PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

一般的に、野球帽にはサイズ調節が可能なものと不可能なものの2種類があります。調節可能な野球帽はクラウン(頭部)周りにスナップ式のバンドが付いており、頭の大きさに合わせやすくなっています。一方で、調整不可能なタイプでぴったりと合う野球帽を手に入れるには少々努力が必要です。このような帽子に使用されている素材の性質上、野球帽を小さくするには一般的に帽子を濡らし、乾燥させる際に自然に収縮させる必要があります。

方法 1
方法 1 の 3:
綿の野球帽を湯に浸して小さくする

  1. 1
    深い鍋に水を入れて加熱する 深い鍋を用意して水を入れます。小さくしたい帽子を入れても水があふれない程度に十分大きい鍋を用意します。火を中火にして鍋を徐々に温めます。[1]
    • この作業はシンクでも可能ですが、鍋を使用したほうが水温の調整がしやすいでしょう。
  2. 2
    水を適温まで加熱する 蒸気が少量出始めるまで水を温めます。湯の温度は帽子が収縮する程度まで温め、火傷したり帽子の素材が劣化するほど熱くならないようにしましょう。[2]
    • 水を沸騰させてはいけません。火傷の可能性に加え、湯が熱すぎると帽子のひさしが歪んで形状が崩れる原因となる場合があります。
  3. 3
    帽子を完全に湯に浸す 帽子を湯の中に入れます。帽子を押し下げて十分湯を浸透させ、そのまま沈んだ状態にします。帽子は手を使って湯の中に浸してもよいですが、トングを使用するほうが安心であればそうしましょう。
    • 帽子のひさしの形状を後で整えない場合は、ひさし部分を湯には全く浸さないようにしてクラウンのみを濡らします。
  4. 4
    帽子を数分間湯に浸す 帽子を数分間そのまま置くと温かい浴槽のような効果が徐々に現れます。帽子に使用されている綿繊維が熱によって収縮してさらにしっかりと密着し、帽子全体が効果的に小さくなります。[3]
    • クラウンの生地が少々膨らむまで湯に浸しておきます。この状態は生地が十分緩んで帽子の形を再調整できる状態になったことを示しています。
  5. 5
    帽子をかぶり、そのまま乾燥させる 帽子を湯から安全に取り出して余分な水分を振り落とします。帽子が冷めたら頭にかぶり、完全に乾燥するまでそのまま着用しましょう。湿った状態の帽子は非常にしなやかで、乾燥するにつれて頭の形に合うようになります。[4]
    • この方法で帽子を乾燥させるにはおそらく丸1日かかるでしょう。効率的に帽子を乾燥させたい場合は帽子を朝早い時間に温めてから着用し、その後1日普通に過ごしましょう。
    • 洗濯ばさみで帽子のひさし部分を挟んで一晩干すと、乾燥する際の伸びや歪みを防ぐことができます。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
シャワーを浴びながら綿の野球帽を小さくする

  1. 1
    熱いシャワーを出す 自宅でシャワーの湯を出し、水温が適度に熱くなるまで待ちます。今回も同様に湯が熱くなり過ぎないようにします。湯が直接帽子に当たるため、水温が高すぎたり帽子が長時間湯にさらされると帽子の形状が崩れる場合があります。[5]
    • サイズ調整をしたい帽子やブーツを着用したままシャワーを浴びる方法は昔から長い間使用されており、非常に効果的な方法です。
  2. 2
    小さくしたい帽子をかぶる サイズ調整をする帽子を用意し、かぶります。適切な形に伸びて乾燥するように、最も頻繁に帽子をかぶる位置で着用します。
  3. 3
    シャワーに入る 帽子をかぶったままシャワーに入ります。通常通りシャワーを浴びるか、帽子の硬さがなくなり新しい形状になるまで3~5分待ちます。帽子のクラウンを完全に濡らし、均一に伸びるようにしましょう。[6]
    • 帽子をかぶったまま普段通りシャワーを浴びる場合は、石けんやシャンプーがつかないように帽子を濡らします。帽子を洗う際は適切な製品を用いて別途行いましょう。
    • 帽子のひさしの形が崩れないように、クラウンに湯の大部分がかかるようにしましょう。
  4. 4
    帽子をかぶったまま乾燥させる 帽子をかぶったままその日を過ごしましょう。服を着る前に帽子の余分な水を振り落とし、帽子から水が垂れないようにします。環境条件にもよりますが、帽子は1日以内に乾燥するでしょう。
    • 暖かく晴れている日に帽子をかぶると最も効率的に乾かせます。寒い日や雨天の場合は外出時に帽子をかぶってはいけません。代わりに扇風機の風が当たる場所、またはエアコンの吹き出し口の前に帽子を正しい向きに置き、定期的に乾き具合を確認しましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
ポリエステルの野球帽を洗濯機の中で小さくする

