鋳物フライパン(スキレット)を手入れする方法

この記事には:基本の方法でスキレットを洗うジャガイモと重曹で手入れするスキレットに「適さない」方法を把握しておく記事のサマリー動画出典

鋳物フライパン(スキレット)は、焦げ付きや錆を防ぐために油を馴染ませることがとても大切です。また、馴染ませた油を維持するためには特別な方法でフライパンを洗う必要があります。適切な手入れをすることで、スキレットは料理だけでなくキッチンの優れたアクセントとなります。

1
基本の方法でスキレットを洗う

  1. 1
    調理後、お湯でスキレットを洗い流す スキレットがまだ熱いうちに洗うのが最適です。また、水が溜めておけるような深さがあるスキレットの場合は熱の残ったスキレットに直接お湯を注ぎましょう。これは他のタイプの調理器具では行わない方法です。お湯を注ぐと大きな音がでて湯気がたちますが、心配する必要はありません。ただし火傷をする恐れがあるので、湯気に近づきすぎないよう気をつけましょう。スキレットに付着していた汚れをできる限り一気に洗い流しましょう。次に、スキレットに水をもう一度注ぎ入れましょう。実際に注ぎ入れる水の量は重要ではありませんが、焦げ付きやこびりついた汚れがしっかりと浸るようにしましょう。
  2. 2
    水を沸騰させる スキレットに汚れが残っていたり、フライパン自体が冷めてしまっている場合は、火にかけましょう。注意深くスキレットをガス台に設置し、水が沸騰するまで熱を加えましょう。そのまま数分間沸騰させ続け、こびりついていた汚れを溶かしましょう。
  3. 3
    幅の広いヘラやスクレーパーで底と側面を軽くこすり、残っている汚れを取り除く この作業は水が沸騰している間に行いましょう。ただし手短に済ませることが大切です。長時間金属をこすると油が落ちてしまいます。[1]
  4. 4
    汚れた水をシンクに流す スキレットをガス台に戻し火を消しましょう。
    • スキレットをガス台とシンクの間を行き来させる際は注意しましょう。鉄は熱伝導が非常に良いので、持ち手などの部分がとても熱くなっています。布や鍋つかみなどを使ってスキレットを移動させるようにしましょう。
  5. 5
    軽く濡らしたキッチンペーパーで表面を拭き取る ここまで正しく手順を行っていれば、拭き取った後のペーパータオルに黒っぽい色の残留物が付着しているでしょう。
  6. 6
    植物油やショートニングなどをスキレットの表面に薄く塗る スプレータイプの植物油が特に適しています。ペーパータオルでスキレットの底と側面に油を馴染ませましょう。この手順を踏まえることで、滑らかで光沢のある仕上がりになります。
  7. 7
    湿気を防ぐために、蓋ではなくペーパータオルを上からかけて冷たく乾燥している場所に保管する 

2
ジャガイモと重曹で手入れする

  1. 1
    スキレットの大きさに合わせて生のジャガイモを半分あるいは縦長に切る 大き目のスキレットの場合は縦長に切ったほうが一度に広い面積を手入れすることができます。
    • これは鋳物のポットやフライパンの錆を落とす大変優れた方法です。
  2. 2
    ジャガイモの断面に薄く重曹をまぶす 重曹は軽い研磨効果と洗浄効果があり、自然な洗剤成分として広く知られています。
  3. 3
    汚れが気になる箇所は特に入念に表面をジャガイモでこする スキレットの底、さらに側面もこすりましょう。ジャガイモが滑りやすくなってしまった時は表面を薄く切り落とし、新しい断面に重曹をまぶしましょう。[2]
  4. 4
    きれいになったスキレットに油を馴染ませる ジャガイモと重曹で手入れをした後は油をひき直しましょう。

3
スキレットに「適さない」方法を把握しておく

  1. 1
    せっけんや洗剤は適さない 大半の調理器具は洗剤を使って洗うことができますが、鋳物のポットやフライパンに対しては適しません。こうした洗剤製品の多くに含まれている硫化物系の成分によって油が奪われ、購入直後の様な傷みやすい状態に戻ってしまいます。もちろん、再度油を馴染ませることもできますが、これではいつも以上に手間がかかってしまいます。
  2. 2
    食洗器には絶対に入れない[3] これも方法は異なっても原理は同じです。馴染ませてあった油のコーティングがとれてしまい、錆の原因となります。
  3. 3
    スチール製スポンジはできる限り使わない こびりついた食べ物や汚れを除去したいという時スチールスポンジは大変優れたアイテムですが、馴染ませた油もこすり取ってしまうので、始めから手入れをやり直さなければいけません。ジャガイモを用いた方法の方が最終的にかなり楽でしょう。

ウィキハウ動画: 鋳物フライパン(スキレット)を手入れする方法...

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

スキレットと呼ばれる鋳物フライパンを手入れする昔ながらの方法は、お湯でスキレットを洗い流し、さらに水を注いで沸騰させます。数分沸騰させてから、幅の広いヘラでスキレットの底部分と側面を軽くこすり、残っている食べ物を取り除きましょう。コンロの火を消し、布か鍋つかみでスキレットを持ち、注意しながら汚れた水をシンクに流します。ペーパータオルでスキレットの表面を素早く拭いてから、植物油を薄く塗りましょう。

ポイント

しょう。

  • しまう前に必ず植物油などを薄く馴染ませましょう。ラードのような動物性油脂は使用しないようにしましょう。悪臭の原因となります。
  • ひどく錆ついていたり、むしろ腐食に近い状態に陥っているスキレットは、機械を使って研磨する必要があるかもしれません。穴が空いていない限り、この方法でほとんどの鋳物フライパンは復活します。機械で研磨した後は直ちに油を馴染ませるようにしましょう。ここまで手を加えれば今後何年も使っていくことができるでしょう。
  • フライパンを乾燥させて油を塗る時は、できる限り深く浸透させ、保管している間の錆の発生を防ぎましょう。
  • どうしても洗剤を使わなければならないときは、必ず完全に洗い流し、最後に油を馴染ませるようにしましょう。

注意事項

  • 熱くなった鉄は水につけないようにしましょう。歪んだり割れる原因となります。
  • 鋳物フライパンは持ち手まで熱が伝わるので、素手で触れて火傷をしないよう気をつけましょう。
  • スキレットと一緒に収納する調理器具は全て完全に乾かしましょう。少しでも湿ってしまうと、上から物が重ねられた際、錆つく原因となります。
  • 熱くなったスキレットも冷めたスキレットも見た目は変わりません。そのため、ガス台にスキレットが設置されている時は充分気をつけましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む31人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: グルメ・食器

他言語版:

English: Clean a Cast Iron Skillet, Italiano: Pulire una Padella in Ghisa, Español: limpiar una sartén de hierro fundido, Deutsch: Eine gusseiserne Pfanne reinigen, Français: nettoyer une poêle en fonte, 中文: 清洗铁锅, Русский: Очистить Чугунную Сковороду, Nederlands: Een gietijzeren pan schoonmaken, Čeština: Jak vyčistit litinovou pánev, Bahasa Indonesia: Membersihkan Wajan

このページは 280 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?