PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

手早くホットドッグを作りたいという時は電子レンジを使いましょう。電子レンジがあれば1分もかからずにソーセージの調理が完了します。一度に複数本を調理するのであれば時間も若干変わります。ホットドッグ用のソーセージは既に加熱調理がされているので、生焼きの状態になることを心配することがないという点が大きな強みです。美味しく食べることのできる温度にまで温めれば完了です。

パート 1 の 2:
ソーセージを調理する

  1. 1
    皿にペーパータオルを敷きソーセージを並べる ペーパータオルを敷いておけば、加熱中にソーセージから出る油や水分が吸収されるので、後片付けが楽になります。一度に複数本のソーセージを調理する場合は、ペーパータオルの上に少し間隔をあけて並べましょう。こうすることで均一に加熱されるでしょう。
    • 電子レンジ可の皿を必ず使用しましょう。ガラスやセラミック製が最も確実です。プラスチック製や金属製の皿は避けましょう。安全に使用することができる器であることを事前に調べて確認しましょう。
  2. 2
    お好みでソーセージに小さな穴を開ける 電子レンジを使用する際の知恵として、調理する前に具材を差して穴を開けたり薄切りにしておいた方がよいと考えられています。こうすることで、ソーセージの内側に発生する蒸気を外側へ逃がすことで爆発を防ぐことができます。[1] ただし、ソーセージを刺さなくても爆発は起こらず、逆に穴が開くことで加熱中に肉汁が流れ出し、パサついてしまうという見解も存在します。[2]
    • つまり最終的な判断は個人に任されているということになります。いずれにせよ、1~2本程度であれば加熱時間が短いので問題が発生する可能性は低いでしょう。
  3. 3
    上からもペーパータオルで覆う(あるいは下に敷いてあったものを丸める) 皿に並べたソーセージの上からもペーパータオルをかけることで水分を逃がさず、丸々と膨らんだジューシーな仕上がりになります。
    • 1枚のペーパータオルを丸めるようにしてソーセージを覆った場合は、加熱中に戻って開いてしまわないように端を下にして押さえましょう。
  4. 4
    高温で調理する 電子レンジによってワット数も異なるので、調理時間には若干の差異があります。下記の調理時間は一般的な800~1000ワットを基準としています。[3] お使いの電子レンジのワット数がそれ以上の場合は調理時間を短縮しましょう(あるいはそれ以下の場合は調理時間を増やしましょう)。ワット数が分からない場合、側面などに記載されている「定格高周波出力」と書かれている数値を参考にしましょう。
    • 1本: 約40秒
    • 2本: 約1分~1分15秒
    • 3~4本: 約1分30秒~2分30秒
    • 5~6本: 約3分~3分30秒
    • 7~8本: 約4~5分
    • 9~10本: 約6分
  5. 5
    調理時間の半分が経過した時点で状態を確認する 電子レンジの出力にはばらつきがあるので、調理時間の半分が経過した時点でソーセージの状況を確認すると良いでしょう。まだ冷たい、あるいは、やや温まっている程度であれば、そのまま時間一杯まで加熱をしましょう。すでに温まっていたり、熱くなっている場合は、調理時間を短くするか、その段階で取り出してしまいましょう。
    • 内側に閉じ込められていた蒸気が解放されるので、ペーパータオルは注意深く取り除きましょう。火傷が心配であれば鍋つかみなどを用いましょう。
  6. 6
    熱々のうちに食べる ソーセージが好みの熱さになれば調理は完了です。すでに調理されているので、電子レンジで加熱する際の厳密な目安もありません。電子レンジから注意深く皿を取り出し、ペーパータオルを破棄しましょう。パンに挟めば完成です。
    広告

