後ろでドアがカチッと閉まってから、鍵がかかってしまったことに気づく。これはかなり危機的な状況です。時間帯によっては解決策が限られますし、鍵屋を呼ぶと高くつくでしょう。しかし、家から閉め出されてしまってもできることはまだあります。開いている窓から中に入ったり、窓をこじ開けたり、プラスチックのカードでばね式のカギを開けたり、ドアノブを取り外したりすることで、何も壊すことなく家に入ることができるでしょう。

方法 1 の 5:
窓から入る

  1. 1
    開いている窓から入る 1階の窓から入るのが最も簡単で安全ですが、鍵がかかっている可能性が高いでしょう。2階の窓なら開いたままになっているかもしれませんが、のぼっていく際には落ちないように注意が必要です![1]
    • はしごが使えない場合は、2階の窓までたどり着くために知恵を絞りましょう。非常階段はありますか?またはトレリスや木はあるでしょうか?いずれにせよ、のぼる前に安定しているかどうか確認しましょう。[2]
    • (蝶番が付いた)開き窓の場合、鍵がかかっていなければ指や細い工具で容易にこじ開けることができるでしょう。
  2. 2
    近所の人からドライバーを借りる 恥ずかしがる必要はありません。大抵の人には「自分で自分を家から閉め出した」経験があるものなので、困った状況にあることをきっと理解してくれるはずです。
    • この場合はマイナスドライバーが最適ですが、プラスドライバーを渡された場合でも、とりあえず試してみましょう。
    • ドライバーを借りることができれば、ドアの窓を外したり、少しでもこじ開けたりすることができます。少しの隙間でも、中に手を伸ばして鍵を開けることができるかもしれません。
  3. 3
    窓のビーディングを取り外す ビーディングとは、窓枠の周りのプラスチック製または金属製の細長い建材です。ドライバーを角にあるビーディングの接続部分に挿入し、少しずつこじ開けましょう。反対側の角でも同じようにします。ビーディングが完全に緩んだら手で取り外しましょう。
    • 窓の角の部分をよく見て、縦の(上下に伸びている)ビーディングが横の(左右に伸びている)ビーディングと重なっていないか確認します。重なっている場合は、上にきているビーディングを先に取り外しましょう。
    • ビーディングは外すと変形してしまうことがあります。新しいビーディングを買うなどすると、かなりお金がかかる場合もあるので、この方法を実行する際にはそのことを念頭に置いておきましょう。
    • 窓の状態にもよりますが、ビーディングを取り外さなくても窓を開けられる場合もあるでしょう。また窓の中には、そもそもビーディングがないものもあります。[3]
  4. 4
    窓ガラスを下からこじ開ける ガラスと窓枠の間にドライバーを挿し込みます。こじ開けるときはあまり力を入れずに、取り付け部とガラスの間に工具を挿し入れ、ガラスを取り付け部から引き抜きましょう。意外と簡単に取り外せるはずです。[4]
  5. 5
    窓ガラスを外す 取り外す際に落下させ、窓ガラスが粉々にならないよう、空いている手で窓ガラスをしっかり持ちましょう。ガラスをスライドさせて取り付け部から外して横に置いたら、ガラスのなくなった窓から家に入りましょう。[5]
    • 窓ガラスが取り付け部から少ししかずらせない場合は、隙間から鍵束や窓の鍵、ドアハンドルなどに手が届くかどうか試してみましょう。
    • 窓ガラスが割れてしまった場合は、特に気をつけましょう。ギザギザのガラスは思った以上に鋭く危険です。
    • 深い切り傷を負った場合はできる限りの手当てをし、必要に応じて医師の診察を受けましょう。
    広告

