電話で女の子と話す時はとても緊張するものです。気になる女の子と電話する場合はなおさらです。けれども、ストレスを感じる必要はありません。女の子と電話で会話することは、友達と会話するのと同じようなものです。電話をかける理由を確認するなど、事前に少し準備をしてから良いタイミングで相手に電話をかけましょう。デートの誘いでも、ただ彼女のことをもっと知りたい場合でも、上手に電話をかけるには冷静でいることが大切です。

パート 1 の 4:
電話する勇気を奮い立たせる

  1. 1
    電話する理由を持つ 電話をかける前に、必ずかける理由を確認しましょう。以前から知り合いの女の子に電話する場合は、デートの誘いのためかもしれません。もう少し深く知りたいと思っている女の子であれば、以前に会話した内容の続きを話したいのかもしれません。具体的な理由を持つことが大切です。そうでなければ、要領を得ない会話で緊張して終わってしまうことにもなりかねません。 [1]
    • まだ彼女をデートに誘う勇気がなければ、電話をして他の友人達と一緒にグループで会うことを提案してみるのもよいでしょう。
    • デートに誘う勇気はないけれど、彼女のことをもっと知りたいのであれば、前回会った時の会話を思い出し、その時の話題を思い返してみましょう。例えば、彼女に勧められた本がとても面白かったことを電話で伝えましょう。学校のクラスの同級生であれば、最近の学校の課題について聞いてみてもよいでしょう。
  2. 2
    電話をかけるタイミングを考える 彼女と話す時に、彼女の方から急いで電話を終わらせることがないように、彼女の都合の良い時間帯を確認しておくとよいでしょう。放課後や仕事の後、お昼休みなど余裕のある時間帯に電話をしましょう。[2]
    • その子に会ってまだ間もない時、電話をかけることを長くためらってはいけません。電話番号をもらってから1~2日以内に電話をしてみましょう。自分のことが彼女の記憶の中でまだ新しいうちに電話をすることが大事です。
  3. 3
    まずはメッセージを送る 彼女の都合の良い時間帯がわからない時は、まずラインなどのメッセージを送ってみるとよいでしょう。その日の空いている時間を確認するか、数分後に電話をかけることを伝えておくと彼女も心の準備が整うでしょう。 [3]
    • 何かの用事で彼女からメッセージを受信した時にスマホが手元にあれば、チャンスを生かしましょう。数分後に電話をする旨のメッセージを返信しましょう。
  4. 4
    深呼吸をする その子のことが本当に好きで会話がうまくいくことを望んでいる場合、電話をする前に緊張するのは当然のことです。電話での要領を得ない会話を避けるためにも、深呼吸運動を試してみましょう。気持ちが落ち着き、好印象を与えることができます。[4]
    広告

パート 2 の 4:
会話を始める

  1. 1
    心を込めて挨拶をする 彼女が電話に出た時に、あなたの第一印象を良くしたいはずです。しっかりと挨拶する準備を整えておくことが大切です。お互いのことをよく知っているのであれば、普通に挨拶をして名前を名乗る程度で十分でしょう。まだ会ってから間もない場合は挨拶をしてから名乗り、どこで彼女に会ったのかなどを話すと彼女も思い出してくれるでしょう。[5]
    • 彼女を良く知っているのであれば、「結衣ちゃん、元気?俺、拓哉だよ」と会話を始めてみましょう。
    • 会って間もないのであれば、「結衣さんですか?昨日図書館で会った拓哉です」と伝えましょう。
  2. 2
    彼女が興味のあることを話題にする 天気などのありきたりな話題では、彼女は満足しないはずです。彼女を会話に引きつけるために、彼女の好きそうなことや趣味などの話題を選びましょう。そうすると、彼女が話している時にあなたが集中して聞いていることに彼女も気づくはずです。[6]
    • 例えば、「野球が好きだって聞いたけど、昨晩の試合はどう思った?」と聞いてみましょう。
    • 他にも、彼女の生活に関する事を聞いてみましょう。例えば、「確か昨日試験だったよね。手ごたえはどう?」と聞いてみましょう。
  3. 3
    「はい」か「いいえ」以上の答えを引き出せる質問をする 会話をできる限り順調に進めるため、「はい」か「いいえ」で終わる質問(Yes-No疑問文)は避けましょう。Yes-No疑問文を使うと会話が続かなくなる可能性が高いため、自由回答式の質問のほうが好ましいでしょう。[7]
    • 例えば、「映画は面白かった?」と聞くより、「映画のどのシーンが良かった?」と聞く方がよいでしょう。
  4. 4
    彼女の話に耳を傾ける 電話中にたくさん喋って彼女を喜ばせたくなるかもしれませんが、それは失敗の元かもしれません。彼女が話しやすい雰囲気を作り、彼女が話すことに真剣に耳を傾けましょう。その結果、彼女の考えや意見をあなたが心から尊重していることが、彼女にも伝わるはずです。[8]
    • 彼女が話している時、あなたが真剣に聞いていることに気づいてもらいましょう。彼女が間をおいた時、「本当に?」と相槌をうつと、あなたが会話についてきていることが伝わります。
    • 彼女が話している時に質問することも遠慮してはいけません。あなたが彼女の話に集中していることを知ってもらう、もうひとつの良い方法になります。
  5. 5
    本題に入る 彼女の好きなことや生活についてなどの世間話もいいのですが、だらだらと目的のない会話をすることは避けたいものです。会話始めの社交辞令を済ませたら、電話をした本当の理由を伝えましょう。きっと彼女はあなたが率直に言ってくれたことを快く思うでしょう。[9]
    • 例えば、「明日の夜、一緒に出かけたいなと思って電話したんだ」と伝えてみましょう。
    • 他にも、「前に話題に出たパスタソースのレシピを教えてほしいなと思って電話したんだ」と言ってみましょう。
    広告

