電子レンジでインスタントラーメンを作る方法

この記事には:袋ラーメンの調理方法水を分けて沸かすひと手間加える出典

インスタントラーメンはインスタント食品を代表する食品です。食べたいと思ったら、「あっという間に」電子レンジで簡単に作ることができます。この記事では、インスタントラーメンを電子レンジで素早く、手際よく作る方法だけでなく、ラーメンにひと手間加えて、食事として食べられるラーメンを作る方法も学ぶことができます。電子レンジでインスタントラーメンを作る方法はステップ1で紹介します。

1
袋ラーメンの調理方法

  1. 1
    袋から麺を取り出す ラーメンをよく食べる人の中には、袋を開ける前に麺を砕く人もいます。こうすると麺が短くなるため、スプーンで食べやすくなります。一方で、麺を砕かずに作り、麺をすすりながら箸で食べる伝統的な食べ方を好む人もいます。どんな方法で食べるかは、あなた次第です。
  2. 2
    耐熱ボウルに麺を入れ、水をひたひたになるくらい加える 加える水の量は、使うボウルの大きさやスープの量によりますが、通常、1~2カップ程度です。
    • 電子レンジの中で水が飛び跳ねて汚れてしまわないように、ボウルに蓋をするか、ペーパータオルをかぶせます。麺がボウルの中で浮くこともありますが、きちんと火が通るので、心配ありません。
    • 使うボウルが電子レンジで数分加熱しても大丈夫なものかどうかを確認しましょう。プラスティックや発泡スチロール製の容器については、電子レンジで加熱するとビスフェノールA(BPA)や毒性物質が発生し、食品に移る恐れがあるという説もあり、賛否両論があります。[1]
  3. 3
    電子レンジで麺を3~5分加熱する 麺を電子レンジに入れ、加熱時間をセットし、スタートボタンを押します。正確な加熱時間は、電子レンジによって異なります。
    • 麺が均等に加熱されているか、加熱しすぎていないかを確認するため(加熱しすぎると麺を噛まなくても切れるほど柔らかくなります)、加熱時間の半分くらいたったら、電子レンジを一度止めてフォークで麺をほぐします。麺を砕かずに加熱した場合は、麺を少し押すだけにします。または、麺ごとひっくり返します。
  4. 4
    電子レンジの加熱が終わったら、約3分置く 電子レンジからボウルをすぐに取り出してはいけません。せっかちなラーメン好きの人が舌をやけどしてしまうことがよくあります。電子レンジの中で3分間置くだけで、指や口のやけどを防ぐだけでなく、安全に調理を終え、ボウルを中心温度よりも低い温度に下げることができます。
    • 電子レンジからすぐに取り出す必要のある時は、熱から手を守るミトンなどを使って十分に注意しながら取り出しましょう。3分待つ間にボウルの中の水が十分に熱くなり、スープの素を加えるのにちょうど良いタイミングになります。
  5. 5
    スープの素を加えて混ぜる スープの素が溶けるまでスプーンかフォークで麺をかき混ぜ、お好みで出来上がったラーメンを別のうつわに移します。美味しい時間の始まりです。
    • ラーメン好きの人の中には、麺を調理する前にスープの素を加える作り方を好む人もいます。コンロを使う場合は、この作り方の方が簡単ですが、電子レンジでもこの方法で作ることができます。スープの素と麺を一緒に調理する場合は(麺がさらに美味しくなります)、ボウルに麺とスープの素を一緒に入れ、水を注ぎ入れながらスープの素を溶かします。