  1. 1
    帽子を洗濯機に入れる 洗濯機の使用が可能であれば、ポリエステルやその他の合成繊維が使われている帽子を簡単に小さくできます。洗濯機に帽子のみを入れるか、または他の衣服と一緒に入れます。帽子を小さくする際は洗濯洗剤を少量使用しましょう。
    • 帽子だけを洗濯する際は洗濯機を少量洗いや節水コースに設定し、「洗い」と「すすぎ」の工程で水が無駄にならないようにしましょう。
    • 帽子を他の衣服と共に洗濯機に入れると帽子が圧迫されて摩擦がかかり、生地がより調整しやすくなります。
  2. 2
    通常の水温で洗濯する 通常の水温で普通の洗濯コースに設定します。ポリエステルなどの合成繊維の素材は熱にさらされると簡単に縮むため、大抵の場合は通常の洗濯コースで洗うだけで生地が半分程度の大きさに縮むでしょう(洗濯機の機種によります)。通常の洗濯コースが完全に終了するまで、そのまま帽子を洗濯します。[7]
    • ポリエステルの帽子をごく僅かに縮めたい場合は、最初の「洗い」の工程が終わったら帽子を取り出しましょう。
  3. 3
    帽子をかぶって乾燥させる ごく僅かに帽子を小さくする場合は、通常の洗濯で効果が現れるはずです。帽子を頭部にかぶせたまま自然乾燥させて自分に合うサイズに調整しましょう。
    • 洗濯機の水温によってポリエステル素材が少々縮みすぎた場合は、乾燥させる際に帽子をかぶったままにしておくと生地が伸びて丁度よいサイズになるでしょう。
  4. 4
    帽子を乾燥機に入れる 帽子が希望のサイズよりも相当緩い場合は、洗濯後に乾燥機にかけるとよいかもしれません。こうすると帽子が高温の熱にさらされて確実に縮むと同時に短時間で全体が乾きます。乾燥機を中温にして時間を設定し、帽子を乾燥させましょう。合成繊維の生地は乾燥機による継続的な熱に弱いため、帽子を大幅に小さくする場合はこの方法が最善策かもしれません。[8]
    • 合成繊維の帽子を優しく浸け洗いしたり手洗いするよりも、定期的に洗って乾かすほうが、より縮みやすいでしょう。帽子が小さくなりすぎたら、まだある程度湿っている間にかぶってみます。帽子を着用している間に繊維が伸びるはずです。
    • 帽子を乾燥させる際には目を離さず観察しましょう。合成繊維素材は長時間熱にさらされると焼けてしまうことで知られています。[9]
    広告

ポイント

  • 帽子のひさしの形状を整えるには、帽子がまだ濡れているうちにガラス瓶や面積が広く湾曲した物体の表面周りにひさしを巻きつけるようにして輪ゴムで固定します。どちらかの工程で生じる乾燥時のトラブルを避けるため、この作業は帽子のサイズを調整した後に行いましょう。
  • 合成繊維素材は防縮加工が施されているため、ポリエステルの野球帽は高温で洗って乾燥させて収縮を促す必要があります。
広告

注意事項

  • 水を熱して帽子を浸す際に火傷をしないように注意しましょう。水を沸騰させる必要はありません。
  • 寒い日や雨天の場合は濡れた帽子をかぶって外出してはいけません。気温が低い時に濡れた帽子をかぶるのは不快な上に、帽子が余分な水分を吸収して乾きにくくなるでしょう。
広告

必要なもの

  • 深めの料理鍋、シンク
  • シャワー(任意)
  • 熱湯
  • 洗濯機と乾燥機
  • ガラス瓶(任意)
  • 輪ゴム(任意)

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
自家製シュガーワックスを作る
声を変える声を変える
皮膚に付いた食品着色料を落とす
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
おへそのお手入れおへそのお手入れ
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は14,941回アクセスされました。
このページは 14,941 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告