パート 3 の 4:
電話で彼女の気を引く

  1. 1
    声を深める 彼女の気を引きたいのであれば、自分に自信を持つことが大切です。声を少し低くすると、甲高い声や気弱に聞こえないので効果的です。声を大きめにして彼女に全ての内容がしっかり伝わるようにしましょう。[10]
  2. 2
    はっきりゆっくり話す 緊張すると早口で話してしまうこともあります。気を引きたいのであれば、会話の速度を下げて明瞭に話すようにしましょう。こうすると自信があるように聞こえ、相手の気を引きたい時には効果的です。 [11]
  3. 3
    誉め言葉をかける 女の子を口説く場合、彼女をいい気分にさせると上手くいく可能性が高くなります。彼女の良いところを褒めるべきですが、率直に話すことも大事です。嘘っぽくならないように気をつけましょう。[12]
    • 例えば、「言おうと思ってたんだけど…あの青いドレス、すごく似合ってたよ」と伝えてみましょう。
    • 褒める時は、外見だけを重視してはいけません。彼女のユーモア、知性、親切心、その他の良い所にもあなたが惹かれているのであれば、きちんと彼女にも伝えましょう。
  4. 4
    明るい話題にする 気があることを伝えたければ、友人の病気や職場での解雇などの重い話は避けたほうがよいでしょう。代わりに、新しいペットの猫のことや最近行った遊園地のことなど、楽しく明るい話題を続けましょう。[13]
    広告

パート 4 の 4:
電話を終える

  1. 1
    話ができて楽しかったことを伝える 電話を切る前に、時間を割いて話してくれたことに感謝していると彼女に伝えましょう。とても楽しい会話であったこと、また今度彼女と話したいことも伝えましょう。
    • 例えば、「君と話すのが楽しかったよ。また話そう」と伝えましょう。
    • 「とても良い会話ができたよ。よかったら、明日の昼休みにでも続きを話さない?」と聞くのもよいでしょう。
  2. 2
    予定を決める 特別な理由があって電話をした場合は、電話を切る前にもう一度詳細を確認しましょう。例えば、デートに誘って彼女が同意した場合、いつどこで会ってデートをするのかをはっきりさせましょう。 [14]
    • 日程や予定がまだ決まってない場合も、電話を切る前に次回いつ会うかを伝えておくのはよいことです。例えば、「今週末の隼人君の誕生日会で会えるといいね。その時また話そう」と伝えましょう。
  3. 3
    心を込めて別れの挨拶をする 会話が終わると、別れの挨拶をしなければなりません。時間帯にもよりますが、「おやすみなさい」「今日一日、楽しんでね」と言って電話を切るとよいでしょう。もっとカジュアルな感じで「またね」「元気でね」と言って電話を終えるのもよいでしょう。とにかく誠意を示し、自分の言っていることが本心だということを彼女にわかってもらいましょう。 [15]
    広告

ポイント

  • 電話をかけた際に、彼女が応答してくれることが望ましいですが、ボイスメッセージを残す準備もしておきましょう。電話をかける前に言うことを考えておくと、訳のわからないことを言って終わってしまうことはなくなるでしょう。
  • 後で電話することを約束した場合は、絶対に忘れてはいけません。あなたが本気ではないと彼女は思うかもしれません。
  • 彼女が話している時に質問をすると、彼女はあなたが興味を示していることに気づくでしょう。ですが、立て続けに質問をすると、就職面接や尋問をされているように彼女が感じてしまうため、そのように質問してはいけません。
  • もっと深く知りたいと思っている女の子に出会い、電話番号をもらえた場合には、その場で電話をかける時間を決めておくとよいでしょう。例えば、「日曜の午後に電話するよ」と伝えましょう。

広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

げっぷする

How to

キスが上手になる

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

男性からの好意に気付く

How to

女性をその気にさせる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

泣いている人を慰める

How to

笑い方を変える
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 755 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告