方法 2 の 5:
プラスチックのカードを使う

  1. 1
    錠前を確認する カードを使ったテクニックは、スプリングラッチタイプの錠前でしか使えません。スプリングラッチとはドアのハンドルを回すと動くタイプの錠前のことです。まずは鍵がかかっていることを確認するために、ハンドルを回してみましょう。回らなければロックされています。
    • デッドボルトは大抵、ハンドルの上や下に設置されています。ハンドルが回ってもドアが開かない場合は、デッドボルト錠がかけられているということです。この場合はプラスチックカードを使う方法ではなく、別の方法を考えましょう。[6]
    • プラスチックカードで解錠できない新しいタイプの錠前の場合、この方法はあまり有効ではないでしょう。
  2. 2
    いらないプラスチックカードを使う プラスチックカードで解錠すると、カードが破損してしまうことがあります。クレジットカードのような重要なカードや、使用頻度の高いカードを使うのは避けましょう。図書館のカードやポイントカードなど、再発行が容易なカードを使います。[7]
    • ラミネートされたカードは最も解錠に向いています。これらのカードは曲がりやすく、ドアとドアフレームの間にも挿入しやすいからです。
  3. 3
    ドアとドアフレームの間にカードを挟み込む 利き手と反対の手でドアを軽く押さえましょう。ドアとフレームの間に少しスペースができ、カードを挿入しやすくなります。ドアノブの上あたりの隙間に下向きの角度でカードを挿し入れましょう。[8]
    • ドアフレームにモールディングがあると、ドアとフレームの間の隙間が狭くなり、作業しづらくなります。このような場合は、余計な被害を出ずに済むような別の方法を考えましょう。
  4. 4
    カードで錠前の位置を探る カードはドアとドアフレームの間に挟まっている状態のはずです。ドアノブとドアの側柱の間にカードを深く挿し入れ、手ごたえを感じるまでくねくねと動かしましょう。錠前の位置がわかったら、力を入れて鍵を開けます。
    • カードの下側の角でカギの状態を確認します。ラッチの斜めの部分が自分の方を向いているのがわかるでしょう。
    • ラッチの斜めになっている側が自分の方を向いていない場合は、ラッチの反対側に長いプラスチック製の破片などを滑り込ませて、角度のついた側から力を加える必要があります。[9]
  5. 5
    カードでラッチを動かして外し、ドアを開ける カードをノブから離すように動かして、ラッチを強い力で押し込めます。完全にラッチを外すことはできませんが、ラッチが動いたのを感じたらドアを押し開けましょう。[10]
    • うまくいくまで少し時間がかかる場合があります。錠前にカードがしっかりひっかかる箇所がわかるまで、さまざまな位置にカードを動かしてみましょう。
    • ラッチのタイプにもよりますが、ラッチを外しながら空いている方の手でドアノブを軽く回すと、ドアが開きやすくなる場合があります。[11]
    広告

方法 3 の 5:
ドアノブやドアを取り外す

  1. 1
    工具を用意する ドアノブを取り外せば、手動で鍵を開けることができます。また、高品質の錠前が付いている場合でも、蝶番を外してドアそのものを取り外せば中に入ることが可能です。ドアノブを取り外すには、ドライバーやペーパークリップが必要になります。蝶番を外す場合は、釘とハンマーや石のような叩く道具を用意しましょう。[12]
    • これらの工具は近所の人から借りるか、工具を置いてある自宅の物置小屋などから持ってきましょう。車の鍵が開いている場合は、車に積んである緊急用の工具が使えるかもしれません。
    • ドアのタイプによって使うドライバーを選びましょう。ドアノブや蝶番には、大抵プラスねじが使われています。
    • ドライバーがない場合でも、バターナイフや曲げたピンなど、適度な細さの頑丈な道具があれば、留め具を外せるかもしれません。
  2. 2
    取付ネジを緩めてドアノブを取り外す ノブをドアに固定している取付ネジを確認します。ネジをドライバーで緩めれば、簡単にドアノブを取り外すことができるでしょう。ノブをドアから外したら、指を使ってラッチを外します。
    • ドアに取り付けられている錠前の種類によっては、ノブを外せば解錠できる場合もあれば、中にある取付板を外さなくてはいけない場合もあります。
    • 両側にノブが取り付けられた心棒に、ネジでノブを固定しているタイプのドアノブもあります。こうしたノブを取り外す際は、ノブをドアに固定している金属部品のネジを緩めましょう。[13]
  3. 3
    取付ネジが見当たらない場合は、ペーパークリップを使う ノブの前面に、取付ネジではなくピンサイズの穴が開いているタイプのドアノブもあります。まっすぐにしたペーパークリップのような、細い金属製の道具を限界まで深く挿し込み、ドアノブをひねりながら押し開けましょう。
    • ネジやボルトのようなノブを固定する金具は、内側からしか取り外せない場合もあります。[14]
  4. 4
    可能であればドアの蝶番を外す 蝶番はドアの中で最も脆い部分なので、直接ではなく釘を介して叩きましょう。蝶番の開口部の下部に釘(または似たような道具)をあてたら、ハンマーや石などで釘を打って、蝶番のヒンジピンを押し出します。すべての蝶番で同じ作業を行いましょう。
    • ヒンジピンは、釘で少し押し出すことができても、硬くて外せないことがあります。ピンの頭の縁の下にノミのような形状のドライバーを挿し入れ、てこの原理でピンを飛び出させると簡単に外れるでしょう。
    • ノブの場合と同様、外側から外せる蝶番が付いていないデザインのドアもあります。自宅のドアがそのタイプの場合には、蝶番を外してドアを取り外すことは難しいでしょう。[15]
  5. 5
    ガラスの引き戸をレールから外す よくある蝶番式のドアとは違い、ガラスの引き戸は家の柱に固定されていません。大抵はレールにはめ込まれており、レールからドアを外せば簡単に中に入ることができます。
    • 薄めのガラスの引き戸なら、マイナスドライバー(1~2本)で持ち上げて外せるかもしれませんが、プライバーやバールのほうが作業しやすいでしょう。
    • ドアのレールから外す際は注意しましょう。ドアを落として壊した場合、高い代償を払うことになります。
    • 泥棒などが侵入できないよう、木製のダボなどを使ったセキュリティバーで、引き戸を固定しておきましょう。[16]
    広告

