PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

油で台所を汚さずに、簡単にカリカリでパリパリのベーコンを作る方法があります。おいしくてたくさん食べてしまうので、多めに作りましょう。

方法 1
方法 1 の 2:
ペーパータオルを使う方法

  1. 1
    電子レンジ対応の皿、できればパイレックスなど耐熱ガラス製の皿を使用します。皿にペーパタオルを数層敷きます。ペーパータオルがベーコンの脂を吸収するので、台所が汚れることなくお皿も汚れません。
  2. 2
    ぺーパータオルの上にベーコンを6枚を上限に広げます。重なると均等に調理できないので気を付けましょう。
  3. 3
    並べたベーコンの上にペーパータオルを重ねておきます。[1] こうすると、ベーコンの脂が電子レンジの中で飛び散ることなく調理できます。
  4. 4
    ベーコンを調理します。電子レンジの設定を「高」にして、約3分、またはベーコン1枚当たり30秒で調理します。電子レンジの種類やベーコンの量によって調理時間は異なります。
  5. 5
    ベーコンから油を取り除きます。ベーコンを皿からペーパータオルの上に移し、余分な脂を取り除きます。
    • 冷めるまで1分ほど待ちます。
    • すぐにベーコンをペーパータオルから移動します。置いておくと、ペーパータオルがベーコンに張り付いてしまいます。
  6. 6
    ベーコンを食べましょう。この方法で調理すると、ベーコンがカリッとしておいしくなります。また、フライパンで調理するより脂が少ないのでヘルシーです。卵料理やパンケーキと一緒にまたはトマトとサンドイッチにしたり、そのままでもおやつ代わりに食べられます。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
電子レンジでボウルを使用する方法

  1. 1
    電子レンジ対応の皿の上にボウルを置きます。この方法では、ベーコンをボウルの側面に掛けて調理します。調理中に出た脂はボウルの中や皿の上にたまるので、片付けが楽になります。
  2. 2
    ボウルのふちにベーコンを掛けます。ボウルの周囲にベーコンを好きな分量掛けます。ベーコンとベーコンの間を少し開けるとべーコンがくっつきません。気にならなければ隙間を開ける必要はありません。
  3. 3
    ベーコンを調理します。ベーコンを掛けたボウルを電子レンジに入れます。設定を「高」にしてベーコン1枚あたり90秒になるように時間を設定します。ベーコンを10枚調理する場合は15分かかります。
    • 電子レンジの中で脂が飛び散るのを防ぐために、ぺーパータオル数枚をベーコンの上にかけておきましょう。
    • 10分調理したら、電子レンジ内の皿を回転すると均等に調理できます。また、カリッとしたベーコンが好みでなければこの時点で取り出します。皿が熱く、たまった脂も高温になっているので、取り出す際は注意しましょう。
    • 調理中にベーコンの状態を確認して、好みの加減に調節しましょう。
  4. 4
    電子レンジからベーコンを取り出します。ボウルや皿は高温になっているので、オーブンミトンなどを使用します。電子レンジから気を付けて取り出し、耐熱性の場所に置きます。トングなどを使用してベーコンをボウルから外し、ペーパータオルの上に平らに置きます。
    • ベーコンをボウルに引っ掛けたまま冷ますとU字形になってしまいます。
    • 電子レンジから皿を取り出す際は、ベーコンの油を飛び散らさないように気を付けましょう。
  5. 5
    脂を保存します。お好みで脂を保存して他の料理に使うことができます。皿から直接保存用の器に移すか、皿を冷蔵庫で冷やし、固まった脂を皿から削り取ることもできます。この油を使うと 目玉焼き がおいしくなります。
    • 調理に使わなければ、脂を捨てましょう。
    • ボウルや皿は高温になっているので、扱う際は十分に注意します。
    広告

ポイント

  • 電子レンジで調理している間、数回ベーコンの状態を確認しましょう。
  • 電子レンジにベーコン調理の設定があればそれを利用します。
  • 洗い物が一切出ない方法でベーコンを調理するには、ペーパータオルを使って調理する方法で、耐熱ガラス製の皿の代わりに紙皿を1~2枚重ねて使用します。(発泡スチロール製やプラスチック製は熱で溶けてしまうので紙皿を使用します。)また、ペーパータオルの上に紙皿をさかさまにかぶせると、ベーコンを上下の紙皿で覆うので油跳ねがなく、きれいに調理できます。調理が終わったらベーコンを取り出し、紙皿などは捨てるだけです。脂が高温になっているので気を付けましょう。
  • ベーコンの調理中は気を付けて状態を確認しましょう。急激に熱が伝わり、設定時間の前に電子レンジを止める必要もあります。
  • 使用するボウルが耐熱性でないと割れてしまいます。
  • 調理しすぎるとベーコンが非常にカリカリした状態になってしまいますが、それもまたおいしいという人もいます。
  • ベーコンをさらにカリッと調理するには、最初の調理時間(通常は3分)の後、数分おいて脂が少し冷めるのを待ちます。その後1分から好みの時間調理します。ベーコンに急激に熱が伝わるのを防ぎ、脂を冷ます間にペーパータオルが余分な脂を吸い取ります。
  • 「熱が逃げる」心配なく、調理中に電子レンジを開けてベーコンの様子を見ることができます。電子レンジは調理を始めればすぐに熱くなります。
  • ベーコンに歯ごたえがある場合は調理時間が足りません。
広告

注意事項

  • オーブンミトンを使用して、熱い皿を扱いましょう。適当な温度に覚めてから食べるようにします。
広告

必要なもの

  • 電子レンジ対応の皿(第2の方法では電子レンジ対応のボウルと皿)
  • ペーパータオル
  • 電子レンジ
  • ベーコン

関連記事

卵に火が通っているかを確認する
むきにくいゆで卵の殻をむく
パンケーキを作る
電子レンジでスクランブルエッグを作る
ベーコンを調理する
ピーナッツバター&ジェリーサンドを作る
卵を割る
ワッフルメーカーを使う
シリアルを食べるシリアルを食べる
ゆで卵を作る
朝食ソーセージを調理する
プロテインパンケーキを作る
半熟卵をつくる
牛乳を使わずにフレンチトーストを作る牛乳を使わずにフレンチトーストを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,155回アクセスされました。
カテゴリ: 朝食
記事のサマリーX

電子レンジでベーコンを調理するには、まず電子レンジ対応のお皿にペーパータオルを数枚敷きます。ベーコンが重ならないように、ペーパータオルの上にのせます。次に、ベーコンの上にペーパータオルをさらに数枚置いて、油の飛び散りを防ぎます。電子レンジを強の出力にして、ベーコン1枚につき30秒間加熱します。その後、ベーコンに火が通っているかどうかを確認します。まだ焼き上がっていなければ、好みの焼き加減になるまで、30秒間隔で加熱を続けます。焼き上がったら、1分ほど冷まし、ペーパータオルで軽く拭いて、余分な油を取り除きましょう。 ボウルの上でベーコンを調理して、油を集める方法については、記事を読み進めましょう!

このページは 3,155 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告