除菌おしぼり(ウェットティッシュ)を作る方法

共同執筆者 Erik Kramer, DO, MPH

自宅や手指のばい菌やウイルスを除去して清潔に保つには、使い捨ての除菌ウェットティッシュが素早く使えて便利です。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延するにつれ、このような基本衛生用品が店頭から消えています。たとえ近所のスーパーやドラッグストアで除菌ウェットティッシュが品切れでも、慌てることはありません!家にふだんある物を2、3使い、家庭掃除用の除菌タオルを簡単に作ることができます。また、感染症専門医は石鹸と水での手洗いやアルコールジェル消毒剤を推奨していますが、そのような品が手に入らない場合は自分で除菌おしぼりを作りましょう。

方法 1 の 2:
掃除用の除菌タオルを作る

  1. 1
    食品保存用のプラスチック製筒型容器のふたにX型の切れ目を入れる ロール状のペーパータオルがちょうど入る直径の食品保存用のプラスチック製容器を用意します。工作カッターや精密ナイフなどの鋭利な刃物でふたにX型の切れ目を入れましょう。容器に自作の除菌タオルを入れたら、この切れ目から引き出して使います。[1]
    • ふたを切る時は十分気をつけましょう。作業台やまな板など、万が一刃物が当たっても傷つかない頑丈な場所で作業しましょう。また、切り込む位置から指をよけましょう。
  2. 2
    ロールペーパータオルを容器に収まる長さに切る 丈夫なロールペーパータオルを側面を下にして置き、鋭利な刃物で輪切りにしましょう。立てた容器に収まる長さに切りましょう。[2]
    • 通常の刃がギザギザしたキッチンナイフでは、ロールペーパータオルを切るのは難しいかもしれません。帯鋸(バンドソー)があれば、簡単にきれいに切断できるでしょう。[3]
  3. 3
    切ったペーパータオルを容器に入れる 切ったペーパータオルを容器の中に縦に入れましょう。ふたをしてみて、容器に収まるかを確認しましょう。[4]
    • 消毒液を加えたあとタオルの乾燥を防ぐために容器を密閉する必要があります。
  4. 4
    消毒液240mLをペーパータオルの上に注ぐ 自作の除菌タオルで拭く面を確実に消毒するには、ばい菌やバクテリアに対する効果が高い消毒液が必要です。新型コロナウイルス対策としてEPA(米国環境保護庁)に承認された製品がいくつかあります。[5] イソプロピルアルコールを60~90%含む洗浄剤を使いましょう。[6]
    • 以下は最近EPAが発表した、新型コロナウイルスに対する効果があるとされる家庭用洗浄剤のリストです(https://www.epa.gov/sites/production/files/2020-03/documents/sars-cov-2-list_03-03-2020.pdf 英語版のみ)。
    • ボトルの使用説明をよく読み、選んだ製品を安全かつ効果的に使いましょう。例えば、使用時は手荒れ防止のためビニール手袋を着用することになっているかもしれません。
    専門家情報
    Jonathan Tavarez

    Jonathan Tavarez

    ハウスクリーニング専門家、Pro Housekeepers設立者
    ジョナサン・タヴァレズは全米各地の一般住宅、商業店舗やオフィスを対象にしたハウスクリーニングサービス会社「Pro Housekeepers」の設立者です。フロリダ州タンパに拠点を置くPro Housekeepersでは常に高品質なサービスを届けられるよう、厳しいトレーニングを行っています。ジョナサン・タヴァレズはハウスクリーニングの分野で5年以上の経験があり、また米国国連協会タンパベイ支部では広報責任者を2年以上勤めています。2012年南フロリダ大学で経営およびマーケティング学の学士号を取得。
    Jonathan Tavarez
    Jonathan Tavarez
    ハウスクリーニング専門家、Pro Housekeepers設立者

