人との連絡が途絶えるのは、残念ながら人生で起こり得ることの1つです。特に年齢を重ねる過程で多くの人々に出会うと、全ての人との関係を維持するのが困難になっていきます。古い友人や元同僚、以前の交際相手など、誰かとの連絡が途絶えた場合は、連絡を取って相手の近況を確認してみるとよいかもしれません。行動に移すのは億劫に感じるかもしれませんが、思ったよりも簡単な場合が多いものです。その人のことが頭から離れないのであれば、相手もあなたのことを考えている可能性が高く、連絡をすればきっと喜んでくれるでしょう!

方法 1 の 4:
電話をかける

  1. 1
    相手の電話番号を探す しばらく相手と連絡を取っていなかったのであれば、電話番号が見つからない場合もあります。スマートフォンの連絡先やアドレス帳などに番号が残っているか確認してみましょう。見当たらない場合でも、方法がいくつかあります。 [1]
    • 共通の知人に聞いてみます。その人の番号を知っているかどうか、共通の友人や同僚に聞いてみましょう。
    • SNSを通じて連絡をしてみましょう。Facebookで友達になっていたり、別のSNSサイトでつながっている場合は、メッセージを送信してみます。例えば、「こんにちは、○○さん!この間、ちょっと○○さんのことを思い出して、どうしているかなと思っていました。大阪でも元気にしていますか?私の番号は ○○○-○○○○-○○○○です。よかったら連絡ください!」というようなメッセージを送ってみましょう。
    • Googleで検索してみましょう。共通の知人がおらず、SNSなどでも全くつながりがない場合は、Googleで検索してみます。連絡を取り合えるような情報が見つかる可能性は十分あります。
  2. 2
    よいタイミングを見つけて電話をする 相手の都合のよい時間を知っていれば、その時間に電話をします。よくわからない場合は、早朝や午後9時を過ぎてから電話をかけてはいけません。また、一般的に職場や学校にいる時間帯の午前9時から午後5時までは電話をするのを控えましょう。電話をかけるのに適した時間は、週末の午後や平日の午後6時から9時までの間です。
  3. 3
    相手が応答したら名前を伝える 相手が電話に出たら、挨拶をしてから名乗りましょう。しばらく連絡を取っていなかった場合、相手はあなたから電話がかかってくるとは思わないはずです。番号が非通知の場合はなおさらです。「こんにちは、○○さん。お久しぶりです、元気ですか?東京の△△です」などと伝えましょう。
    • どこで相手と知り合ったかを伝えるとよいでしょう。前回連絡を取り合ってからしばらく経っている場合は、あなたと似たような名前の人々と出会っている可能性もあり、ピンとこないかもしれません。事情を伝えたほうが、相手にはわかりやすいかもしれません。
  4. 4
    最近相手のことを考えていた理由を伝える[2]  電話をしようと思った理由が何かしらあるはずです。特別な理由がない場合でも、電話をするに至った経緯を伝えるようにします。理由を伝えれば、電話が突然かかってきたとしてもそれほど驚かないでしょう。[3]
    • 「去年○○さんにもらった本を丁度また読んでいたら、○○さんのこと思い出したの!」などと言ってみましょう。
    • または、シンプルに「先日、ちょっと○○さんのこと思い出していたの」と伝えるのもいいかもしれません。
  5. 5
    状況に応じて連絡が途絶えたことを謝罪する 時に人との連絡が途切れてしまうことは誰にでもあるものです。もう少し連絡を取る努力をするべきだった、またはお互いの連絡が途絶えた原因が一部自分にあったのであれば、非を認めましょう。[4]
    • 「自分の結婚式の後、ずっと連絡できなくてごめん!」などと伝えてみましょう。
    • 1度謝れば十分です。何度も謝ると相手に居心地の悪い思いをさせてしまいます。
    広告

