大切に思っている誰かからあなたの電話番号がブロックされたり、ソーシャルメディアで友達を解除されたり、またはWhatsappでゴーストモードにされたりすると、動揺してしまうでしょう。怒りや悲しみが湧いてくるかもしれませんが、誰かに拒絶されたらそういう気持ちになるのが普通であり、自分をあまり責めてはいけません。ここでは、相手と連絡を再開するための対策を紹介します。相手の気持ちが変わらない場合でも、相手のことは忘れて前に進む方法も併せて紹介します。たとえブロックされても、それは相手の問題で、あなたのせいではありません。あまり自分につらく当たるのはやめましょう。

1
本当にブロックされたかを確認する

  1. 携帯電話を失くした、またはソーシャルメディアを休止している場合もあります。ソーシャルメディアの場合は、オンラインでメッセージを送ってみましょう。送信できない場合は、あなたはブロックされています。ソーシャルメディアによっては、相手のプロフィールページに行くと、ブロックされている旨のメッセージが表示される場合があります。電話の場合は、電話をするか、メッセージを送ってみましょう。メッセージが送信できないと表示されたり、電話がつながらない旨のメッセージが流れたら、あなたはブロックされています。[1]
    • 契約しているキャリアによっては、ブロックされている場合、呼び出し音が1度鳴り、プープーと言う音が続くか、話し中になることもあります。
    • ブロックされているのか、単に相手のプロフィールが削除されたのかが分からないソーシャルメディアもあります。アカウントをログアウトしてから、相手をインターネットで検索してみましょう。検索できない場合は、プロフィールは削除されています。
    広告

2
ブロックされた相手に連絡するまで、少し時間をおく

  1. 相手にすぐ連絡したいと思うかもしれませんが、少し待つのが得策です。自分が何か悪いことをしたのではないかと心配になるのは当然のことです。しかし、すぐにはその答えは得られないでしょう。特に、双方が怒っているならなおさらです。そのため、自分が冷静になるまで時間をおくことが大切です。何らかの行動を起こすまで、少なくとも24時間は待ったほうがよいでしょう。[2]
    • ブロックされた理由を知りたいと思うのは普通のことですが、相手に立ち向かったり、話し合いを強要したりしても、あなたが求めるものは得られないでしょう。

3
相手と別れたばかりであれば、そっとしておく

  1. 特に相手が別れた恋人であれば、そのまま前に進むのが理想的です。相手にブロックされると傷つきますが、最善の解決策は自分の人生を楽しみ、相手のことは忘れることです(少なくとも今は)。特に、相手が別れた恋人であればなおさらです。恋人と別れた直後に連絡を絶ち、心を癒す時間を持つことはよくあります。[3]
    • 相手が長年の友人やパートナーであれば、理由を知りたいのはもっともなことです。その場合は、何が起こったのかを探っても構わないでしょう。
    • 相手があなたをもてあそんでいる可能性もあり、ブロックは一時的なものかもしれません。やはり、何もしないほうがよいでしょう。
    広告

4
相手と会ったことがない場合は、きっぱりと忘れる

  1. インターネットで知り合った相手であれば、それ以上深入りしてはいけません。あなたが何か悪いことをしたと思うのはやめましょう。残念ながら、うまくいかないと思ったら、そのまま相手をブロックする人はたくさんいます。相手と合わないと思ったら、丁寧なメッセージを送る代わりに、ただ相手をブロックするのです。問題はあなたではなく相手にあるため、気にしてはいけません。[4]
    • このようなことで落ち込まないようにしましょう。正直に相手に伝える礼儀を知らない人もたくさんいます。

5
相手からの連絡を待つ

  1. 喧嘩をしてブロックされた場合は、相手が冷静になるまで待ちましょう。ブロックされたのが激しい口論の直後であれば、連絡するまで数日間(状況によっては数週間)待ちましょう。ブロックした相手は今は冷静になる時間が必要で、あなたと話す気持ちになればブロックを解除するかもしれません。しばらくそっとしておくのがよいでしょう。[5]
    • 相手が以前あなたをブロックして、その後解除したことがある場合は、今回もそうする可能性が大いにあります。
    • 喧嘩が原因ではない場合は、あなたの言動に気分を害した可能性もあります。そうであっても、相手が冷静になるまで待ったほうがよいでしょう。
    広告

6
復讐は考えない

  1. 腹が立つのは当然ですが、相手を攻撃しても何も良いことはありません。相手の職場に乗り込んで恥ずかしい思いをさせたり、文句を言うために夜中に家に押しかけたりしてはいけません。そのようなことをしても気分が良くなるどころか、むしろ仲直りの可能性を失ってしまいます。こうすることを決めたのは相手の問題であって、あなたではないのです。あなたが悪者になる必要はありません。[6]
    • 「別れた恋人があなたをブロックしたら、あなたの勝ち」とも言います。これは、あなたが「復讐」したいと思っているなら、すでに最善のことはしたということです。気持ちを切り替えて前に進んだとしてもあなたの勝ちです。また、相手がインターネット上でさえあなたと繋がっていたくないと思うほど、あなたは強力な存在だと思っているとしたら、その場合もあなたの勝ちということです。

7
共通の友人に相手と話してもらう

  1. 相手にメッセージを届けたい場合は、誰かの助けを借りましょう。ブロックされた理由を知りたければ、中立的な第三者に聞いてもらうと、本当の理由を知ることができるでしょう。相手は、今はあなたに対してネガティブな感情を抱いているかもしれませんが、他の誰かには正直な気持ちを打ち明けるでしょう。
    • 本心を聞き出すために、あなたが頼んだことは相手には内緒にしてもらいましょう。「〇〇さんが私をブロックしたんだけど、私が何をしたのか分からないの。今度彼女に会ったときに聞いてもらえる?あなたが単に興味があるという振りをしてね」などと、頼んでもよいでしょう。
    広告

