恋愛を成功させるには、質の高い会話をすることが非常に大切です。[1] テキストメッセージやSNSが流行っているこの時代でも、10代の若者たちの87%が恋人との会話に電話を使います。[2]あえて電話で話をすることで、彼女に好意を抱いていることが伝わり、彼女も自分は必要とされているのだと感じるでしょう。長い間付き合っている彼女に電話をかけるにしても、知り合ったばかりの女子に電話するにしても、以下で紹介するアドバイスを参考に、彼女が嬉しくて夢中になるような会話をしてみましょう。

パート 1 の 4:
電話する時間と場所を決める

  1. 1
    彼女のスケジュールに合わせる テキストメッセージでやり取りをして、電話をする時間を決めましょう。もしくは、彼女が暇になるであろうと思われる時間になったら電話をかけてみましょう。彼女の友達や家族ではなく、あなたを優先させるなどして、彼女に手間をかけさせてはいけません。演劇のクラブ活動やサッカーの練習、コーヒーショップでのアルバイト、家族との夕飯など、彼女の用事が終わってから電話をかけましょう
    • 話を始めたい時間の数時間前に「今日の夜、話す時間ある?」「7時に電話してもいい?」などとテキストメッセージを送りましょう。融通を利かせ、お互いに都合の良い時間を決めましょう。
      彼女が忙しい場合:
      してはいけないこと: イライラしたり、不機嫌になってはいけません。
      すべきこと: 「明日の夜はどうかな?」「中間テスト頑張ってね!今週末はどう?」などと聞いてみましょう。
  2. 2
    静かで人目に付かない場所で電話をかける 女子は他の人に会話を聞かれる心配がないと分かると、素直になり、心を開いてくれるようになります。他の人といる時に彼女に電話かけたり、彼女の許可無しに、スピーカーモードに切り替えてはいけません。[3]
  3. 3
    真剣に接する 彼女は自分の大切な時間をあなたのために割いているのですから、あなたもそうすべきです。多くの若者は、1度に複数の事をしていると会話に集中できないと感じます。[4]彼女との会話が最も大切であることを伝えましょう。彼女と話している最中は、テキストメッセージやチャットをしたり、テレビを見たり、他の人と話してはいけません。
    広告

パート 2 の 4:
気軽な会話をする

  1. 1
    明るく挨拶をする 人の感情は他の人に伝染します。[5] あなたが話したがっている様子を見せ、気さくな態度で振舞えば、彼女も同じように接してくれるでしょう。彼女が電話に出たら、会話が広がるような挨拶をし、彼女の話を聞きたいと伝えましょう。あなたと彼女の間柄に相応しい言葉遣いをするようにしましょう。
    • 「やあ!元気にしてる?」
    • 「今日はどんな1日だった?」
    • 「1日中ずっと君の声を聞くのを楽しみにしていたよ!何してるとこ?」
  2. 2
    留守番電話に甘いメッセージを残す 彼女が電話に出ず、留守番電話に繋がったら、短めの可愛らしいメッセージを残してみましょう。彼女はあなたに想われていたことを喜び、留守番電話であなたの声を聞いて嬉しくなるでしょう。
    • 長い期間付き合っている彼女には「好きだよって言いたくて電話したんだ!」などと言ってみるとよいでしょう。
    • 彼女と付き合い始めたばかりであれば、「どうしてるかな?と思って電話したよ!会いたいな!」など、より気軽なメッセージを残しましょう。
    • 「7時にサッカーの練習から帰るけど、その時間に話そうか?」などと言い、電話での追いかけっこを避けるため、電話をかけ直してもらいたい時間を伝えておきましょう。
  3. 3
    気軽な会話から始める 人間とは社会的動物であり、見知らぬ人とは軽いお喋り程度の会話を好む傾向があります。軽いお喋りをすると、お互いを知るうちに絆のようなものが芽生えます。たとえ表面的な会話でも、新しい関係を築き始めた人々には重要な意味を持つのです。彼女が気楽にいられるよう、簡単な話題を選んで話すようにしましょう。
    • あなたの1日について話しましょう。
    • 彼女の好きなスポーツチームについて聞いてみましょう。
    • 学校のイベントについて話しましょう。
    • お互いが見たことのあるテレビ番組や映画について話しましょう。
      会話がつまらなくなってきたら:
      してはいけないこと: 会話を中断したり、突然電話を切ってはいけません。
      すべきこと: 面白い内容に繋がるような質問をしてみましょう。
  4. 4
    彼女を褒める 彼女と過ごす時間や、彼女との会話は楽しいことを伝えましょう。あまり大袈裟な態度にならずに、彼女が心を開いてくれるようなことを言ってみるとよいでしょう。
    • 「君の話って本当に最高!」
    • 「それ、超面白いね!」
    • 「その後何が起きたのか知りたくて仕方ない!」
    • 「君って本当に話しやすいね」
      してはいけないこと:毎回の会話で同じ 褒め言葉を使うのはやめましょう。
      すべきこと:「〇〇について話す時の嬉しそうな君、好きだな」などと言いましょう。
    広告

