銃に撃たれないようにする方法

この記事には:銃口が自分に向けられて「いない」時銃口が自分に向けられて「いる」時警察に呼び止められた時危険な状況を避ける

いったん引き金が引かれてしまえば、「弾をかわす」ことは不可能です。銃弾は目にも留まらぬ速さで飛んでくるからです。しかし、始めから引き金を引かれないようにする方法があります。以下の記事を見てみましょう。

1
銃口が自分に向けられて「いない」時

  1. 1
    可能な限りその場を離れる 付近で銃撃戦が起きたら、あるいは誰かが発砲し始めたら、できる限り遠くに逃げます。できれば、銃声が聞こえたらすぐにそうしましょう。どこに向けて銃が撃たれているのかがわからなくても、近くの安全な場所に逃げ込みます。
  2. 2
    隠れる場所を見つける 銃撃現場からすぐに逃げられない場合は、隠れる場所を見つけましょう。車のように弾丸が貫通しない固い物の背後に身を隠せるのならそうします。薄い壁やドアの背後は隠れる場所にはなるものの、十分に安全とは言えません。身を隠す物が十分に大きければ地面に伏せます。そうすれば撃たれる確率はかなり低くなるでしょう。
  3. 3
    持ち物はあきらめる 現場から逃げる際に、持ち物を取ろうとして立ち止まらないようにしましょう。銃撃者があなたの存在に気づき、逃げるチャンスを失いかねません。ですから、ひたすら逃げましょう。大事なのは財布よりもあなたの命です。
  4. 4
    静かにする 物陰に潜む時も逃げる時も、可能な限り静かにして物音を立てないようにします。ゆっくりと呼吸し、大きな声を出さないようにします。銃撃者に人の気配を悟らせると危険が高まります。そばにいる人との話や電話による会話も避けましょう。できれば、電話もサイレントモードにします。救援を求める時はテキストメッセージを送りましょう。
  5. 5
    動かない 物陰に隠れることができたら、そこでじっとしていましょう。絶対にそうする必要がない限り、別の物陰に移動しないようにします。じっとしていれば物音を立てずにすみ、あなたの存在も気づかれません。
  6. 6
    バリケードを置く 安全なスペースに隠れることができたら、入り口にバリケードを張りましょう。ドアの鍵を閉め、重い家具を持ってきててドアをブロックし、可能ならば窓にも覆いをします。電気を消し、音の出る物の電源も切りましょう。静かにしてできるだけ動かないようにします。
  7. 7
    助けが来るまで待つ 障害物を置いたり物陰に隠れたりして、ひとまず安全を確保したら、助けを待ちましょう。できることはそれだけです。ほとんどの銃撃戦は3分もしないうちに終わります。ずっと続くように思えても、長い時間助けを待たなければならないことはまれです。

2
銃口が自分に向けられて「いる」時

  1. 1
    状況を分析する あなたが特に標的とされている場合は、まず状況を分析しましょう。方法1にある提案の多くを実行したものの捕まって銃を突きつけられた場合は、言われることには何でも従います。相手と闘うのなら、生き残るためにできることは限られたものとなるでしょう。
  2. 2
    可能なら逃げる 追いかけてくる相手からとにかく逃げましょう。捕まっても、逃げたり、襲撃者の注意をそらしたりできる機会を見て取れたら、それを実行しましょう。しかし、逃げられる公算が高い時にのみそうします。襲撃者に背中を向けると撃たれる可能性が高まるので、不規則にジグザグに走って逃げましょう。(そのようにすれば、襲撃者は狙いを定めるのが難しくなります)場合によっては、襲撃者目がけて消化器を吹きかけ、相手の視界をふさぐこともできます。
  3. 3
    可能なら物陰に隠れる 安心できる場所に逃れるほどの時間がない場合でも、物陰に隠れればある程度の安全を確保できます。また、相手が撃ってくるような場合は、地面に伏せましょう。
  4. 4
    武器になる物や気を散らす物を使う 襲撃者と対峙する場合は、武器になる物を見つけましょう。重い物、特に端が角張った物は武器として有用ですが、さらに強力なものが手に入るなら最善です。
  5. 5
    襲撃者に話しかける 逃げることも隠れることもできず、他に何もできそうにない場合は、襲撃者に話しかけてみるのが残された最善の方法です。命乞いをしたり、哀れんでもらおうとしたりせず、相手の主張や立場に共感していることを示しつつ何を望んでいるのかを尋ねてみましょう。助けになりたいことを伝え、なぜそのようなことを行っているのかを尋ねてみましょう。こうすれば、助けが来るまでの時間を稼げるかもしれません。
  6. 6
    撃ってくるようであれば逃げる ともかく相手が撃とうとしてきたら逃げるのが最善です。動いている物を正確に射止めるのは困難なので、動いている限りは弾が急所を外す可能性が増します。

