皆さんは自分が飼っている雌犬を交配させる上で、評判の良いブリーダーのところに連れて行ったり、自分の手で交配させることを考えているかもしれません。雌犬と雄犬を交配させるためには、飼っている犬の繁殖に適した時期がいつなのかをはっきりと見極める必要があります。これは、発情時に見られる特徴的な行動をチェックすると共に、検査をして発情周期を見極めることで突きとめることができます。犬の最適な繁殖期間が分かれば、雄犬と適切に交配させることができるでしょう。

パート 1 の 3:
雌犬の発情時における特徴的な行動を確認する

  1. 1
    犬の生殖器部を調べる 雌犬が発情期に入ると、外陰部が膨れ始めます。生殖器部が大きくなり、外に突出しているように見えます。外陰部の先端が上方に移動することで、雄犬の生殖器が雌犬の生殖器に挿入しやすくなります。これらは雌犬が発情期に入っていることを示す兆候です。[1]
    • 犬を仰向けにして生殖器部を調べるか、後ろから生殖器部を観察します。外陰部が膨れている様子を後ろから見ることができるはずです。
  2. 2
    血液や分泌物を確認する 雌犬が家の中の家具やベッド、また絨毯などに染みを付けていることに気付くはずです。染みや分泌物は深い赤色や、ピンクがかった白、または白色である場合があります。出血し始めてから12日が経過したあたりで繁殖可能になり、分泌物の濃度や色は次第に薄くなっていきます。[2]
    • さらに血液や分泌物は独特の臭いがすることに気付くかもしれません。この強い臭いは雄犬を惹きつけるためのものです。
    • 発情期に激しく出血する雌犬がいる一方で、出血や分泌物の量が少ない犬もいます。
  3. 3
    犬が頻繁に排尿しているかをチェックする 犬の行動に注意を払い、排尿の頻度を確認します。普段より頻繁に、少量の尿を放出しているようであれば、発情期に入っている可能性があります。尿にはフェロモンとホルモンが含まれており、それにより雄犬は雌犬が繁殖期に入っていることに気が付きます。[3]
    • 雌犬が放尿のために普段よりも頻繁に外に出たがっていることに気付くかもしれません。これは雌犬が最も繫殖力がある発情期に入っていることを示す兆候かもしれません。
  4. 4
    犬が適切な繁殖年齢に達していることを確認する 犬が交配する年齢に達しているかどうかを確認します。大半の雌犬は、2~3回ほど発情期を経験するまでは、雄犬との交配は控えるべきです。少なくとも1~2歳に達するまで待つ必要があります。股関節形成不全を患っている犬は、交配させる前にX線検査を受けましょう。レントゲン写真をJAHD Network(日本動物遺伝病ネットワーク)に送り解析を依頼します。検査は生後1才以上を対象に行われています。JAHD Networkは、アメリカのOFAにあたる機関です。
    • 犬が繁殖する上で十分な年齢に達しているかどうかが分からない場合は、獣医師に相談しましょう。獣医師であれば、雌犬が繁殖できるかどうかを見極めることができます。
    広告

