PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

どんな言語においても、基本的な挨拶のフレーズを学ぶのは大切です。中でも、韓国のような伝統を重んじる文化を持つ国の言葉で挨拶をする場合は、相手の気持ちを害することがないように、適切な挨拶の仕方を知ることがより重要になります。初対面の大人が「こんにちは」と挨拶をする場合、韓国語では一般的に「안녕하세요」(an-nyeong-ha-se-yoアンニョンハセヨ)を使いますが、友人や親戚に対してはよりカジュアルな挨拶をすることもあります。また、状況や時間帯に応じて、別の単語やフレーズを使って挨拶をする方法も覚えましょう。[1]

方法 1
方法 1 の 2:
敬意を表して丁寧な挨拶をする

  1. 1
    初対面の相手に対しては、「녕하세요」(an-nyeong-ha-se-yo)と言いましょう。大人が初対面の人に「こんにちは」と言う場合には、「안녕하세요」(アンニョンハセヨ)が最適です。かなり正式な挨拶で、相手に対する敬意を表します。[2]
    • 職場などある程度の形式を重んじる場面では、親しい相手に対してもこの挨拶が使われます。
    • 子供が大人に対して挨拶をする場合にもこのフレーズが使われます。

    ポイント: 挨拶の語尾の「요」(yo)は敬意を表します。語尾に「요」(ヨ)がつく単語やフレーズは丁寧な表現なので、適切な敬意を表す場面で大人が使っても通常は問題ありません。

  2. 2
    子供たちに話しかける場合は「안녕」(an-nyeong)を使いましょう。「안녕」(アンニョン)は、基本的な挨拶の「녕하세요」(アンニョンハセヨ)を短縮した形です。よりくだけた挨拶で、子供同士や家族の間でよく使われます。ただし、子供に挨拶をする場合を除いては、大人が使うことはめったにありません。[3]
    • 「안녕」(アンニョン)は友人への挨拶としても使われますが、30歳を超えた大人がこのフレーズを使うのは、一般的に女性同士が挨拶をする場合に限られます。子供に挨拶をする場合を除き、男性はめったにこのフレーズを使いません。一般的に韓国社会では、男性が子供っぽい表現を使うことは不適切だと考えられています。

    ポイント:「안녕」(アンニョン)は「こんにちは」と「お元気で」(別れの挨拶)の2つの意味で使われますが、「녕하세요」(アンニョンハセヨ)には「こんにちは」という意味しかありません。

  3. 3
    大人の男性が使うカジュアルな挨拶を覚えましょう。「안녕」(アンニョン)は子供や女性が使うフレーズなので、韓国の男性が友人に挨拶をするときには使いません。「녕하세요」(アンニョンハセヨ)よりもカジュアルでありながらも適切な敬意を表す表現で、大人の男性が友人に挨拶をするときに使えるフレーズは多くあります。具体的には次の通りです。[4]
    • 「반갑다!」(ban-gap-daパンガプタ):「会えて嬉しい」という意味のフレーズで、大人の男性が友人に挨拶をする際に最もよく使われるカジュアルな表現です。十代の青少年や子供が使うこともあります。
    • 「잘 지냈어?」(jal ji-ne-sseoチャルチネッソヨ):「お元気ですか?」という意味で、元気でいたかどうかを尋ねる挨拶です。このフレーズも大人の男性が友人に挨拶をする際によく使われ、十代の青少年や子供同士の挨拶にも使われます。
    • 「오랜만이야」(o-ren-ma-ni-yaオレンマニヤ):「久しぶり」という意味で、大人の男性がしばらく会っていなかった友人に挨拶する場面で使われます。同じ状況で、十代の青少年や子供が使うこともあります。
    • 「얼굴 보니까 좋다」(ul-gul bo-ni-gga jo-taオルグルポニカチョッタ):「会えて嬉しい」という意味で、カジュアルな口語の挨拶です。大人が友人に挨拶をするときに限って使われます。
  4. 4
    ビジネスシーンでは、「안녕하십니까」(an-nyeong-ha-shim-ni-ka)が使われる場合もあります。「안녕하십니까」(アンニョンハシムニカ)は、韓国語で最も丁寧に「こんにちは」と言うかしこまった挨拶で、通常は事業主が顧客への敬意を表す場面に限って使われます。大きな敬意と尊敬の念を表す挨拶です。[5]
    • 韓国の店舗やレストランに行くたびにこのような挨拶を受けるとは限りませんが、高級店ではこのフレーズが使われるでしょう。韓国の航空会社を利用する際には、スタッフが顧客に対してこのように挨拶をします。
    • 韓国に滞在する間にこのような挨拶を受けることはあっても、韓国でカスタマーサービスの職に就かない限りは、自分が使う機会はめったにないでしょう。この挨拶をカスタマーサービス以外の場面で使うと、相手に気まずい思いをさせてしまいます。
  5. 5
    丁寧な挨拶や正式な挨拶をする際はお辞儀をしましょう。正式な挨拶をする際は腰を45度に曲げ、頭を下げて下を向きます。知人に対して丁寧な挨拶をする場合は、15~30度でお辞儀をしましょう。[6]
    • お辞儀の深さは、挨拶の相手やその状況によって異なります。自分より目上の人や権威のある地位にいる人に挨拶をする場合には、常に深いお辞儀が必要になるでしょう。
    • お辞儀をしながら他の人と視線を合わせるのは失礼なので気を付けましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
別の種類の挨拶を覚える

