隠しメッセージの作り方を覚えると、誰にも見られないようにパスワードを書いたり、友達に秘密のメッセージを送ることができます。秘密諜報員の気分も味わえるかもしれません。

方法 1 の 5:
レモンのしぼり汁を使う

  1. 1
    ボウルにレモン半分を絞ります。
  2. 2
    水を数滴加えます。レモンのしぼり汁と水をよく混ぜましょう。
  3. 3
    綿棒をこの溶剤に浸し、白い紙に秘密のメッセージを書きます。綿棒のかわりに、楊枝、万年筆、絵筆、書道筆などを使うこともできます。
  4. 4
    溶剤が乾くまで待ちます。乾くと書いたメッセージが消えて見えなくなります。
  5. 5
    メッセージを書いた紙を、電球、炎、蝋燭の火にかざします。紙を電球、炎、蝋燭の火に近づけると、メッセージが読めるようになります。炎や蝋燭を使う場合は、紙を近づけすぎないように気を付けましょう。[1]
    広告

方法 2 の 5:
重曹を使う

  1. 1
    水60mlと重曹60mlを混ぜた溶剤に、綿棒を浸します。その綿棒で、白い紙にメッセージを書きます。[2]
  2. 2
    溶剤が乾くまで待ちます。
  3. 3
    濃縮タイプのグレープジュースなど、濃い色のジュースを絵筆につけます。絵筆を使って、グレープジュースをメッセージの上に塗ると、メッセージが読めるようになります。
    広告

方法 3 の 5:
牛乳を使う

  1. 1
    浅い皿に注いだ牛乳に綿棒を浸します。
  2. 2
    この綿棒で白い紙にメッセージを書きます。牛乳が乾くまで待ちます。
  3. 3
    乾くまで30分ほど待ちましょう。
  4. 4
    紙に熱を加えます。電球、蝋燭、炎、アイロンなどを使うことができます。牛乳は、熱が伝わる速度が紙より遅いので、メッセージが読めるようになります。[3]
    広告

方法 4 の 5:
白いクレヨンを使う

  1. 1
    白い紙に白いクレヨンでメッセージを書きます。
  2. 2
    メッセージの上に、絵筆で水彩絵の具を塗ります。メッセージが読めるようになります。[4]
    広告

方法 5 の 5:
溶剤を使わずに書く

圧力と紙の凹みを利用した方法です。

  1. 1
    紙を2枚用意します。2枚の紙を重ねます。
  2. 2
    上の紙にメッセージを書きます。ペンや鉛筆で力を入れて書きましょう。
  3. 3
    上の紙を取り除きます。
  4. 4
    下の紙の表面を鉛筆でやさしくこすります。メッセージが読めるようになります。黒板にチョークで書いた文字と同じように見えるでしょう。
    広告

ポイント

  • 白いクレヨンのかわりに、白い蝋燭を使って隠しメッセージを書くこともできます。メッセージを読むには、クレヨンを使う方法と同様に、絵筆で水彩絵の具を塗ります。
  • レモンのしぼり汁を使った方法では、白い紙より黒い紙を使うほうが効果的です。
  • レモンのしぼり汁や牛乳で書いたメッセージを読むには、紙にあて布をしてアイロンをかける方法もあります。180℃のオーブンで、紙を数分間加熱しても読むことができます。
  • 白いクレヨンで書いたメッセージを、絵の具を塗らずに見る方法があります。日中、紙を窓辺で斜めにかざします。はっきりとは見えないかもしれませんが、読むことができます。絵の具を使わないので簡単です。
  • 白いクレヨンを使った方法では、水彩絵の具の代わりに、濃い色のサインペンを使うこともできます。
  • 水を加えすぎないように注意しましょう。
  • 重曹を水の分量より多く入れないようにします。

広告

注意事項

  • メッセージを書いた紙を加熱する際は、火事や火傷に注意しましょう。
広告

必要なもの

  • レモンのしぼり汁
  • 小さいボウル
  • スプーン
  • 綿棒、楊枝、絵筆
  • 白い紙
  • 電球
  • 重曹
  • 泡だて器
  • 絵筆
  • 濃縮タイプのグレープジュース
  • 牛乳
  • 白いクレヨン
  • 水彩絵の具

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

風船ガムを膨らませる

How to

自分で身長を測定する

How to

六角形を描く

How to

プラスチックに塗装する

How to

革を染める

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

ワインボトルのラベルを剥がす

How to

シリコン型を作る

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

自分のエロティックな写真を撮る

How to

タッチペンを手作りする

How to

息を長く止める

How to

硬貨を洗う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む110人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,002回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 1,002 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告