金魚が卵を産み付ける(産卵)準備をしていたら、その金魚は妊娠していると思われます。金魚が産卵の準備をしているかもしれないと思ったら、様々な方法で確かめましょう。まず、産卵に適した条件や環境が整っているかどうかを確認します。次に、オスとメスの「産卵前」の行動を観察してみましょう。珍しい事ですが、購入した金魚が妊娠していたというケースもあるかもしれません。そうでない場合、オスとメスの両方がいる場合にのみ妊娠します。

パート 1 の 2:
条件や環境をチェックする

  1. 1
    飼っている金魚がメスかどうか調べる 金魚の性別を知りたければ、購入時に聞くか、獣医に相談しましょう。一般的にメスの金魚は体がふっくらしています。上から見ると、メスはお腹が膨らんでいて、オスはお腹の部分が細くなっているのがわかるでしょう。また、メスの胸びれ(エラのすぐ後ろにある)はオスのものに比べて短く、丸みを帯びています。[1]
    • また、一般的に金魚は1歳を超えるまで卵を産みません。
  2. 2
    産卵の時期について考える 金魚を外で飼っている場合は、春か初夏にしか産卵しません。室内で飼われている金魚であれば、一年のうちどの時期でも産卵する可能性があります。屋外で飼っている金魚が妊娠しているかどうかを判断する際には、時期も考慮に入れましょう。[2]
  3. 3
    水温をチェックする 金魚の繁殖には、水温が20℃前後の環境が適していると言われています。金魚が産卵の準備をしているかもしれないと思ったら、産卵に最適な水温かどうか確認しましょう。[3]
    広告

パート 2 の 2:
産卵前の特徴や行動を観察する

  1. 1
    オスの「追い星」を探す オスの場合、産卵の準備が整うと、頭やエラ蓋、胸びれの周りに「追い星」と呼ばれる小さな白い塊ができます。オスにこのような白い斑点がある場合は、メスが妊娠している可能性が高いでしょう。[4]
    • 「追い星」は見えにくいかもしれません。見つけられない場合でも、金魚が妊娠していないということではないので注意しましょう。
  2. 2
    オスの追尾行動をチェックする 産卵の準備期間には、オスがメスを追いかけて、「追尾行動」と呼ばれる求愛ダンスをすることがあります。この行動は(見えにくい)「追い星」よりも確認しやすいでしょう。[5]
  3. 3
    活動的かどうかに注目する 産卵を控えている時期は、金魚の動きが鈍くなります。動きがゆっくりしていたり、動きにくそうにしていたりしないか注意しましょう。[6]
    • 金魚が「巣作り」をしていないか、ほとんどの時間をシェルターや植物に隠れて過ごしていたりしないかなども観察しましょう。
  4. 4
    餌を食べているか確認する 産卵の準備期間には、金魚が餌を食べないことがあります。餌をあまり食べていない場合は、もうすぐ産卵するというサインかもしれません。[7]
  5. 5
    金魚の体の大きさを観察する メスは、オスよりも少し丸みを帯びているのが一般的です。産卵の際には、さらにお腹が大きくなり、少し出っ張っていることもあります。[8]
    • オスの「追い星」と同様に、金魚によってはお腹がかなり目立つ場合もありますが、まったくわからない場合もあります。
    広告

関連記事

How to

ハムスターに噛んではいけないことを教える

How to

犬の軟便を治す

How to

ハムスターの目が開かない時の対処

How to

脱走したハムスターを捕まえる

How to

カメを幸せにする

How to

ペットのセキセイインコに好かれているか知る

How to

金魚の性別を見分ける

How to

犬の傷を洗浄する

How to

カメの性別を見分ける

How to

ハムスターの繁殖

How to

ペットのウサギとの絆を深める

How to

ウサギの妊娠を見分ける

How to

カーペットについたペットの嘔吐物を掃除する

How to

ウサギをきれいにする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ペット
このページは 161 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告