パンは電子レンジで作ることができます!普通のパンとは異なる材料を使用するこのレシピは、甘くないケーキのような仕上がりになります。材料を混ぜる時間に加えて電子レンジで5分加熱すれば、簡単なパンが出来上がります。

材料

  • 中力粉、大さじ5杯
  • 油、大さじ2~3杯
  • ベーキングパウダー、小さじ1杯
  • ミルク(牛乳など)、大さじ2~3杯
  • 水、大さじ2杯
  • 卵、1個
  • バニラエッセンス、小さじ1杯(任意)

パート 1 の 2:
材料を混ぜる

  1. 1
    大きいボウルに材料を入れて混ぜる 日本ではあまり販売されていませんが、入手可能であれば漂白中力粉大さじ5杯を最初にボウルに入れます。アーモンドフラワー、そば粉、全粒粉などの他の種類の粉を混ぜてもよいでしょう。好みに応じて中力粉と一緒に他の種類の粉を入れて混ぜますが、粉の種類それぞれの水分含有量や製パン特性が異なることを覚えておきましょう。違う種類の粉を使用すると仕上がりが変わる場合があります。[1]
    • 日本ではあまり見かけませんが、可能であれば化学的に処理された「漂白中力粉」を使用します。漂白中力粉は無漂白の粉よりもタンパク質が少なく、短時間で作るパンに適しています。[2]
  2. 2
    ベーキングパウダーとバニラエッセンスを各小さじ1杯入れて混ぜる ベーキングパウダーの作用によりパンの体積が増えて膨らみます。入れすぎると生地が膨らみすぎて大変なことになるため、入れすぎに注意しましょう。[3] バニラエッセンスは好みに応じて入れますが、加熱する過程で生地に影響もなく、パンに程よい甘さを加えることができます。
  3. 3
    卵を1個加える 卵を割り、材料に入れてよくかき混ぜます。どんなサイズの卵でも構いませんが、大きめの卵のほうがパンがしっとりと仕上がります。生地の中に卵の殻が入らないように注意しましょう。
  4. 4
    好みのミルクを大さじ2~3杯加える 牛乳、アーモンドミルク、ライスミルク、ココナッツミルク、ヘンプミルク(麻の実から作られた植物性ミルク)など、好みのミルクを使用できます。濃厚なミルクを使用すると、ほんのり芳醇なパンになります。ミルクには主に、生地をしっとりとさせて粉をまとめる効果があります。
  5. 5
    水を大さじ2杯加える 水も牛乳と同じく、生地をしっとりとさせて粉をまとめる役割を果たします。水を使わないと乾燥したパンになってしまいます。その他の材料が全て入っているボウルに水を入れて混ぜましょう。
  6. 6
    油大さじ2~3杯を加える このパン作りには、オリーブオイル、植物油、キャノーラ油、ココナッツオイルなど、好みのオイルを使用できます。油の主な役割は、生地の粘り気を出してパンをしっとりとさせることです。使用する油によって何が変わるのかといえば、パンの風味でしょう。
    広告

パート 2 の 2:
パンをこねて加熱する

  1. 1
    生地をこねる 清潔な手で生地をさらによく混ぜて均一な質感になるようにします。生地をしっかりとこねて水分を均等になじませます。2~5分間こねるか、生地を伸ばした時に崩れないようになるまでこねましょう。
  2. 2
    生地を成形する 清潔な手で、生地を丸い形か卵形に優しく成形します。これが出来上がりのパンの形になるため、特別な形に仕上げたいかどうかを決めましょう。パンが膨らむ際にひびが入らないように、パンの上部に「x」の印をつけるようにします。
  3. 3
    電子レンジ対応の皿に生地を置く 大半のセラミックやガラス製の容器は安全ですが、いかなる状況でも金属は電子レンジで加熱しないようにします。電子レンジ対応容器の多くには、その旨が表示されています。最後にパンを取り出す必要があるため、浅く底が平らな皿を使用するようにしましょう。[4]
    • 大きめのセラミックのマグカップを使用してみましょう。このタイプの容器は電子レンジ対応かつ適切なサイズで、持ち手があるため火傷をすることなく簡単に取り出せます。マグカップは1人分のパン用に最適です。
  4. 4
    電子レンジの出力を強に設定して5分間加熱する 加熱後にパンを電子レンジから出したら、すぐに食べられる状態になっているはずです。電子レンジに窓がある場合は定期的に生地を確認し、加熱しすぎたり膨らみすぎないように注意します。生地が乾燥している、パサパサしている、またはしぼんでいるように見える場合は、加熱によって生地の水分が全て蒸発した可能性があります!パンを切って食卓に出しましょう。
  5. 5
    完成 
    広告

ポイント

  • ナイフを使い、パンに火が通っているかを確認します。ナイフを刺して抜いた時に刃に生地が付着する場合はパンにまだ火が通っていないため、もう少々長く電子レンジで加熱する必要があります。
  • レシピを少々アレンジしてチョコレートドーナツを作ってみましょう。ココアパウダー大さじ2杯(約30mL)と砂糖大さじ1杯を加え、生地をドーナツ型に成形してから同じ時間加熱しましょう。
広告

注意事項

  • ミルクや水を入れすぎてはいけません。入れすぎると生地がまとまりにくくなります。入れすぎてしまった場合は、粉を入れて調整しましょう。
  • 電子レンジでパンを加熱しても茶色の焼き目はつきません。また、電子レンジで作るパンは加熱中に膨らむため、生地が膨らむ際にできる気泡がつぶれて質感が均一にならないなど、食感が悪くなる場合があります。
  • イースト菌で作るパンを焼くのに最適な方法は、オーブンやホームベーカリーであることを覚えておきましょう。そのため、電子レンジで作るパンのレシピの大半は、イースト菌の代わりにベーキングパウダーなどの化学膨張剤を使用しています。[5]
広告

関連記事

ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
ロックキャンディを作る
クッキーの焼き上がりを見極めるクッキーの焼き上がりを見極める
アイシングシュガーを使わずにアイシングを作るアイシングシュガーを使わずにアイシングを作る
パン生地の発酵を早めるパン生地の発酵を早める
パンのカビを抑制するパンのカビを抑制する
ケーキを冷ますケーキを冷ます
イーストを予備発酵させるイーストを予備発酵させる
チョコチップを溶かすチョコチップを溶かす
ホワイトチョコレートに色を付けるホワイトチョコレートに色を付ける
チーズケーキの焼き上がりを確認するチーズケーキの焼き上がりを確認する
スモアを作るスモアを作る
溶き卵を作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 89 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告