PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

忙しい新学期に、ズボンのチャックが開いていることに気づかず恥をかきそうで心配になっていませんか?あるいは処分しなければならないとは分かっていても捨てられないズボンがありませんか?閉まらないチャックは、キーホルダーのリングの部分や輪ゴムを使って解決しましょう。スライダー部分が壊れてしまっている時は、スライダーを交換しなければならないかもしれません。また、今は正常に使えているチャックも、壊れたり消耗しないよう大事に使うようにしましょう。

方法 1 の 3:
キーホルダーのリングや輪ゴムを使う

  1. 1
    1円玉程の大きさのキーホルダーのリングを探す 勝手に開いてしまうチャックには、1円玉程の大きさの金属製のキーホルダーのリングを用意しましょう。薄く、耐久性の高いものが理想的です。[1] [2]
    • 輪ゴムで代用することもできます。勝手に開きスライダーが途中で引っかかってしまうという時に役立つでしょう。輪ゴムには充分な伸縮性があるので、スライダーをズボンのボタンに引っかけることができます。
  2. 2
    リングをスライダーの先端の輪に取り付ける リングをスライダーの輪(スライダーの先端部分にあるのが一般的です)に通しましょう。外れないようにしっかりと取り付けられていることを確認しましょう。[3]
    • 輪ゴムで代用している人は、輪ゴムをスライダーの輪に通し結びましょう。ボタンに引っかける部分を長めに残すようにしましょう。
  3. 3
    リングをボタンに引っかける リングをスライダーに取り付けることができたのであればボタンに引っかけましょう。[4]
    • 輪ゴムの場合は、長めに残しておいた部分を掴んで引き上げボタンに引っかけます。
    • ズボン以外の衣類(ワンピースやスカートのチャック)のチャックであれば、リングあるいは輪ゴムを一番上に位置するボタンに引っかけることで留めましょう。この場合、リングや輪ゴムが外側から見えてしまうので、隠れた場所にチャックが取り付けられているワンピースやスカートの方が無難でしょう。
  4. 4
    チャックを閉めてボタンを留める リングあるいは輪ゴムをボタンに引っかけた状態でチャックを閉めましょう。次にチャックの上にあるボタンを留めます。チャック部分が布地で隠れるように裁縫されているはずなので、チャックだけでなくリングや輪ゴムも覆うようにしましょう。リングや輪ゴムがボタンに引っかかっているため、チャックは下がらないはずです。[5]
    • トイレを使用する際は、まずボタン、つぎにリングあるいは輪ゴムを外すようにしましょう。
    広告

方法 2 の 3:
壊れたスライダーを取り替える

  1. 1
    必要なものを用意する どうしてもチャックが勝手に下がってしまう場合は、スライダーが壊れていて取り替える必要があるのかもしれません。これは、いくつかの道具を用意すれば自宅で行うことができます。下記を用意しましょう。[6]
    • ニッパー:工具店で販売されていて、爪やワイヤーを切る際、さらにチャックの留め金具を取り外す際にも使うことができます。
    • ピンセット
    • 小型プライヤー
    • 新しいスライダー:手工芸用品や布を取り扱っている店舗で購入できます。コイルファスナーの場合はコイルファスナーのためのスライダーを、プラスチックファスナーであればプラスチック製のスライダーを用意しましょう。コイルファスナーはコイル状にきつく巻かれた樹脂で、プラスチックファスナーはプラスチックで作られています。[7]
    • 新しい留め金具(上止):留め金具は金属(コイルファスナーの場合)あるいはプラスチック(プラスチックファスナーの場合)で作られている物を用意しましょう。
  2. 2
    チャックを下げて留め金具を見つける 留め金具(上止め)とは、スライダーとエレメント(歯の部分)をつなぐ部位を指しています。留め金具を覆っている布地を脇に寄せ、親指と人差し指でつまむようにして押さえます。[8]
  3. 3
    ニッパーを使って留め金具を取り除く 留め金具のみを取り除くようにしましょう。それ以外のエレメントの部分まで誤って取り除くと、チャックの機能に影響を及ぼす恐れがあります。[9]
    • 留め金具を取り除くことができた後は、取り残されている金具の破片をピンセットで取り除きます。留め金具が完全に取り除かれているようにしましょう。
  4. 4
    スライダーを取り外す 留め金具がなくなった後は、壊れているスライダーを滑らせて取り外します。次に、新しいスライダーを通しましょう。新しいスライダーは優しく引くように通す必要があるかもしれません。[10]
    • スライダーの向きを間違えないようにしましょう。一度取り付けられれば動かしやすくなるはずです。
  5. 5
    新しい留め金具を取り付ける ピンセットで新しい留め金具をつまみましょう。そして、テープに並んでいるエレメントの一番上の部分に差し込みます(取り外される前の古い留め金具の位置を参考にしましょう)。[11]
    • プライヤーを使い、テープの端に合わせて口金を曲げます。テープの裏側まで到達するようにしましょう。
    • プライヤーで留め金具を曲げて固定させます。完成したチャックの使い心地を確認します。開け閉めは楽ですか?また、勝手に下がってくることはありませんか?
    広告

方法 3 の 3:
大切に扱う

  1. 1
    チャックを閉めて洗濯をする チャックを長持ちさせるためにも、しっかりと閉めてから洗濯機に入れましょう。ズボンだけでなく、トップス、シャツ、スカート、ワンピース、短パンなども同じです。[12]
    • 洗濯中にチャックが開いてしまわないよう、安全ピンを使ってみましょう。安全ピンをスライダーの輪に通し、布地に針をさして留めます。こうすることで、洗濯機や乾燥機の中でも開くことはないでしょう。
  2. 2
    チャック付きの衣類は低温で乾燥機にかける 高温にさらされるとチャックが破損する恐れがあります。プラスチック製は特に注意が必要です。そのため、乾燥機は低温に設定し、時間も最低限に抑えましょう。乾燥機によるかくはんの動きによって破損することもあります。[13]
    • 乾燥機のコースが完了したのであれば、チャック付きの衣類はすぐに取り出し、平らな状態に伸ばしましょう。平面上で伸ばすことで、チャックがいびつな形状になってしまうことを防ぎます。形状が崩れるとチャックが動かないといった問題が起きる原因となります。
  3. 3
    多少の縮みを想定する 洗濯をしてチャック周りの生地が縮んでしまうこともありますが、あまり心配する必要はありません。ほとんどの衣類は洗濯によって縮むので、チャック周りにしわが寄ります。衣類やチャックに用いられている素材にもよりますが、こうした変化はわずかであることの方が多いでしょう。[14]
    • 綿100%の衣類が最も縮みやすく、つまみに綿やポリエステルが用いられていると、より目立ちます。綿製などの縮みやすい衣類は、乾燥機は用いずに吊り下げて自然乾燥させたほうが良いかもしれません。
    広告

関連記事

皮膚に付いた食品着色料を落とす
噛んだファスナーを直す
絞り染めTシャツを作る
ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
ジーンズのウエストを詰めるジーンズのウエストを詰める
洗濯機で衣類を縮める
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
ジーンズについた血液のシミを落とす
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
ジーンズの股にあいた穴を補修する
衣類のゴムを伸ばす衣類のゴムを伸ばす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 790 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告