アリは鉢植えの植物に直接害を与えるわけではありませんが、見つけると厄介な存在です。アリはアブラムシやコナカイガラムシ等の害虫が土の中に残した、甘い蜜のような排せつ物に集まります。カミアリは鉢植えに巣を作り、植物の葉に隠れて生活します。鉢植えのアリを退治する方法はいくつかあり、殺虫剤や毒餌で害虫を駆除する、殺虫液で溺死させる、また家庭にあるもので抑止することもできます。アリを駆除することができない場合、消毒した鉢に新しい土を入れて、そこに植物を植え替えましょう。

方法 1 の 4:
殺虫剤や毒餌を使用する

  1. 1
    ペルメトリン殺虫剤を使用する アリがペルメトリンを食べたり、それに触れたりすると神経システムが麻痺し、死に至ります。ペルメトリンは濃縮液、細粉、粉末、または霧状等、様々な形態のものを手に入れることができます。植物にペルメトリンを使用する前には、製品の取扱説明書をよく読みましょう。間違った使い方をすると、人に害を及ぼす可能性があります。
    • 鉢植えには濃縮液タイプを使用しましょう。取扱説明書に従ってペルメトリン溶液を作り、散布しましょう。[1]
    • 人やペットがペルメトリンを飲み込んでしまった場合、直ちに医師か獣医師に連絡しましょう。[2]
  2. 2
    毒餌を使用してコロニーごと全滅させる 遅効性の殺虫成分が含まれている砂糖、油脂、たんぱく質の餌を仕掛けましょう。働きアリは毒餌をコロニーに持ち帰り、有害物質は他の働きアリ、幼虫、また女王アリの口に直接入ります。毒餌がアリからアリへ、アリから幼虫へと経由されることによりコロニーはだんだん小さくなっていきます。
    • 棒状のアリ用毒餌を購入して、鉢植えに直接挿入してもよいでしょう。
    • 再利用可能な毒餌罠を使用すると、自分で選んだ毒餌を詰め替えて使用できるため、アリの数が多い場合は便利です。罠に蓋をして植物の根元近くにセットします。頻繁に罠をチェックして、毒餌がなくなっていたら必要に応じて継ぎ足しましょう。[3]
    • 毒餌は殺虫剤の中で最も安全な方法だと考えられていますが、使用する前はラベルをよく読み、子供やペットの安全を確保しましょう。[4] ヒドラメチルノン、フィプロニル、ホウ酸、アベルメクチンBのうちのいずれかが有効成分の毒餌を購入しましょう。
    • シフルトリンやペルメトリンを含む毒餌を購入してはいけません。即効性があるため、コロニーに広がる前に働きアリが死んでしまいます。[5]
  3. 3
    表土を珪藻土で覆う 珪藻土はミネラルを豊富に含む天然の殺虫剤です。散布バルブを使用すると安全に散布できます。チョークのような珪藻土を、植物の根元の周りと土の表面に撒きましょう。アリは珪藻土に触れてから約30分以内に死にます。
    • 珪藻土は湿っていると効果が半減します。水をあげた後、雨や露が付いた後にはもう一度散布しましょう。[6]
    • 珪藻土を吸入してはいけません。
    • 全部使いきれなかった場合の残りは、密封できる袋に入れて露出を避けましょう。[7]
  4. 4
    ペパーミントソープを大さじ1杯と水2カップを混ぜる この液を植物の葉にスプレーしましょう。[8]
    • 葉についているアリをホースの水で洗い流しましょう。[9]
    広告

方法 2 の 4:
鉢植えを殺虫液に浸ける

  1. 1
    液を準備する 鉢植えにアリが大量にいる場合は、土に殺虫液を大量に流し込むと、アリは巣から逃げ出し、出てきたアリは溶液に触れるか溺れて死にます。下記のように液を作りましょう。
    • きれいなバケツを用意する。
    • バケツに約4リットルの水を入れます(大きい鉢には、水を2~3倍にします)。
    • 殺虫ソープまたは台所用洗剤や洗濯洗剤1カップを約4リットルの水に混ぜます。台所用洗剤や洗濯洗剤には刺激の少ないもの、安価なものもありますが、殺虫ソープの代替品としては効果が弱いでしょう。ドーン、パルモリーブ、アイボリー、ジョイ等のブランド洗剤がよいでしょう。[10]
  2. 2
    液を分ける まず鉢植えを沈めるための液をおおよそ半分とっておきましょう。鉢植えが入る大きさのバケツや容器を用意して、液の半量を注ぎます。そして、小さなスプレーボトルにも液を入れます。これは土の中から逃げ出してくるアリ用のスプレーです。最後に、残りの液を全てアリのいる鉢の土に注ぎます。
  3. 3
    液のおおよそ半量を土に注ぐ 鉢植えを庭の木陰に移動させて、半量の殺虫液をゆっくりと鉢の土に注ぎます。土から逃げ出してくるアリには液をスプレーします。鉢植えはそのまま1時間放置しましょう。[11]
    • 殺虫ソープは刺激が少なく、有機園芸に安全に使用できます。殺虫ソープには特別に構成されたカリウム脂肪酸が含まれており、人や動物には無害ですが、虫が触れると死んでしまいます。哺乳動物毒性が低いため、子供やペットがいる環境でも安全に使用できるうえ、有機農場での使用も認証されています。ただし、庭に害を与えないとはいえ、リスクを減らすためにコンクリートのテラスやアスファルトの上で作業をした方がよいでしょう。[12]
  4. 4
    鉢植えごと殺虫液に沈める 土に液を注いで、出てきたアリを処理した後、鉢を殺虫液に沈めて、15分間放置しましょう。脱出してきたアリには液をスプレーし、それから鉢を取り出して地面に置きましょう。[13]
  5. 5
    植物と鉢をきれいな水で洗い流す 殺虫液が残らないように、ホースのきれいな水で植物全体を洗い流しましょう。日の当たる場所に移す前、もしくは再び水を与える前に植物と土を完全に乾かしましょう。[14]
    広告

