非常用品を準備する方法

いざ災害が起きた時に備え、事前に準備をすることは必要不可欠です。この記事では、自宅避難に備えた非常用品を準備するコツを紹介します。また、自宅外に避難を強いられた場合も想定し、非常用持出品も準備して、車内、またはすぐに持ち出せる場所に常備しておきましょう。

ステップ

  1. 1
    記事最後の「必要なもの」を参考にして自分のリストを作成する
  2. 2
    救急用品を準備する 災害が起きたときに、あなた自身、家族、もしくは周囲の人が怪我をすることも想定し、いざという時のために応急手当ができるよう、救急用品を準備しておきましょう。
  3. 3
    住んでいる地域で発生しやすい災害を把握する 自治体の防災担当に、災害予測及び対策について問い合わせましょう。地域の自治体に防災担当がいない場合、都道府県の防災課に問い合わせをして説明を受けましょう。
  4. 4
    災害の種類ごとに避難計画を書き出し、それを元に非常用品を準備する
  5. 5
    「自家発電懐中電灯」及び「自家発電ラジオ」を購入する 災害時には、電気が止まり、乾電池も売れ切れで手に入らなくなるでしょう。自家発電の懐中電灯やラジオの最新モデルは、FM/AMラジオ、手回し充電器やUSB充電器などが搭載されて多機能になっています。また災害時には、インフラ面の不具合や通信規制のために、電話が通常に機能しなくなることもあります。こういった事態に備え、電波塔が不要で災害時に安定した通信手段を確保できる、衛星電話の購入を検討してもいいかもしれません。
  6. 6
    地域で予測される災害に必要な防災グッズを用意する 住んでいる地域によって、地震、津波、土砂崩れ、洪水など災害の種類が異なり、それぞれに必要なものも若干変わるかもしれません。しかし、基本的な非常用品は共通しています。
  7. 7
    地図も非常用品に加える 避難時に迂回の必要に迫られたときなど重宝するでしょう。
  8. 8
    非常用品一覧の中で既に家にあるアイテムは、ひとまず全てまとめる
  9. 9
    購入リストを作成する 非常用品一覧上の物を全て揃えることができない場合は、買い物に行くたびに数点ずつ補充していくようにしましょう。
  10. 10
    救急用品は、非常用と日常用でそれぞれ別に揃える 救急セットに入れるもの:
    • 最低2組のラテックス手袋。非常時には見知らぬ相手の応急処置をしなければならない場合もあります。ラテックス手袋があれば、様々な感染症から身を守ることができるでしょう。
      • 応急処置を施す人または受ける人がラテックスアレルギーの場合、ビニール手袋を使用しましょう。ラテックスアレルギーは深刻な症状を引き起こす場合があります。
      • 非常用救急キットの中には、できるだけ多くの手袋を入れておきましょう。一度に何組も必要になる場合もあります。
      • 手袋の保管場所の状態が、温度差があるなど良好でない場合、手袋の品質を定期的に確認するようにしましょう。箱入りの手袋などは、上部にある手袋が破損していても、箱の底にあるものは傷んでいない場合があります。上部の手袋が破損しているからといって箱ごと捨てず、中身を全て確認するようにしましょう。
    • 止血用の減菌済包帯(薬局で止血・圧迫用パッド付き包帯を買い求めましょう)
    • 洗浄剤、抗菌性シート、消毒液など
      • 感染予防のための抗生物質軟膏
    • 火傷の痛みを和らげる軟膏剤
    • 様々なサイズの絆創膏
    • ガーゼパッド
    • 通気性のある粘着テープ
    • ピンセット
    • はさみ
    • 目を洗うための目薬や消毒全般に使用する生理食塩水。生理食塩水は薬局で購入可能です。
    • 体温計
    • 糖尿病や心臓病、喘息など持病の処方箋薬
      • 定期的に薬の有効期限を確認しましょう。また冷蔵保存の薬の持ち出し方法も決めておきましょう。
    • 鎮痛薬と抗ヒスタミン剤
    • 血圧と血糖値の測定器などの医療器具
  11. 11
    不足物資は購入して準備万端にする
  12. 12
    防水の多目的収納ボックスを用意する 高価なものでなく、大きな蓋付きの箱で防水のものであれば十分です。ディスカウントストアやホームセンターなどで購入できます。
    • 非常時にも持ち運びができる大きさのものが便利です。キャスターまたは取手付きのものを選びましょう。
    • 非常用品は、自家用、車用、会社用にそれぞれ分けて準備しましょう。どこで災害に遭うかは予測不可能です。
    • 避難用バッグには、リュックサックまたはプラスチックの道具箱が適しています。
    • 中身はすべて、大小それぞれのジッパー付き透明保存袋にわかりやすく分けて収納しましょう。
    • 通勤に公共交通機関を利用する人は、交通機関が麻痺した時を想定し、飲料水、シリアルバーなどの栄養補助食品、懐中電灯、替えの靴下、履き心地の良いウォーキングシューズを入れたリュックサックを、常にデスクの下に準備しておきましょう。
  13. 13
    水分補給を十分に行う 水分補給は生命維持に最も大切です。殺菌したプラスチックボトルに飲み水を入れ、自宅、車内、会社に常備しましょう。
    • 子供や授乳中の人、お年寄りがいる場合、そして暖かい気候の地域に住んでいる場合には、飲み水を多めに常備しておきましょう。
    • スポーツ飲料や経口補水液など電解質の含まれる飲料(湿度や気温の高い場所、または活動量が多くなると予測される場合)
  14. 14
    記事最後に記載されている非常用品は、最低でも3日分用意する
  15. 15
    住んでいる場所や健康状態も考慮して、個々に必要なものも非常用品に加える
  16. 16
    保存食を常備する できるだけ多くの非常食品、レトルト食品、缶詰を準備しておきましょう。

