鎖骨は襟元にある骨です。鎖骨は胸骨の上部から肩甲骨へと繋がっています。鎖骨骨折の多くは転倒、スポーツ中の怪我、もしくは交通事故が原因で起こります。鎖骨が折れていると思ったら、医者に行きましょう。そのまま放置すると、正しく修復しない可能性があります。[1][2]

パート 1 の 3:
医療を受ける

  1. 1
    鎖骨骨折の症状を識別する 鎖骨骨折は痛みを伴い、特徴的な症状を示します。鎖骨骨折の患者によくある特徴は以下の通りです。[3][4][5]
    • 肩を動かしたときに悪化する痛み
    • 腫れ
    • 鎖骨に触れたときに生じる痛み
    • 挫傷
    • 肩、もしくはその周辺部の瘤
    • 肩を動かしたときに、ギシギシと鳴る音やズキズキとした痛み
    • 肩の動かしづらさ
    • 腕や指のうずきや痺れ
    • 肩の下がり
  2. 2
    医者に行き、骨を適切に固定してもらう これは骨折がなるべく早く、適切な位置で修復するために重要です。骨は適切な位置で修復しないと、完治後に異様な瘤が残ってしまうことがよくあります。[6][7]
    • 医師はレントゲン写真を撮り、骨折の正確な箇所を特定します。場合によっては、CTスキャンを撮ることもあるでしょう。
    • 肩を動かしたときに鎖骨も動いてしまうので、医師は腕吊りを装着させるでしょう。また、腕吊りによって、ある程度の負荷が鎖骨から除かれるので、痛みが和らぐかもしれません。
    • 腕吊りは、子供で1~2か月間、大人で2~4ヶ月間装着する必要があります。
    • 腕と鎖骨を正しい位置に保持するために、医師は8の字包帯を装着させるかもしれません。
  3. 3
    折れた骨の末端が接合しない場合には手術を受ける この場合には、修復過程で骨片が正しい位置に留まるように手術が必要かもしれません。手術は不安かもしれませんが、骨折が痕や瘤を残さずに確実に修復します。[8][9]
    • 医師はプレート、ボルト、ロッドを使用して骨を固定するかもしれません。
    広告

パート 2 の 3:
回復中の痛みを管理する

  1. 1
    氷で痛みと腫れを緩和する 冷却は腫れの進行速度を抑制します。また、腫れの痛みをまひさせるのにも多少有効です。[10]
    • 氷嚢やタオルで包んだ袋入り冷凍豆を使いましょう。肌を痛めかねないので、氷を直接肌に当てないようにしましょう。
    • 初日は、1時間毎に20分間、骨折箇所を冷やしましょう。
    • その後の数日間は、3、4時間毎に冷やしましょう。
  2. 2
    休息をとる 安静にしていると、体はエネルギーを回復のために使います。また、安静にしていれば怪我が悪化する可能性も減ります。[11]
    • 腕を動かして痛むのであれば、動かすのを止めましょう。それは、体が腕を動かすのはまだ早いと警鐘を鳴らしているのです。
    • 回復過程では通常より睡眠を必要とするかもしれません。必ず、最低8時間は睡眠を取るようにしましょう。
    • 休息を取ることで、気持ちが安らぎ、痛みに対処しやすくなります。
  3. 3
    市販の鎮痛剤で痛みを緩和する 市販の鎮痛薬も炎症を和らげます。しかし、薬によっては出血が増えたり、骨の回復が遅れる恐れがあるので、怪我をしてから24時間は服用を控えましょう。[12][13]服用を24時間遅らせると、体が自然回復を始めます。
    • イブプロフェンを服用しましょう(イブ、エコルネなど)
    • 製薬会社の服用指示と医師の指示に従いましょう。指示された量以上を服用してはいけません。
    • 15歳未満の子供にアスピリンを含む薬剤を投与してはいけません。
    • 現在もしくは過去に心臓疾患、高血圧、腎臓疾患、胃の潰瘍もしくは内出血の症状があった場合には、服用前に医師に相談しましょう。
    • これらの鎮痛剤をアルコールや市販薬を含む他の薬剤、植物性の生薬、サプリメントと併用してはいけません。
    • まだ痛みがひどいようであれば、医師に相談しましょう。医師はさらに強い薬を処方できます。
    広告

パート 3 の 3:
早期回復を促す

  1. 1
    カルシウムの多い食品を摂取する カルシウムは体が骨を作るのに必須です。以下の食品はカルシウムを豊富に含みます。[14]
    • チーズ、牛乳、ヨーグルト、その他の乳製品
    • ブロッコリー、ケール、その他の緑の葉物野菜
    • イワシや鮭の缶詰など、食べられる程度の柔らかさの骨を含む魚
    • 大豆、シリアル、フルーツジュース、代用乳などのカルシウムが添加されている食品
  2. 2
    ビタミンDを十分にとる ビタミンDは人間がカルシウムを吸収するのに必須です。ビタミンDは以下の方法で摂れます。[15][16]
    • 日光浴:肌に日光が当たると、体内でビタミンDが作られます。
    • 卵、肉、鮭、サバ、イワシの摂取
    • シリアル、大豆製品、牛乳、粉末ミルクなどのビタミンDが添加された食品の摂取
  3. 3
    理学療法で体の回復を促す 理学療法は、腕吊りをしている間のこわばりを緩和します。理学療法は、腕吊りを外した後の筋肉強化と柔軟性の回復に役立ちます。[17][18]
    • 理学療法士は個人の運動強度と回復のレベルに合ったエクササイズを用意してくれるでしょう。
    • ゆっくりと取り組みましょう。痛みがあれば、止めましょう。急ぎ過ぎず、やり過ぎないようにしましょう。
  4. 4
    温めてこわばりを緩和する 怪我の腫れが収まったら、患部を温めることができます。これは感触が良く、血行を改善します。
    • 理学療法の後に痛みを感じたら、これが有効かもしれません。
    • 温熱パックを約15分間患部に当てます。しかし、それを肌に直接当てないようにしましょう。火傷しないように、タオルで包んで使いましょう。
  5. 5
    他の痛みの緩和方法を行っても大丈夫かを医師に相談する ただし、医師から許可が出るまでは、これらの方法を実施するのはやめましょう。以下の緩和方法が挙げられます。
    • 鍼治療
    • マッサージ
    • ヨガ
    広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

一日で体重を2キロ減らす

How to

低体重の人が体重を増やす

How to

食欲を増やす

How to

抜けにくいタンポンを取り出す

How to

消化を早める

How to

1週間で5kg痩せる

How to

10日で体重を減らす

How to

一晩で体重を落とす

How to

自分で抜糸する

How to

バレないように家の中でタバコを吸う

How to

白血病の兆候に気づく

How to

早く結膜炎を治す
広告

このwikiHow記事について

Danielle Jacks, MD
共著者 by
外科研修医
この記事の共著者 by Danielle Jacks, MD. ダニエル・ジャックス医師は、ニューオリンズ市の Ochsner Clinic Foundation(ルイジアナ州最大の医療機関)に勤務する外科研修医です。ジャックス医師は2016年にオレゴン健康科学大学より医学博士号を授与されています。 この記事は10,047回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 10,047 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告