電子レンジでベークドポテトを作る方法

熱々のベイクドポテトを夕ご飯に食べたいけれど、時間がないし面倒臭い?それなら電子レンジでチンしちゃいましょう! 15分以内で、ホクホクの、おいしいベイクドポテトが作れます。

ステップ

  1. 1
    ポテトの種類を選ぶ ラセットポテトは、アイダホポテトやベーキングポテトとも呼ばれており、レンジでベイクドポテトを作るのに一番適したジャガイモです。これは、豊富に含まれた糖分が、ジャガイモをホクホクにしてくれるからです。ラセットポテトがなければ、黄色みを帯びたユーコンゴールド等のジャガイモも適しています。こちらも糖分を多く含んでいて、クリーミーで、多少固めのベイクドポテトができます。[1]
  2. 2
    ジャガイモを洗う ジャガイモをレンジでチンする前にしっかり洗うことは、皮も食べる場合には特に大事です。頑固な汚れ等をしっかりと洗い落としましょう。もしあれば、ハケ付きのブラシを使うとよいでしょう。洗った後はキッチンペーパーで水気をふき取って下さい。
  3. 3
    ジャガイモを味付けする ジャガイモの皮に少量のオリーブオイルを塗り、そこへ塩コショウをします。こうすると皮がカリカリになって、風味もつきます。
  4. 4
    ジャガイモをフォークで刺す こうすることで蒸気が外へ逃げ、ジャガイモが電子レンジの中で爆発するのを防ぎます。上下、左右、どの面も大体3、4回刺すとよいでしょう。または、包丁でジャガイモの表面に深くXの字を書いてください。
  5. 5
    電子レンジに使用できるお皿にジャガイモを置く 濡らしたキッチンペーパーにジャガイモを包んでからお皿に置いてもよいでしょう。こうするとしっとりとした柔らかい皮のベイクドポテトに仕上がり、ジャガイモの縮みも防ぐことが出来ます。
  6. 6
    お皿を電子レンジに入れて時間をセットする 調理時間は電子レンジやジャガイモの大きさによって変わってきます。大体、中ぐらいから大きめのジャガイモは電子レンジ最大出力で8分から12分程度かかります[2]
    • まずは電子レンジに5分かけて、一度取り出し、裏返して均等に熱が通るようにして下さい。その時のジャガイモの熱の通り具合によって、更にあと3分から5分レンジにかけて下さい。それでもまだ必要ならば、1分ずつ過熱し、その度に具合を見て下さい。[3]
    • 複数のジャガイモを一度に調理する場合は、加熱時間を約2/3程度増加して下さい。例えば、大きいジャガイモ1個につき加熱時間が10分の場合、ジャガイモ2個の加熱時間は16分から17分といった具合になります。
    • カリカリのポテトの皮がお好きな方は、電子レンジで5分から6分過熱してからベーキングシートに移し、あらかじめ約200℃に温めておいたオーブンの中に入れて、20分調理して下さい。こうすることで、カリカリ皮のベイクドポテトが半分の時間で出来ちゃいます![3]
  7. 7
    ポテトの出来具合をチェックする ジャガイモの中にフォークを刺してチェックします。簡単にフォークが刺さり、中心が少し固いようなら出来上がりです。過熱しすぎるとジャガイモが焦げたり、破裂することがあるので、判断がつかない時でも、過熱しすぎるよりは多少熱が通りきっていない程度の方がいいでしょう。
  8. 8
    ジャガイモを5分ねかせる こうするとジャガイモの中にたまった余熱で芯までしっかりと熱が通ります。外側がパサパサになることなくホクホクしたベイクドポテトにするのにもこちらは効果的です。電子レンジから取り出した後にアルミホイルにジャガイモを包むとさらに速く出来ます。ジャガイモは大変に熱くなっていますので、取り扱いには十分気をつけて下さい。
    • ベイクドポテトを取っておくなら、アルミホイルに包むとかなりの時間温かさを保つことが出来ます。出来るだけ多くの熱をためておけるように、電子レンジから取り出したらすぐにアルミホイルに包んで下さい。
  9. 9
    出来上がり ジャガイモを切って開け、お好きなトッピングを添えてどうぞ。シンプルにバター、塩と、少量の粉チーズをのせても、サワークリーム、ワケギやチャイブとカリカリベーコンをのせてもよいでしょう。チリやフワフワのオムレツと一緒に食べると、一回分の食事としてもいただけます。
    広告

ポイント

  • 電子レンジには "ベイクドポテト" ボタンがあることがあります。調理時間等の判断がつかない時にはこちらをどうぞ。
  • お急ぎの場合は、電子レンジが止まったらすぐに切り、お好みでトッピングを乗せ(乗せなくても可)、その後、仕上げに30秒から60秒電子レンジでチンしてください。
  • 電子レンジの回転皿を使うとジャガイモに均等に熱が通りますが、回転皿がない場合は過熱中に二度ほど一時停止して、その都度ジャガイモを半回転させて下さい。電子レンジを一時停止する目安として、大体調理時間を三等分して下さい。
  • 出力の弱い電子レンジを使う場合は、調理時間を増やして下さい。800ワットの電子レンジは、通常より1.5倍時間がかかります。
  • ジャガイモを再利用できるクッキングシートで包んでみてください。
  • 同じ方法で、マッシュポテトにする用にジャガイモを"茹でる"こともできます。皮の薄いジャガイモを使って、乾燥させないように気をつけて下さい。ラップをしたり、複数のジャガイモをプラスチックの袋に入れると良いでしょう。

広告

注意事項

  • 電子レンジから取り出すお皿は熱くなっています。タオルや鍋つかみ等を使用して下さい。
  • 電子レンジで調理する場合はジャガイモを金属製のホイルで包まないこと。火花が散って、電子レンジの内部を傷めてしまいます。


広告

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む76人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 食・おもてなし
記事のサマリーX

電子レンジでベークドポテトを作るには、まずじゃがいもを洗い、ペーパータオルで軽く押さえて水気をとります。じゃがいもに味付けをする場合は、オリーブオイルを軽く塗ってから、その上に塩と胡椒を少々振りかけます。次に、フォークでじゃがいもの両側を数回突き刺します。そして、じゃがいもを耐熱皿にのせて、電子レンジで10分ほど過熱し、途中でひっくり返します。加熱時間は、じゃがいもの大きさと電子レンジの出力によって変わります。中くらい~大きいじゃがいもの場合は、最大出力で8~12分かかります。 ベークドポテトの出来上がりを見極める方法については、記事を読み進めましょう!

このページは 8,230 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告