普段使っているガスや電気のオーブンの代わりに電子レンジを使って本物のケーキを作ることができます。電子レンジで誕生会などのパーティー向けのホールケーキや食後のデザートにぴったりなマグカップを使ったケーキを楽しく作ってみましょう。この記事では、電子レンジで作る家族向けのチョコレートケーキや1分もかからずに出来るマグカップ入りのチョコレートケーキのレシピのほか、ケーキのフロスティング方法なども紹介します。

材料

マグカップケーキ

  • 卵 1個
  • ブラウンシュガー 大さじ2杯
  • バニラエクストラクト 小さじ1/2杯
  • ホットケーキミックス(無糖) 大さじ3杯
  • バターまたはマーガリン 大さじ1杯
  • チョコレートチップ 大さじ2杯

ホールケーキ

  • マーガリン 180mL
  • 砂糖 180 mL
  • ホットケーキミックス(無糖) 160mL
  • ココアパウダー 80mL
  • 牛乳 大さじ3杯
  • 卵(Mサイズ) 3個
  • ベーキングパウダー 小さじ1杯
  • バニラエクストラクト 小さじ1杯

方法 1 の 3:
電子レンジでマグカップケーキを作る

  1. 1
    マグカップを用意する どんな種類のマグカップでも使うことができます。深さのある大きめのマグカップの方が、浅くて小さいマグカップよりもしっとりと柔らかいケーキを作ることができます。
  2. 2
    ケーキの生地を作る 大さじ2杯のブラウンシュガーまたは蜂蜜をマグカップに入れます。バニラエクストラクト小さじ1/2杯と小麦粉大さじ3杯を加えます。
    • 無糖のホットケーキミックスがない場合は普通の小麦粉を使うこともできますが、ブラウニーのような食感になります。
  3. 3
    マグカップに卵1個を割り入れる マグカップケーキの良い所は片付けがほとんど必要ないことです。卵の殻はそのままゴミ箱に捨てるだけです。
  4. 4
    バターを加える 室温で柔らかくしたバター大さじ1杯をマグカップに入れます。バターは有塩でも無塩でも、またはマーガリンでもかまいません。
  5. 5
    お好みでチョコレートチップ大さじ1~2杯を加える チョコレートチップを加えるとチョコレート風味のマグカップケーキになります。バニラ風味が好きな人は、代わりにバニラエクストラクトを大さじ1杯を追加して加えます。
  6. 6
    材料を混ぜ合わせる スプーンを使ってマグカップの中の材料を混ぜ合わせます。チョコレートチップが均等に混ざるまで、または材料が全て混ざるまでかき混ぜます。マグカップの表面が乱れていても心配ありません。電子レンジで加熱すると膨れ上がってわからなくなります。
  7. 7
    マグカップケーキを電子レンジで加熱する マグカップを電子レンジに入れて最大出力で50秒加熱します。50秒加熱した後、竹串をケーキの中心まで刺して火が通ったかどうか確認します。 竹串に何もついていなければ火が通っています。竹串に生地がベタっとついている場合は、マグカップを電子レンジに戻し、さらに30秒加熱して火を通します。[1]
    • 加熱しすぎに注意しましょう。電子レンジで加熱しすぎると、ケーキがパサついてしまいます。 2分以上加熱する必要はありません。
    • 竹串を刺してできた穴は、後でフロスティングで飾りつけをすれば見えなくなるため心配ありません。
  8. 8
    ケーキを休ませる 電子レンジは、オーブンのように火の通りが均等でないことが多いため、電子レンジで加熱後1~2分休ませると熱がマグカップ全体に行き渡ります。
  9. 9
    出来上がり! スプーンですくって食べます。お好みで食べる前にフロスティングをしたり飾りつけしたりします。
    • マグカップを電子レンジから取り出す時は注意しましょう。鍋つかみやタオルを使って取り出します。マグカップはとても熱くなっているため素手ではつかめません。
    広告

方法 2 の 3:
電子レンジでホールケーキを作る

  1. 1
    ケーキの生地を混ぜる 大きめのボウルに室温に戻したバターまたはマーガリン180mL、砂糖180mL、無糖のホットケーキミックス160mLを混ぜ合わせます。スプーンまたはゴムベラで混ぜ合わせます。
    • 無糖のホットケーキミックスがない場合は普通の小麦粉を使うこともできますが、ブラウニーのような食感になります。
  2. 2
    残りの材料を全て加える 牛乳大さじ3杯を注ぎ入れ、卵(Mサイズ)3個、ベーキングパウダー小さじ1杯、バニラエクストラクト小さじ1杯を加えます。
    • 使用する牛乳は、全脂肪牛乳、無脂肪牛乳、低脂肪牛乳のどれを使ってもかまいません。
  3. 3
    ケーキに風味をつける チョコレート風味にするには、ココアパウダー80mLを加えます。バニラ風味にするには、バニラエクストラクト小さじ1杯を追加して加えます。
  4. 4
    混ぜ合わせる フォークまたは電動ミキサーで4~5分ほど滑らかになるまでかき混ぜます。フードプロセッサーを使う場合は、材料を全てフードプロセッサーに入れて60秒ほど混ぜます。
  5. 5
    スプーンを使ってケーキの生地を電子レンジ耐用の容器に入れる  電子レンジで加熱する際は、金属製の焼き型を使うことはできません。覚えておきましょう。
    • 浅い容器が最も適しています。
  6. 6
    ケーキを加熱する 電子レンジに入れて最大出力で3~4分加熱します。オーブンで焼いた時と同じように、電子レンジで加熱すると生地から気泡や気泡から蒸気が出てきます。生地の気泡が少なくなってきたら(生地がわずかに揺れている状態)出来上がりです。[2]
    • 竹串をケーキの中心まで刺して火が通ったかどうか確認します。 竹串に何もついていなければ火が通っています。竹串に生地がベタっとついている場合は、マグカップを電子レンジに戻してさらに1分加熱して火を通します。
    • 加熱しすぎに注意しましょう。電子レンジで加熱しすぎると、ケーキがパサついてしまいます。
  7. 7
    出来上がり! 温かいうちに食べましょう。ケーキのしっとりした食感にきっと病みつきになるでしょう。お好みでフロスティングや飾りつけをします。
    広告

