静かにおならをする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 13 出典

この記事には:おならの音と臭いを最小限に抑える食事を調整してガスを減らす日常の習慣を調整してガスを減らす

子どものころは大きなおならをするとヒーローになれたものですが、大人の世界ではそれで友達を作れることは、まずありません。嫌がられることがほとんどです。しかしガスを溜めていると、お腹の張り、消化不良、胸やけ [1] などの健康被害につながることがあります。おならが出るのは自然で、誰もが毎日行う必要な現象です。おならが出てしまうことは恥ずかしいことではありません。しかし、音や臭いは最小限に抑えることができ、また食事や日常の習慣を調整しておならの回数を減らすことが可能です。

1
おならの音と臭いを最小限に抑える

  1. 1
    おならをゆっくりと出しましょう。おならは勢いよくすると大きな音が出てしまう傾向があるため、ゆっくりと時間をかけて出します。お腹の筋肉を絞り、息を長く吸ったり吐いたりしながらおならをしましょう。ゆっくりおならをすると、お尻の穴からおならが出る時の音が小さくなります。また、両側の臀部をできるだけ開くとおならがなめらかになり、時には無臭のこともあります。[2]
  2. 2
    大きな咳をする、または大きな音をたてましょう。おならをする時に大きな咳をしたり、くしゃみをしたりしておならをごまかすことができます。これらはおならの音を消すのに便利です。
    • おならが出そうになったら携帯電話で話すふりをする、あるいは部屋の音楽の音量をあげて大きな音をたてることもできます。これでおならの音を消すことができるでしょう。
  3. 3
    歩きながらおならをしましょう。動きながらおならをするという方法もあります。そうすれば、自分の周りに音や臭いが残ることはありません。また、誰かがおならを臭ったり音を聞いたりしても、もうそこに自分はおらず、罪悪感を感じる必要もありません。[3]
    • 誰もいない部屋や場所へ向かって進んで行きましょう。そうすれば周りに人がいない状況でおならを出し終えることができ、ガスを出すことを恥ずかしく感じる必要もありません。
  4. 4
    その部屋や場所から離れましょう。おならが出そうになったら、立ち上がってその場所を去り、人から離れます。そうすれば他の部屋や場所に移動して思う存分おならができます。[4]
    • 例えば混雑した電車に乗っている場合、おならをする前に人が少ない車両に移動しましょう。人の多いオフィスにいる場合は、誰もいない会議室や共有スペースに行っておならを出します。そうすれば音や臭いで誰かに迷惑をかけることもありません。
  5. 5
    消臭スプレーを使いましょう。おならをした場所で消臭スプレーをまいたり、ハンドクリームの香りを利用したりして、臭いをごまかすことができます。おならをした後、香りのあるハンドクリームを手につけてこすり合わせると、その香りが空気中に残っているくさい臭いを隠します。[5]

2
食事を調整してガスを減らす

  1. 1
    お腹にガスが溜まることを防止するため、豆を食べる前には水に浸しましょう。豆を食べるとガスが発生することは周知の事実です。乾燥豆を調理前に水に浸すことで、豆の臭いを発生させる成分を減らすことができます。また、缶詰ではなく乾燥豆を食べることでも、豆がもたらすお腹の張りやガスを抑えられます。[6]
    • 乾燥豆を茹でる際は、新しい水を使いましょう。豆を浸した水を使うと、ガスの量が増える場合があります。
  2. 2
    ガスの発生量が少ない野菜や果物を食べましょう。果物や野菜は健康的な食事や生活に欠かせないものですが、それらの中にはおならが出やすくなるものもあります。ガスを発生させる特定の果物や野菜を避けることで、おならの回数を減らすことが可能です。[7]
    • りんご、桃、バナナ、梨、アンズ、レーズンを食べる量を減らしましょう。プルーンジュースも、ガスを出す消化管を刺激するため飲まないようにします。
    • アーティチョーク、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、カリフラワー、ピーマン、玉ねぎ、大根、セロリ、ニンジン、キュウリも食べる量を抑えましょう。
  3. 3
    牛乳やチーズなどの乳製品の量を減らしましょう。牛乳を使った製品の多くは、ガスや張りの原因となります。チーズ、牛乳、アイスクリームなどの乳製品の消費量を減らすようにします。
    • パン、シリアル、サラダドレッシングなど、乳糖を含む加工食品も避けるようにしましょう。
  4. 4
    炭酸飲料の消費量を減らしましょう。炭酸飲料には多量のガスが含まれているため、体内に多くのガスを取り込んでしまいます。ソーダ、炭酸水、炭酸入りのジュースを飲む量を減らし、代わりに水分補給には水を飲みましょう。[8]
    • 炭酸飲料の口を開けてそのまま数時間置いておくと、ガスを飛ばすことができます。
  5. 5
    アルコールの消費量を減らしましょう。ビールやワインなどのアルコールは、お腹の張り、消化不良、そしてガスを引き起こします。特にビールは、飲むと炭酸ガスが体内に入り、ガスが溜まっておならが出る原因につながります。[9][10]
    • ビールやワインなどのアルコールを飲むのが好きな場合は、ゆっくりとすすって、飲むペースを調整しましょう。時間をかけて飲むことで口から取り込む空気の量が減り、体内に溜まるガスの量を減らすことができます。

3
日常の習慣を調整してガスを減らす

  1. 1
    食事の際は食べ物をゆっくりと噛みましょう。食べ物を速く食べると、ひと噛みするごとに取り込む空気の量が増え、体内に空気が溜まり、後でその空気を出さなければならなくなります。口に食べ物を入れたら、焦らずに少なくとも2~4回噛んでから飲み込みましょう。こうすれば体が食べ物を適切に消化するのを助け、体内に溜まるガスを減らします。[11]
  2. 2
    ガムを噛んだり飴をなめたりするのをやめましょう。食事の後、息を爽やかにするためにガムに手を伸ばす、あるいは飴をなめる人もいますが、これが後でおならを出したくなる原因となることがあります。ガムを噛んだり飴をなめたりすると、体内に入る空気の量が増え、ガスが溜まっておならが出ることにつながるのです。 [12]
  3. 3
    喫煙を控えましょう。タバコ、葉巻、パイプタバコを吸うと体内に取り込まれる空気の量が増え、空気が蓄積されます。一日に吸うタバコや葉巻の数を減らし、おならの回数も減らしましょう。[13]

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Fart Quietly, Español: echarte un pedo silencioso, Português: Soltar um Pum Silenciosamente, Français: faire un pet silencieusement, Italiano: Scoreggiare Silenziosamente, 中文: 悄悄地放屁, Русский: пукать без шума, Deutsch: Leise furzen, Bahasa Indonesia: Kentut secara Diam diam, Nederlands: Stilletjes een scheet laten, العربية: إخراج الرياح بهدوء, ไทย: ตดเงียบๆ, Tiếng Việt: Xì hơi một cách kín đáo

このページは 225 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?