パート 2 の 3:
検査および発情周期追跡を実施する

  1. 1
    犬の発情周期を追跡する 犬は年に2回ほど発情期に入るため、この周期を追跡することで犬の排卵時期(繁殖期に入るか)を判定します。雌犬には、発情前期、発情期、発情後期、発情休止期といった発情周期における4つの異なる段階が存在します。犬の発情周期のいくつかを追跡することで、各段階を確認します。[4]
    • 発情前期には雌犬の外陰部が膨れ始めて、発情出血が始まります。一般的に9日間続きますが、4~20日続く場合もあります。この段階において、雄犬を惹きつけることがあるものの、交配を受け入れることはありません。[5]
    • 次に発情期が続きますが、この段階で雌犬は繁殖することができます。この期間は一般的に9日間続き、最初の5日間が最も繫殖力の高い期間です。他の雄犬と友好的になり、交配させるようになります。雌犬の膣が元の状態に戻り、雄犬を誘惑したり受け入れなくなった時点で、この繁殖段階が終了したことが分かります。[6]
    • 発情後期は一般的に50日に亘りますが、80日~90日にわたって持続する場合もあり、発情休止期と呼ばれる最終段階は2~3か月に亘って続くことがあります。発情後期と発情休止期の段階で、雌犬は発情周期の最終部分におり、交配することはありません。
  2. 2
    獣医師に膣スメアをしてもらう 獣医師が膣スメア検査をすることで、犬が発情期にあるかどうかを判断することができます。膣スメアは犬の膣細胞を顕微鏡で調べる検査です。これは膣に器具を挿入する検査ではなく、痛みはありません。獣医師は犬からサンプルを採取し、いくつかのサンプルを検査して、犬が発情期に入っているかを判断します。[7]
    • 検査の一環として、獣医師は犬が排卵しているかどうかを知るために、細胞中に見られる変化を調べます。膣スメアにより、犬の最適な繁殖時期を判定することも可能です。
  3. 3
    犬に血清プロゲステロン試験を実施する さらに犬の血液中のプロゲステロン量を測定するために、獣医師に血液検査をしてもらうことで、犬が排卵しているかを確認できます。この検査を実施するには、犬の血液サンプルが必要です。犬の排卵期間を正確に判定するために、獣医師はいくつかの血液サンプルを必要とする場合があります。[8]
    • この検査は、雌犬の最適な交配期間を判定する上で、非常に正確であるとされてます。飼い犬が繁殖に失敗し続けていたり、交配するために雄犬に引き合わせる準備ができているかを確認したければ、これは理想的な選択肢であると言えます。
    広告

パート 3 の 3:
雌犬を繁殖させる

  1. 1
    交配のために相応しい雄犬を見つける 雌犬と雄犬を交配させる上で、相応しい相手を見つけることが必要です。同じ種で、健康で遺伝的な欠陥や問題がない雄犬を探しましょう。前もって雄犬のオーナーに会うか、ブリーダーと一緒にオーナーの元に行き、犬の健康状態や病歴について話し合います。[9]
    • 雄犬の年齢も確認しておきましょう。ほとんどの犬種で、1歳から7歳の間に交配することが望ましいとされています。
    • 雌犬と雄犬を交配するに先立って、獣医師と話し合いましょう。獣医師は繁殖プロセスを実施する前に、犬が抱えているすべての健康問題等を解決する必要があります。
  2. 2
    雌犬と雄犬を適切なタイミングで引き合わせる 大抵の場合、雄犬が自分の縄張りや自宅で雌犬と交配すると、成功する可能性が高まります。適切な繁殖のタイミングで雌犬を雄犬のところに連れて行くように、雄犬のオーナーと話し合いましょう。雌犬の発情期に合わせて交配日を決定することで、最も繫殖力が高い時に交配することができます。[10]
    • 初めての発情周期に交配させてはいけません。1~2周期を経てから、交配させます。こうすると、雌犬が健康な状態で交配することを保証できます。[11]
    • さらに、24時間から48時間の間隔を空けて、犬同士が2回交尾できるようにアレンジすることもできます。これにより、犬が妊娠する確率を高めることができるでしょう。
  3. 3
    交配のために、ストレスのない環境を準備する 交配日が決まったら、雌犬と雄犬をストレスのかからない環境に連れていきます。雄犬のオーナーは、交配のために清潔で、開放的な空間を用意します。雌犬が発情周期の適切な段階にいるようであれば、割とすぐに雄犬を受け入れることでしょう。雌犬が雄犬に興味がある態度を示し、雄犬が共感すれば、交配は割と自然に行われるでしょう。[12]
    • 交配がうまくいかなかった場合には、次に取るべき措置について雄犬のオーナーと相談しましょう。プロのブリーダーは、失敗を補うために、無料サービスや次回の交配セッションを提供する場合があります。
    広告

関連記事

How to

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取る

How to

猫が妊娠しているか調べる

How to

薬品を使わずにノミを退治する

How to

ヘビの駆除

How to

猫のおしっこの臭いを取る

How to

ベタの性別を見分ける

How to

猫の性別を見分ける

How to

野良猫を捕まえる

How to

鶏の性別を見分ける

How to

犬と猫を仲良く同居させる

How to

家庭内でのノミ駆除と予防

How to

モルモットを楽しませる

How to

水槽のアンモニア濃度を下げる

How to

モルモットの妊娠を見分ける
広告

このwikiHow記事について

Pippa Elliott, MRCVS
共著者
獣医
この記事の共著者 Pippa Elliott, MRCVS. 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。
カテゴリ: ペット・動物 |
このページは 966 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告