ポイント

  • 家族で防災訓練を行いましょう。火災時の訓練は、実際に火事に遭ったときの対応を家族全員が学ぶ良い機会になります。
  • 持ち出しスペースに限りがある場合、本当に必要なものを厳選しましょう。
  • 災害時には怪我が多くなりますが、様々な事情で医療処置を受けられない場合が想定されます。一方で、怪我の多くは命に直接関わるものではないため、応急手当をきちんと行えば、早急に医療処置を受ける必要がない場合もほとんどです。災害時には、このような怪我の応急手当の知識の有無が大きな差を生むため、学校や地域で行われる防災訓練には、進んで参加しましょう。参加者には、持ち帰りできる初めての救急セットが配られることもあります。
  • 新しい度数で眼鏡を作り直した場合、いざという時のために古い眼鏡も捨てずに保管しておきましょう。
  • 非常時に携帯電話があると大変便利です。携帯電話の充電方法を2種類確保しておくと良いでしょう。例:バッテリー内蔵ケース、シガーソケットチャージャーなど
  • 非常用持出品は、避難時に持ち運びしやすいようにまとめましょう。
  • 車載用DC/ACインバータがあると、携帯電話の充電や、車内でテレビ、ラジオ、冷蔵庫などの家電を使うことができます。
  • ケミカルライト(非常用ライト)。安全上の問題があるため、ろうそくは使用しないようにしましょう。ガス漏れが懸念される場合や、爆発物や可燃ガスが付近にある場合は、火事や爆発を引き起こすこともあり特に危険です。
  • 避難生活中に常用薬が足りなくなる場合も想定し、処方箋も非常用持出品に入れるようにしましょう。
  • 避難用バッグ、持ち出し用収納箱などに蓄光ステッカーを貼っておくと、停電時でも見つけやすくなります。

注意事項

  • 塩気の強い保存食は、喉の渇きを強めるため避けましょう。
  • 非常用持出品は必要最低限に留めましょう。
  • 非常用品の品質が落ちるのを防ぐため、保管場所は直射日光が当たらない場所を選び、室温は25度以下に保ちましょう。