パート 3 の 4:
会話を続ける

  1. 1
    会話を自然に発展させる お互いの相性が良いと、軽いお喋りは自然とより中身のある会話へと変わっていくでしょう。気さくな会話から、より個人的な内容へと移していくとよいでしょう。
    • 「僕もギターのレッスン受けてるんだ!他にも色々な楽器がある中で、どうしてギターを選んだの?」
    • 「あと3ヶ月で免許取るんだ?車があったらどこへ行く?」
    • 「あと2週間で学校の休みが始まるね!休みの間はどこへ出かけるの?」
  2. 2
    感情をオープンにする あなたが正直になり、心を開かなければ、彼女もそうしてはくれないでしょう。多くの人は、拒絶されることを恐れて本当の気持ちを表現しないのであって、関心が無い訳ではないのです。[6]あなたが彼女はどれほど大切な存在であるかを伝えれば、彼女は自分も同じ気持ちであることを伝えやすくなるでしょう。
    • 「君に会うといつも僕の世界は明るくなるんだ」
    • 「君はこの地域で1番美しい女の子だよ」
    • 「君は他の誰よりも僕のことを理解してくれると感じる」
  3. 3
    会話が広がる質問をする 彼女が自由に話を付け加えたり、話の背景を話したり、気持ちを表現できるように、質問を構成するとよいでしょう。「はい」や「いいえ」で答えることができてしまう質問をするのは避けるべきです。
    してはいけないこと:「君って〇〇でしょ」や「絶対〇〇だよね」などのフレーズは使わないようにしましょう。
    すべきこと:「どのように」「なぜ」「何」で始まる質問をするとよいでしょう。[7]
  4. 4
    聞き上手になる 会話とは相手がいて成り立つものであり、相手の話を聞くことは、話すことと同様に大切です。彼女が話している時に遮ってはいけません。彼女の言うことに耳を傾け、質問するのは彼女の話が全て終わってからにしましょう。もっとたくさん話してくれるよう促しましょう。
    • 「その後はどうなったの?」
    • 「それでどんな気持ちになった?」
    • 「何でその店のミルクシェイクが1番好きなの?」
  5. 5
    会話が行き詰るような話題は避ける 彼女には率直でありたいと思うかもしれませんが、彼女に不快な思いをさせたり、気まずい思いをさせるのは避けたいものです。会話をしながら彼女があなたとの会話にどれほど興味を示しているか様子を伺いましょう。ある話題について楽しそうに話していれば、より詳しく聞いてみましょう。静かになり、「分からない」「多分」「そうかもね」などと繰り返し言うようであれば、より楽しい話題に切り替えましょう。
    • 彼女のことをよく知っていくうちに、触れないほうがよい話題は何であるかを見極め、そのような話題は避けるようにしましょう。彼女との会話は楽しいものであってほしいはずです。彼女の嫌な思い出(両親の離婚、元彼氏、他界した祖母)を思い起こさせるのは、彼女と親しくなるための近道ではありません。あなたになら何でも話せると思ってもらえるのは大切ですが、故意に過去の悲しい感情を蒸し返すようなことをしてはいけません。
    • 強引過ぎると彼女を怖がらせてしまう恐れがあります。熱心過ぎたり、必死になり過ぎているように話してはいけません。彼女の体について、不快にさせるような過激なコメントをするのはやめましょう。
      してはいけないこと:自分の感情や人生経験についてオープンに話すのを恐れてはいけません。
      すべきこと: 彼女が感じる快適さの度合いに注意を払い、今後の会話に役立てましょう。
  6. 6
    今後の計画を立てる 夜のデートであれ、今後についてであれ、何かを一緒に計画することで、カップルの親密度は深まります。どこへでも行くことができたら、どこに住んでどこへ旅するか、飼うならどんな犬がよいか、夢のマイホームはどんな家か、話し合ってみるとよいでしょう。想像力を使い、会話を楽しみましょう。軽くじゃれ合いながらできる程度の会話にとどめておきましょう。2人の人生設計を立てなければいけない訳ではありません。これからも2人で一緒に色々な事を経験していくことを楽しみにしていると伝えましょう。
    してはいけないこと:面と向かっての会話で結婚や同棲の話題が出ていないのに、電話でそのような会話を始めるのはやめましょう。
    すべきこと:冗談交じりに、2 人の将来について話してみましょう。
    広告