方法 2 の 4:
相手と会話をする

  1. 1
    相手の近況を尋ねる[5]  「最近、どうしてた?」というふうにシンプルに聞いてみましょう。このように質問すれば、前回会話した時以来、相手がどのように過ごしていたかについて話しやすくなります。次に話す内容を心配するよりも、相手の会話に注意深く耳を傾けましょう。
  2. 2
    追加で質問する 相手が話した内容に興味を持ち、もう少し深く知りたいと感じているかもしれません。その話題に関して質問すれば、会話を上手く続けられるでしょう。
    • 例えば、相手が現在、大学で講師をしている話をしたのであれば、どの教科を教えているのか聞いてみましょう。
    • 相手への質問が思いつかない場合は、お互いが知り合った状況に関することを聞いてみましょう。例えば、相手が高校時代に出会った友人の場合は、当時の他の友人と連絡を取り合っているかどうか尋ねてみましょう。
  3. 3
    自分の近況を相手に伝える 最後に連絡を取り合って以来、相手がどのような生活を送ってきたかを話し終えたら、自分の近況を伝えます。仕事や学校、自分の生活における大きな変化などについて話しましょう。新たに飼っているペットや趣味について話すこともできます。
    • 例えば「先日、福岡に引っ越したばかりで、今は非営利団体で働いているんです」などと伝えてみましょう。
  4. 4
    連絡をした理由を伝える このタイミングで相手に電話をしている理由が何かあるかもしれません。例えば、募金活動への寄付をお願いしたり、相手の所有物を借りる目的などで電話をしている場合もあるでしょう。特定の目的で電話をかけているのであれば、会話のこの時点で理由を伝えるようにします。再び連絡を取り合うために電話をしているだけであれば、そのまま会話を続けましょう。[6]
  5. 5
    昔の思い出話をする 古い知人との会話を盛り上げるには、過去について回想するのがよい方法です。お互いが共有している思い出や場所、出会った人々について話しましょう。[7]
    • 例えば相手が幼なじみの場合は「昔、一緒によくチョコチップケーキを作ったよね」などと言ってみましょう。
    • 楽しい思い出について話すのが無難ですが、友情が心の支えになったことを伝えるのもよいでしょう。例えば「母親が亡くなった時、あなたがいてくれて本当によかった」というような内容を伝えることもできます。
  6. 6
    笑顔を忘れない 会話中は笑顔を忘れないようにします。電話で話している際に笑顔でいることを忘れてしまう人が多いものの、ただ笑顔でいるだけでも声のトーンが親しみやすく感じのよい印象になります。電話では顔が見えないため、相手と会話ができて喜んでいる気持ちを伝えるには、声のトーンが非常に重要です。
  7. 7
    不適切な話題は避ける 不適切な質問や、避けたほうがよい話題を持ち出して会話が気まずくなるのは避けたいはずです。これは、再び元彼に連絡を取ろうとしている場合に特に当てはまります。
    • 例えば「自分を振って付き合うことにした相手は元気?」というような質問をすると、会話をしていてもお互い居心地が悪くなってしまいます。
  8. 8
    長電話をしない 再び相手と連絡が取れて嬉しいかもしれませんが、長電話にならないように気をつけましょう。相手の近頃の予定やどの程度忙しいかはわからないものです。前回会話してから起こった全てのことを事細かく相手に伝える必要はなく、また近いうちにいつでも会話ができるのだということを忘れないようにしましょう。
    • 久しぶりに話す際には15分程度が丁度よいでしょう。一方で、相手がもっとたくさん話したい様子であれば、遠慮なく会話を続けましょう!
    広告

方法 3 の 4:
会話を終える

  1. 1
    会話ができて楽しかった旨を伝える 会話を終わらせる雰囲気に近づいたり、片方が電話を切らなければならない場合は、「話せてよかった」または「また連絡が取り合えて本当にうれしい」などと伝えましょう。こうすると、相手と会話ができて楽しかった気持ちを示せるでしょう。[8]
  2. 2
    今後の予定を立てる 会話をした後、相手と会いたいと思うかもしれません。直接会う気持ちがあるのであれば、「今度是非会いましょう」などと伝えましょう。一歩踏み込んで、一緒にランチをする予定や喫茶店に行くなどの具体的な提案をして誘うのもよいでしょう。
  3. 3
    今後も連絡を取り合うことを提案する 相手と会うつもりがなかったり、お互いが離れた場所に住んでいる場合でも時折電話で話したいのであれば、「これからも連絡を取り合いましょう」などと伝えましょう。または、もう少々具体的に「来週、また電話するね」または「ヨーロッパ旅行から帰ったら報告の電話をするね!」などと伝えてもよいかもしれません。[9]
  4. 4
    電話を切る 再び電話で話せて心から楽しかった旨を伝え終わったら、別れを告げる時です。電話を切る雰囲気になった後は、シンプルな別れの挨拶を告げましょう。別れ際の挨拶としては、「じゃあまた近く話しましょう。元気で」などと言うのが適しています。
    広告