8
手紙を書く

  1. 相手に伝えたいことがたくさんある場合は、手紙を書きましょう。手紙を送るのは、着信拒否をされていない番号から電話をかけたり、ソーシャルメディアの偽のアカウントを追加したりするより、はるかに親しみや分別があります。また、自分のペースで対処できるため、相手にとっても都合の良い方法です。自分の思いを時間をかけて手紙に綴り、郵送するか、友人に届けてもらいましょう。[7]
    • 相手との付き合いが長く、突然連絡ができなくなった場合、この方法は特に効果的です。
    • 謝罪をしたり、何が悪かったのかを尋ねたり、仲直りすることをお願いしたり、または一緒に過ごした時間を思い返してもらうために手紙を書くことができます。書く内容は何でも構いません。あなたが相手に伝えたいことを綴りましょう。
    • 何通もの手紙を送るのは控えましょう。相手に悪い印象を与え、相手の気持ちを無視する行為にもなります。

9
相手を思い出す物を片づける

  1. 相手に関係のある物を片づけると、前へ進むのも容易になります。貰ったギフトや、部屋に飾ってある写真があれば、すべて箱に詰めてベッドの下の奥深くにしまいましょう。後でまたいつでも取り出すことはできますが、今は思い出の品を片づけることで、相手のことを忘れて前に進むことができます。[8]
    • 写真や小物を見てストレスを感じたり、常に相手を思い出すのであれば、少しの間でも、友人に預かってもらうとよいでしょう。
    広告

10
ソーシャルメディアから距離を置く

  1. 相手のことを常にチェックしていることに気づいたら、デジタルデトックス(一定期間デジタルデバイスに触れない)を行いましょう。相手がブロックを解除したかを常にチェックしていると、ネガティブな感情から逃れるのはより難しくなります。しばらくの間、ソーシャルメディアから離れましょう。自分のアカウントを一時的に数日間削除すると、すぐに気分が良くなるでしょう。[9]
    • 可能であれば、1か月休んでみましょう。30日あれば、通常は気持ちの整理ができ、元の自分に戻れるはずです。

11
家族や友人と過ごす

  1. あなたを思っている人達に囲まれていると、気分も良くなります。あなたのことを大切に思ってくれる人達がそばにいなければ、好きな人からブロックされた時に落ち込んでしまうでしょう。友達の誘いはすべて受け、疎遠になっていた人達に連絡をしましょう。すぐにブロックされたことも忘れるでしょう![10]
    • 可能な限り外に出ましょう。家にひとりでいると、相手に連絡したり、ソーシャルメディアをチェックしたくなります。また、活動的でいると、気分も晴れます。
    広告

12
人生の目標と向き合う

  1. 客観的になり、なぜこの件があなたをそれほど悩ませているのかを考えてみましょう。なかなか前に進むことができない場合は、じっくりと考える良い機会かもしれません。デートをしばらく休んだり、学校や職場にエネルギーを使いすぎるのをやめたりすることが、あなたのためになるというサインかもしれません。思いがけなく生まれた空き時間を使い、自分が情熱を注げることを再開してもよいでしょう。[11]
    • 充実感を得られ、集中できることであれば、何でもよいでしょう。
    • 誰かにブロックされた後、しばらく心を痛めるのはまったく普通のことです。特に、その相手と長い間付き合っていたのならなおさらです。
    • この経験を学びの機会としましょう。その人間関係から学んだことを糧として、前に進みましょう。

13
しばらく経った後、再び連絡を取る

  1. あらゆる手段を取っても連絡が取れない場合は、相手が冷静になるまで待つ必要があるかもしれません。友人に頼んだり、手紙を書いたり、数週間待っても連絡がない場合は、しばらく時間がかかるかもしれません。その場合は、数か月待ちましょう。まだ相手と連絡が取りたければ、一度電話をしたり、メッセージを送ったりしてみましょう。それでも相手からの反応がない場合は、1年ほどしたら再度試してみましょう。[12]
    • これは大変なことのように思えるかもしれませんが、相手が恋人や友人でいる運命であれば、数か月や1年は待つ価値があります。
    広告

関連記事

SNSなどでの逆さ顔の絵文字の意味を判断するSNSなどでの🙃(逆さ顔)の絵文字の意味を判断する
Instagramで2つのアカウントの連携を解除するInstagramで2つのアカウントの連携を解除する
インスタグラムで写真に音楽を付けるインスタグラムで写真に音楽を付ける
SNSなどでの赤い頬の絵文字の意味を判断する😊(赤い頬)の絵文字の意味は?
Facebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認するFacebook Messengerで誰かが自分をブロックしていないか確認する
リツイートを削除するリツイートを削除する
海外のSNSなどでの🌚(黒い月)の絵文字の意味を判断する海外での🌚(黒い月)の絵文字の意味は?
Snapchatの動画や画像をカメラロールに保存するSnapchatの動画や画像をカメラロールに保存する
フェイスブックにリンクを投稿するフェイスブックにリンクを投稿する
Facebookライブ動画配信を見るFacebookライブ動画配信を見る
Twitterアカウントを休止するTwitterアカウントを休止する
Snapchatで友達がオンラインかどうかを知るSnapchatで友達がオンラインかどうかを知る
誕生日のお祝いに応える誕生日のお祝いに応える
Facebookの投稿をシェアしてくれた人を調べるFacebookの投稿をシェアしてくれた人を調べる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 193 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告