誰でも一度はガムを踏んでしまったがことあるでしょう。それが真新しい靴を履いていた時なら特に、楽しい経験とは言えません。幸いにも、靴底についたガムを簡単に取り除く方法があるのです。このまま読み進んで、みなさんに最も適した方法を見つけてください。

方法 1 の 7:
ガムを凍らせる

  1. 1
    靴をビニール袋に入れます。ガムが付いた靴を大きめの食品保存用ビニール袋やレジ袋などに入れます。靴全体がすっぽり入らなくても構いませんが、ガムが付着した部分がビニール袋に接していることを確認してください。
  2. 2
    ビニール袋をガムに押し付けます。ガムが付着した部分にビニール袋をしっかりと数秒間押し付けます。凍らせる前にガムがビニール袋にくっついていることが重要です。そうでないと、この方法はうまくいきません。
  3. 3
    靴を冷凍庫に入れます。ビニール袋に入った靴を入れられるように、冷凍庫内に場所を作ります。靴全体がすっぽりとビニール袋に収まっていない場合は、雑菌の繁殖を防ぐためにも食品は遠ざけておきましょう。
  4. 4
    靴を冷凍庫に1、2時間入れておきます。これでガムはビニール袋に凍りつきます。凍ったら、冷凍庫から靴の入ったビニール袋を取り出します。
  5. 5
    ビニール袋から靴を取り出します。ガムは靴ではなくビニール袋に付着しているはずです。つまりガムは靴から剥がれているということです。[1]
    広告

方法 2 の 7:
氷を使う

  1. 1
    大きめのビニール袋に氷を詰めます。靴のガムが付いた面を氷の上に置きます。氷が靴の中や周りに入り込んで靴が濡れることのないように注意しましょう。
  2. 2
    氷を溶かさないようにします。早く溶けてしまわないように、密封式の保存袋を使うか、袋の口を結びます。
  3. 3
    ガムが凍るまで、氷をガムにしっかりと押し付けます。ガムが固く凍ってからでないとガムを取り除くことはできません。固く凍った状態になるまでしばらく時間がかかるかもしれませんが、我慢強く待ちましょう!
  4. 4
    凍ったら、靴からガムを剥がします。先の尖っていないバターナイフやパテナイフを慎重に使い、靴から固く凍ったガムを剥がしていきます。靴や体の一部を切らないように注意しながら、ナイフをゆっくりと動かします。
    広告

方法 3 の 7:
WD-40を使う

  1. 1
    WD-40をガムにスプレーします。缶入りのWD-40を購入し(カー用品店やホームセンターなどで入手可能)、靴底のガム周辺にスプレーします。少なくとも1分間はそのままにして、WD-40でガムの粘着力を弱めます。
  2. 2
    ガムを拭き取ります。ペーパータオルやぼろ布を使い、靴底からガムを拭き取ります。意外と簡単に落ちます。一度で落ちない場合は2度目のスプレーをガムにかけて、もう一度試してください。
  3. 3
    靴底をきれいにします。ガムを取り除いたら、ペーパータオルや汚れていないぼろ布を使ってもう一度靴底を拭き、スプレーの残りを取り除きます 。終わったら、ぼろ切れやペーパータオルは捨てましょう。
    広告

方法 4 の 7:
ピーナッツバターを使う

  1. 1
    クリーミーピーナッツバターを用意します。クリーミーピナッツバター(およそ大さじ2杯)をガムに厚く塗り、10分間そのまま置いておきます。
  2. 2
    ピーナッツバターを落とします。10分経ったら、ワイヤーブラシを使ってピーナッツバターをごしごし落します。少し根気のいる作業ですが、ガムも一緒に落とせるでしょう。
    • 靴底の溝に逆らうのではなく、溝に沿ってこするようにすると、靴を傷めないで済みます。[2]
  3. 3
    靴を洗います。靴底を冷たい流水の下で固定し、スポンジでこすってピーナッツバターの残りを取り除きます。
    広告

方法 5 の 7:
砂と棒を使う

  1. 1
    木の棒と乾いた砂を用意します。この方法は、外出先でまだ柔らかくて新しいガムを踏んでしまった場合に使えます。必要なものは、乾いた砂(または土)と小さな木の棒のみです。
  2. 2
    ガムに砂を振りかけます。靴を脱いでガムの上に砂を振りかけます。棒を使ってガムに砂を混ぜていくと、少しずつ剥がれ始めます。
  3. 3
    さらに砂を加えて混ぜ続けます。ガムが剥がれてきたら、さらに砂をガムの上に振りかけてこすり続けます。砂が、靴底にとって言わば摩擦材のような役割を果たします。
    • ガムがほぼ完全に取れるまで続けます。多少時間がかかるかもしれませんが、ガムが靴の上で乾いて固くなる前に素早く対処した方がよいでしょう。
    広告

方法 6 の 7:
ガムを溶かす

  1. 1
    軽油を使います。古くなった布やペーパータオルをナフサ(粗製ガソリン)に浸し、それでガムをこすり落とします。こうするとガムが溶け始めます。
    • ナフサは非常に燃えやすいので、必ず風通しが良く火の元から離れた場所で使いましょう。
  2. 2
    マニキュア除光液を使います。アセトンベースのマニキュア除光液もまた、靴底に付いたチューインガムを溶かすのに利用できます。ペーパータオルや布を除光液に浸し、消えてなくなるまでガムをこすります。
    • アセトンはエナメルやスエードの表面を傷めることがあるので、この方法を使用する場合は靴の種類に注意してください。[3]
    広告

方法 7 の 7:
オリーブオイルを使う

  1. 1
    オリーブオイルでガムをこすります。オリーブオイルは革靴やスエード靴に直接付けるとシミになる恐れがあるため、こうした素材への使用は避けましょう。
  2. 2
    オイルを塗って1分間そのままにします。
  3. 3
    ペーパータオルでオイルを拭き取ります。
  4. 4
    取り残したガムは、オリーブオイルをつけた先の尖った道具を使って取り除きます。
  5. 5
    完了。ガムは全て取れているはずです。ガムは適切に処理をしましょう。
    広告

ポイント

  • すぐに上記の方法でガムを取り除くことができない場合は、とにかく可能な限りガムをこすり落としましょう。先の尖っていないナイフを使ってガムをこすり取るか、靴底を誰も踏まないであろうコンクリートの歩道にこすりつけましょう。

広告

注意事項

  • ガムは手で取り除かないようにしましょう。誰が噛んでいたガムか分からないのですから。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

VANSスニーカーをきれいにする

How to

スニーカーのサイズを広げる

How to

ドクターマーチンを履き慣らす

How to

NIKEのニセモノを見抜く

How to

靴を滑りにくくする

How to

靴に塗料を塗る

How to

ビルケンシュトックの靴をお手入れする

How to

靴ひもを隠す

How to

偽物のVANSのスニーカーを見極める

How to

コンバースの偽物を見分ける

How to

ナイキ(Nike)のスニーカーの型番を確認する

How to

靴紐の汚れを落とす

How to

ティンバーランドブーツを手入れする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む11人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は11,364回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 11,364 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告