靴が臭くなるのを防ぐ方法

この記事には:正しい靴を選ぶ同じ靴を何度も履かない自分を清潔に保つベビーパウダーを使用する重曹を使用する靴を冷凍する靴下を履く中敷きやライニング(裏地)を使う靴を洗う

徐々に、しかし確実に臭くなる靴や足の臭いが気になりますか?足の臭いには、様々な原因が考えられます。特に多い原因は、一足の靴の履き過ぎ、細菌または真菌感染、そして靴の通気性の悪さなどです。自分のお洒落な靴から放出される鼻にツンと来る異臭をなくしたいのであれば、これ以上の検索を続ける必要はありません。この記事を読み進めて、靴が臭くなるのを防ぐ方法を学びましょう。

1
正しい靴を選ぶ

  1. 1
    自分に合った靴を履きましょう。靴が合っていないと、(履き心地がとても悪く感じるだけではなく)足は通常よりも多く汗をかくものです。靴を買う前にはきちんと試し履きをし、足が痛くなった時には悩まずに整形外科で診てもらいましょう。
  2. 2
    通気性の良い素材を使った靴を履きましょう。恐ろしく革新的な発想ではありませんが、通気性の良い素材を使った靴を履けば、足の汗と臭いは多少緩和できるものです。合成繊維は、あまり通気性が良い素材ではありません。最も通気性に富む素材は以下の通りです。
    • 綿
    • リネン

2
同じ靴を何度も履かない

  1. 1
    何足かの靴を交互に履きましょう。同じ靴を2日連続で履くのは避けます。そうすれば、次に靴を履くまでに、その靴を十分に外気にさらしておけます。
  2. 2
    靴をたくさん外気にさらしましょう。自分の足と同様、靴も外気に触れる必要があります。暖かくて晴れた日には、靴を履かずに、外に置いておきましょう。そうです、靴にも「休憩」が必要です!
  3. 3
    臭い靴は、一旦家から出します。靴が臭くなった時には、冬の車の中に入れておきましょう。数日間、非常に冷える車内に靴を放置しておきます。再び履く際には、靴をゆっくりと室温に戻してから履きましょう。

3
自分を清潔に保つ

  1. 1
    毎日、あるいは2日おきに抗菌性石鹸で足を洗いましょう。足や靴の臭いの原因が真菌や細菌なのであれば、その臭いを根本から除去してしまうのが得策です。毎日シャワーを浴びる際に、抗菌性、または殺菌性石鹸の泡で両足をよく洗います。
    • 毎日抗菌性石鹸で洗った場合、足が乾燥してしまわないかをきちんと確かめましょう。毎日洗うと足が乾燥し、ひび割れてしまう可能性があります。足が乾燥してしまった時には、シャワーを浴びた後にきちんと保湿をし、抗菌性石鹸で足を洗うのを2日おきにすることも考慮しましょう。
  2. 2
    足裏にデオドラントを塗りましょう。改めて言うのも変かもしれませんが、足の裏も汗をかくものです。足裏専用のデオドラントスティックを購入し(つまり、他の部位と併用するのは禁物です)、毎朝塗りましょう。

4
ベビーパウダーを使用する

蒸れると足が臭くなるのであれば、(足を定期的に外気にさらす以外の)蒸れを防ぐ良い解決策は、ベビーパウダー、またはタルカムパウダーを足に使用することです。パウダーは微かに良い香りがする上に、足の発汗を抑える効果まであります。

  1. 1
    ベビーパウダーかボディーパウダーを足に振り掛けましょう。その上から靴下を履きます。
  2. 2
    靴の中にもベビーパウダーを振り掛けましょう。その靴をそのまま履きます。

5
重曹を使用する

  1. 1
    重曹で脱臭しましょう。毎晩、脱いだ靴の中に、重曹を少し振り掛けます。朝、その靴を履く前に外で靴底同士を叩き、中に残った余分な粉を落としましょう。

6
靴を冷凍する

  1. 1
    靴を冷凍して消臭しましょう。冷凍庫に入るサイズの密封可能なプラスチックバッグに靴を入れ(必要であれば別々の袋に片方ずつ入れます)、一晩冷凍庫に入れておきます。靴を冷やすと、臭いの原因になっている真菌や細菌を殺すことができるはずです。

