ほとんどの人はひな鳥が野生動物であるということを忘れがちです。家庭で野生の鳥を飼うのは違法であるため、野生動物は放っておいた方がよい場合がほとんどです。[1] しかし、保護して餌を与えなければならない場面に遭遇したときは、この記事の情報を参考にして世話しましょう。

パート 1 の 3:
ひな鳥に助けが必要か判断する

  1. 1
    手袋をつける 鳥を触るときは手袋を使用しましょう。小さい鳥でもつつくことがあるので、手袋をして手を守りましょう。[2]
  2. 2
    羽をチェックする 羽毛が生えている場合、巣立ちして間もないひな鳥です。そうでない場合は、まだ巣立ちはしていません。[3]
  3. 3
    巣立ちをしたひな鳥はそのままにしておく 鳥が巣の外にいるのには理由があります。完全に羽毛が生えそろっている鳥は飛ぶ練習をしている可能性があり、巣の外にいるのは当然です。親鳥は地面にいるひな鳥にも餌を与えます。[4]
  4. 4
    巣立ちをしていないひな鳥は巣に戻す 巣立ち前のひな鳥は、大抵の場合助けが必要です。鳥を見つけたら巣に戻してあげましょう。巣は近くにあるはずです。見つけることができない場合、探してみましょう。[5]
    • 兄弟の鳴き声がしないか聞いてみましょう。親鳥が餌を持って帰ってくると、ひな鳥は餌を求めて鳴くため、その声を辿れば簡単に見つけることができます。
    • ひな鳥を持ち上げるときは、片手をひな鳥の頭と背中を包むように、もう片方の手でお腹と足を支えるようにします。ひな鳥に触れたため、母親がひな鳥を拒否するのではと心配する必要はありません。母親はためらうことなく巣の中に受け入れます。
    • 手でひな鳥を包んで、触れたときの冷たさを鳥が感じなくなるまで温めてあげましょう。[6]
  5. 5
    他にひな鳥がいないかチェックする 巣と他のひな鳥の死骸を見つけた場合、その巣は見捨てられたと判断できます。生き残っているひな鳥を保護しましょう。
  6. 6
    フィンガーテストをして確かめる 巣立ちが済んでいるかが判断できない場合、鳥を指に座らせてみましょう。しっかりとつかまることができたら、巣立ちを終えているでしょう。[7]
  7. 7
    巣を注意して見る 鳥を巣に戻した後、そのままにしておくのが不安な場合、親鳥が帰ってくるか2、3時間巣を観察しましょう。ただし、あまり近くにいると、親が帰ってこない場合があるので、安全な距離を保つように気をつけましょう。[8]
  8. 8
    簡易の巣を作る 台風、捕食者または人間により巣が壊されている場合があります。巣を見つけることができない場合、自分で作りましょう。小さなプラスチックの箱の底にタオルや毛布等の柔らかいものを敷きましょう。[9]
    • 鳥を見つけた場所辺りで、陰になった所に巣を置きましょう。木に釘で固定してもよいでしょう。鳥を中に入れるときは、体の下に足がくるように確認しましょう。[10]
  9. 9
    手を洗う 鳥に触れた後は必ず手を洗いましょう。鳥は病気を持っている場合があるため、終わった後はしっかりと手を洗いましょう。[11]
    広告

パート 2 の 3:
助けが必要なケースを知る

  1. 1
    親鳥をチェックする 2、3時間しても親鳥が帰ってこない場合、もしくは親鳥が死んでいる確証がある場合は、援助が必要です。[12]
  2. 2
    ケガをしていないかチェックする 動きがおかしかったり、羽をばたつかせていたら、ケガをしている可能性があります。また、震えている場合も何か問題があるかもしれません。傷ついた鳥を見つけたときは、専門施設に連絡しましょう。[13]
  3. 3
    自分で育てようとしない 野生の鳥を飼育するのは違法です。野生動物を育てるには、都道府県の野生鳥獣担当機関の許可が必要です。[14]
  4. 4
    野生動物リハビリ療法士に連絡する 野生動物リハビリ療法士は訓練を受けているため、ひな鳥の世話をする技能を持っています。地方自治体の野生動物に関するウェブサイトを探してみる、もしくは近くの動物病院、動物保護施設に連絡してみましょう。地域のリハビリ療法士の情報を得られるかもしれません。[15]
    • 餌や水の与え方、温め方のアドバイスを受けましょう。いろいろと質問するのは控えて、「何か他に知っておいた方がいい事はありますか(気をつけることはありますか)?」というようにアドバイスを求めましょう。
    広告

