集中して宿題をする方法

この記事には:宿題のアクションプランを立てる勉強場所を確保する集中力を保つ宿題を終わらせる

特に難しい課題や興味の持てない課題の場合、集中して宿題に取り組めないと感じるでしょう。どのような理由であっても、目の前の課題への集中力を維持することは容易ではありません。以下のような、集中して宿題をするための対策を試してみましょう。この記事では、宿題のアクションプランを立て、宿題をする場所を確保し、宿題を終わらせる方法を紹介します。

パート 1
宿題のアクションプランを立てる

  1. 1
    ノートやスケジュール帳に課題をすべて書き出す そうすれば、終わらせる必要のあることのリストを作成できます。[1]
    • 学校から帰る前に、課題の内容をきちんと把握する必要があります。
    • 課題の内容、提出期日、成績のつけ方などを教員に確かめましょう。
    • それぞれの課題にどれくらいの時間が必要か考え、提出期日に間に合うように、時間配分を調整しましょう。
  2. 2
    課題に優先順位をつける 成績評価に大きく影響を与える課題や難しい課題を優先して終わらせましょう。[2]
    • 課題リストを見直します。
    • 各課題の重要度を考え、優先順位をつけます。
    • その日、宿題を終えるのに、どれくらいの時間が必要か把握します。
    • どの順番で課題を終わらせるか決めましょう。
  3. 3
    計画的に時間を使う 小中高生が学校の宿題にかける時間は、一日あたり約15分間~1時間です。[3]
    • 放課後にクラブ活動や習い事に参加する場合は、それ以外の時間で宿題をする時間を確保する必要があります。
    • 机に向かい、宿題に取り掛かる時間を予め決めておきましょう。各課題に必要な時間を適切に見積もりましょう。
    • 大きな課題を終えたら、5分間の休憩を取りましょう。何時間も集中力を維持することはできません。

パート 2
勉強場所を確保する

  1. 1
    明るい勉強場所を選ぶ 集中して勉強をするには、ノートや教科書がよく見えるように、明るい場所を選びましょう。
    • 例えば、窓のある明るい部屋が適切です。風通しが良いと、勉強もはかどるでしょう。
    • 勉強場所を決めたら、宿題に必要な道具をかごや箱にまとめておきましょう。シャープペンやマーカーペン、ルーズリーフなどの勉強用具は、手の届く場所に置く必要があります。
    • うす暗い部屋は、宿題をする場所には適していません。
    • 十分な明かりがないと、眠気を催したり、集中力を欠いたりする原因となります。
  2. 2
    机やテーブルのある場所を選ぶ ノートパソコンや教科書など、必要な勉強道具がすべて載るスペースがあれば、大きなものでなくても構いません。[4]
    • 座り心地の良い、安定感のある椅子を確保しましょう。
    • ベッドやソファに座っての勉強は避けましょう。勉強をする場所としては適していません。
    • 長時間座っても、腰や肩が疲れない椅子か確かめましょう。
  3. 3
    勉強スペースに、集中力を乱すものがないか確かめる テレビや電話機などの音の出る電子機器のある部屋は避けましょう。また、家族の話し声などが気になる場所も同様に避けます。
    • 勉強場所で課題を始める前に、ソーシャルメディアの通知をオフにしましょう。
    • テレビの視聴ができない場所を選びましょう。
    • 携帯電話の電源を切りましょう。
    • 課題にパソコンが必要な場合、課題に関係のないソフトやサイトのタブは閉じましょう。
    • リビングやキッチンなど、家族の話し声や騒音が気になる場所での勉強は避けましょう。
    • 集中力の妨げとなる騒音を消すために、バックグラウンド音楽を流しても良いでしょう。音楽に聞き入らないように、クラシックなどの控えめな音楽を選びましょう。また、歌詞の無い曲を選ぶと良いでしょう。
  4. 4
    勉強スペースに軽食や飲み物を置いておく これらを手元に用意しておけば、勉強スペースを離れる必要がありません。[5]
    • 空腹感は集中力の妨げになります。空腹を感じたら、軽食を取りましょう。
    • 軽めのヘルシーな軽食を取ります。勉強や宿題をしながらジャンクフードを食べるのは避けましょう。
    • のどが渇いたときのために、ペットボトルやコップに水を入れて、手元に用意しておきましょう。

