PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

突然どうしてもクッキーが食べたくなった経験のある人は多いでしょう。ただ、大量のクッキーを焼く気分ではなかったり、オーブンを使うことさえ面倒に感じてしまうこともあります。このような時は電子レンジを活用しましょう。3通りの作り方を紹介しますが、チョコレートチップを使わずに作りたいのであれば材料から外し、シナモンやナッツといった他の味付けを試してみましょう。

材料

チョコチップクッキーを1枚作る

  • 有塩バター大さじ1(余り塩気がきつくないもの)
  • ブラウンシュガー(三温糖やきび砂糖など)大さじ2
  • バニラエクストラクト小さじ4分の1
  • 全乳小さじ半分
  • 小麦粉大さじ3
  • ベーキングパウダーひとつまみ
  • 塩ひとつまみ
  • チョコレートチップ大さじ2

マグカップでチョコチップクッキーを作る

  • バター大さじ1
  • グラニュー糖大さじ1
  • ブラウンシュガー(三温糖やきび砂糖など)大さじ1
  • バニラエクストラクト小さじ4分の1
  • 塩ひとつまみ
  • 卵の黄身1個分
  • 小麦粉60ミリリットル分
  • チョコレートチップ大さじ2

チョコチップクッキーバーを作る(12~18本分)

  • 柔らかくしたバター120ミリリットル分
  • ブラウンシュガー(三温糖やきび砂糖など)180ミリリットル分
  • 卵1個
  • 牛乳大さじ1
  • バニラエクストラクト小さじ1
  • 小麦粉300ミリリットル分
  • ベーキングパウダー小さじ半分
  • 塩小さじ8分の1
  • セミスイートチョコレートチップ(分けたもの)240ミリリットル分

方法 1 の 3:
チョコチップクッキーを1枚作る

  1. 1
    ブラウンシュガーとバターをクリーム状にする 小さなボウルを用意し、大さじ2のブラウンシュガーと大さじ1のバターをよくかき混ぜます。フォークを使うとかき混ぜやすいでしょう。軽くふんわりとするまでクリーム状にします。[1]
    • バターは室温に戻しておいた方が良いでしょう。冷えている場合は必要に応じて電子レンジで温めます(5秒ずつ)。
  2. 2
    バニラエクストラクトと牛乳を混ぜ合わせる 小さじ4分の1のバニラエクストラクトと小さじ半分の全乳をバターとブラウンシュガーのボウルに加えます。フォークあるいは小さなゴムベラを使い、液体の材料を生地に混ぜ合わせていきます。[2]
    • 液体の材料がよく混ぜ合わさると、クッキー生地全体がゆるく、柔らかくなります。
  3. 3
    粉類を加える 小麦粉はまず大さじ1を加えかき混ぜましょう。次に塩とベーキングパウダーをそれぞれひとつまみ加えます。最後に小麦粉大さじ2を加え、粉類が全て馴染むまで、かき混ぜましょう。大さじ2のチョコレートチップを加えます。[3]
    • クッキー生地は練り過ぎると硬くなるので注意しましょう。
  4. 4
    生地をベーキングシートに乗せる ベーキングシートを15センチ四方になるよう切ります。クッキー生地をすくい、シートの上に乗せます。ボールのように見えるはずです。上から軽く押して少し平らにしましょう。[4]
    • 少し平らにつぶすことで、生地が広がるので電子レンジの熱が均等に入りやすくなります。
    • お好みで、トッピングとしてチョコレートチップをいくつか上に乗せても良いでしょう。
  5. 5
    電子レンジで加熱する クッキングシートごと電子レンジ可の皿の上に乗せます。40秒加熱します。まだ生のように見える場合は、5秒ずつ加熱時間を増やしていきましょう。少し冷まし、クッキングシートを剥がします。[5]
    • 出来上がったら時間をあけずに食べましょう。放置しておくと硬くなることがあります。
    広告

