薬品を原材料とする除草剤は、環境だけではなく、ハチなどの有益昆虫や野生動物にも害を及ぼします。また、ペットや子供が遊ぶ場所に散布すると危険です。化学的な除草剤の代替として、一般的な家庭用品を使い、天然成分の除草剤を手作りすることができます。様々な組み合わせを試し、自宅の庭に最適な除草剤を作りましょう。

方法 1 の 2:
天然のビネガー除草剤を作る

  1. 1
    始めに400mlのホワイトビネガー(醸造酢)を試す 酢に含まれる酢酸が雑草を効果的に枯らします。しかし、酢は非選択的に作用し、雑草のみならず酢がかかったすべての植物を枯らすため、注意が必要です。ホワイトビネガーを単独で使うこともできますが、他の材料を加えてより強力な除草剤を作ることもできます。[1]
    • 芝生に酢がかかると枯れるため、直接かけたり、付近に散布したりしないように注意しましょう。
    • 酢によって土壌の酸性レベルが上昇します。土壌のpH値を調べ、必要に応じて調整しましょう。
    • 敷石やパティオには、20%の酢酸が含まれている園芸用の醸造酢を使うとより効果的です。ただし、この除草剤は強酸性のため、土壌のpHバランスや雑草以外の植物にも影響を与えます。
  2. 2
    お好みで、大さじ2~3杯(30~45ml)の濃縮レモン果汁を加える レモン果汁には高濃度のクエン酸が含まれており、ホワイトビネガーに加えると効き目が増します。400mlのホワイトビネガーに加えて試してみましょう。[2]
  3. 3
    小さじ1~2杯(7~15ml)の食器用洗剤を加え、特定の雑草を枯らす タンポポやメヒシバのように表面がワックス状の物質や毛で覆われている植物には、酢に食器用洗剤を加えると効果的です。表面のワックスや毛が酢の吸収を阻害しますが、食器用洗剤がワックスなどの保護層に浸透し、溶液が葉に付着するのを助けます。[3]
    • この方法には、液体または粉末の食器用洗剤や食洗機用洗剤が使えます。
    • レモン果汁とホワイトビネガーの溶液に食器用洗剤を加えても構いませんが、洗剤とホワイトビネガーだけでもかなり効き目があります。
  4. 4
    ホワイトビネガーに消毒用アルコール30mlを加える イソプロピルアルコールをホワイトビネガーに混ぜるか、または単独で使用しても強力な除草剤になります。あるいは、安価なジンでも同様の結果が得られます。ホワイトビネガーにいずれかのアルコールを加え、よく混ぜ合わせましょう。
    • アルコール、ホワイトビネガー、レモン果汁を混ぜて使うこともできますが、強力な溶液が土壌にダメージを与える場合があります。
  5. 5
    ビネガー溶液を同量の水で希釈する 雑草の繁殖が深刻な場合は、原液をそのまま使っても構いませんが、通常はこの濃度では強力すぎるでしょう。溶液を同量の水で薄めると、散布する区画に影響を及ぼすことなく、雑草を除去することができます。
    • 原液が土壌に浸透すると、雑草以外の植物の根を枯らす恐れがあります。また、土中の有益微生物に害を与えることもあります。[4]
  6. 6
    溶液をスプレーボトルに入れ、雑草に散布する 漏斗を使って溶液をスプレーボトルに入れ、ノズルをきつく閉めます。雑草に溶液を吹きかけ、24時間観察しましょう。必要であれば、さらに溶液を吹きかけても構いませんが、おそらくその必要はないでしょう。
    • 枯らしたくない植物の側に雑草が生えている場合は、ボトルのノズルを「ミスト」ではなく「ストリーム」に設定しましょう。
    • この除草剤は選択性ではありません。除草剤がかかると、すべての植物が枯れてしまうため、注意して使用しましょう!
    広告

方法 2 の 2:
その他の家庭用品で除草剤を作る

  1. 1
    ロックソルトや食卓塩で除草剤を作る 植物を数年間育てる予定がない区画の除草には、この方法を使いましょう。敷石の周囲や舗装の割れ目などに向いています。塩は雑草の水分を奪い、また土中に浸透して植物の生長を妨げます。[5] 以下のどちらかの方法をとりましょう。
    • 塩135gを適量のお湯に溶かし、スプレーボトルに入れて散布します。
    • 塩をそのまま振りかけます。雑草に塩を振りかけるだけで枯らすことができます。この方法は、庭の小道や芝生の縁に特に有効です。[6]
  2. 2
    熱湯で雑草を枯らす 雑草の側に他の植物がなければ、大きな鍋で沸かした熱湯をかけましょう。この方法は熱で雑草を枯らすため、他の植物が側にある場合には向いていません。熱湯を使う除草は若い雑草に得に効果的で、効き目が即座に現れます。[7]
    • 雑草を完全に除去するまで、数日かけて何度かこの作業を繰り返す必要があるかもしれません。
    • 大さじ1杯(15g)の食塩を熱湯に加えると、さらに強力な除草剤になります。
  3. 3
    ホウ砂と水を混ぜて雑草に散布する ホウ砂280gと水9.5Lをよく混ぜ合わせます。ガーデンスプレーヤーを使って溶液を雑草に散布します。他の植物にダメージを与える場合があるため、土壌に溶液が浸透しないように注意しましょう。[8]
    • この溶液は皮膚に刺激を与える恐れがあるため、使用の際は手袋と安全メガネを着用しましょう。
    • この溶液を野菜畑や花壇の雑草除去に使用してはいけません。野菜や花にダメージを与えます。
    広告

ポイント

  • 雑草を除去した後、マルチ、岩、石などの防草効果のあるものを用いて、雑草が再び生えるのを防ぎましょう。
  • 手作りの除草剤は、グリホサートなどの有害性のある原料を含む市販の除草剤の代替として使えます。
  • 初夏に花を付ける前の、まだ若く弱い時期に雑草を除去しましょう。

広告

必要なもの

天然のビネガー除草剤

  • 醸造ホワイトビネガー
  • スプレーボトル
  • レモン果汁
  • 消毒用アルコール
  • 食器用洗剤
  • スプーン

他の家庭用品を使った除草剤

  • ロックソルト
  • 計量カップ
  • 熱湯
  • 食塩
  • ホウ砂
  • ビニール手袋
  • ガーデンスプレーヤー

関連記事

How to

木の根を枯らす

How to

バラを種から育てる

How to

レモンの種を植えて育てる

How to

レモンの木を室内で育てる

How to

枯れそうなアロエベラを復活させる

How to

ツタを取り除く

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

切り株を処理する

How to

ミノムシを駆除する

How to

庭にミツバチを呼び寄せる

How to

デーツの種を発芽させる

How to

きのこを駆除する

How to

クルミを植える

How to

イチジクの木を剪定する
広告

このwikiHow記事について

Lauren Kurtz
共著者 :
Lauren Kurtz
園芸家
この記事の共著者 Lauren Kurtz. ローレン・カーツはコロラド州オーロラに住む自然主義者で、園芸の専門家です。現在はオーロラ市の水保全課で、市民センターにある庭園「Water-Wise Garden」の管理者を務めています。2014年、西ミシガン大学にて環境持続可能性研究の学士号を取得。 この記事は6,449回アクセスされました。
このページは 6,449 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告