パート 3
集中力を保つ

  1. 1
    電子機器の電源を切る 集中力の妨げとなる電子機器の電源は切っておきましょう。[6]
    • InstagramやTwitterなどのSNSからはログアウトします。
    • スマートフォンのLINEなどのメッセージの通知をオフにします。
    • 課題に使用しない場合、パソコンの電源を切ります。
    • 勉強中、スマートフォンや携帯電話は電源を切るか、別の部屋に置いておきます。
  2. 2
    勉強していることを家族に伝える 勉強の邪魔をしないよう、事前に伝えておきましょう。[7]
    • 弟や妹がいる場合、勉強の邪魔をしないよう、両親に協力してもらいましょう。
    • 何時まで勉強をする予定か伝えます。
    • 両親に課題の内容を伝えましょう。また、特定の科目で躓いている場合は、そのことも伝えると良いでしょう。
  3. 3
    最も集中できる時間帯に勉強をする 最も集中して勉強できる時間帯は、人それぞれです。[8]
    • 夕食後や夜に疲れていて集中できないのであれば、別の時間帯で宿題をする時間を見つけましょう。
    • いろいろな時間帯での勉強を試し、自分が最も集中できる時間を探しましょう。
    • 帰宅後、少し休憩してから宿題を始め、夕方までに宿題を終えるというスケジュールが、一般的には最適だと考えられています。一日の疲れが出たり、やる気が削がれたりする前に宿題を終わらせることができます。
    • 30分~1時間ごとに休憩を取りましょう。課題を一つ終えるごとに数分間の小休憩を取り、集中力が切れるのを防ぎましょう。

パート 4
宿題を終わらせる

  1. 1
    宿題のプランを見直す 各課題を見直し、時間配分や優先順位に変更を加える必要がないか確かめましょう。[9]
    • 最も難しい課題から先に終わらせます。
    • 勉強を開始してすぐは、集中して課題に取り組めるでしょう。しかし、時間が経つにつれ、だんだんと集中力が切れてしまいます。
    • 疲れてきたときに、簡単な課題を行いましょう。
    • 勉強中は、宿題のリストを手元に置いておきましょう。
  2. 2
    わからない箇所は大人やクラスメイトに尋ねる 課題を終わらせる前に、やる気が削がれてしまわないよう、質問は適切な人にしましょう。[10]
    • 宿題をしているとき、誰でもときおり、解けない問題や困難な課題に直面します。
    • 嫌気が差す前に、クラスメイトに電話で質問をしたり、誰かに助けを求めたりしましょう。
    • 嫌気が差してしまうと、集中力が保てず、宿題を終わらせるのに余計に時間がかかるでしょう。
  3. 3
    終わらせた課題から線を引いて消す 一つ一つ課題を消し、達成感を得ましょう。[11]
    • どれだけ課題が残っているか可視化することができます。
    • 宿題を進めつつ、残りの時間配分を見直すことができます。一つの課題に予想より時間がかかったなら、残りの課題にかける時間を短縮する必要があります。
    • 予め決めておいた課題の順番を守りましょう。簡単な課題から先に手をつけてしまうと、後で集中力が切れたときに、難しい課題に取り組まなくてはいけません。

ポイント

  • 勉強場所をきれいに片づけます。また、新鮮な空気を取り入れるため、窓を開けておきます。
  • 飲み物やヘルシーな軽食を手元に用意しておけば、わざわざ席を離れる必要がありません。
  • Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSからはログアウトします。できれば、Wi-Fi接続を解除しましょう。また、パソコンや気が散る原因となる電子機器の電源を切り、集中して宿題に取り組みます。
  • 宿題をしていることを、家族に知らせます。幼い弟や妹がいる場合、耳栓を用意する、昼寝をさせるなどの対処を取りましょう。
  • 座り心地の良い椅子に座り、机やテーブルに向かい、勉強します。眠気を催す原因となるため、寝転がりながらの勉強は避けましょう。
  • 最も集中できる時間帯に宿題を始めます。
  • どうしても携帯電話が気になるのであれば、宿題をしている間は、親に携帯電話を預けます。
  • 宿題を始める前に、軽食を取ると良いでしょう。しかし、集中力や意欲を失わないよう、気をつけましょう。
  • Androidスマートフォンを持っている場合、「タイマーロック」アプリを使用すると良いでしょう。ロック開始時間と終了時間を設定すると、その間スマートフォンにロックがかかり、使用できなくなります。
  • 適宜、小休憩を取り、立ち上がって足を延ばしましょう。集中力や意欲を失わない程度の軽い運動を行っても良いでしょう。
  • 勉強意欲が湧かない場合や宿題に面白味を感じない場合、時間制限を設けてみましょう。時間内に課題を終わらせようという気持ちになり、勉強がはかどるでしょう。
  • 一時間を超える課題の場合、一度に終わらせる必要はありません。一旦、小休憩を取り、別の課題に取り組みます。その後、初めの課題に戻り、残りを終わらせると良いでしょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む69人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 学校・大学

他言語版:

English: Focus on Homework, Español: concentrarse en la tarea, Italiano: Concentrarsi sui Compiti, Русский: сосредоточиться на выполнении домашней работы, Deutsch: Sich auf Hausaufgaben konzentrieren, Français: bien faire ses devoirs et réussir à l'école, Bahasa Indonesia: Berfokus pada Pekerjaan Rumah, Nederlands: Je focussen op je huiswerk, العربية: التركيز في حل واجباتك

このページは 1,090 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?