パート 4 の 4:
電話を切る

  1. 1
    熱が冷めないうちに会話を終わらせる まだお互いに話したいことが残っている状態で会話を終わらせるほうがよいでしょう。次の会話が楽しみになります。次に電話で話す時はどんな事を話そうか提案してみるとよいでしょう。
  2. 2
    会話を楽しんだことを伝える 彼女は特別な存在であり、彼女と話をすることができて嬉しく思うことを伝えましょう。あなたが彼女の声を聞きたがっていることを知れば、あなたに電話をかけたいと思う気持ちが強くなるでしょう。
    • 「また話せるのを楽しみにしてるよ!いつでも電話してね」
    • 「一晩中、君の優しい声を思い出すよ」
    • 「また連絡してね」
    • 「明日の朝メッセージ送るよ!」
  3. 3
    別れの挨拶で彼女を笑顔にする 電話を切る直前に、何か彼女が喜びそうなことを言ってあげましょう。内輪ネタを言ったり、彼女がお気に入りのあだ名で呼んでからかったり、彼女が赤面するような誉め言葉を言ってみましょう。
    • 「僕の美人な彼女さん、おやすみ」
    • 「おやすみ、セクシーな僕の彼女さん!」
    • 「チュッ!おやすみのキスだよ!」
    広告

ポイント

  • 傲慢だと思われたり、不安を感じているように思われないためにも、彼女を喜ばせようと必死になり過ぎてはいけません。
  • 彼女を嫉妬させるために、他の女性の話をしてはいけません。あなたの魂胆など、彼女はお見通しでしょう。
  • 電話では、親密感を持たせながら、自信のある、落ち着いた声で話しましょう。
  • 電話をかける前に、長時間話すのに十分な充電があることを確認しましょう。大事な会話の途中で電話が切れてしまったり、あなたに電話を切られたと彼女に思われるようなことがあってはいけません。
  • 会話がつまらなくならないよう努力しましょう。自分の祖母と電話をしているのではないということを覚えておきましょう。
  • 電話越しにカッとなったり、喧嘩をしようとしてはいけません。修羅場になったら彼女は電話を切るでしょう。
  • 彼女の家族や文化を尊重しましょう。
  • 電話をかける前に、何を言うか考えておきましょう。

広告

関連記事

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

自尊心の低い人を助ける

How to

親友を失ったことを乗り越える

How to

本当の友達と見せかけの友達を見分ける

How to

最高の親友になる

How to

人の信頼を取り戻すために説得する

How to

人から好かれる

How to

女の人を励ます

How to

友達と話す

How to

真の友人かどうかを見極める

How to

フレンドリーになる

How to

親切にする

How to

友情を終わらせる

How to

友人に嫉妬されているかを知る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む57人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 友情
このページは 702 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告