美しさを引き出す骨としても知られる鎖骨は、(男女を問わず)美しい身体の大きな特徴になります。もともと鎖骨が見えやすい人もいれば、より顕著に美しく魅力的に見えるように鎖骨を目立たせる努力をする必要がある人もいます。

方法 1 の 3:
運動をする

  1. 1
    まずは「軽い全身運動」から始めましょう。鎖骨を目に見えるようにするには、余分な脂肪を落として体を整えるために全身を動かす必要があります。体重超過の人は、全身の運動をしないことには鎖骨が顕わになりません。運動だけでなく、バランスの良い食事と水分補給も大切です。ふさわしい全身運動には次のようなものがあります。
    • ジョギング
    • ランニング
    • 早歩き
    • 水泳
    • 縄跳び
    • サイクリング
    • 有酸素運動(全身を使うもの)
    • ヨガ
  2. 2
    定期的に「首と胸にターゲットを当てた」運動をしましょう。現在定期的な運動をしていないのであれば、肩と鎖骨を負傷しないように軽くて簡単な運動から始めましょう。初心者であれば次のような運動をしてみましょう。
    • チェストリフト 脚を組んで床に座ります。鎖骨が浮かび上がるまで両肩をあげます。5秒間そのままの姿勢を維持して、リラックスさせます。8~10回くり返しましょう。
    • 肩まわし 腕を固定させた状態で肩を後ろ方向に回します。10~15回くり返しましょう。前方向にも同じ方法で10~15回肩を回しましょう。
    • 肘まわし 手を肩の上に乗せます。背筋をまっすぐに伸ばしたまま、大きな円を描くように肘を回します。10~15回くり返しましょう。
    • 大胸筋ストレッチ 胸を張って鎖骨を浮かび上がらせます。5秒間そのまま維持してから解放します。8~10回くり返しましょう。
  3. 3
    軽めのエクササイズを問題なくできるようになったら「強度の高いエクササイズ」を取り入れて鎖骨の魅力を引き出しましょう。なかにはダンベルが必要なものもあります。1kgのダンベルから始めましょう。1週間定期的に運動をしたら、より重いものを使ってもよいでしょう。
    • まずは先に紹介したエクササイズを15~20回ずつ行い、肩と胸の筋肉のウォーミングアップをしましょう。
    • 腕立て伏せ 負荷を軽くするために、うつ伏せに寝て膝を地面につけたまま膝から下を上げます。持ち上げた脚を組み、胸の横に手をつきます。腕が伸びきるまで胸を持ち上げたら、ゆっくりと地面に近づいていきましょう。15~20回くり返しましょう。
    • 腹筋 仰向けに寝て頭の後ろで手を組みます。膝を曲げ、頭を膝の方へ持ち上げます。静止してからゆっくりと戻ります。10~12回くり返しましょう。腹斜筋のエクササイズもよいでしょう。
    • チェストプレス ダンベルを身体と平行な向きで手に持ち、腕を真横に伸ばします。手を胸の横に持ってきて、肘が外を向いている状態にします。肘が伸びきる直前まで腕を真上に伸ばします。2秒間止まり、その後初めの姿勢に戻ります。12~15回くり返しましょう。
    • ダンベルフライ 肩幅に足を開いて直立します。ダンベルを垂直に持ち前傾します。腕を伸ばしたまま開いていき、ダンベルを身体の位置(だいたい肩の高さ)まで上げたらゆっくりと元に戻します。12~15回くり返しましょう。
    • バタフライ 上記のように立ち、ダンベルを垂直に手に持ちます。手を胸の前に持ってきて、曲がった肘をそのまま固定します。胸から肩甲骨までの伸びを感じるくらいまで、肘を後ろ方向に動かし背中の筋肉を収縮させます。その後初めの姿勢に戻します。10~12回くり返しましょう。
    • 首周りの脂肪を落とし鎖骨を目立たせるように、「プルオーバー、チェストリフト、トライセップスエクステンション、ダンベルリフト」などの他のエクササイズを取り入れることも可能です。
    広告

方法 2 の 3:
ヨガとマッサージをする

  1. 1
    シンプルなヨガのポーズ で鎖骨が見えるようにしましょう。肩の筋肉をほぐすために運動後に行うのが望ましいでしょう。
    • チェストリフト 胸がふくらむほどに深く息を吸い、鎖骨を浮き上がらせます。5秒間同じ姿勢を保ち、その後ゆっくり息を吐き出して肩を下げます。5回くり返しましょう。
    • 前屈 腕を上げ、手のひらを上に向けた状態で指を組みます。腕を伸ばしてわずかに前屈します。10秒間維持し、開放しましょう。
    • チェストストレッチ 同じように、背中の後ろで指を組んで腕を伸ばし、胸を張ります。姿勢を保った後にゆっくりと開放しましょう。
    • エルボープル まっすぐ上げた右腕を後ろに倒し、肘が上を向く状態を作ります。首(またはその下の部分)に手を当て、左手で右の肘を押さえます。姿勢を保った後にゆっくりと開放しましょう。反対の腕も同様に行います。
  2. 2
    マッサージクリームを使って鎖骨のマッサージ を頻繁に行いましょう。鎖骨をリラックスさせることが重要です。マッサージをすることでリラックスさせられるだけでなく、鎖骨がより目立つようになる効果もあります。
    • 鎖骨にマッサージクリームを塗りましょう。鎖骨の上に人差し指、下に中指を当てます。鎖骨が浮かび上がるのを感じるようにしながら。内側と外側に指を優しく動かしてマッサージをします。必要に応じてくり返しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
化粧品を購入する

  1. 1
    鎖骨を目立たせる簡単な方法として、「メイクをする」こともできます。次のようなものが必要です。
    • ブロンザー(地肌の色よりも少し暗めのもの)
    • ハイライター(ラメや光沢のないもの)
    • パウダーブラシ
  2. 2
    肩を上げてくぼみを作り、鎖骨が見えるようにします。その姿勢を保ちます。
  3. 3
    パウダーブラシに適量のブロンザーを取ります。左右のくぼみと鎖骨の間に、円を描くような動きでブロンザーを塗り、左右の濃さが同じになるようにします。
  4. 4
    肩を下げます。小さなパウダーブラシで鎖骨部分のみにハイライターを塗ります。ブロンザーと混ざらないように気を付けましょう。
  5. 5
    再度肩を上げてみて、ブロンザーやハイライターが足りていない部分がないかチェックしましょう。つけすぎて人工的な見た目にならないように気を付けましょう。
  6. 6
    うまくメイクができたら鎖骨の強調は完了です。つきすぎたブロンザーとハイライターを落として見え方を調整しましょう。
    広告

ポイント

  • 鎖骨が見えるようになるのには時間がかかるので、辛抱強く努力しましょう。
  • 化粧品を頻繁に使うよりも、自然な方法で鎖骨を目立たせることを目指しましょう。
  • エクササイズをする際は怪我をしないように注意しましょう。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

お酒の臭いを消す

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,701回アクセスされました。
このページは 1,701 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告