パート 3 の 3:
鳥の種類を特定し餌を与える

  1. 1
    リスクを理解する 鳥を飼うことは違法行為であることを忘れないようにしましょう。また、適切な餌の与え方の知識がないため、世話することによりひな鳥が死んでしまうかもしれません。約20分おきに餌を与える必要があるので、ひな鳥の世話は簡単ではありません。そのうえ、食べ物の取り方や捕食者を警戒する方法等、通常親鳥が教えることを代わりに教えることはできません。[16]
    • 人間に慣れ過ぎて、人間から飛び方を教えられていない鳥は危害を与えたり、ずっと人間に餌を求めるようになる可能性があります。[17]
  2. 2
    鳥の種類を特定する インターネット[18] [19] で鳥の種類を特定しましょう。「野鳥を楽しむポータルサイトBIRD FAN」https://www.birdfan.net/ や「鳥類図鑑」http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/tori/japan/index.html などが便利です。
    • 親鳥を見ると簡単に種類を特定できます。親鳥がまだ近くにいる場合は、ひな鳥を返してあげましょう。自分の子供を世話するのは親鳥の本能であり、またその能力も備えています。
  3. 3
    鳥の食べ物を特定する ひな鳥が何を食べるかは、親鳥が何を食べているかで決まります。例えばショウジョウコウカンチョウは種子類[20] を食べ、カラスはナッツやベリー類から虫や小動物[21] まで何でも食べます。
  4. 4
    雑食性の鳥にはキャットフードやドッグフートを与える 鳥が雑食性の場合、キャットフードやドッグフートを与えてみましょう。野生の鳥のほとんどは雑食性で、親鳥がひな鳥に与えるのは主に虫です。これは、鳥が動物性たんぱく質を中心とした餌を食べていることを意味するため、キャットフードやドッグフートは適切な餌といえます。[22]
    • 乾燥タイプの餌の場合は、水に1時間ほど浸けましょう。ただし、餌を与えるときは、水滴を一緒に与えないように注意しましょう。肺に水が入って鳥が死んでしまう場合があります。
    • 食べ物をエンドウ豆ほどのサイズの小さなボール状にして、鳥の口の中に落としましょう。アイスキャンディー棒や箸を使うとうまくいきます。または、ストローの端をスプーンのようにカットしてもよいでしょう。[23] ひな鳥はすぐに食べ物を受け入れるはずです。乾燥タイプのキャットフードやドッグフートの粒が大きい場合は必ずカットしましょう。与える餌は全てエンドウ豆サイズにすることが重要です。
  5. 5
    草食の鳥には粒餌を与える 種子類のみを食べる鳥には、ペットショップで購入できる粒餌を与えましょう。ペットショップにはオウムのひな用の粒餌が置いてあるはずです。
    • 注射器を使用して餌を声門の奥に押し込みましょう。声門は気管の近くにあります。口の中、または喉の奥の気管につながる小さな穴が声門です。水や餌を気管に入れないように注意しましょう。注射器の先を声門の奥に入れることが重要です。[24]
  6. 6
    ひな鳥が満足するまで餌を与える ひな鳥は空腹時に積極的に餌を食べます。夢中になって食べようとしないようなら、満腹なのかもしれません。[25]
  7. 7
    水を与えない 餌に十分水分がふくまれていれば、少なくとも巣立ちをするまでは水を必要としません。水を与えると、鳥が吸引して死んでしまう可能性があるため、害を与えることの方が多いでしょう。[26]
    • 鳥を発見したときに脱水しているようであれば、スポーツドリンクや乳酸リンゲル液を与えましょう。指で鳥のくちばしに一滴垂らして、鳥が吸えるようにします。口が乾いていたり、肌が赤みがかっている状態は脱水のサインです。また、脱水状態の鳥は首の後ろの皮膚をつまんだ時、すぐに元にもどりません。[27]
  8. 8
    20分おきに餌を与える ひな鳥はエネルギーを持続させるために、餌を食べ続ける必要があります。[28] ただし、夜就寝中に起きて餌を与える必要はありません。[29]
  9. 9
    できるだけ鳥に触れないようにする 自然に返すために、ひな鳥が刷り込み(生後間もない親の認識や学習)を受けたり、懐いたりしないことが重要です。鳥と接するのは最小限に抑えて、ペットのように扱ってはいけません。[30]
    • 実際、生まれて2週間以内の鳥の場合は特に、刷り込みをせずにひな鳥を育てるのはほとんど不可能です。[31]
  10. 10
    生後4週間で自分で餌を食べさせる 生後4週間ほど経つとひな鳥は自分で餌を食べる練習をし始めますが、できるようになるには1カ月ほどかかる場合があります。この時期にはまだ手で餌を与えて、同時に餌のボウルと浅い容器に入れた水をかごの中に置いておきましょう。[32]
    • 手で餌を与えていると、ひな鳥が興味を示さなくなっていくことに気づくでしょう。[33]
  11. 11
    巣立ちをする時期まで餌を与える 羽が成長する巣立ちの時期まで、あと数週間ほど待つ必要があるかもしれません。鳥は羽が発達して飛べるようになるまでは、助けなしでは生きていけません。飛べるようになって初めて自然に返すことができます。[34]
    • 成鳥になるまで飼う場合は、ひなの時とは異なる餌を与える必要があります。[35]
    • また、ひな鳥が巣箱の縁にジャンプするようになったら、かごに移しましょう。[36]
    広告

