電子タバコは有害な化学物質をそこまで多く体内に取り入れずに、楽しくストレス解消ができる方法です。しかし電子タバコ本体には多くの部品があるため、初めてのリキッド補充は難しいと感じるかもしれません。電子タバコにはリキッドを上から入れるトップフィル式と下から入れるボトムフィル式がありますが、どちらも電子タバコから部品を外す必要があります。コイルに直接リキッドを数滴垂らしてタンクを満たしたら、電子タバコを吸う準備が完了します。

方法 1 の 2:
トップフィル式のリキッド補充

  1. 1
    電子タバコのタンクを取り外します。ボトムエアフローを回して抜きます。その後、中からコイルを取り出します。タンクとトップキャップ、ドリップチップは解体しないでおきます。
    • フレーバーを変えたい場合はリキッド補充の前にタンクを洗いましょう。
  2. 2
    コイルのジュースホールに1滴ずつリキッドを垂らします。電子タバコ用リキッドの容器にはスポイトが付いているでしょう。ふたを取り外してスポイトにリキッドを含ませます。コイルを親指と人差し指でつまんで水平に持ち、コイルのジュースホールに1滴ずつリキッドを垂らします。
    • 大抵コイルには約6つのジュースホールがあるので、それぞれにリキッドを垂らしましょう。
    • このようにコイルの準備をすることで、コイルを長持ちさせることができます。
  3. 3
    タンクに表示されている線までリキッドを補充します。タンクからトップキャップを外してリキッド補充の目安の線が見えるようにします。リキッド容器のスポイト先端をタンク内部に向け、タンク側面にある満杯を示す線に達するまでリキッドを注ぎます。
    • タンク中央の管部分は空気の通り穴なので、リキッドが入らないように気を付けましょう。ここにリキッドが入ってしまうと、電子タバコを吸ったときに液体のまま吸い込むことになってしまいます。
  4. 4
    電子タバコを元に戻しましょう。タンクを補充したらトップキャップとドリップチップを取り付けます。コイルを戻し、ベースを取り付けて電子タバコを完全に元通りにします。
  5. 5
    電子タバコを使う前に2~3分間待ちます。部品を元に戻したら、2~3分間置いてコイルにリキッドが染み込むのを待ちましょう。これで電子タバコの準備は完了です。

方法 2 の 2:
ボトムフィル式のリキッド補充

  1. 1
    下からコイルを取り出します。電子タバコ下部に付いている金属のベース部分を取り外してわきに置きます。その後タンクの中からコイルを取り出します。
    • フレーバーを変えたい場合はこのときにタンクを空にしましょう。
  2. 2
    コイルにリキッドを垂らしたら、電子タバコにコイルを戻します。コイルを取り出したら、リキッド容器に付いているスポイトを使ってコイルの中に1~2滴のリキッドを垂らします。
  3. 3
    タンクをリキッドで満たします。電子タバコ下部に付いている金属の部分を取り外します。リキッド容器のスポイト先端をタンク内部に向けます。満たしたスポイトからリキッドを垂らす作業を、満杯を示す線にリキッドが達するまで何度かくり返します。
  4. 4
    電子タバコを元に戻します。タンクを補充したらコイルを元の場所に戻します。その後、取り外しておいた金属のベース部分を元に戻します。これで電子タバコが元通りになります。
  5. 5
    電子タバコを使う前に2~3分間待ちます。2~3分間置いてコイルにリキッドが染み込むのを待ってから電子タバコを使います。2~3分間待ってから電子タバコを吸いましょう。

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 131 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?