3
警察に呼び止められた時

  1. 1
    警官の目に留まる前にサングラスや帽子を取る 車の中にいて警察に呼び止められた時や、(警官が頻繁に巡回している地域に入る時のように)警官と対面するまでに時間の余裕がある時は、身につけている帽子とサングラスを取りましょう。警官があなたの目を見ることができれば、警官はそれほど緊張しないでしょう。しかし、警官がすでにあなたを見ることができたり、あなたの隣にいたりするならば、帽子やサングラスを脱がない方がいいでしょう。動くと返って警官を緊張させることになります。
    • 繰り返しになりますが、警官にまだ姿を見られていない時にのみ、サングラスや帽子を取ります。警官が見ているところで脱ごうとすると、あなたが銃を抜こうとしていると思われるかもしれません。
  2. 2
    手を警官にはっきり見せる 車の中でも通りでも、警官にあなたの手をはっきり見せるようにしましょう。車の中では窓の下枠より上に手を上げます。通りで警官に呼び止められたら、両手を体から離しつつ上に少し上げます。
  3. 3
    できるだけ動かない そうする必要がない限り、何かに手を伸ばしたり、動き回ったりしないようにします。急に動き出すのも禁物です。急に動くと、あなたが武器を取ろうとしていると思われる可能性があります。
  4. 4
    冷静さを保つ 警官と口論しないようにしましょう。明らかに怒っているという様子も見せないようにします。自分の権利が侵害されたと感じても(それは起きがちなことですが)、その場でそれを口に出さないようにしましょう。職務質問が終わった後、弁護士に相談して訴えることができます。しかし、その場で警官と争うことは絶対に避けましょう。
  5. 5
    ゆっくりと話し、叫ばない ゆっくりと、穏やかに、落ち着いた口調で警官と話しましょう。(警官に向かって怒鳴らないようにします)落ち着いた様子を見た警官は、あなたが敵対心を持っていないことを理解し、早まった行動に出ないように助けられます。警官自身が自分をコントロールして冷静さを保たなければならないのは事実です。しかし、あなたの冷静な態度で警官も冷静さを保ち、それによって撃たれずにすむのです。
  6. 6
    求めに素直に応じる 止まるようにと言われたら止まりましょう。車から出るようにと言われたら出ます。手を壁に置くようにと言われたらそのようにします。すでに述べた通り、権利のために闘うのはこの時ではなく、この後です。警官たちのうちの一人でもあなたの態度を勘違いして早まった行動を取れば、命を落とすのはあなたなのです。
  7. 7
    警官に何をしたいかを知らせる 動く時は必ず警官にそのことを知らせましょう。なぜそうしたいのか、どのように動きたいのかを知らせます。知らせる時はゆっくりと話します。実際に動く時はゆっくりそうします。これも、あなたが武器を取ろうとしていると警官が勘違いしないようにするためです。

4
危険な状況を避ける

  1. 1
    町の安全な場所にいる 犯罪や銃の事件が多い地域に入らないようにしましょう。そのような地域に入らなければならないとしても、できる限り屋内にいるようにします。
  2. 2
    危険な地域を素早く抜ける 危険な地域で外出しなければならない時は、友達と集まって無為に時間を過ごしたり、一人でぶらぶらしたりせず、早くその地域を出るようにしましょう。徒歩ではなく、バスや、友達や自分の車で目的地に行くようにします。
  3. 3
    夜間の外出を避ける 犯罪は夜に多く発生するので、暗くなったら、危険な場所はもちろん、比較的安全な場所であっても外出は控えましょう。実際、夜中の出来事は物騒なことと相場は決まっています。家の中にとどまり、安全な夜を過ごしましょう。
  4. 4
    注意を引く服装を避ける ある種の服装は警官や疑い深い隣人の注意を引きます。もちろん、何を着るかはそれぞれが決めることですが、ある種の服を着る者は疑いの目を向けられるというのは、誰も変えることのできない現実です。ストリートギャングが出没する地域では、ギャングカラーの服を着るのは控えましょう。ギャングの一員であるかのような服装や、ロサンゼルスのある地域での赤い服もあまり賢い選択ではありません。
  5. 5
    薬物、ギャング、犯罪に関わらない 薬物に手を出したり、ギャングと関わりをもったり、犯罪に手を染めたりしないようにしましょう。できる限り、ギャンググループのいる地域に近づかないようにします。とにかく誰か一人を殺すまではギャングの一員とは見なされないなどと信じられていますが、それでもギャンググループと関わりを持つのは賢明ではありません。そのような危険な状況に身を置けば、銃に撃たれる危険は高まります。
  6. 6
    もめ事の原因を作らない かつて、ある賢人は、「始めなければ、何も起きない」と言いました。つまり、もめ事の原因を作らないことが問題を避ける良い方法だということです。誰かのラジカセを盗んだり、人のガールフレンドと関係を持ったりするのは賢明な行動とはとても言えません。もめ事の原因を作らなければ、まともとは言えない手合いに目をつけられることもないでしょう

