PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

Altコードを使えば、除算記号(÷)のような数学記号を様々なプログラムで入力できます。数学記号を入力する方法はOSによって異なりますが、同じOSであれば、どのプログラムでも同じ方法で入力できます。例えば、除算記号の入力方法は、WordでもGoogle ドキュメントでも変わりませんが、WindowsとMacでは異なります。この記事では、MacとWindowsで除算記号を入力する方法を紹介します。

方法 1
方法 1 の 2:
Windows

  1. 1
    文書ファイルを開く Word、メモ帳、Google ドキュメントなど任意の文書ファイルを開きます。
    • キーボードにテンキー(数字キー)がない場合は、[Fn]キーと[Num Lock]キーを押します。そうすることで、数字ロックがオンになり、キーボードの右半分がテンキーとして機能するようになります。自分のキーボードをよく見ると、対応するキーに数字が小さく印字されているかもしれません。
  2. 2
    Altを長押しして0247と入力する キーを押しても何も表示されません。
    • 文字キーの上にある数字キーでは、この入力は有効になりません。この数字を入力する際にはテンキーを使う必要があることに注意しましょう。
  3. 3
    Altを離す [Alt]キーを離すと、除算記号(÷)が表示されます。[1]
    • 何も表示されない場合は、数字ロックがオンになっていることを確認し、再度試してみましょう。
    • または、試しにAlt+246を入力してみましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
MacOS

  1. 1
    文書ファイルを開く Word、メモ帳、Google ドキュメントなど任意の文書ファイルを開きます。
  2. 2
    Optionを押しながら/を押す [Option]キーは「修飾キー」と呼ばれ、これを使うことで特殊文字を入力できるようになります。ショートカットキーに関する詳しい情報については、「https://www.webnots.com/option-or-alt-key-shortcuts-to-insert-symbols-in-mac-os-x/」 (英語)で確認できます。
  3. 3
    Optionを離す 前のステップで紹介したキーを同時に押してから離すと、除算記号(÷)が表示されます。[2]
    広告

関連記事

USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
Spotifyの再生時間を確認するSpotifyの再生時間を確認する
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
充電器なしでノートパソコンのバッテリーを充電する充電器を忘れたときに代用してノートパソコンを充電する方法4選
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
Webページの画面をコピーするWebページの画面をコピーする
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
2台のモニターを設定する2台のモニターを設定する
iPhoneでApple IDの主電話番号を変更するiPhoneでApple IDの主電話番号を変更する
パソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧するパソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧する
7 Zipでファイルを高圧縮する7 Zipでファイルを高圧縮する
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
Nintendo SwitchをDiscordに配信するNintendo SwitchをDiscordに配信する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,299回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 3,299 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告