7
靴下を履く

  1. 1
    できるだけいつも靴下を履きましょう。通気性の良い綿製の靴下は、足の湿りを少し吸収し、靴を清潔に保つために多少役立ちます。
    • ぺたんこな靴やハイヒールを履く場合は、目立たない靴下を履きましょう。かかとの後ろ、足の側面、足裏、そしてつま先だけを覆うカバーソックスを履きます。
    • ランニング用の靴下を履きましょう。「湿気を逃す」加工がされていて、乾いた足を保つのに便利です。

8
中敷きやライニング(裏地)を使う

  1. 1
    杉製の中敷きや杉チップを使いましょう。杉には抗菌性があり、服の脱臭剤に使われることが多々あります。中敷きは靴の中に残したままで結構ですが、チップは夜に靴の中に入れ、朝には取り出す必要があります。
  2. 2
    臭い防止の中敷きを靴に入れましょう。臭い防止の中敷きは、靴底に合わせて切ることができ、様々な色で販売されています。サンダルやハイヒール、つま先の開いた靴などに使いやすい商品です。
    • 小さく切った両面テープや少量のゴム糊で中敷きを固定しましょう。取り外しの簡単さを保ちつつも、中敷きのズレを防ぐことができます。
  3. 3
    銀が配合されたライニング(裏地)を使いましょう。銀が含まれるライニングには抗菌作用があり、臭いの原因である細菌の繁殖を防ぐことができます。
  4. 4
    ドライヤーシート(シートタイプの乾燥機用柔軟剤)を使いましょう。靴を履いている間、靴の中に数枚のドライヤーシートを入れておきます。そうすると、すぐに靴の中の臭いが取れるでしょう。

9
靴を洗う

  1. 1
    洗えるタイプの靴であれば、きちんと洗いましょう。洗濯機に入れるか、または洗剤入りの風呂に浸けて優しく洗いましょう。特に靴の内側(中敷きを含む)を丁寧に洗い、全体が乾ききってから靴を履くようにします。

ポイント

  • 雨が降っている日には、水たまりを避けて歩きましょう。雨水で濡れると、靴が非常に臭くなる原因になります。泥も同様です。
  • 靴を履く前には必ず足を洗い、完全に乾かしてから靴を履きましょう。そうすると、靴が長持ちするはずです。
  • 角質があると、シャワーを浴びた後でも足裏の汗臭さが残ってしまいがちです。頻繁に軽石で足裏を優しくこすり、余分な角質を除去しましょう。
  • オレンジの皮を使うのも一つの手です。一日の終わりに、むきたてのオレンジの皮を靴の中に入れ、朝まで置いておくと嫌な臭いが取れるはずです。
  • 白い靴下を漂白剤で洗うと、細菌や真菌が発生しにくくなります。
  • 靴を乾燥機に入れてはいけません!靴が変形してしまいます。
  • 靴の中にかけられるスプレーも販売されています。商品の使い方を理解するために、きちんと容器に記載された説明を読みましょう。
  • ほとんどの靴は、洗濯や手洗いが可能です。ただし、洗った靴は、きちんと乾かしてから履きましょう。
  • 風呂に入ることはとても大切です!毎晩風呂に入り、足を洗うようにしましょう。自分の臭いの原因が靴ではない可能性も考えられます。
  • 靴の中にティーバッグを入れてみましょう。これは非常に効果的です。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む70人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: | ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Keep Your Shoes from Stinking, Español: quitar el mal olor de los zapatos, Deutsch: Verhindern das Schuhe und Füsse stinken, Português: Evitar Chulé no Sapato, Français: empêcher les chaussures de sentir mauvais, Italiano: Non Far Puzzare le Scarpe, Русский: сделать так, чтобы ваша обувь не пахла, 中文: 让你的鞋子没有臭味, Nederlands: Stinkende schoenen voorkomen, Čeština: Jak zajistit, aby vám nezapáchaly boty, हिन्दी: अपने जूतों को दुर्गन्ध से बचाएं, Bahasa Indonesia: Menjaga Agar Sepatu Tidak Berbau, العربية: حماية حذائك من اكتساب روائح كريهة, Tiếng Việt: Loại bỏ Mùi hôi từ Giày, ไทย: กำจัดกลิ่นเหม็นจากรองเท้า

このページは 2,029 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?