方法 4 の 4:
留守番電話にメッセージを残す

  1. 1
    挨拶をして名乗る 相手が電話に応答できない可能性もあり、その場合はボイスメッセージを残す必要があります。その際は、相手が電話に出た場合と同じように話し始め、挨拶をして名前を伝えましょう。
    • 「こんにちは、○○さん。法科大学院で同期だった△△です!」などと言いましょう。
  2. 2
    簡単に相手の近況を尋ねる 名乗った後は、「お元気ですか」または「○○さんもご家族も元気ですか」などと言いましょう。留守番電話にメッセージを残す際に相手の近況を尋ねて返事を得ることはできませんが、代わりにこのような質問をして相手の健康を気遣っていることを示すとよいでしょう。
  3. 3
    電話をした理由を伝える お願い事や質問があるなど、特別な理由で電話をかけている場合は、メッセージの中に残します。再び連絡を取り合うために電話をしただけであれば、「先日、○○さんのことを考えていて、電話をしようと思ったんです」などと伝えてみましょう。理由や経緯を詳しく説明する必要はなく、ただ相手のことを思い出した旨を伝えるだけで十分です。[10]
  4. 4
    自分に関する話をする 自分の近況や今までの生活に関する話を少し伝えましょう。どのように自分が過ごしてきたかに関する簡単な事柄を伝えます。長々と話さずに短くまとめましょう。延々と話し続けると、相手よりも自分自身に関心があるような印象になってしまいます。
    • 例えば「私は元気にしています。丁度SNS関連の新しい仕事に就いたばかりで、最近またテニスを始めました」などと伝えましょう。
  5. 5
    折り返し電話をしてもらうように伝える 話ができずに残念だということを伝え、折り返し電話をしてもらえるようにお願いしましょう。自分の電話番号と都合のよい時間を忘れずに伝えるようにします。
    • 「時間がある時に電話をしてください。今までのことをいろいろ話しましょう!○○さんの都合さえよければ、夜は大体空いています」などと伝えましょう。
  6. 6
    別れの挨拶をして電話を切る 自分の連絡先を伝えたら、簡単に別れの挨拶をします。「じゃあ、近いうちに話しましょう。また」などと言えば、別れ際の挨拶として適切でしょう。[11]
    広告

ポイント

  • 最も重要なのは、誠実で正直になることです。罪悪感から電話をしたような印象にならないように気をつけましょう。[12]
  • 電話をかける前に数回深呼吸をすると、緊張が少しほぐれるでしょう。
  • メッセージを残す場合は特に、終始大きな声ではっきりと話すようにしましょう。
  • 会話中に相手が楽しくなさそうでも、悪く思わないようにしましょう。人とは変わりゆくもので、別々の町に住んでいるのに友情を保つ意味がないと感じる人も一部いるのが現実です。
  • 相手との過去の関係性が複雑であった場合は、少々気まずい雰囲気になるかもしれませんが、これは当たり前のことです。特に元彼と会話する場合はなおさらでしょう。
広告

関連記事

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
男性から好意を持たれているか知る男性から好意を持たれているか知る
落ち込んでいる彼女を慰める落ち込んでいる彼女を慰める
陰口を叩く人に対処する陰口を叩く人に対処する
誕生日のお祝いに応える誕生日のお祝いに応える
車椅子を利用している人と接する車椅子を利用している人と接する
失礼な人に対処する失礼な人に対処する
より良い人になるより良い人になる
人の感情を認識する人の感情を認識する
好きな男性に自分の存在をアピールする好きな男性に自分の存在をアピールする
馬鹿にされたとき言い返す馬鹿にされたとき言い返す
冗談に対応する冗談に対応する
ウインクをするウインクをする
存在感を消す存在感を消す
広告
  1. https://hbr.org/2010/12/how-to-reach-out-after-losing
  2. http://www.phrasemix.com/collections/phrases-for-reconnecting-with-an-old-friend
  3. Lynda Jean. 認定イメージコンサルタント. 専門家インタビュー. 17 November 2020.

このwikiHow記事について

Lynda Jean
共著者 ::
コミュニケーション・コンサルタント
この記事の共著者 : Lynda Jean. リンダ・ジーンは「Lynda Jean Image Consulting」の経営者です。イメージコンサルタントとして15年以上の経験を有し、色と身体・体型の分析、ワードローブチェック、パーソナルショッピング、社会人としてのマナー指導、個人及びビジネスのブランディングを専門としています。クライアントが社会的及びキャリア面において目標を達成できるよう、イメージ、自尊心、行動、そしてコミュニケーション力の強化をサポート。社会学と社会福祉学の学士号、臨床社会福祉学の修士号、認定イメ―ジコンサルタント(CIC)の資格を保有。 カナダのトロントにある専門学校、インターナショナル・イメージ・インスティテュートおよびインターナショナル・アカデミー・オブ・デザイン・アンド・テクノロジーにてイメージコンサルティングを学び、同市にあるジョージブラウンカレッジにて数年ほどイメージコンサルティングコースの講師を務めました。「デキる社会人の持つマナーの力」に関する知識を、共同著者本「容易に事業を成功させる方法」に掲載しています。
カテゴリ: 社交関係
このページは 102 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告