方法 3 の 4:
鉢を植え替える

  1. 1
    根の土を洗い流す コロニーを全滅させるために、アリの被害にあった土を取り除いて入れ替えます。移植ごてを使用して、鉢から植物を慎重に引き抜きます。鉢に残った土は処分しましょう。アリや土が残らないように、ホースのノズルをシャワーにして根を優しく洗い流しましょう。
    • 周りを汚してしまうので、汚れたり濡れたりしてもいい場所で作業しましょう。[15]
  2. 2
    鉢を洗う アリに感染した土を取り除いた後、鉢を消毒する必要があります。土の跡を残さないように、しっかりと洗います。ブリーチと水を1:10で混ぜた液を使用して、雑巾やスポンジで鉢の外側と内側を擦って洗いましょう。[16]
  3. 3
    鉢を植え替える 鉢に新しく土を入れます。植物をきれいな土に差し込んで、隙間に土を被せます。終わったら鉢に十分水を与えましょう。 
    • 根が大きく成長していて鉢に入りきらない場合は、大きめの鉢に植え替えましょう。[17]
    広告

方法 4 の 4:
家庭にあるものを使用する

  1. 1
    コーヒーの出し殻を土に撒く アリはコーヒーの出し殻を検知すると、できるだけ避けようとします。出し殻を鉢植えの土に撒き、また植物の周りを囲むように広げましょう。[18]
  2. 2
    家庭にあるアリに有害なもので鉢を囲って抑制する ペットや子供がいて殺虫剤を使いたくない場合、台所の戸棚にあるものを使用してアリを駆除または抑制しましょう。重曹、胡椒、シナモン、唐辛子パウダー、ペパーミント等を鉢植えの土の上に、植物を囲うように撒きましょう。[19]
  3. 3
    毒性のない罠を作る アリを殺すのに化学薬品を使用したくないときは、毒性のない粘着式の罠を作りましょう。毒餌は使用せずに、粘着シートで鉢を囲いましょう。シートを超えて入ろうとしたアリは、捕まって動けなくなります。
    • 鉢の大きさに合わせて、周りを囲うようなリング状に粘着シートをカットします。
    • 剥離紙を剥がして粘着面を上にして地面に置きます。
    • 粘着シートリングの真ん中に鉢を置きます(粘着面の上)。
    • 必要に応じて交換しましょう。[20]
    広告

ポイント

  • 除虫菊液をそっと注ぐのも効果的です。除虫菊液を水で希釈して(水に対して約10分の1)鉢に注ぎます。液を注いだ後10分間放置して水を抜きましょう。計量カップを使用して正確な割合(除虫菊液10mlに水90ml)を測るとよいでしょう。

広告

必要なもの

殺虫剤や毒餌を使用する

  • ペルメトリン殺虫剤
  • アリ毒餌
  • 珪藻土

鉢植えを殺虫液に浸ける

  • きれいなバケツ
  • 水約4リットル
  • 殺虫ソープまたは台所用洗剤1カップ
  • 清潔なスプレーボトル
  • 鉢が入る大きさのバケツや容器
  • ホース

鉢を植え替える

  • 新しい鉢植え用の土
  • ブリーチと水を1:10で混ぜた液
  • スプレーボトル
  • ホース
  • スポンジまたは雑巾

家庭にあるものを使用する

  • コーヒーの出し殻
  • 重曹
  • 胡椒
  • シナモン
  • 唐辛子パウダー
  • ペパーミント
  • 粘着シート

関連記事

How to

レモンの種を植えて育てる

How to

枯れそうなアロエベラを復活させる

How to

木の根を枯らす

How to

ポインセチアを復活させる

How to

レモンの木を室内で育てる

How to

切り花のチューリップを長持ちさせる

How to

庭にミツバチを呼び寄せる

How to

バラを種から育てる

How to

マンゴーを熟成させる

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

デーツの種を発芽させる

How to

ヤシの木を植える

How to

観葉植物の変色した葉先を切り取る

How to

切り株を処理する
広告

このwikiHow記事について

Andrew Carberry, MPH
共著者 ::
フードシステム専門家
この記事の共著者 : Andrew Carberry, MPH. アンドリュー・カーベリーは2008年よりフードシステム(食物の生産から消費に至る過程)関連の仕事をしています。テネシー大学ノックスビル校にて公衆健康栄養と公衆健康計画・管理の修士号を取得しています。 この記事は4,001回アクセスされました。
このページは 4,001 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告