ポイント

  • 携帯電話を持っているなら、隠れている時に警察に電話をしましょう。携帯電話を持っているなどと襲撃者に言って脅さないようにしましょう。そのようなことをすれば、手渡すように要求されるでしょう。
  • ここで取り上げた事柄は、常識の範囲で当てはめるべき提案であり、当該法執行当局の指導、指令、支援に優先するものではないことを思いに留めましょう。
  • 銃を突きつけいる人に話す時には、まっすぐに相手の目を見ます。視線を合わせることは人と人との間に個人的な関係を生みます。したがって、自分の知らない人を撃つこととは全く異なり、その襲撃者の側にそうする明確な理由と意志の強さがない限り、標的となる人の目を見ながら引き金を引くことは困難です。
  • 襲撃者が拳銃を使っているなら、あなたとの間に距離があればあるほど撃たれる危険が低くなります。映画と違い、拳銃で正確に標的を撃つのは至難の業であり、訓練された銃撃者でなければ遠く隔てた標的を撃つことはできません。
  • できるだけ早く逃れるためにできることは何でも行いましょう。襲撃者が何かを求めてくるなら、それに応じましょう。静かにするようにと言われたら、静かにします。アヒルのように鳴けと言われたらガーガーと鳴きましょう。要求されることは何でも行いつつ、逃げられる時や救助の時を待ちます。プライドのために命を落とすのは無駄なことです。
  • 身を隠しているところに襲撃者が近づいて来たら、一撃を加えることのできる石や何かの道具を手に持って待ち構えましょう。
  • リボルバー(回転式連発銃)を持つ襲撃者が至近距離にいるなら、撃つ「前に」弾倉を回転させなければならないことを思い起こしましょう。なんとか相手の持つ銃に手をかけることができたら、弾倉が回転しないように抑えます。しかし、銃鉄がまだ引かれていない時にのみそうしましょう。グリップ(銃把)の上、弾倉の後ろに位置している銃鉄の指をかける部分が上を向いていれば、銃鉄は引かれていません。
  • ほとんどの半自動ピストルのスライド(遊底:銃の上部)が前方に出ていないなら、弾倉は空であり、しばらくは撃たれる心配はありません。
  • 銃を向けている相手に撃つ口実を与えることのないようにしましょう。心からではないにしても、相手の要求はもっともであり、彼らの窮状に同情していることを伝えましょう。
  • 銃を撃つ練習をする時間などあまりない凶悪犯罪者のほとんどは、射撃の腕が非常に悪いことで有名です。相手が狙い澄ますことができないように、逃げるときは不規則に動きましょう。

注意事項

  • 銃を持つ相手に向かって決して体当たりをしないようにします。相手の銃をつかむことができるほど至近距離にあるか、相手の視界に自分が入っていないのでない限り、体当たりは避けます。さもないと、恐れのあまり本能的に発砲してくるでしょう。
  • 半自動ピストルの弾倉が装着されていないくても、チャンバー(薬室)に弾がまだひとつあるかもしれません。
  • すべての方法がうまくいかなくても、一か八かの捨て身作戦には決して出ないようにしましょう。命を失うだけです。
  • 襲撃者に話しかけて時間を稼ぎ、救助が来るのを待ちましょう。逆らえば殺される危険が増すので、拉致される可能性が大きくならない限り、襲撃者の命じることに従うことが生き残るための最善の策です。(多くの場合は、拉致される可能性があっても、従うことは得策です。警察に助けられる可能性が残ります。殺されてしまえば警察は助けることができません。)
  • 武装した襲撃者に対する最善の対応策は、言いなりになることです。武器を突きつけられることは極めて非日常的な状況とはいえ、緊迫感を増し加えたり、襲撃者をいら立たせたりするなら、危害を受ける可能性が大いに高まります。
  • 「そんなことをしては自分のためにはならない」と襲撃者に告げましょう。『私の命を奪っても、あなたはもっと多くのものを失うことになる』ということを理解してもらうのです。


記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む71人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 旅行者へのアドバイス

他言語版:

English: Avoid Being Shot, Español: evitar que te disparen, Italiano: Evitare che ti Sparino, 中文: 避免被枪击, Français: éviter de se faire tirer dessus, Русский: не поймать пулю, Português: Evitar Levar um Tiro, Deutsch: Vermeiden erschossen zu werden, Nederlands: Voorkomen dat je beschoten wordt, Bahasa Indonesia: Menghindari Tembakan, Čeština: Jak se vyhnout postřelení, 한국어: 총에 맞지 않는 법, ไทย: หลีกเลี่ยงการถูกยิง

このページは 11,223 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?