2
水を分けて沸かす

  1. 1
    耐熱容器に計量した水1.5~2.5カップを入れ、電子レンジで沸かす 電子レンジで水だけを沸かし、そこに麺を浸してもインスタントラーメンを簡単に作ることができます。やや硬めの麺が好きな人が電子レンジで調理したい場合は、この方法が最適です。
    • 水の量は、スープの量をどのくらいにするかによりますが、大体1.5カップ~2カップ程度です。水の量が少ないほど早く沸きますが、麺に対してスープの量が十分がどうかを確認しましょう。
  2. 2
    2~3分以上、電子レンジにかける 電子レンジにかけると水分子が振動するため、コンロで水を沸かした時のように水が一定して沸騰する様子や蒸気がたくさん吹き出す様子はみられません。一見すると、熱くなっているかどうかも全くわかならいこともあります。電子レンジで2~3分加熱し、これを数回繰り返します。1回ごとにサッとかき混ぜます。
    • 水が十分に熱くなるまで加熱したら、ミトンをつけて注意しながら電子レンジから取り出します。
  3. 3
    別のボウルに麺を入れる 水を電子レンジにかけている間に、麺を袋から取り出して別のボウルに入れます。お好みで、そこにスープの素を加えます。または、麺が出来上がった時に加えます。
  4. 4
    麺の入ったボウルやカップ麺の容器に沸騰したお湯を注ぐ お湯が沸いたら、麺の上にお湯を注ぎ、ペーパータオル、皿、蓋などでボウルを覆い、麺が柔らかく美味しくなるまで3~5分置きます。これで出来上がりです!
    • カップ麺によっては、作り方の欄に電子レンジにかけても良いかあまり詳しく書かれていないものもあります。発泡スチロールを電子レンジにかけると、実際にはどのくらい危険なのかについては結論が出ませんが、溶け出したプラスティックを摂取するリスクを負うよりは、別の容器で沸かしたお湯をカップ麺の容器に注いだ方が良いということは言えます。こうしたリスクは避けたいものです。

3
ひと手間加える

  1. 1
    調味料や薬味をからめる スープの素を使わずに自分流のラーメンを作りましょう!自分の好みのラーメンを食べるには、自分がどんな風にラーメンを食べるか誰にも文句を言わせないことです。肉の風味がついた調味料で味付けするのではなく、自分の好きな調味料で味付けしましょう。近くのスーパーマーケットで安く手に入る一般的な調味料を使っても、お店で提供されるようなおいしいラーメンに仕上げることができます。[2]麺を電子レンジから取り出したら、下記に紹介する材料を組み合わせてスープを味付けましょう。
    • 味噌
    • 海鮮醤
    • 米酢
    • レモンまたはライムの果汁
    • シラチャソース(タイのチリソース)などピリッと辛いホットソース
    • しょうゆ
    • はちみつ
    • ねぎ
    • バジル(タイバジルなど)
  2. 2
    野菜を加える ほうれん草や刻んだタイバジルなど、野菜をラーメンに加えると風味が増すだけでなく健康に良いラーメンになります。このように、簡単にラーメンをアレンジすることができます。
    • ラーメンを調理する前に、セロリ、細かく刻んだニンジン、にんにく、玉ねぎをスープに加えておきましょう。食感の良い冷凍グリンピースや下茹でして冷凍しておいた野菜などを使っても良いでしょう。
    • 麺を調理した後、青味野菜を加えたり、刻んだ薬味をのせたりします。バジルやパクチーを加えると特に美味しくなります。また、チキン風味のラーメンにローズマリーや生クリームを小さじ1杯加えるのも良いでしょう。ローストチキンのような匂いになり、いつものラーメンががらっと様変わりします。
  3. 3
    卵でひと手間加える 卵は、ラーメンを美味しくするためによく使われる食材です。卵とじスープを作る要領でラーメンのスープに卵を入れるのは少し難しいですが、電子レンジを使えばラーメンのスープにサッと卵を入れるだけなので簡単です。または、固ゆで卵を切ってラーメンの上にのせます。
    • 卵を割り入れて、スープにコクと香りを加えたい時は、麺を調理して取り出した後に卵を割り入れます。フォークや箸で勢いよくかき混ぜたら電子レンジに戻し、さらに1分ほど加熱します。お湯が熱いため、卵には自然と火が通るはずですが、念のために電子レンジに戻し、短時間再加熱しましょう。
  4. 4
    節約ピーナッツヌードルの作り方 インスタントラーメンの麺でタイ風ピーナッツヌードルを作りましょう。付属のスープの素は使わず、台所にある一般的な材料を使って作ります。
    • ボウルに大さじ山盛り1杯のピーナッツバター(加塩)を入れます。ピーナッツバターは天然素材を使ったものが好ましいでしょう。そこへブラウンシュガーをひとつまみ、しょうゆ小さじ1杯、シラチャソースなどのホットソースを加えて混ぜ合わせます。ショウガがあれば、すりおろすなどして加えても美味しくなります。
    • 電子レンジから麺を取り出したら、お湯を少しだけ残して捨てます。残ったお湯に合わせたソースを入れて混ぜ合わせます。ソースの入ったボウルに麺を入れ、よく混ぜ合わせます。パクチーやニンジンを上にのせます。美味しいピーナッツヌードルの出来上がりです。

