スプレー塗料を使うと、金属になめらかで均等な塗装ができ、塗料も早く乾燥します。また、ディスカウントショップ、ホームセンター、金物店などで安価に購入できます。スプレー塗料は手軽で便利ですが、使用の際には注意が必要です。必ず保護マスクと手袋を着用し、換気の良い場所で作業を行いましょう。

パート 1
パート 1 の 3:
金属面の下準備をする

  1. 1
    塗装する金属面の汚れを落とす 表面のほこりや汚れを湿らせた布で拭き取ります。表面全体をきれいに拭きましょう。そして、自然乾燥させるか、乾いた布で拭いて乾かします。[1]
  2. 2
    表面のサビを落とす サビを落とすにはいくつかの方法があります。頑固なサビには、ジェル状または液体のサビ取り剤を使います。サビはひどくても薬品を使わずに落とせそうな場合は、グラインダーまたはサンダーを使いましょう。軽いサビは、サンドペーパーまたは目の細かいパッドを付けたサンダーで擦り落としましょう。[2]
    • サビ取り作業は屋外で行い、子供を近づけないようにしましょう。
  3. 3
    剥がれかけている塗料を落とす サビを落とす際、剥がれかかっている塗料も一緒に落ちるかもしれませんが、残っている場合はパティナイフ、スクレーパー、またはワイヤーブラシを使い、塗料を完全に擦り落としましょう。作業中は、手袋、保護メガネ、保護マスクを着用しましょう。[3]
    • 鉛を含有する古い塗料を落とす場合は、塗料片を吸引すると危険なため、保護具の着用は特に重要です。
  4. 4
    金属の表面にサンドペーパーをかける スプレー塗料をきれいに塗るためには、表面をなめらかにする必要があります。まず、研磨作業で出た金属くずを布で拭き取ります。次に、120番のサンドペーパーをかけます。[4] でこぼこした部分を重点的に研磨しましょう。そして、200番のサンドペーパーを使い、全体的になめらかにします。[5]
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
金属用プライマーを塗る

  1. 1
    作業場所を選ぶ 塗装作業は、換気の良い場所で行いましょう。車など、スプレー塗料がかかりそうな物が近くにないか確認しましょう。塗装をするには、屋外の風の当たらない場所が理想的です。[6]
    • 高湿度の環境は避けましょう。湿度によって塗料の乾燥時間や付着具合が左右されます。湿度の低い場所と時間帯を選びましょう。
  2. 2
    周囲に養生シートやゴミ袋を敷く 塗料が付着しないように、作業場所の周囲を覆います。養生シート、段ボール、板、ゴミ袋などを敷き、飛び散る塗料が周りに付着するのを防ぎましょう。数メートル離れている家具などは問題ありません。[7]
    • 保護メガネやマスクなどの保護具は、この段階で着用しましょう。
  3. 3
    塗装しない部分をマスキングテープで覆う 塗装しない箇所がある場合は、その部分にマスキングテープを貼ります。ハンドルなどの小さな部分であればテープを直接貼り、大きな部分はビニール(ゴミ袋など)を被せてテープで留めましょう。[8]
  4. 4
    塗装中は保護具を着用する 塗料の臭気を吸い込むと危険な場合があるため、塗装中は鼻と口を覆う保護マスクを着用しましょう。目を守る安全メガネも必要です。また、手や衣類に塗料が付着しないように、手袋とエプロンも着用しましょう。[9]
  5. 5
    表面にスプレー式の金属用プライマーを塗る 塗装をなめらかに仕上げるためには、プライマーを塗る必要があります。金属用のプライマーであれば何でも構いません。スプレー缶を表面から15~20cmほど離して吹き付けます。プライマーを全体に塗って最低10分乾燥させましょう。[10]
  6. 6
    プライマーを重ね塗りする 通常は1度の下塗りでは不十分です。最初に塗ったプライマーが乾いたら、重ね塗りをしましょう。乾燥するまで10分ほど待ち、状態を確認します。均等に塗られていたら、次の作業に移ります。プライマーにムラがある場合は、この作業を最高2回まで繰り返しましょう。[11]
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
金属に塗装する

