、医師に取り除いてもらう必要があるかもしれません。さらに、破傷風ワクチンの効果が切れている場合は、破片が刺さった時点で医師の診察を受け、感染を防ぐためのワクチン接種について相談しましょう。[13]
    広告

ポイント

  • 破片がかなり深く刺さっている場合は、この方法を2回行う必要があるかもしれません。
  • 重曹ペーストが絆創膏外に溢れ出たら、それ以上出てこないように自着包帯を巻いておきましょう。

広告

必要なもの

  • 重曹
  • 石けん
  • 絆創膏
  • ガーゼ
  • 消毒用アルコール、殺菌消毒パッド

関連記事

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

爪が割れたときの対処

How to

吐き気を止める

How to

自分で身長を測定する

How to

割れた足の爪を処置する

How to

勃起を抑える

How to

お腹まわりの脂肪を取る

How to

新型コロナウイルスを予防する

How to

キスマークを偽造する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

一週間でお腹を平らにする

How to

声を低くする

How to

嘔吐を誘発する

How to

早く酔う
広告

このwikiHow記事について

Luba Lee, FNP-BC, MS
共著者
治験審査委員
この記事の共著者 Luba Lee, FNP-BC, MS. ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。 この記事は20,325回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 20,325 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告