方法 4 の 5:
ガレージのドアから入る

  1. 1
    ワイヤーハンガーを用意する 車や屋外の物置小屋に予備のハンガーがあればそれを使います。ない場合は、ハンガーを貸してくれる親切な近所の人を探しに行きましょう。頑丈かつ形を変えられるワイヤーなどでも構いません。
    • 電気工事で使うような細いワイヤーでも、強度を高めるために二重にするなどすれば、ガレージのドアを開けるのに使うことができます。[17]
  2. 2
    ハンガーを伸ばし、端にフックが付いた長い棒にする 棒はできるだけ長くしましょう。ハンガーだけでは長さが足りないと感じたら、フックではない方の端を枝などに巻き付けて延長します。
    • できれば、ハンガーのワイヤーを二重にして強度を上げましょう。これは余ったハンガーやワイヤーがないと難しいかもしれません。
  3. 3
    ガレージのドアの上部から棒を挿し込む ガレージのタイプによっては不可能かもしれませんが、ガレージのドアの上部に隙間がある場合、棒のフックのある端を滑り込ませることができるでしょう。
    • 横からの方が挿し込みやすいかもしれませんが、鍵を外すにはドアの中央部分に棒を入れる必要があります。
    • ドアの周囲に柔らかい樹脂製のモールディングがある場合は注意しましょう。モールディングとドアの間に棒を挿入すると、ドアの破損の原因となり、交換に費用がかかる場合があります。[18]
  4. 4
    リリースラッチにフックをかけて引っ張って外す 手動のリリースラッチは、ガレージドアのレールに取り付けられた、ドアを開けるアームの真下にあります。フックを操作してラッチにひっかけ、ラッチが外れるまでしっかりと一定の力で引っ張りましょう。ラッチが外せたら、ドアをスライドさせて開きます。[19]
    • ガレージドアのリリースラッチには紐が付いており、ガレージの中からリリースラッチを引っ張って外せるようになっています。リリースラッチを探す際には、この紐を目印にしましょう。
    • ガレージの中を外から確認できない場合は、ドアの金属のレールに沿ってオープナーモーターを探しましょう。レールが終わりモーターの後ろの尾根のように突き出ている部分に到達したら、それがリリースラッチです。
    広告

方法 5 の 5:
助けを求める

  1. 1
    友人や家族など鍵を持っている人に連絡する 友人、家族、または隣人に鍵を預けている場合はその鍵を使いましょう。スマホが手元にない場合は、近所の家で電話を借りて鍵を持っている人に連絡し、助けてもらいましょう。
  2. 2
    家主に連絡する これは最後の手段です。ドアを開けてもらうために家主を呼び出すと、手間賃をとられる場合もあります。それも家主が電話に出てくれたらの話です。家主が電話に出てくれなかった場合、あるいは家主の電話番号がわからない場合、この方法は使うことができません。[20]
  3. 3
    鍵屋を呼ぶ 技術的なトレーニングを積んだ鍵屋は、専門の道具を使って、大抵は何も壊すことなく家に入れるようにしてくれます。鍵屋に依頼する費用は地域や鍵のタイプによって大きく異なるため、依頼する際に確認しましょう。[21]
    広告

ポイント

  • 小柄な人がいたら犬用のドアから家に入って、中から鍵を開けてくれるかもしれません。ただし、きつそうなら無理強いはしないようにします。ドアを破損してしまったり(または人がはまって動かなくなってしまったり)するのを避けましょう。
  • スペアキーを家の外の安全な場所に置いておくか、信頼できる隣人に預けるなどして、閉め出されるような事態にならないようにしましょう。
  • 閉め出された時に手元にドライバーがあれば命綱になります。ドライバーなら緊急時(鍵なしで家に入らなくてはいけない時など)のために、目立たない場所に隠しておくのも簡単です。

広告

注意事項

  • 法的には、自宅に侵入したことで逮捕される可能性があります。ただ、正当な居住者であることを証明できれば、告訴されることはまずないでしょう。
  • 特に賃貸の場合、家・ドア・錠前を破損したら修理をしなくてはいけません。中には(破損した木造部分など)修理費用が高いものもあるでしょう。閉め出されて困ったときは、鍵屋に電話するようにしましょう。
  • プロのセキュリティ会社は、自宅に鍵なしで入ろうとする行為についても、警鐘を鳴らしています。本来なら家というのは、誰も押し入ることができない安全な場所でなければなりません。
広告

必要なもの

窓から入る

  • はしご
  • ドライバー

ドアノブやドアを取り外す

  • ドライバー
  • 釘(または似たような硬くて細いもの)
  • ペーパークリップ(または似たようなもの、必要な場合に限る)

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

カタツムリを駆除する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

バラを種から育てる

How to

コンクリートを仕上げる

How to

プラスチックについた傷を消す

How to

木の高さを測る

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

切り株を除去する

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

毛羽立ちや毛玉を除去する

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

ヒューズをチェックする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 141 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告