  1. 1
    電話を受ける際は「여보세요」(yeo-bo-se-yo)を使いましょう。「여보세요」(ヨボセヨ)は「こんにちは」という意味ですが、電話を受けるときに限って使われます。その他の場面や対面でこの挨拶を使うのは不適切で、失礼だと受け取られる可能性もあります。[7]
    • このフレーズの最後には「요」(ヨ)がついているため、電話の相手が誰であっても、丁寧で適切な表現として使うことができます。
  2. 2
    朝一番の挨拶には「좋은 아침」(jo-eun a-chim)を使ってみましょう。日本語やその他の言語とは異なり、韓国語には時間帯に応じた特別な挨拶はありませんが、朝一番の挨拶には「おはよう」という意味の「좋은 아침」(チョウンアチム)を使うことができます。[8]
    • このように挨拶をすると相手は理解してくれますが、挨拶として一般的に使われる表現ではありません。相手からこのように挨拶された場合や親しい人に対して使うほうが無難です。
  3. 3
    新しく知り合った人には「만나서 반갑습니다」(man-na-se-o ban-gap-seum-ni-da)と言いましょう。「만나서 반갑습니다」(マンナソパンガプスムニダ)は大まかに「お会いできて嬉しい」という意味を表します。正式な場やビジネスシーンで知り合った人に対して使うフレーズです。[9]
    • まだお辞儀をしていない場合は、この挨拶をしながらお辞儀をしましょう。
    • このフレーズは、自分より年齢が上だと思われる人や権威のある人と知り合った場面にも適しています。
  4. 4
    自分と同じような年齢か若い人と知り合う場面では「만나서 반가워요」(man-na-se-o ban-ga-wo-yo)を使いましょう。「만나서 반가워요」(マンナソパンガウォ)は「만나서 반갑습니다」(マンナソパンガプスムニダ)のカジュアルな表現で、「知り合えて嬉しい」という意味を表します。自分と同じ年齢か若い人と知り合う場面に適したフレーズです。[10]
    • 挨拶をする相手の年齢や状況に注意を払いましょう。正式な場やビジネスシーンで自分と同じ年齢の人と知り合った場合は、「만나서 반갑습니다」(マンナソパンガプスムニダ)を使うほうが適切です。「만나서 반가워요」(マンナソパンガウォ)は友人に誰かを紹介されたときなど、カジュアルな場面に適しています。

    ポイント:どれくらい丁寧に挨拶をしたら良いのか判断ができない場合は、より丁寧なフレーズを使いましょう。挨拶が丁寧すぎたり堅苦しすぎたりしても誰にも責められることはありませんが、くだけすぎた挨拶をすると相手の気分を害する可能性があります。

    広告

注意事項

  • 韓国語の単語のローマ字表記を見ると単語やフレーズをすぐに発音できるようになります。しかし、韓国語を習得したいと考えているのならローマ字表記に頼りすぎるのではなく、まずハングルとその発音を覚えるようにしましょう。
広告

関連記事

ヒンディー語でありがとうと言うヒンディー語でありがとうと言う
英語の動詞を名詞にする英語の動詞を名詞にする
フランス語で「お元気ですか?」と言うフランス語で「お元気ですか?」と言う
スペイン語で日付を書くスペイン語で日付を書く
フランス語で「私の名前は~です」と言うフランス語で「私の名前は~です」と言う
イタリア語で「お誕生日おめでとう」と言うイタリア語で「お誕生日おめでとう」と言う
新しい言語を作る新しい言語を作る
テルグ語を勉強するテルグ語を勉強する
ドイツ語で「お誕生日おめでとう」と言うドイツ語で「お誕生日おめでとう」と言う
ウルドゥー語でよく使われる言葉を学ぶウルドゥー語でよく使われる言葉を学ぶ
スペイン語で「お元気ですか?」と言うスペイン語で「お元気ですか?」と言う
フランス語で日付を書くフランス語で日付を書く
ドイツ語の手紙を締めくくるドイツ語の手紙を締めくくる
フランス語で「おはよう」と言うフランス語で「おはよう」と言う
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,957回アクセスされました。
カテゴリ: 言語
このページは 1,957 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告