電話を切るための言い訳をする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

電話を切りたいと思った時、様々な種類の言い訳が考えられます。嘘は決して良くないことですが、タイミングが良くない時に、ちょっとした方便として嘘をつくのは仕方のないことです。会話を終わらせたり後回しにするのに一番簡単な方法は、電話を切らざるを得ない状況を演出する、あるいは電話に関連した言い訳を使うことです。ただし後でかけ直すと言ったのなら、約束は守りましょう。

方法 1 の 2:
シチュエーションを作り出す

  1. 1
    誰かが訪ねてきたので、電話を続けられないということにします。誰かがドアをノックしている、あるいは呼び鈴が鳴っているので、誰だか見に行かなければならないと伝えましょう。そして用が済んだらかけ直すと伝えます。[1]
    • より現実感を出すために、ドアのノックに似せて何か木製のものを叩いたり、ドアをこっそり開けて呼び鈴を鳴らしましょう。

    'ポイント:人と約束をしていて、ちょうど来たところだから、家に入れてあげないといけない。今はこれ以上話を続けられないと伝えても良いでしょう。

  2. 2
    何かをしている最中だから、またかけ直すと伝えます。実際に自分がやっていそうな家事や用事を選びましょう。そして今は少し手が離せないから後でまた話そうと伝えます。[2]
    • 例えば、掃除をしている、スーパーで買い物中、料理の最中、着替えているところ、その他その場でぱっと思いつくものであれば何でも構いません。
  3. 3
    ちょうど食事時だから話せないと伝えます。食事のためにちょうど座ったところだから、今は話せないと言いましょう。そして後でかけ直してほしいと伝えるか、食事が終わったらかけ直すと伝えます。[3]
    • 相手がどうしてもと言ってきたら、「ごはんが冷めちゃうよ。食べ終わったら電話するから」あるいは「友達とごはんを食べてるんだ。失礼なことはしたくないし、今は無理だよ」と言いましょう。
    • 一般的な食事の時間でこそ、この言い訳が有効だということを覚えておきましょう。
  4. 4
    ちょうど寝るところだからまたかけ直すと伝えます。できる限り眠そうな声で、これから寝るところだ、あるいはちょうど昼寝をしていたところだと言いましょう。そしてしっかり目が覚めていそうな時間に、またかけ直してほしいと伝えます。[4]
    • 雰囲気を出すために、にせのあくびをするか、うとうとして半分眠っているかのように見せかけましょう。
    • この言い訳は時間帯に応じて使い分けましょう。例えば、一般的な就寝の時間にこれから寝るところだと言うのは適切ですが、日曜の昼下がりであれば、昼寝をしていると言った方が信憑性があります。
  5. 5
    ミーティングや会議の電話が来るから今は話せないと伝えます。本当らしく見せるために、素早く時間を確認して、15分以内にミーティングや会議の電話が来ると言いましょう。そしてそのための準備が必要だから、いったん電話を切ると伝えます。
    • 例えば4:22なら、4:30に会議の電話があるからそのための準備が必要だと伝えます。
    • この言い訳は普通の働く時間に使うと最も本当らしく聞こえます。
  6. 6
    大事な用事を急に思い出したから、行かなければならないということにします。急いで済ます必要がある用事を思い出したと言って、会話を中断します。あたかも慌てているように見せかけ、後でまたかけ直すと伝えましょう。そして電話を切ります。[5]
    • 例えば、「甥っ子の、サッカーの練習のお迎えをしないといけないんだった。もう15分しかない。行かなきゃ!」や「しまった。クリーニング屋からスーツを受け取らないと。5時には閉まっちゃうから、行かなきゃ。またね!」と伝えましょう。
  7. 7
    トイレに行きたいから、また後で電話をすると伝えます。急にトイレに行きたくなったと言いましょう。かけ直してもらうか、またこちらからかけ直すと伝えます。[6]
    • これは素早く電話を切るのに適した手段です。普通であれば、急いでトイレに行きたい相手をずっと電話口に立たせておくのは、かなり気詰まりなことだからです。
  8. 8
    本当に電話を切りたい時は、家族が急病だと伝えます。家族が急死した、あるいは病院にかつぎ込まれたとメールが来たので、すぐに行かなければならないと言いましょう。これは最後の手段です。このようなことを言われて、電話を続けようとする相手はまずいないでしょう。
    • この言い訳を使う時は相手を選びましょう。感情をかき立ててしまうような近しい人に使ってはいけません。
    広告

方法 2 の 2:
電話に関連した言い訳

  1. 1
    大事な電話を待っているところだと伝えます。誰かが電話をしてくる予定で、それに出なければならないということにします。その際、また後でかけ直すと伝えて、電話を切ります。[7]
    • 携帯電話で話していて、近くに固定電話があるのなら、呼び出し音のボリュームを上げます。そうして携帯電話を通じて呼び出し音が聞こえるようにします。
  2. 2
    充電が切れそうだから電話を切ると伝えます。バッテリーを見たら残量が少なく、今にも充電が切れそうだというふりをします。今ここで充電は出来ないから、バッテリーを温存するために電話を切る必要があると言いましょう。[8]
    • 早急に電話を切りたい時は、もう充電が切れてしまうと言ってただちに電話を切ってしまいましょう。電源を消すか機内モードにして、相手がかけ直してきても本当に充電が切れたのだと見せかけましょう。
  3. 3
    電波が悪く声が聞こえないということにします。今は出先で、電波のつながりが良くないということを伝えます。声がよく聞こえないから、電波の良いところに来たらかけ直すと伝えましょう。[9]
    • この言い訳のために一芝居打ってみても良いでしょう。相手の声が聞こえないというように見せかけ、それから電話を切るのです。このように言いましょう。「もしもし、もしもし?つながってる?なんか電波が悪いみたい。聞こえないわ……」そうして電話を切ります。
  4. 4
    何らかの理由で電話の調子がおかしいので、またかけ直すと伝えます。電話から変な音がする、あるいは画面の動作がおかしいと言いましょう。そして原因を調べるから、いったん電話を切ると伝えましょう。[10]
    • 例えば、「本当にごめん。電話の音がおかしくて、声がよく聞こえないんだ。いったん切って、原因が分かってからかけ直してもいいかな?」と言いましょう。

    ポイント:電話をかけ直すと言ったら、必ずそうしましょう。電話営業のようなまったく重要でない相手であれば、かけ直すなどと言わずに、単純に電話を切ると良いでしょう。

    広告

ポイント

  • 信用できる人だと思われるためにも、かけ直すと言ったなら必ずそうしましょう。
  • 電話の営業であれば、言い訳などは必要ありません。構わずに電話を切ってしまいましょう。
  • 今は話したくないと自分で分かっているなら、そもそも電話に出ないようにしましょう。
  • 知らない番号は望ましい相手でないことがほとんどです。大事な要件であれば、留守番電話を残してくれるでしょう。

広告

注意事項

  • 見え透いた嘘をついたり、作り話をしたりすれば、友人を失ったり家族間の軋轢をもたらす恐れがあります。
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告