必要なもの

  • 寝袋または厚手の毛布。 家族のメンバー各自に、アウトドア用の寝袋または厚手の毛布を用意しましょう。
  • 。 水道が汚染され、飲料水として利用できなくなった場合に備え、何リットルもの水を準備しておく必要があります。1人1日約4リットルを目安とし、最低でもその3日分を用意しましょう。
  • 家族全員分の3日間の食料。 長持ちし痛みにくい非常食品やレトルト食品、缶詰などがいいでしょう。缶切りも忘れないようにしましょう。
  • 救急セット
  • 懐中電灯と替えの乾電池
  • ホームセンターやオンラインで購入できる自家発電懐中電灯ケミカルライト。 ろうそくに比べて安全なだけでなく、乾電池も不要のため非常時には大変便利です。
  • 家の電気や水道の元栓などを止める際に使うレンチなどの工具。
  • 防寒着
  • 防水マッチまたは防水ライター
  • 各家庭の必需品 ー心臓病の常用薬などの処方薬や眼鏡処方、粉ミルクやオムツなど。
  • 防災ラジオ (緊急警報放送に対応した受信機)。大規模災害時に、待機中の受信機を自動的にオンにして行われる放送には、法令に基づく緊急警報信号を使用しているものとしていないものがありますが、両方共、速報及び警報信号を受信します。
  • 自家発電ラジオ - ディスカウントストアや電化製品店で簡単に購入できる上に、乾電池を購入する必要が無いため、非常時に乾電池が品切れになる心配も不要です。自家発電のラジオには、上記の防災ラジオの機能や、LEDフラッシュライト、携帯電話を充電する機能が搭載されているものもあります。
  • 車のスペアキー 、現金、通帳、印鑑、クレジットカードなど。
  • ペットフードとペット用の水
  • 助けを求めるための笛
  • 汚染された空気から守る防塵マスク、またはガスマスクと作業用手袋、簡易の避難場所確保のための ビニールシートとガムテープ
  • ウェットティッシュ、ゴミ袋、プラスチックの留め具 など(個人衛生用)
  • 地図

その他の非常用品例

  • 重要な連絡先と住所リスト
  • 災害対策の参考資料 (例:応急処置ガイドブック)
  • 十分な着替え (長袖長ズボン、丈夫な靴、寒い地域では防寒着など)
  • 家庭用塩素系漂白剤とスポイト – 水:塩素を9:1の割合で混ぜると、消毒液として使用できます。また、4リットル(1ガロン)の水に16滴の塩素系漂白剤を混ぜると、非常時の飲み水として利用できます。香り、色落ち防止成分、洗剤が入っているものは使用してはいけません。
  • 消化器
  • 生理用品や個人の衛生用品
  • キャンプ用の食器セット、紙コップや紙皿、割り箸、プラスチックのフォークやスプーンセット、紙ナプキン
  • 子供(そしてあなた)の気分転換のための、本、ゲーム、パズル、トランプカードなど。
  • テント。自宅が被害を受けた場合を想定し、テントを準備しておきましょう。

出典

  • Ready.gov -- source of information and some text, public domain government resource
  • FEMA.gov

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む48人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Pack an Emergency Kit for the House, Español: preparar un kit de emergencia para la casa, Deutsch: Notfallausrüstung fürs Haus zusammenstellen, Italiano: Preparare un Kit di Emergenza per la Tua Casa, Русский: собрать набор предметов первой необходимости для дома, Français: faire un kit de premiers secours, العربية: إعداد حقيبة إسعافات أولية للمنزل, Nederlands: Een noodpakket voor je huis samenstellen, Tiếng Việt: Chuẩn bị bộ tiếp liệu khẩn cấp dùng trong gia đình, ไทย: เตรียมถุงยังชีพ

このページは 695 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?