ポイント

  • ビーフコンソメやチキンコンソメの素を使うと、さらに風味が良くなります(粉末タイプの方が溶けやすく使いやすいでしょう)。
  • 職場にお湯も出るウォーターサーバーがある場合は、お湯を使いましょう。そこから出るお湯は、カップ麺を作るのにちょうど良い温度です。カップ麺のふたを半分くらいまで開け、お湯を入れます(指のやけどに注意!)。ふたを閉じてデスクで2~3分待ちます。お腹をすかせた同僚が美味しそうな匂いに誘われて寄って来るかもしれないので、カップ麺から目を離してはいけません。
  • 麺のお湯を半分くらい捨てた後、冷水を入れると麺のあら熱を早くとることができます。お湯を捨て過ぎてしまうと、ラーメンが冷たくなってしまいます。粒なしのピーナッツバターやチキンフレーバーを適宜加えると、香り豊かなクリーミーなラーメンになります。
  • 塩を加えて好みの塩加減にしましょう。そのほか、スライスチーズを加えるとコクが出て、チーズの香りを楽しむことができます。
  • 電子レンジで調理しスープの素を加えた時、スープの素が全体に行き渡らないことがあります。こうなると美味しいラーメンにはなりません。電子レンジにかける前にスープの素を加えておけば、それを防ぐことができます。
  • 甘めの味付けにする場合は、2パック分の麺を調理し、お湯を切ります。調味料、牛乳1/3カップ、バター大さじ1杯を加えます。
  • オリエンタル風のラーメンの場合は、麺を表示通りに調理し、スープの素を加え、お湯を少し残して捨て、しょうゆをひとさしします。インスタント汁なしそばの出来上がりです。
  • オリエンタル風のラーメンにはちみつを加えると、甘辛い味付けになります。
  • ビーフ風味やポーク風味のラーメンにバーベキューソース大さじ1杯を加えてみましょう。食べる前に全体的によく混ぜ合わせます。
  • チキン風味のラーメンにホットソースとレモン果汁を加えると、酸辣湯のようなスープになります。

注意事項

  • 小さめのボウルを使う場合は、加熱中は目を離してはいけません。ボウルからブクブク泡が出て、ボウルの周りに溢れることがあります。
  • 電子レンジで調理した直後のボウルには触れはいけません。
  • 食べる前に少し冷ましましょう。ボウルの中身が熱くなっています。
  • ボウルを取り出す際はこぼれないよう注意しましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む80人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 調理法

他言語版:

English: Make Ramen Noodles in the Microwave, Italiano: Cuocere i Noodles nel Microonde, Español: hacer Ramen en el microondas, Deutsch: Ramen Nudeln in der Mikrowelle zubereiten, Português: Fazer Miojo no Micro ondas, Русский: приготовить лапшу Рамэн в микроволновой печи, Français: faire des nouilles ramen au micro ondes, 中文: 用微波炉做拉面, Bahasa Indonesia: Membuat Mie Ramen dengan Microwave, Čeština: Jak uvařit čínskou polévku v mikrovlnce, Nederlands: Ramen noedels in de magnetron bereiden, हिन्दी: माइक्रोवेव में रेमन नूडल्स (Ramen noodles) बनाएं, العربية: تحضر الرامن نودلز في المايكروويف, ไทย: ทำบะหมี่ราเมนด้วยไมโครเวฟ, Tiếng Việt: Nấu Mì Ramen bằng Lò vi sóng, 한국어: 전자레인지로 라면 끓이는 방법

このページは 17,805 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?