革靴は、正しい道具で定期的に汚れや埃を落とす必要があります。通常の革であれば、柔らかいブラシを使うことができます。スエードの場合は、スエード専用のブラシを用いる必要があります。革靴の手入れに特化した道具の他にも、赤ちゃんのお尻ふき、消しゴム、コーンスターチといった日用品も用います。

方法 1 の 3:
革靴の汚れを落とす

  1. 1
    柔らかな靴用ブラシで表面の汚れや埃を落とす 靴の表面をブラシで優しくこすり、付着している埃などを落としましょう。力を入れすぎると革が傷む恐れがあるので気をつけましょう。また、縫い目や靴底の部分にも同様にブラシがけをしましょう。
  2. 2
    靴紐を取り除く 靴に靴紐がある場合は、優しく引き抜き、脇によせておきましょう。靴を磨く際に紐に染みがついてしまうことを防ぎます。靴紐が汚れている場合は、洗濯ネットに入れて洗濯をするか、手洗いをしましょう。
  3. 3
    水で湿らせた布に少量の液体せっけんをつけ表面を拭き取る 清潔な布を濡らし、よく絞りましょう。低刺激の液体せっけん、あるいはレザークリーナーを2~3滴加えます。この布で靴の表面を革しぼに沿って優しくこすります。
  4. 4
    湿らせた布で拭き取り乾かす 余分なせっけんを拭き取りましょう。涼しい部屋で自然乾燥させます。ヒーターといった熱源のそばに置くと変色やひび割れを起こす恐れがあるので気をつけましょう。.
  5. 5
    赤ちゃんのお尻ふきで部分的な汚れを落とす 出先で革靴に痕や汚れがついてしまった時は、赤ちゃんのお尻ふきを使いましょう。赤ちゃんのお尻ふきは優しいので、革を傷めることもありません。また、含まれている保湿成分が革の状態を整える働きもします。[1]
  6. 6
    塩浮きは水と酢の混合液で落とす 同量のホワイトビネガーと水を混ぜ合わせましょう。清潔なタオルを浸し、優しく靴の表面をこすります。別の清潔な布を湿らせ、拭き取ります。[2]
  7. 7
    油染みにはベビーパウダーを用いる 頑固な油染みがある場合は、ベビーパウダーといった吸収力のある粉をまきましょう。そのまま2~3時間放置し、油を吸い取らせます。柔らかいブラシで粉をはらいます。[3]
    • コーンスターチも油染みを吸収しますが、7~8時間放置する必要があります。
  8. 8
    靴磨き用クリームを塗る 革靴用のクリームを少量、清潔な布につけましょう。小さく円を描くように表面をこすります。余分なクリームは、別の布でしっかりと拭き取りましょう。
    • 革以外の素材の部位には、革靴用のクリームを塗ることはできません。
    広告

方法 2 の 3:
スエード靴の汚れを落とす

  1. 1
    スエード専用ブラシで表面の汚れを落とす 靴屋さんやオンラインショップでスエード専用のブラシを購入しましょう。このブラシで優しく前後にこすります。表面全体をまんべんなくこすり、痕や汚れや染みを落としましょう。[4]
  2. 2
    消しゴムで痕や染みを消す 消しゴムで痕などがある部分をこすりましょう。スエードが傷まないよう、常に一定方向に消しゴムを動かしましょう。消しゴムのかすはスエード専用ブラシで取り除きます。[5]
  3. 3
    油染みにはコーンスターチをつける 少量のコーンスターチを油染みの表面にこすりつけます。スエードの深くまで粉が届くようしっかりとこすりつけましょう。そのまま2~3時間放置します。スエード用ブラシで粉をはらい、汚れを取り除きます。[6]
  4. 4
    シリコン系の防水スプレーをふきかける 靴は購入してすぐに保護スプレーをふきかけましょう。また、汚れを落とす度に、ふきかけておきましょう。腕程の長さの距離を空けてスプレー缶を持ち、靴全体に均等にふきかけます。
    広告

方法 3 の 3:
パテント革の靴の汚れを落とす

  1. 1
    低刺激のせっけんと水で汚れを落とす 靴紐がある場合は、靴から取り外し、別に洗いましょう。清潔な布を濡らし、低刺激の液体せっけんを1滴落とします。靴全体の表面を優しくこすります。清潔な布をもう1枚用意して濡らし、拭き取りましょう。[7]
  2. 2
    ハンドサニタイザーで痕を取り除く 綿棒をハンドサニタイザーに浸します。表面についてしまった痕を慎重にこすりましょう。余分なハンドサニタイザーは清潔な布で拭き取ります。[8]
    • 困った時は、ワセリンで磨いても良いでしょう。
  3. 3
    鉱物油で磨く 鉱物油は、市販のパテントレザー専用のクリーナーのほとんどに用いられている成分です。4~5滴を清潔な布に落とし、靴の表面をこすりましょう。もう1枚清潔な布を用意し、ピカピカに磨きます。[9]
    広告

ポイント

  • 内側に重曹をまくと、消臭効果があります。一晩放置し、油分や汗といった水分を吸わせましょう。
  • スエード靴は水とせっけんを用いると革が傷んでしまうので、控えましょう。

広告

必要なもの

革靴の汚れを落とす

  • 柔らかいブラシ
  • 清潔な布(複数枚)
  • 低刺激の液体せっけんあるいはレザークリーナー
  • 靴磨きクリーム
  • 赤ちゃんのお尻ふき

スエード靴の汚れを落とす

  • スエード用ブラシ
  • 消しゴム
  • コーンスターチ
  • シリコン系の保護スプレー

パテント革の靴の汚れを落とす

  • 低刺激の液体せっけん
  • 清潔な布(複数枚)
  • ハンドサニタイザー
  • 鉱物油

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

ドクターマーチンを履き慣らす

How to

スニーカーのサイズを広げる

How to

靴を滑りにくくする

How to

ティンバーランドブーツを手入れする

How to

VANSスニーカーをきれいにする

How to

NIKEのニセモノを見抜く

How to

革のブーツを伸ばす

How to

靴に塗料を塗る

How to

靴ひもを隠す

How to

新品のドクターマーチンを慣らす

How to

偽物のVANSのスニーカーを見極める

How to

ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する

How to

革靴を柔らかくする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ:
このページは 269 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告