注意事項

  • 鳥の種類によっては、悪影響を及ぼす食べ物があるため、与えてはいけない食べ物を必ず知っておきましょう。
広告

関連記事

How to

ハムスターをお風呂に入れる

How to

最期の近いモルモットの世話をする

How to

カメの年齢を知る

How to

飼い犬にウサギを引き合わせる

How to

ヤモリを駆除する

How to

子ウサギに餌を与える

How to

蝶の飼育

How to

家にいるコウモリを捕まえる

How to

屋根裏のリスを退治する

How to

シーモンキーの世話をする

How to

クモの卵嚢(らんのう)を見分ける

How to

餌を食べないカメに対処する

How to

子猫をしつけ訓練する

How to

サメから身を守る
広告
  1. http://wdfw.wa.gov/conservation/health/rehabilitation/baby_birds.html
  2. http://wdfw.wa.gov/conservation/health/rehabilitation/baby_birds.html
  3. http://wdfw.wa.gov/conservation/health/rehabilitation/baby_birds.html
  4. http://wdfw.wa.gov/conservation/health/rehabilitation/baby_birds.html
  5. http://wildlifecenter.org/baby-bird
  6. http://wildlifecenter.org/baby-bird
  7. http://www.birds.cornell.edu/AllAboutBirds/faq/master_folder/attracting/challenges/orphaned
  8. http://www.birds.cornell.edu/AllAboutBirds/faq/master_folder/attracting/challenges/orphaned
  9. http://www.allaboutbirds.org/guide/search
  10. http://birds.audubon.org/birdid
  11. http://www.allaboutbirds.org/guide/Northern_Cardinal/lifehistory
  12. http://www.allaboutbirds.org/guide/American_Crow/lifehistory#at_food
  13. http://www.starlingtalk.com/dogfood.htm
  14. http://www.starlingtalk.com/dogfood.htm
  15. http://www.themodernapprentice.com/trachea.htm
  16. http://www.2ndchance.info/insecteater.htm
  17. http://www.2ndchance.info/insecteater.htm
  18. http://www.starlingtalk.com/babycare.htm
  19. http://www.birds.cornell.edu/AllAboutBirds/faq/master_folder/attracting/challenges/orphaned
  20. http://www.birds.cornell.edu/AllAboutBirds/faq/master_folder/attracting/challenges/orphaned
  21. http://www.starlingtalk.com/babycare.htm
  22. http://www.starlingtalk.com/babycare.htm
  23. http://www.starlingtalk.com/babycare.htm
  24. http://www.starlingtalk.com/babycare.htm
  25. http://www.birds.cornell.edu/AllAboutBirds/faq/master_folder/attracting/challenges/orphaned
  26. http://www.starlingtalk.com/babycare.htm
  27. http://www.starlingtalk.com/babycare.htm

このwikiHow記事について

Pippa Elliott, MRCVS
共著者 ::
獣医、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)
この記事の共著者 : Pippa Elliott, MRCVS. Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるピッパ・エリオット獣医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医師、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得し、生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。 この記事は1,149回アクセスされました。
カテゴリ: 動物 |
このページは 1,149 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告