    専門家による注意: 異なる洗浄剤を混ぜると有毒の化学反応が生じる恐れがあるので、絶対にしてはいけません。

  5. 5
    ペーパータオルを消毒液に一晩浸す 容器にふたをして横にし、12時間から一晩おいて消毒液をペーパータオルに完全に浸み込ませましょう。[7]
    • 正しく除菌するには大量の消毒剤が必要なので、ペーパータオルを液でびしょびしょにしなければなりません。
  6. 6
    ペーパータオルのロール芯を取り出す 消毒液がペーパータオルにすべて浸み込む頃には、ロール芯は湿ってフニャフニャになります。芯の端を持ってロールから抜き出して捨てましょう。[8]
    • このようにするとロールの端をつまんでふたの切れ目から引き出しやすくなります。
  7. 7
    ペーパータオルのロール内側の端を容器のふたの切れ目から引き出す ロール芯を取り出すときロールの中心部分も一緒についてくるはずです。その端を持ち、プラスチック製容器のふたに開けた切れ目から注意して引き出しましょう。ロールの端を出した状態でふたをしっかり閉めます。[9]
    • これで、いつでも必要なときに少しずつ簡単にペーパータオルを引き出すことができます。また、残りの部分は容器の中にあるので乾きません。
  8. 8
    十分な枚数の除菌タオルを使って、拭いた面を3~5分ほど濡れたままする 除菌タオルの正しい使用においては、消毒したい場所をしっかり濡らす必要があります。目で見て濡れているのがわかるほどしっかり拭き、3~5分そのままにしてから、拭き取るか洗い流すかしましょう。十分な時間をおくことで、拭いた面についているウイルス・バクテリア・微生物などを除去できます。.[10]
    • 消毒に必要な時間は液によって異なります。使用した洗浄剤のボトルにある説明をよく読み、適切な時間の長さを確認しましょう。
    専門家情報
    Jonathan Tavarez

    Jonathan Tavarez

    ハウスクリーニング専門家、Pro Housekeepers設立者
    ジョナサン・タヴァレズは全米各地の一般住宅、商業店舗やオフィスを対象にしたハウスクリーニングサービス会社「Pro Housekeepers」の設立者です。フロリダ州タンパに拠点を置くPro Housekeepersでは常に高品質なサービスを届けられるよう、厳しいトレーニングを行っています。ジョナサン・タヴァレズはハウスクリーニングの分野で5年以上の経験があり、また米国国連協会タンパベイ支部では広報責任者を2年以上勤めています。2012年南フロリダ大学で経営およびマーケティング学の学士号を取得。
    Jonathan Tavarez
    Jonathan Tavarez
    ハウスクリーニング専門家、Pro Housekeepers設立者

    専門家による注意: 消毒する面がその洗浄剤で拭いても安全かを確認しましょう。例えば、カウンター上部が御影石、石鹸石、水晶、大理石などの場合、酸性の洗浄剤や酢酸は使用できません。

  9. 9
    除菌タオルは使用後すぐ捨てる 使用済み除菌タオルを再度使うと、ばい菌やウイルスを除去するどころか他の場所に広げることになります。一カ所拭いたらすぐ、ふたのあるゴミ箱に捨てましょう。掃除を続けたければ、新しいタオルを使いましょう。[11]
    • ビニール手袋を着けるときは、掃除が終わったら捨てましょう(再利用できる手袋なら除菌しましょう)。
    広告

方法 2 の 2:
除菌おしぼりを自作する

  1. 1
    石鹸と水あるいは(入手可能であれば)市販の手指消毒剤を使う 感染症専門機関によると、もっとも良い手洗いのやり方は、石鹸と水とで20秒以上洗うことです。石鹸と水のない場所では、アルコール濃度60%以上の手指消毒剤を使うと安全です。[12] どうしようもない場合を除き、手指消毒剤の自作は勧められません。消毒効果があり、かつ皮膚に無害な手指消毒剤を作ることはたいへん難しいからです。[13]
    • ドラッグストアなどで入手可能な消毒用アルコールのほとんどは高濃度ではないため、アロエジェルなどの他の材料と混ぜてアルコール濃度60%の消毒剤を作るのは容易ではないでしょう。
    • 高濃度のアルコールを定期的に使用すると徐々に皮膚が損傷し、皮膚バリアが壊れてそこから毒素や汚染物質を吸収しやすくなるので、気をつけましょう。[14]
  2. 2
    99度の消毒用アルコール160mLとアロエベラジェル80mLを混ぜる 手のばい菌・ウイルスの消毒には、石鹸と水による手洗い以外では、アルコール濃度60%以上の手指消毒剤が最も有効です。[15] 肌の乾燥を抑えるために少量のピュアアロエベラジェルを加えましょう。99度のイソプロピルアルコールとアロエベラジェルを2対1の割合で混ぜると、アルコール濃度が十分な消毒剤ができます。[16]
    • ドラッグストアなどで購入できるイソプロピルアルコールは、十分な濃度ではないかもしれません。近所の店に99度アルコールがなければ、オンラインで探しましょう。[17]
    • アロエベラジェルはたいていのドラッグストアで入手できます。アロエの葉から直接絞り出してもよいでしょう。
    • イソプロピルアルコールが全然手に入らない場合は、エタノール(アルコール飲料に含まれる種類のアルコール)でも効果があります。ただし、90度以上のアルコールが必要です。ウォッカ程度ではまだ足りないでしょう。
  3. 3
    この混合物を清潔なプラスチック容器に入れる 自家製の手指消毒剤を空のソープディスペンサーなどのプラスチック容器に入れましょう。しっかりふたを閉めて蒸発を防ぎましょう。[18]
    • 容器に中味が入っていた場合は、自家製消毒剤を入れる前に石鹸とお湯でよく洗いましょう。
  4. 4
    作った消毒剤をペーパータオルやティッシュペーパーの上に絞り出す 消毒剤で手や他の場所を消毒するには、清潔なペーパータオルやティッシュペーパー、ガーゼなどがしっとり濡れる程度の量を絞り出して(またはポンプを押して)使いましょう。[19]
  5. 5
    おしぼりで手をくまなく拭き、捨てる 掌だけでなく、手の甲、手首、指と指との間まですべて拭きましょう。手がきれいになったかよく見て確かめましょう。消毒剤で濡れた手を拭いたり洗い流したりせず、空気乾燥させます。[20]
    • 手指消毒剤のついた手をすぐに洗い流したり拭き取ったりすると、完全に消毒できない可能性があります。
    広告