  1. 1
    スプレー缶を振って塗料を混ぜる スプレー缶を逆さに持ち、缶を最低2分間振ります。缶の中の撹拌玉の音が聞こえるはずです。作業中も時々缶を振って塗料を混ぜましょう。[12]
  2. 2
    金属片で試し塗りをする スプレー缶のノズルが詰まっていないか確認しましょう。試し塗りをすると、塗料の噴射状態と、金属に塗った後の実際の色を確認できます。[13]
  3. 3
    スプレー缶を塗装面から25~30cm離して持つ 缶が近すぎると、塗料が垂れたり流れたりします。逆に離れすぎていると、均等に塗装できません。缶を25~30cm離して持つと、均等でなめらかな仕上がりになります。[14]
  4. 4
    手を一定の速度で動かして塗る 手を左から右に動かし、塗料が垂れないように薄く吹き付けます。塗料を厚く塗ると、乾きが遅くなり、均等な仕上がりになりません。[15]
    • 手を左から右に動かした後はノズルから指を離し、塗料の噴射を止めましょう。
  5. 5
    塗装面を最低1時間乾かす 重ね塗りをする前に、最低1時間おいて乾燥させる必要があります。乾燥具合によって、待ち時間は多少異なります。乾燥状態を確認する際、塗装面に触れないようにしましょう。[16]
  6. 6
    2度塗りをする 最初に塗った塗料が乾いたら、重ね塗りをします。2度塗り後30分から1時間おき、乾燥しているか確認しましょう。必要に応じて、この作業をさらに2、3回繰り返しましょう。[17]
    • 塗装した物を動かす際は、塗料が乾いているか確認しましょう。
  7. 7
    失敗した箇所を直す 塗装中に手を止めたために、塗料が垂れたり厚くなったりしている箇所があるかもしれません。塗料がまだ濡れている場合は、糸くずの付かない乾燥した布を使い、塗料の垂れを拭き取りましょう。塗料がすでに乾燥している場合は、目の細かいサンドペーパーで擦ってなめらかにしましょう。[18]
    広告

ポイント

  • 塗装した製品は、24時間経ってから使用しましょう。[19]
  • 金属面の少し外側から噴射し始めて外側で終えると、全体を均等に塗装できます。[20]
広告

注意事項

  • 塗装作業は、換気の良い場所で行いましょう。
  • 塗料の臭気を吸い込まないように、作業中は保護マスクを着用しましょう。
広告

必要なもの

  • ミネラルスピリット
  • 液体またはジェル状のサビ取り剤(任意)
  • グラインダーまたはサンダー(任意)
  • 120番のサンドペーパー
  • 200番のサンドペーパー
  • 保護マスク
  • 手袋
  • 保護メガに
  • 養生シート
  • 金属用プライマー
  • スプレー塗料
  • マスキングテープ(任意)

関連記事

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
風船ガムを膨らませる
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
風船を膨らませる
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
革を染める
六角形を描く六角形を描く
紙でじょうごや円錐を作る
アルミ風船を膨らませる
息を長く止める息を長く止める
プラスチックに塗装する
数独の問題を解く数独の問題を解く
剥がれた合成皮革を修復する剥がれた合成皮革を修復する
プラスチックを溶かすプラスチックを溶かす
広告

このwikiHow記事について

James Guth
共著者 ::
塗装専門家
この記事の共著者 : James Guth. ジェームス・ガスは「Chesapeake Painting Services LLC」の設立者及び共同経営者です。塗装業者として20年以上の経験を有し、外装及び内装塗装、内乾式壁設置、高圧洗浄、壁紙貼り、ステイン塗装、コーキング・シーリング、大工仕事を専門としています。タウソン大学にて経済学と経営学(金融学専攻)の学士号を取得。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 545 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告