方法 2 の 3:
マグカップでチョコチップクッキーを作る

  1. 1
    バターを溶かす 小さなマグカップを用意します。加熱されるに従ってクッキー生地が広がることを想定し、220~240ミリリットル容量のものを使いましょう。バター大さじ1を入れて電子レンジにかけて溶かします。[6]
    • バターはすぐに溶け始めます。まず5秒加熱し、必要に応じて時間を足しましょう。沸騰させてしまうと、マグカップからブクブクとあふれ、跳ね飛ぶので注意しましょう。
  2. 2
    砂糖、バニラエクストラクト、塩を加える 大さじ1のグラニュー糖、同じく大さじ1のブラウンシュガー、そして塩ひとつまみを加えます。スプーン、フォーク、あるいは小さなゴムベラを使いましょう。ブランシュガーのダマが残らないよう、材料をしっかりと混ぜ合わします。[7]
    • 2種類の砂糖ではなく1種類のみを用いることもできます。ブラウンシュガーを用いると糖蜜が含まれているため、より濃厚な味に仕上がります。
  3. 3
    卵の黄身を加える 卵を1つ割り、白身と黄身を分けましょう。今回は白身は使いません。黄身をマグカップに加えましょう。その他の材料と一緒にしっかりとかき混ぜます。[8]
    • 白身は冷蔵庫で保管し、別の料理に使うこともできます。ただし、2~3日以内に使い切りましょう。
  4. 4
    小麦粉とチョコレートチップを加える 小麦粉は60ミリリットルよりも少し少なめに加え、粉っぽさが見えなくなるまでかき混ぜます。大さじ2のチョコレートチップを加え、再びかき混ぜます。チョコレートチップが生地の中にまんべんなく行き渡るようにしましょう。[9]
    • 生卵が含まれているので火を通していない状態のクッキー生地は食べないようにしましょう。(海外では卵を生食する習慣がないことが多いため、殺菌方法が日本とは異なります。)
  5. 5
    マグカップごと電子レンジにかける クッキー生地の入ったマグカップを電子レンジに入れ、40秒加熱します。出来上がっているか確認しましょう。乾いたような見た目になっていれば完成です。まだ生地がゆるかったり、生のように見える場合は、さらに10秒ずつ加熱をしていきます。出来上がったらすぐに食べましょう。[10]
    • 電子レンジで加熱する時間の合計が1分を超えないようにしましょう。冷めながら余熱によって火が通り続けるので、加熱のし過ぎは好ましくありません。
    広告

方法 3 の 3:
チョコチップクッキーバーを作る(12~18本分)

  1. 1
    バターと砂糖をクリーム状にする 120ミリリットル分のバター(柔らかくしたもの)とブラウンシュガー180ミリリットル分をボウルに入れます。スプーンあるいはハンドミキサーを使い、軽くふんわりとするまでクリーム状にします。[11]
    • バターが硬い時は、皿に置き、電子レンジで加熱し柔らかくしましょう。ただし、溶かしてしまわないよう注意しましょう。
  2. 2
    液体系の材料を加える 卵1個、牛乳大さじ1、バニラエクストラクト小さじ1を加えてかき混ぜましょう。材料をすべてよく混ぜ合わせます。卵が残っていないか確認しましょう。[12]
    • バニラエクストラクトがない場合は、アーモンドエクストラクトで代用しても、単に省いても良いでしょう。
  3. 3
    粉類とチョコレートチップを加える 300ミリリットル分の小麦粉、小さじ半分のベーキングパウダー、さらに塩を小さじ8分の1を、ボウルに加えます。スプーンまたはハンドミキサーを使ってしっかりと混ぜ合わせます。チョコレートチップを、全部ではなく120ミリリットル分のみ加えます。[13]
    • クッキー生地は練り過ぎると硬くなることがあるので注意しましょう。
  4. 4
    生地を天板に伸ばす 電子レンジ可の天板(20センチ四方)に油を塗り小麦粉をはたきます。クッキー生地をすくい、ゴムベラやスプーンを使って天板の上に均等に伸ばします。残しておいたチョコレートチップをふりかけましょう。[14]
    • スプレー式のオイルを天板にふきかけてもよいでしょう。
  5. 5
    電子レンジにかける 高ワットで3分半加熱します。生地が乾き固くなっているか確認します。まだ生であれば、20秒ずつ加熱を加えます。完成しているか頻繁に状態を確認します。冷まして食べましょう。[15]
    • 電子レンジで加熱されている間、天板のクッキー生地は回転しているはずです。回転式ではない場合、1分ごとに位置を90度ずつずらしましょう。
    広告

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
クリームチーズを柔らかくする
たくさん食べるたくさん食べる
生卵とゆで卵を見分ける
生アーモンドをローストする
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
牛乳からバターミルクを作る
ロックキャンディを作る
スパゲティーソースにとろみをつける
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
パパイヤの種を食べるパパイヤの種を食べる
シチューにとろみをつける
スイカウォッカを作るスイカウォッカを作る
バーベキューでピザを焼く
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: レシピ | 調理法
このページは 569 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告