必要なもの

掃除用の除菌タオルを作る

  • 食品保存用のプラスチック製のふた付き筒型容器
  • 工作カッターまたは精密ナイフ
  • ロール状のペーパータオル
  • 鋭利なキッチンナイフまたはバンドソー
  • イソプロピルアルコールなどの消毒剤

除菌おしぼりを自作する

  • 99度イソプロピルアルコール
  • ピュアアロエベラジェル
  • 清潔なプラスチック製容器(空のソープディスペンサーなど)
  • ペーパータオルまたはティッシュペーパー

ポイント

  • 新型コロナウイルスのアウトブレイク(集団発生)以来、ウイルス拡散を防ぐために、人が多く触れる場所(ドアノブ、電灯のスイッチ、テーブル、椅子など)をひんぱんに掃除・消毒することを感染症専門機関が推奨しています。[21]
  • 最も良い手洗いのやり方は、ぬるま湯と石鹸で最低20秒洗うことです。目に見える汚れや油がついている場合は、特に有効です。石鹸と水がなければ、代わりにアルコール手指消毒剤または除菌ウェットティッシュが役立ちます。[22]

広告

注意事項

  • 石鹸と水がない、または市販の手指消毒剤を入手できないのでなければ、無理して自家製の消毒剤を作ることはありません。ばい菌・ウイルスに対して有効かつ皮膚を傷つけない製品を作るのは、非常に難しいことです。[23]
  • 赤ちゃんのおしりふき、アルコールフリーの除菌ウェットティッシュ、植物オイル・エッセンシャルオイルのおしぼりなどは、新型コロナウイルス対策の効果はありません。[24] 皮膚の除菌にはアルコールを含む消毒剤を選びましょう。それ以外では新型コロナウイルスに効果があるとしてEPAが承認した洗浄剤を使いましょう。[25]
広告

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。



このwikiHow記事について

この記事はErik Kramer, DO, MPHが共著しています。 かかりつけ医のクレイマー医師は、コロラド大学にて内科疾患、糖尿病、体重管理の治療を専門的に行っています。2012年にタウロ大学ネバダ校整骨医学部にて博士号を取得。
記事のサマリーX

掃除用除菌タオルを作るには、まず入れ物となる円柱形のプラスチック容器を用意します。ふたを外し、中央にバツ印の切れ目を入れます。次にキッチンペーパーのロールをプラスチック容器に入る大きさに切ります。それを容器に入れ、上から洗浄液を240mL注ぎ入れます。可能であればEPA(米国環境保護庁)承認の、60%から90%の消毒用アルコール、ライゾールマルチクリーナー、クロロックス除菌クリーナーなどを使用し、効果的にばい菌やバクテリアを除菌しましょう。キッチンペーパーを洗浄液に12時間以上浸し、中央の芯を取り出します。最後に、キッチンペーパーの内側の端を引っ張り出し、蓋の切れ目に通せば完成です。

このページは 708 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告