パート 2 の 2:
トッピングやパンを用意する

  1. 1
    パンも電子レンジで温める ホットドッグは白パンに挟んで食べるというのが昔からの方法です。袋から取り出したパンをそのまま使うことももちろん可能ですが、少し温めると劇的に美味しくなります。電子レンジで手軽に温められます。下記を参考にしましょう。
    • パンを開封します。ペーパータオルを敷いて、その上にパンを下向きにして置きます。皿はあってもなくても問題ありません。
    • ペーパータオルでパンを包むか、2枚目のペーパータオルを用意して上から被せます。
    • 電子レンジを高温にして10~15秒間加熱します。温度や柔らかさを確認します。まだ冷たい場合は、さらに10秒程加熱しましょう。
    • ソーセージを挟んだ状態でパンを加熱しないようにしましょう。ソーセージの蒸気によってパンが水っぽくなってしまいます。[4]
  2. 2
    トースターで焼く トーストすると電子レンジ調理をした時のような温かさに、カリッとした食感が加わります。トースターさえあれば簡単に焼くことができます。トースターの中にパンを置いて、普段白パンを焼いて温める時と同じように設定しましょう。また、この他にもトーストする方法はあります。
    • パンを開き、こんがりとした見た目になるまでブロイラー機能で温めます。最近の型であれば「炙り(ブロイル)」機能が付いているかもしれません。
    • パンの内側に少量のオイルを塗り、下に向けてフライパンや鉄板で焼きます。焦げないように時々向きを変えましょう。
  3. 3
    トッピングを付け足す ホットドッグはそのままでも充分美味しいのですが、トッピングを加えるとさらに風味が増し楽しめます。トッピングはソーセージの電子レンジ加熱が完了してから乗せるようにしましょう。先に乗せてしまうと、トッピングの味や食感が損なわれることもあります。例えば下記がよく合います。
    • ケチャップ
    • マスタード
    • マヨネーズ
    • ホットソース(シラチャソースなど)
    • クリームチーズ
    • みじん切りにした玉ねぎ
    • レリッシュ
    • ベーコン
  4. 4
    一緒に電子レンジで加熱するレシピを試す トッピングの具のほとんどは、ソーセージを調理した後に冷たい状態で乗せるものですが、一緒に調理するレシピもいくつかあります。例として、下記を試してみましょう。
    • チーズドッグ: ソーセージに縦長の切れ目をいれ、その隙間にチーズを入れます。通常と同じ方法でレンジで加熱し食べましょう。
    • チリドッグ: 電子レンジ調理可の皿の上にソーセージを置き、その上からチリビーンズをかけます。通常通り電子レンジで加熱しますが、チリビーンズも充分温まるよう少し時間をかけましょう。パンに挟まず、食べる人それぞれに好きなパンをまず選んでもらい、ソーセージとチリビーンズを加えられるようにしましょう。
    • ザウアークラウトドッグ: まだ加熱していないソーセージをパンに挟み、上にザウアークラウトを乗せます。全体をペーパータオルで包み、残った端の部分をパン下に折り込みます。通常通りに電子レンジにかけますが、ソーセージ1本あたり5~10秒程長めに時間をかけましょう。パンは若干水っぽくなっていますが、ザウアークラウトの食感とよく合うでしょう。
    広告

ポイント

  • ホットドッグには様々なレシピがあります。基本的な豚肉ソーセージを用いたホットドッグを試した後は、鶏肉、ターキー、牛肉を用いて作ったソーセージで試してみましょう。また、粗挽きソーセージを挟んだポリッシュドッグやキルバサ(ポーランドのソーセージ)も良いでしょう。
  • ソーセージのほとんどは調理済みの状態で販売されていますが、そうでない種類(生ソーセージ)もあります。火の通っていないソーセージを食べると深刻な病気にかかることもあるので、どちらか分からないことがあれば、パッケージの情報に目を通して確認しましょう。
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
ご飯を温め直すご飯を温め直す
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
固ゆで卵をひびを入れずに茹でる固ゆで卵をひびを入れずに茹でる
オートミールを作る
生アーモンドをローストする
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
フロスティングを作る
オーブンでステーキを調理するオーブンでステーキを調理する
ソーセージを調理する
ロックキャンディを作る
ミントティーをいれるミントティーをいれる
牛乳からバターミルクを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 調理法
このページは 336 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告