革靴を柔らかくする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

新しい革の靴が非常に痛く、靴ずれやその他の足に関連する問題を引き起こすことがあります。靴を柔らかくしない限りその状態は続きます。幸いにも革を柔らかくする方法がいくつかあるので、履き心地を改善することができるでしょう。

方法 1 の 3:
オイルを塗って靴を柔らかくする

  1. 1
    何か塗る前に靴をきれいにします。汚れたままの靴にオイルを塗るのはやめましょう。靴をきれいにするには、湿らせた布で表面に付着した汚れや砂を軽く拭き取ります。乾いた布でもう一度拭いて、靴が乾きオイルを塗る準備ができていることを確認します。
  2. 2
    オイルを選びます。革靴用オイルには革に栄養を与え復元する作用があるので、塗ると靴が柔らかくなります。革靴を柔らかくし、硬直を予防または軽減する効果のあるオイルが多くあります。ミンクオイル、サドルソープ、ココナッツオイル、ニートフットオイルなどはすべて革を柔らかくするのに役立ちます。[1][2]
    • 有資格の靴修理専門家に相談して、自分の靴に合ったオイルの種類を決めましょう。
    • オリーブオイルには多くの「信者」がいますが、表面に油性のシミが残り、革の劣化につながるという報告もあります。[3]
  3. 3
    レザーオイルのラベルを読みましょう。[4] 松根タール、ひまし油、鉱油、その他有害な化学物質を含むレザーオイルに気を付けましょう。[5] これらの成分で革靴が傷んだり分解したりする危険があります。特定のレザーオイルを購入する前にラベルを慎重に確認しましょう。
    • 自分の靴に最適なオイルについて、革靴を購入した店の販売スタッフに相談してみましょう。
  4. 4
    靴にオイルを塗ります。清潔な小皿にオイルを少量注ぎます。指2本に清潔な布や切ったTシャツを巻き、その指を選んだオイルに軽く浸します。浸した指を持ち上げて余分なオイルを落としましょう。その後、きれいにした革靴の表面に指をあて円を描くように動かし、オイルを靴の表面にやさしくこすります。
    • 塗った後、靴にオイルを浸透させます。
    • 靴によってはオイルを再度塗る前に数時間から1日待つ必要があるかもしれません。靴が油っぽく見えたり触ってベタつきを感じたりしたら、オイルが作用するまでそのままおきます。
    • オイルが浸み込んだら靴の柔らかさを確認します。より柔らかくしたい場合は、同じ要領でオイルを再度塗り柔らかさを確認します。必要に応じて繰り返しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
アルコールとワセリンで靴を柔らかくする

  1. 1
    消毒用エタノール(イソプロピルアルコール)を用意します。[6] 消毒用エタノールはドラッグストアや薬局で購入することができます。普通のアルコール飲料を革靴に使うのはやめましょう。靴にアルコールのにおいが残ってしまいます。
  2. 2
    消毒用エタノールを小皿に注ぎます。必要量は靴によって異なります。足首までの靴に比べて、背の高い靴やブーツにはより多くの量が必要になります。コットンをエタノールに浸し、靴の表に露出している革全てに塗ります。靴ひもがあれば取り外し、シュータンや靴の内側の露出している革にもエタノールを塗ります。30分間そのままおいて乾かしましょう。[7]
  3. 3
    ワセリンを靴に塗ります。[8] 消毒用エタノールを塗った部分すべてにワセリンを塗りましょう。小さなブラシや歯ブラシを使ってワセリンを靴に塗ります。靴の表面に薄く残る程度に塗って、そのまま1晩おきます。靴を1晩休ませ柔らかくなったら、乾いた布で余分なワセリンを拭き取りましょう。
    • 1回塗っただけでは柔らかさが足りない場合は、好みの柔らかさになるまでこの手順を繰り返します。好みの柔らかさになるまで数回繰り返す必要があるかもしれません。
    広告

方法 3 の 3:
靴を履き、歩いて柔らかくする

  1. 1
    半日間靴を履いて歩きます。[9] 革を柔らかくする1つの方法は履くことです。革靴を繰り返し履くと革がより柔軟になりますが、新しい革靴を1日中履き続けると足が傷む恐れがあります。足の損傷のリスクを最小限に抑えるために、半日だけ革靴を履き、その後は快適な靴に履き替えましょう。
    • 革靴を履いている間に足に痛みを感じ始めたら、半日経っていなくても別の靴に履き替えましょう。
  2. 2
    2日後に再度、半日だけ革靴を履きます。[10] さらに2日後に半日だけ履きましょう。それからは1日おきに半日単位で繰り返し新しい革靴を履きましょう。靴が柔らかく感じるようになったら、1日中履いてみましょう。その後は好みに応じて、定期的にその靴を履き続けます。
    • 足は汗をかきます。靴が新しいうちに2日連続して履くと適切に乾く時間が足りません。靴がまだ新しくきつい場合は、特に注意が必要です。
  3. 3
    辛抱強く行います。新しい靴を履きならすには時間がかかります。革が好みの柔らかさになるまでには、履きならし期間が長くなることがよくあります。[11] カーフスキンなど薄手の革は比較的簡単に柔らかくなる傾向がありますが、靴に縫い目や刺しゅうが多いと履きならすのに長い時間がかかります。靴下を場合によっては2足履いたうえで靴を履いて歩き回ると、早く柔らかくすることができます。
    広告

ポイント

  • 革靴を選ぶ際は、過剰処理された革より自然に柔らかい感触のある素上げ革を選びましょう。
  • 特定のメーカーの靴でつま先やかかとが痛み続ける場合は、別のメーカーの靴に買い替えましょう。
  • 靴が自分の足に合うことを確認しましょう。大きすぎるまたは小さすぎる靴はいずれにしても足に違和感を感じるでしょう。
  • 新しい靴を履きはじめた週とその次の週は最も靴ずれが起こりやすい時期なので、絆創膏と軟膏を携行しましょう。
  • 革靴を水に浸さないように気を付けましょう。革が縮み硬化するので、靴が収縮して足に合わなくなってしまいます。[12]

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:
このページは 1,264 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告