方法 3 の 3:
ケーキのフロスティングと飾りつけ

  1. 1
    お好みのフロスティングを用意する フロスティングは店で買うか、手作りします。チョコレート、バニラ、レモンなど自分の一番好きな味を選びます。様々な味を試して自分のお気に入りを見つけましょう。
    • ケーキをアイシングで飾りつけする際は、ケーキを完全に冷ましておかないとアイシングが溶けてしまいます。
    • フロスティングは十分な量を用意しておきましょう。飾りつけの途中でフロスティングが足りなくなるよりも余る方がよいでしょう。
  2. 2
    ケーキをフロスティングする フロスティングを室温に戻します。柄の長いゴムヘラやスプーンを使ってフロスティングをケーキの上に塗り広げます。
  3. 3
    生の果物を飾りつける 生のイチゴを薄切りにしてフロスティングを塗った上に不規則にトッピングしたり、きれいに並べたりして飾りつけます。種なしのジャムを刷毛で塗ります。[3]
    • イチゴの代わりに生のマンゴー、バナナなどお好みの柔らかい果物を使ってもよいでしょう。
    • 果物は最後の仕上げの時に飾ります。果物の水分でフロスティングが崩れたり溶けたりすることがあるためです。[4]
  4. 4
    スプリンクルで飾りつける スプリンクル(チョコスプレーやアラザンなどの小さいトッピング材)を使えばケーキをカラフルに楽しく飾りつけることができます。ケーキの生地にスプリンクルを事前に少々散らして焼くこともできます。
  5. 5
    お菓子をトッピングする ケーキの上に小さいマシュマロひとつかみ散らせば、甘さと可愛らしさが加わります。マシュマロを散らしたケーキに粉砂糖を振りかけます。
  6. 6
    チョコレートを追加する チョコレートケーキにザクザクした食感を足したい時は、お好みのチョコレートバーを小さく砕いてケーキの上に振りかけます。代わりにチョコレートチップを使ってもよいでしょう。
  7. 7
    ココナッツフレークで飾りつける ココナッツフレークは生地に混ぜて焼くか、飾りつけとしても使うこともできます。砂糖で作られたスプリンクルやお菓子で飾りつけるよりも健康的で見た目も可愛いく仕上がります。ケーキにフロスティングを軽く塗り、ココナッツフレークをつけます。
    • ココナッツの香りは淡いため、バニラやレモンなどの繊細な香りのケーキからチョコレートや人参などを使った強い香りのケーキまでどんなケーキにも使うことができます。
  8. 8
    ケーキにナッツ類を散らす ナッツ類をホールケーキの上に敷き詰めたり、全体につけたり、上から振りかけたりします。
    • チョコレートケーキにはペカンがよく合います。
    広告

ポイント

  • 電子レンジでは、ケーキの表面にオーブンで焼いた時のような焼き色をつけることができません。バニラ風味のケーキの場合、出来上がりの色は淡い黄色になります。ココアパウダーや淹れ立てのコーヒーを大さじ2~3杯振りかけると高級感のある見た目になります。[5]
  • 電子レンジで作ったケーキは、加熱後は必ず1~2分休ませましょう。休ませるとケーキ全体に熱が均等に行き渡ります。
  • 準備、加熱、後片付けの時間を全て合わせた調理時間は約20分です。つまり、自分で作った美味しいデザートを楽しむ時間がたっぷりあるということです。
  • 美味しいマグカップケーキを作り、マグカップごとプレゼントするのもよいでしょう。
  • マグカップケーキを個別に25秒長く加熱するか、1度取り出してかき混ぜたりして、均等に火が通るようにします。

広告

注意事項

  • マグカップや加熱容器はとても熱くなるため、扱う際は注意しましょう。
広告

必要なもの

  • ボウル
  • フォーク
  • スプーン
  • 電動ミキサー
  • 電子レンジ
  • 電子レンジ耐用容器
  • ゴムベラ

関連記事

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

パン生地の発酵を早める

How to

ロックキャンディを作る

How to

パンのカビを抑制する

How to

スモアを作る

How to

ケーキを冷ます

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

溶き卵を作る

How to

チョコチップを溶かす

How to

イーストを予備発酵させる

How to

チーズケーキの焼き上がりを確認する

How to

パン生地を冷凍する

How to

焼かないクッキーを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 290 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告